I LOVE YOU

テーマ:

 

あなたの暮らしにも彩りと安らぎを

 

 

 

I Began Meeting With You 

I Began Caring Of You 

I Began Feeling To Be With You

 

I Love You
 

 

I LOVE YOU

pictures & poems

CHIORIN 

 

 

 

 

 

*愛のメッセージ集*
 

あなたの暮らしにも彩りと安らぎを 


amazon

楽天ブックス 

 

 

 

 

 

DREAM IM MY CUP

テーマ:

 

 

 

 

 

In The Early Afternoon 

Be Alone 

Digest A Dream 

 

 

Drunken One Then Digest Another One 

To Catch A Dream Is To Give Up Love? 

To Pursue A Dream Is To Be Alone? 

 

A Dream Can Only Come True If No Love? 

I Want To Fulfill My Dream With Love 

Keeping A Small Dream In My Mind 

 

 

 

 

 

昼下がり
一人で飲む夢
飲み込んだら更なる夢を飲み込む

夢をつかむのに愛は捨てなくてはいけないの?
夢を追いかけるのに一人でなくてはならないの?

愛がない夢は叶うだろうか?
愛のある夢を叶えたい

小さな夢をあたためて

 

 

 

DREAM IM MY CUP

pictures & poems

CHIORIN

 

 

 

 

 

 

 

GOLDEN PASTA

テーマ:

あなたの暮らしにも彩りと安らぎを

 

 

 

With A Secret Spice 
You Immediately Fall In Love 
 

Without Realizing My Plot 

You Fall A Victim To My Charms 
 

You Can Never Hope To Be Free Again 

You Know You Are Charmed

 

You Can Never Stop But Eating Me Everyday 

You Are Charmed

 

 

 

あなたの暮らしにも彩りと安らぎを

 

 

秘密のスパイスを効かせたから
たちまちあなたは恋に落ちるわ
騙されたと思わなくても
あなたは私の虜になるの

 

騙されたっていいじゃないの
ずっとずっと忘れられなくなるわ
毎日食べたくなって
あなたは私の虜になるの

 

 

GOLDEN PASTA

pictures & poems

 

CHIORIN

 

 

あなたの暮らしにも彩りと安らぎを 


あなたの暮らしにも彩りと安らぎを

 

 

 

 

 

パリの展覧会

テーマ:

 

CHIORI OHNAKA-EXPOSITION

2017

 

 

 

2017年の春が終わらないうちに・・・

パリでの展覧会のご報告です。

 

昨年の個展から取材旅行を含めて

久しぶりに行ったパリ

 

雨季

 

もしかしたら

もう来れるのは最後かもしれないと思いながら

限られた資金の中で

自分が居られる滞在時間も

限られていて

 

ですから

たくさんのことを

学びました。

 

 

 

受けた感動は

若い頃とはまた違い

自分の半生の経験と

大きく関わり合いがあり

私が今を生きる人たちに

私自身の言葉と姿で伝えたいこと

それを絵にして伝えること

 

それが今回の発表でした。

自分一人の力でどこまでできるかしら

 

自分に対する最後かもしれない

精一杯の

チャレンジでもありました。

 

一人の力なんて大したものではありませんが

 

企画してから

半年後

 

 

 

セーヌの詩

 

Notre-Dame de Paris

 

 

 

 

 

途中で

いろんなパプニングと緊張で

体調を崩したりもしました。

 

パリに来てからは

一人二人三人と

協力してくれる方も増え

 

なんとか

作品たちは

パリの

地に

受け入れられました。

 

 

 

 

パリの人々は

思ったことをダイレクトに

作者に伝えてくれます。

 

私の情熱はどうやらダイレクトに

伝わったようです。

 

ですから

 

最後かもしれないと思って

来ましたが

 

また

次も発表の場を

作れるように

今の気持ちを

絵にして

パリに来たいと

今は思って居ます。

 

皆さんから沢山の

勇気をいただきました。

 

 

 

人生の秋 

 

 残照

 

 

  

皆様

またお会いできます日まで

お元気で

 

会える機会を作りましょう。

 

 

 

 

今回

制限のある条件の中で

そのお陰で

私は新しいスタイルを生み出すことができました。

自分の殻を破るのは勇気もいること

変化を人は恐れるけれど

 

たとえ

半信半疑の目で見られても

 私は自分の可能性を信じているのです。

 

そして

画家は自分が死んでから

自分の言葉で語れないことほど

悲しいことはないのです。

生きているうちに

自分の言葉で

・・・

 

知らない時代に

いいように他の人に

解釈されるのは

それも自由なのですが

 

 

死んだ後に

美術館のような立派なお墓に

入ることが

夢ではないのです。

 

国や民族が違いますが

同じように

今を生きているのですから

 

私も

自分のできることで

世の中の役に立てたらと思うのです。

 

 

 

 

また

いつかどこかで

 

 

 

 

恋人たちの夜 

La nuit des amoureux

 

 

そして

いつも心に微笑みを

 

KEEP ON SMILING

 

 

 

 

 

 

 

幸せのピンクと緑

テーマ:

 

 

Chantilly

 

イングリッシュガーデン

 

八重のしだれ桜

 

 

 

 

 

小動物が飼われていて

限りのある中での自由?

 

それが

平和に見えたけれど

彼らにしたら

どうなのかしら

・・・

 

 

ある限りがあることが

何かが守られ安定して

争いがなくて

いいのかもしれません。

 

平和

穏やか

 

平凡

日常

 

単調だけど

少しの変化

 

 

その中に自然の変化があり

流れに任せるのもいいものだと

思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

幸せって

自分がそう感じれば幸せなのですから

 

いつまでも

あるとは限らない

 

いつもそれを感じながら過ごせたらと願うのです。

 

 

 

 

 

 

幸せな

ピンクと緑

を見て

 

 

 

 

パリの桜

テーマ:

 

 

パリの恋人達

 

晴れると

パリの空は

真っ青になり

とても開放的で自由な感じ

 

色彩もコントラストが増して

パッと明るくなるから

人々の表情も嬉しそう

 

 

10日ほど前のパリ

滞在していたアパルトマンからすぐ近くの

教会

St-Vincent de Paul

 

 

 

 

 

花は一斉に目を覚ましたように開き

新芽の若緑と

八重桜のぽってりしたピンクの

コントラストが

よりいっそう 

街の風景を明るくする

 

パリの桜は八重桜

今年はとても暖かい穏やかな春で

日本よりも

随分先に咲いたらしい

 

 

 

 

 

 

教会の周りには

花と降り注ぐ太陽を仰いで

人々は平和

 

 

 

 

日常の光・色彩

恋人達

 

さて

どんな風に

描こうかしらと

 

私も開く花のような

心境でいます。

 

 

 

日本の桜

テーマ:

 

 

日本に帰ってきました。

近所の桜

やっぱり日本の桜は可憐です。

ちょっと寒い日が続いていましたが

もう少し桜が楽しめそうなので

よかったです。

 

 

ようやく時差ボケがなおってきたので

BLOG

久しぶりの更新です。

 

 

 

 

アトリエの模様替えをして

またいつもの

モードに

入りつつあります。

 

一人で

気持ちよく仕事するには

やはり落ち着く環境が必要

しばらく

お籠りする予定です。

 

パリでの様子は

遡って

徐々に

ご報告させていただきます。

 

 

 

 

DESTINATION

テーマ:

 

 

着物を開いて旅の準備をしながら

・・・

 

この時期は

いろんなことを思うものですね。

 

受験生はまだ緊張の続く日々でしょう。

私もあの頃を思い出したり

そして人生は本当にあっというものだと

儚く

小さく

短いものだと

 

このくらいの歳に

なると

私くらいの歳

 

様々な経験をして

挫折や諦めや

心の解放の仕方も覚え

人間も身体も柔らかく丸く

なるものです。

 

 

 

 

 

 

お祝いは

いつも前に

その都度

 

縁起担ぎも

恒例で

同じように

 

 

行き先は何処へ

 

はい

もちろん

見えています。

 

 

 

 

 

TOKYO STATION

 

 

始まりは東京駅から

いつもそう思っています。

 

 

 

 

 

2017 Paris exposition

テーマ:
 

 

 

CHIORI OHNAKA-exposition

Messages d'Amour et de Paix

2017 

Paris

 

3月14日〜4月1日
Du mardi 14 mars au samedi 1er avril 
Vernissage le jeudi 16 mars 
18h-20h30
 
パリの展覧会のご案内です。
 
お近くへお越しの方は是非
お立ち寄りくださいませ。
ご高覧いただけましたら
幸いです。
 
帯のような
絵巻物のような
横に長い大きな作品たちです。
 
人間の目線で見たもの
飛ぶ鳥のように
空を飛んでいるかのように
心の目で見たもの
夢の中にいるかのような
現実が幻想かわからないもの
 
それはそれぞれ観る方の世界に
変わるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

2017 

Paris

CHIORI OHNAKA-exposition

Messages d'Amour et de Paix

 

こちらのムービーもどうぞお楽しみください。

 

https://youtu.be/MFTKYWuBR4c


 

 

 

 

 

 

私もパリに多く集まる芸術家のように
印象派に魅せられた一人です。
 
パリで見た輝く絵や美しい街並み
愛し合う恋人たち
 
私の心の目に見えたパリ
心の風景を
金箔を使って表現しました。
 
印象派の画家たちへのオマージュを
憧れの街パリに贈ります。
 
 
 
 
 

立春

テーマ:
 
 
 
ここのところ
アトリエにこもりっきりでしたが
気がつけば もう春はすぐそこに来ていますね。
 
久しぶりに
ウオーキングで外の空気を吸いに
出てみると
ポカポカ陽射しに寒桜が
少し寒そうに咲いているを見つけました。
 
 
 
 
 
やはり春が来るのは嬉しい
でも
実は数年前までは、少し寂しい気がしていたんです。
 
今は、楽しみなことがたくさんあるから
そんな風に思えるのは考え方一つ
変えるだけ
小さな楽しみを自分で
春に合わせてつくれば良いのですね。
 
長い長い冬眠からもうすぐ覚める時まで
 
もう鬼さんはとっくに居ない
微笑みはいつも幸運を運んでくれる
 
いつもそう思って居ます。