散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチング 奈良大阪

はてしない混乱から、抜け出そう。

ADHDの人生を楽にするヒントをお届けします。

NEW !
テーマ:
 
近所にオープンしたカフェへ
朝の運動がてら
自転車をこいで出かけてみました。


コーヒーをいただきながら
ふと窓辺に目をやると、

レインボーカラーの不思議なバラ 

飾ってありました。


バラ



「珍しいですね!

 このバラ、どちらで手に入れたんですか?」


私が声をかけた店員さんは
わざわざ店長に聞いてきてくれました。


「開店祝いに頂いた
 スタンドの盛花の中にあったんですって。


帰りに店先の盛花スタンドをチェックすると
確かにありました!

レインボーカラーのバラが。


撮影していると、声をかけてくれる店員さんが。

「これ、綺麗ですよね」

「ええ、本当に。どこで売ってるのかしら」

「この花なら、
 きっと駅ナカにあるフローリストでも
 扱っていますよ。
 ◯◯さんとこのアレンジメントだと思うから」

「お花のことに、とてもお詳しいんですね~!」


聞けば、その方はオーナーのお嬢さんでした。


ふらりと思いついて
いつもと違うことをしてみる。

すると、思いがけず
小さな発見や驚きに出会えます。

日常を、ささやかに楽しみましょう。



 しかし、私はカフェから帰宅後、
 1本の電話がきっかけで、深夜までぶっ通し
 過集中パワーを大爆発させることになったのでした!

 だからこそ、休養できるときには
 意識的にゆっくりすることが大事なんですよね~。汗


思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。




■ADHDの暮らしをサポートします■


片づけられない。 忘れっぽい。

おっちょこちょいで、失敗が多い。

時間管理が苦手で、いつもバタバタ。

気が散りやすく、物事をやりおおせない。



そんな方のお悩みを、一緒に解決します。

何でもお気軽にご相談ください。

 サービスメニュー

 お問い合わせ



 
AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
新年度が始まって2ヶ月。

子ども達は新しいクラスに慣れてきた一方、
さまざまな問題が
表面化する時期でもあります。



あなたのお子さんは、

毎日「きげんよく」学校へ通っていますか?



学校へ行きたくないと言い出したり、
不登校になったりしている子どもさん。

また、担任から苦情を言われて
悩んでいるお母さん。

自分の身近に
そうした親子がいて、気にかけている方。


そんな皆さんに
ぜひ見ていただきたい、

見たら、きっと元気と笑顔が湧いてくる

ドキュメンタリー映画『みんなの学校』


みんなの学校




先日も詳しくご紹介しましたが、


明日1時半から、奈良女子大学で

『みんなの学校』上映後、

大空小の元校長・木村泰子先生

「よのなか科」で学校教育を変えている
奈良市立一条高校校長・藤原和博先生
 とによる

トークセッションイベントが開催されます。


イベント詳細はこちら。

ネットでの前売り購入は、今日までです。



もし、このイベントに行くのは無理でも、
『みんなの学校』の上映会は
全国各地で広まっています。

お近くで開催予定はないか
こちらでチェックしてみてくださいね。



思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。






■ADHDの暮らしをサポートします■


片づけられない。 忘れっぽい。

おっちょこちょいで、失敗が多い。

時間管理が苦手で、いつもバタバタ。

気が散りやすく、物事をやりおおせない。



そんな方のお悩みを、一緒に解決します。

何でもお気軽にご相談ください。

 サービスメニュー

 お問い合わせ



 
AD
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
私のブログは

「高専」
というキーワードで

訪問してくださる方が
少なからずいらっしゃいます。


それは、私の息子たち、
PDD-NOSの長男とADHDの次男が
別々の高専に進学した話を
たまに書いているからだと思います。


「高校」へ進学した人は身近にたくさんいますが、
「高専」に進学した人は滅多に見つかりません。

それは、高専が
基本、1都道府県に1校ずつしかないことと、
募集人数が少ないことが原因です。


謎のベールに包まれた教育機関。(笑)


入学するまで、詳細なことは分からない。
多くの人がそうでしょう。

すると、「きゅうり」と思っていたのに
切ってみたら実は「ちくわ」だった、という話も
起こりえます。

きゅうり



主に国立の、工業高等専門学校。略して高専。

高専は大学と同じ高等教育機関です。
(ちなみに、高校は中等教育機関)


募集は少人数、受験は学科別に行われ、
5年間の専門教育を受けます。


世界各国の教育機関のレベルを査定した大規模調査で、
わが国では、
幼稚園から大学院まで調べられた結果、
高専だけが、唯一、
国際的に見ても
「教育レベルが非常に高い」と評価されました。


就職は、常に、圧倒的な売り手市場。

また、卒業後は大学へ編入学することもできる。

そんな話は、
夏にあるオープンスクールや
秋にある受験説明会で紹介されるでしょう。


でも、そんな「おいしい話」ばかり聞かされると
賢い親御さんはかえって不安になるのでは?



そこで私は

高専に入った者にしか分からない実情や
進学先を選ぶときのコツなどを、
ブログには書かない・書けない話まで
完全クローズドでお話する会

を催します。


質問や相談は何でも受け付けます。

ただし、その場で聞いた話は
参加者全員、「絶対に他言無用」がルール。


開催場所は講師自宅、参加費はお一人3,000円。

開催時期は、参加者の方たちと相談の上で
決めたいと思います。

参加ご希望の方は、こちらからご連絡ください。



高専は最初から「学科」まで決めて受験する
特殊なシステムのため、
早い方は小学校高学年から情報収集を始めていますよ。


思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。





■ADHDの暮らしをサポートします■


片づけられない。 忘れっぽい。

おっちょこちょいで、失敗が多い。

時間管理が苦手で、いつもバタバタ。

気が散りやすく、物事をやりおおせない。



そんな方のお悩みを、一緒に解決します。

何でもお気軽にご相談ください。

 サービスメニュー

 お問い合わせ



 
AD
いいね!(24)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
昨日ご紹介した『重版出来!』
第7話は神回でした。

今回はネタバレ全開でいきますよー。(^^)
見逃し視聴はこちら!



自分に正直でひたむきな
コミュ障の天才・中田を気にする
気配り上手なチーフアシスタント・沼田。

善良で平凡な沼田は
「何年たってもデビューできない」悔しさを
時おり自虐ギャグでごまかししつつ、
地道な努力を続けていました。




小さい頃から漫画が好きだった。

大学の漫研でも一番うまかった。

20歳で漫画雑誌に応募し、一発で新人賞を取った。


そんな「過去の栄光」が、沼田の心の支えでした。



でも、それ以後ずっと、ネームはボツ続き。

デビューしていく後輩たちの背を見送ってきた年月。



いつか、自分の自由に書ける時がきたら
この作品を世に出そう。


いつか、理解してもらえる。

いつか、いい編集者に巡り会える。

いつか、認めてもらえる。


いつか。 いつか…。


沼田は自分にそう言い聞かせ、
本気で戦わないまま、
気がつけば20年の歳月が経っていました。


重版出来!



夢を追いかけている自分は、他の人と違う。

そう思いたかった。


漫画家を目指している間は、特別でいられた。

僕は、特別な人間でいたかったーー。


ある夜、差し向かいの席で、
沼田は師匠の三蔵山にそう告白しました。


「やっと自分に向き合えたんだね」

師匠は穏やかに彼を労いました。




沼田は、実家に戻って家業を継ぐと決心しました。


「頑張ってくれ、
俺の分も。

と、中田に別れの挨拶をすると

「無理です。僕は僕で、他人にはなれませんから。」

と、にべもない返事!(爆)

中田は、残酷なほど正直な男です。




ずっと、
漫画のことだけ考えていた。

子供の頃から、365日、24時間。

幸せだった。現実なんていらなかった。

ただ、漫画の中だけで生きていたかったーー。


こうして、沼田は過去と決別し、
人生の新しい一歩を踏み出しました。


彼の姿は、私の胸に
鋭い痛みを持って突き刺さりました。





「いつか」は、待っていても
決して訪れません。

私たちの人生は「やるか、やらないか」

ただ、それだけなのです。




思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。





■ADHDの暮らしをサポートします■


片づけられない。 忘れっぽい。

おっちょこちょいで、失敗が多い。

時間管理が苦手で、いつもバタバタ。

気が散りやすく、物事をやりおおせない。



そんな方のお悩みを、一緒に解決します。

何でもお気軽にご相談ください。

 サービスメニュー

 お問い合わせ



 
いいね!(27)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
今クールで私がもっと注目している
ドラマ『重版出来!』。

主人公・黒沢心のまっすぐな奮闘ぶりと
上司である五百旗頭氏のイケメンぶりを
見るのが毎週楽しみです ♪


しかし、黒沢が手がける新人漫画家
「ド下手画伯・中田」が登場してから、

物語が一段と面白くなってきました!!

重版出来!



中田は不器用で、暗く地味なキャラクター。

その上、ありえないほど絵が下手です。
漫画に関する基礎的な知識や技術もありません。

けれど、もの静かな中田の中には
強い信念と鋭いセンス、
そして熱い創作のマグマがたぎっていました。



中田の才能を見出した黒沢は
編集者として熱血指導するとともに
面倒見の良い大御所漫画家・三倉山先生に
中田を預けました。

重版出来!



アシスタントとしての働きは非常に悪く、
協調性もない、中田。

漫画家としても、人間としても、
彼はものすごく凸凹が激しいタイプです。

天才とは、往々にして、非常に偏っているもの。



一方、
人柄はよく作画技術も高いチーフアシスタント沼田は、
20年経っても漫画家デビューできない人。

沼田は自分と何もかも対照的な中田が
早々にデビューし、
師匠や編集者に認められていく様子を眺めて
だんだん心が動揺していきます。

そして、ある夜、中田のネームを読み、
その天才的な漫画の才能に激しい衝撃を受けて…。


最新話は、こちらでご覧になれます。

第7話は神回ですよ! ぜひお見逃しなく!




自分自身の存在を問う。

それは、たいへん苦しい作業です。


けれど、
自分自身の人生を歩いていくため、
一歩前へ踏み出すためには、
どうしても避けて通れない大事なことです。


バランスがよいタイプの人は
天才に憧れることもあるでしょう。

けれど、天才は
その放つ光が強すぎるため
自分の周りに濃い影を作ってしまうもの。

そして、天才は、
どんなに苦難が多い人生でも

「そのようにしか生きられない」人種なのです。



どんな人生が幸せか。

それは、自分以外の誰にも決められません。


大切なのは、

自分の心とまっすぐ向き合って問うこと。


自分は、どのように生きるのか、と。



思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。





■ADHDの暮らしをサポートします■


片づけられない。 忘れっぽい。

おっちょこちょいで、失敗が多い。

時間管理が苦手で、いつもバタバタ。

気が散りやすく、物事をやりおおせない。



そんな方のお悩みを、一緒に解決します。

何でもお気軽にご相談ください。

 サービスメニュー

 お問い合わせ



 
いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。