oejbooksのブログ

キリスト以来の危険な男。スピリチュアルテロリストOshoの言葉をはじめとして、Oshoに関連するさまざまな話題や情報を提供

NEW !
テーマ:

 「神は細部に宿る」という言葉があります。

 

 「一事が万事」という諺もあります。

 

 「小さな物事というのはない」というふうに私の先生の一人カビーシャも言ってました。

 

 現代の例でいうと、ホログラフィーの技術を見るとそのことがよくわかります。

 

 ホログラフィーというのはレーザー光線などを利用して空間に立体画像を映し出す技術ですが、スターウォーズでR2-D2がレイア姫の映像を3次元映像で映し出していました。

 

 映画も最近では二次元映像ではなく、三次元映像になって来つつありますね。

 

 それはともかく、ホログラフィー(Holography)というのは、ギリシア語の「全体の」という意味のHolosという単語と「記録」という意味のGramという言葉を組み合わせた言葉です。

 

 このホログラムの特質の一つに、フイルムの一部分を切りとってレーザー光にかざすと完全な三次元映像が見られるということがあります。

 

 つまりリンゴを写しているホログラムフイルムの一部を切りとってレーザー光にかざすと、そこには同じリンゴの立体像が浮かび上がります。

 

 なぜなら、ホログラムがエネルギー干渉パターンを利用しているので、そのパターンのなかのすべての「部分」に「全体」の情報が含まれていからです。

 

 また、部分に全体が含まれるというのは人間のDNAにも言えることで、人間のすべての細胞にはDNAが含まれています。それはある意味、一つの細胞の中に全体像が含まれていて、そこから細胞分裂して人間が出来上がるので、その一つの細胞の中に全体が含まれているとも言えます。

 

 このように、神は細部に宿るということも、一事が万事ということも、今ではいろんな観点から科学が証明しています。

 

 なぜこんな話をここでしているかというと、Oshoが「些細な物事も自ずと大切にされるだろう」ということについて語っているからです。

 

 些細に見える物事、「何を食べるか、どれぐらい食べるのか」ということも、それは身体だけのことではなく、マインドにも影響し、瞑想にも影響します。

 

 つまり、瞑想というのは、瞑想をしているときだけではなく、日常で、何をどれぐらい食べるかということも関連しているということなのです。

 

 「身体とマインドは別々ではない」ということは、それは両方が同じエネルギーでできるということを考えれば当然のことです。

 

 ただ、エネルギーの波動が粗いか精妙かの違いだけです。

 

 肉体も、オーラも、感情も、思考も、それらは同じエネルギーで、その波長が異なっているだけです。

 

 全体が部分に含まれ、神は細部に宿る。

 

 瞑想とは「より高い次元の意識へ向上していく」ことですが、そのためには、今日何をどれぐらい食べるかということも、同じぐらい大切なことなんですね。

 

 

     

 

第1点は、基本中の基本だ。

 それに気をつけたら、些細な物事も自ずと大切にされるだろう

 

 体の浄化の大きな助けとなる小さな要点の一つは、滋養だ。

 

 あなたの体の身体は完全に物理的なメカニズムだ。何であれ取り込むものは、当然影響を及ぼす。アルコールを飲むと、身体の細胞は無意識になる――

 

 それは自然なことだ。そして身体が無意識だと、マインドに影響が及ぶ。身体と

マインドは、互いに分かちがたいものだ。それらは結び付いている。

 

 身体とマインドは別々ではない―― それらは一緒で、ひとつの心身だ―― それは心身相関的なのだ。

 

 マインドと身体はひとつだ。マインドは身体のもっとも微細な部分であり、身体はマインドのもっとも粗大な部分だ。

 

 別の言葉で言えば、それらはふたつの異なる物ではない。だから身体に起こることは、全てマインドに反映される。

 

 またマインドに生じたものは、すべて身体に影響を及ぼす。マインドが病んでいたら、身体は久しく健康ではいられない。

 

 また、身体が病んでいたら、マインドは久しく健全ではいられない。

 

 ふたつのあいだではメッセージがかわされ、双方に影響を及ぼしている。

 

 

 だからマインドを健全に保つ方法を学ぶ人々は、自然と身体を健康に保つ方法を理解するのだ。彼らはそれに取り組む必要がない。努力する必要がない。

 身体とマインドは結び付いている。マインドに生じることは、すべて身体にも生じる。だからあなたは、食事や何を食べるかに注意しなければならない。

 

 第一に、身体が無気力になるほどたくさん食べてはいけないーー無気力は不健全だ。身体を興奮されるような食べ物もいけない。

 

 ーー興奮はアンバランスを引き起こすから不健全だ。

 

 あなたは身体が消耗しないよう、適度に食べるべきだーー消耗は虚弱をもたらすだけなのだから。

 

 エネルギーが生み出されなければ、より高い次元の意識へ向上していくのは不可能だ。

 

 あなたの食事はエネルギーを生み出すべきではあるが、刺激的であってはならない。

 

 エネルギーを生み出すべきではあるが、身体が無気力になるほどたべてはいけない。

 

 もし食べ過ぎたら、エネルギーのすべては消化に使われ、身体には無気力感が充満する。

 

 

 別の言葉で言えば、それらはふたつの異なる物ではない。だから身体に起こることは、全てマインドに反映される。

 

 またマインドに生じたものは、すべて身体に影響を及ぼす。マインドが病んでいたら、身体は久しく健康ではいられない。

 

 また、身体が病んでいたら、マインドは久しく健全ではいられない。

 

 ふたつのあいだではメッセージがかわされ、双方に影響を及ぼしている。

 

 だからマインドを健全に保つ方法を学ぶ人々は、自然と身体を健康に保つ方法を理解するのだ。彼らはそれに取り組む必要がない。努力する必要がない。

 身体とマインドは結び付いている。マインドに生じることは、すべて身体にも生じる。だからあなたは、食事や何を食べるかに注意しなければならない。

 

 第一に、身体が無気力になるほどたくさん食べてはいけないーー無気力は不健全だ。身体を興奮されるような食べ物もいけない。

 

 ーー興奮はアンバランスを引き起こすから不健全だ。

 

 あなたは身体が消耗しないよう、適度に食べるべきだーー消耗は虚弱をもたらすだけなのだから。

 

 エネルギーが生み出されなければ、より高い次元の意識へ向上していくのは不可能だ。

 

 あなたの食事はエネルギーを生み出すべきではあるが、刺激的であってはならない。

 

 エネルギーを生み出すべきではあるが、身体が無気力になるほどたべてはいけない。

 

 もし食べ過ぎたら、エネルギーのすべては消化に使われ、身体には無気力感が充満する。

 

 今日は、食べ過ぎに注意しましょう。

 

 それでは今日も素敵な1日を!

 

 Have a nice day!

 

 

☆ランキングに参加しました! よろしければ、クリックお願いします☆ ☆瞑想 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

 「わたしは、あなたがたに感情の方向転換をしてほしい。この平凡な生を創造的な方向へと向けでほしい。 

 

  とOshoは語っていますが、「感情の方向転換」って、面白い考え方です。

 

 この発想ができるようになれば、日常の生き方がずいぶん楽になります。

 

 というのは、大抵は、感情があると、それをなんとかしようとします。

 

 怒りがあったり、悲しみがあったり、嫉妬があったり、恨みがあったり、許せない感情があったり。

 

 それを人に見せないように隠したり、我慢したり、抑圧したり、感じないようにしたりします。つまり、それらの感情をなんとかせき止めようとするわけです。

 

 それらの感情のエネルギーって大きいので、それをせき止めようとするのは、川の水が流れているのをせき止めようとするようなものなので、そのために結構なエネルギーが必要だったりします。

 

 でも、その感情の方向転換だと、その感情の流れに抵抗するわけではなく、流れの方向を変えるだけなので、それはちょうど電車の線路のポイントを切り替えるだけで済むので、それほどのエネルギーを必要としません。

 

 エネルギーを創造的に使って、自分の喜びのためにエネルギーを使っていると、それほどネガティブな方向にエネルギーって向かないものです。

 

 感情っていうと、心理的に大変な気がするんですが、単にエネルギーだって思うと、 怒りであろうと悲しみであろうと、そのエネルギーに対してニュートラルに対処できるので、シンプルになります。 

 

 ちなみに、珍しい写真を見つけました。

 

 これはオールドプーナと呼んでいる時期で、1970年代のOshoの瞑想アシュラムでの活動の写真です。

 

 この写真で、書道を教えている髭を生やしたおじさんは、おそらくゴビンドです。

 

 マサチューセッツ工科大学で教授をしていた人で、30年以上前に京都に住み着いて大学で客員教授か何かをしていました。

 

 彼には一時期お世話になったので懐かしい感じがしました。

 

     

 

 「わたしは、あなたがたに感情の方向転換をしてほしい。この平凡な生を創造的な方向へと向けでほしい。

 

 心配することはない。家の周りに庭をつくり、草木を愛で、それに喜びを得ればいいだけだ。

 

 たいしたことをする必要はない―― 石を磨き、彫像をつくってごらん― 知性ある人はみな、生業に加えて何か創造的なことをするべきだ。

 

 創造性に時間をさかない人は、悩みに暮れて自らの生を滅ぼすだろう。

 

 ちょっとした詩を書いてもいい―― たいしたことをする必要はない。病院へ行って、病に臥した人に花をあげてごらん。通りで物乞いを見つけたら、抱きじめてごらん。

 

 ただ自分の喜びのために創造的なことをしなさい。何かを与える必要はないし、何かを得る必要もない――行為そのものが喜びだ。

 

 生にいいて、単に喜びのための行為を選びなさい。あなたの全エネルギーをそれに向けなさい。

 

 すると、破壊的なエネルギーは残らないだろう。創造的になればなるほど、ますます怒りは消えていく。怒りは非創造的な人間であるしるしだ。

 

 あなたは内側に大きなエネルギーを抱えている。ーーそれはどこに行くのだろう?

 

 それはセックスを通して、性欲を通して出てくる。それは何らかの形で表に出さなければならない。

 

 

 多くの創造的な人々、優れた彫刻家や画家や詩人が独身でいた理由は、彼らのエネルギーが創造的な過程で使われていたからだ。

 

 彼らのエネルギーは変容され、昇華されていた。昇華されていなかったら、もっとも非創造的な、子供をつくることに使われただろう。そうなると、偉大なもの、優れた詩、優れた絵画を創造するのに使えるエネルギーは生殖に使われる。

 

 だからエネルギーの昇華、エネルギーの解放は非常に重要なのだ。

 

 そのことを覚えておきなさい。身体を完全に浄化するには、生を創造的に生きることだ。

 

 創造的な人だけが宗教的になれる――それ以外の人は宗教的になれない。

 

 あなたにとって創造的な行為はなんですか?

 

  Have a nice Day!

 

 

☆ランキングに参加しました! よろしければ、クリックお願いします☆ ☆瞑想 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 人生は非常に複雑な出来事のように思われます。

 

 でも、本当に知性の高い人は、物事を非常にシンプルに見せてくれます。

 

 なぜなら、その人は山の頂上を知っているからです。山の頂上から人生を見下ろせば、人生とはどんなものかが一目で見渡せてしまうからです。

 

 Oshoの目で人生を見るときは、巨人の肩に乗って人生を見渡すようなもので、物事が非常に明晰に、シンプルに理解できてしまったりします。

 

 人生の一つ一つの物事を、それぞれ個別的に、具体的に見ていくと、物事はあらゆる可能性があって、非常に複雑な出来事になってしまいます。

 

 しかし物事の抽象度を上げて物事を見ていくと、物事の本質を見通すことができることがあります。

 

 Oshoは、創造的に人生に生きていくための方法を次の3行で表現してしまっています。

 

 人は単なるエネルギーの通り道でしかない。

 

 そのエネルギーは創造的に使うか、破壊的に使うかの二つに一つしかない。

 

 創造的になるとは、ただ喜びのために何かをすること。

 

 

   つまり、人生を創造的に生きるには、ただ喜びのために何かをして生きていくことだ、ということになります。

 

 

   

 

この世の誰も罪人ではないし、聖人でもない。人は単にエネルギーの通り道だ。

 

 体内には、蓄積された多くのエネルギーがある。このエネルギーを創造的に使わなければならない。

 

 だからまず、感情が湧き起こったら、どんな形の運動でもいいから、身体を通してそれを解き放ちなさい。

 

 次に、創造的になるようにしなさい。あなたがたはみな、創造性を持ち合わせていない。

 

 昨晩わたしは、なぜ昔はどの村にも靴の修繕屋がいたかについて話した。

 

 誰かが彼の靴を履くたびに、修繕屋は「わたしがあれをつくったんだ」と自慢気に言うのだった。それは芸術家としての誇りだった。

 

 別の人は荷車の車輪をつくり、彼もまた「あれはわたしがつくったんだ」と自慢気に語るのだった。

 

 

 近頃、あなたがたは創造の喜びを失ってしまった――手づくりの品はあまり残っていない。あなたは何もつくらない。

 

 現在の世の中のあり方では、まもなく手づくりの品はまったく残らなくなるだろう。

 

 何かを創造することで得ていた喜びは消えてしまった。

 

 それが損なわれてしまったら、このエネルギーすべてに何が起こるだろう?―― それは破壊的になる。

 

 エネルギーは本来、破壊か創造のどちらかに動かざるを得ないものだ。

 

 創造的な生を送ることを学びなさい。

 

 創造性とは単なる喜びのために何かをすることだ。

 

 彫刻をしてもいいし、詩を書いたり、歌を歌ったり、シタールを弾いてもいい――何をするかは問題ではない。

 

 だが仕事としてではなく、ただ喜びのためにそれを行なうことだ。

 

 生活の中で、単なる喜びのための何か、仕事ではない何かをやりなさい。,

 

 すると、破壊的なエネルギーは全て変容され、創造的になるだろう。

 

 何をやってもいいんです。

 

 今日は、ただ喜びのために、何かをしてくださいね。

 

 それでは今日も素敵な1日を!

 

 Have a nice day!

 

☆ランキングに参加しました! よろしければ、クリックお願いします☆ ☆瞑想 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)