oejbooksのブログ

キリスト以来の危険な男。スピリチュアルテロリストOshoの言葉をはじめとして、Oshoに関連するさまざまな話題や情報を提供


テーマ:
OSHOのスマートフォンのアプリに”No-Thought for the Day”というプログラムがあります。

毎朝7時に、Oshoの音声とOshoの言葉が届くのです。

今日はそこからお届けします。

完璧であろうとしてくよくよ悩まないように。

"totality"(完璧)という言葉を”totality"(トータルであること)という言葉に置き換えなさい。

自分が完璧でなければならない、という言葉で考えないように。

自分はトータルでなければならない、という言葉で考えなさい。

トータルであることが、あなたに別の次元をもたらすだろう


Oshoの言葉を翻訳するのは、ちょっとした指針があります。

自分の解釈を入れないように、という指針です。

すでに翻訳というところで解釈が入り込むのですが、それを「日本語らしく」しようとすると、そこでふたたび解釈ないし表現の工夫が入り込むので、そこでまだもとの言葉から離れてしまいます。

本来翻訳というのは日本語らしく翻訳しなければならないのですが、Oshoの翻訳にあたっては、日本語らしくしようとするあまり、もとのOshoの言葉から離れないようにすることが大切になってくるのです。

というのは、Oshoの言葉というのはマインドからの言葉ではない、まさにno-thoughtからやってきているものなので、それを翻訳者の解釈をいれてしまうと、Oshoの言葉が翻訳者の解釈とマインドにまみれたメッセージになってしまうからです。

私がOshoの「道元」を翻訳したときには、ナルタンからそのあたりを徹底的に指導されました。

というのは、例えばここで、

「自分が完璧でなければならない、という言葉で考えないように。」

と訳した部分がありますが、日本語にすれば

「自分が完璧でなければならないとは考えないように。」

ぐらいな言葉の方が自然ですが、あえて「という言葉で」というふうに訳してあるのは ”in terms that” という言葉があり、それは「〜の言葉で」『〜の見地から」という意味があるので、意味としては、「自分が完璧でなければならない、という見地で考えないように。」という意味になります。

しかし「言葉を入れ替える」という文が最初にあるし、人が考えるのは「言葉」で考えるので「完璧」という言葉(視点)で考えるのか「トータル」という言葉(視点)で考えるかの違いをOshoは語っているので、”in terms that” という言葉をそのまま残すとすれば、直訳調になるけれども、「という言葉で」というふうにするのがわかりやすいかな、という考慮からです。

というわけで、ここでは書籍にするわけでもないので、できるだけOshoの言葉を生かす意味では直訳調をそのまま残すことになりますが、いつも悩まされるところです。

それこそ「完璧」にしようと思うがあまりに悩んでしまうところなんですね。

でもOshoは「完璧」にしようと思わなくて良い。「トータル」でありなさい、というわけです。

では「トータル」ってなんでしょう? 

それについて解説すると長くなるので、今日は、今日のOshoの”No-Thought for the Day”の言葉だけをお伝えしておきたいと思います。

「トータル」については、また機会があるときに。

Have a nice day!

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

☆瞑想
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
ナルタンの「インナーラビリンス」から、「プラティプラサヴ」というOshoからの秘儀を受けるに至った、さわりの部分を引用してみます。

瞑想の指導について、マスターが弟子に対してどれほどのことまで行うことができるのか?

これはまさに「秘儀」だとしかいいようがありません。

以下、「インナーラビリンス」からの一部を引用します。(59頁〜)

「その夜のダルシャンには、わたしを含めて十人近い人が集まった。

 そのうちの一人は新しく弟子になる北欧からの中年男性で、OSHOはまずこの人を呼び、通常の手順を踏んでサニヤスを授けてから、いつものように『何か質問はないかね?』と尋ねた。北欧人は何か言いかけたが、ぐっと詰まったような声を出し、

 『たくさんあったのですが、すべて忘れました』

 それを聞くとOSHOは破顔し、くっくっと子供のような笑い声を出して『それはいい』と言いながら、祝福するようにその男性の頭上に軽く右手をあてた。

 そこにいる全員もつられて笑った。
 わたしも笑いながら、この人は、子供と同じ大きな笑顔、厳しい恐い師の顔、悪いたずら戯っ子のようなやんちゃな顔をすることはあっても、苦笑いすることはないだろうなと新しい発見をした気分になっていた。

 苦笑というのは不満と諦めと軽蔑が混合した表現だから、完全に開放された存在にはありえない表情だなどと思っているとき、OSHOが、わたしの横に座っていた端正な顔立ちのインド人の青年を呼んだ。たしかチンマヤという名前だった。

 青年は貴公子然とした静かな物腰で立ち、マスターの前に正座して深々と頭を垂れ、両手で足に触れた。わたしはこれも後になって、この人が少年の頃からOSHOに帰依した最古参の弟子の一人であることを聞いたが、このときには何も知らず、ましてやOSHOがこの夜、わたしのためにこの古参弟子を使おうとしたなどとは思ってもみなかった。

 青年が頭を上げ、OSHOが『どうだ、瞑想は進んでいるかね?』と言ったとき、不意にわたしは見えない手で胸ぐらをつかまれ、ぐいと前に引っ張られた。

 実際、わたしのからだがわずかに前に傾いた。その力は、大樹や古木に引き寄せられるときのものとはまったくちがい、否いやおう応ない強さはあるが、どこか安心していられる感じがあった。

 直感的にわたしは、OSHOが引っ張ったのだと知った。

 なぜだろう、なぜ引っ張るんだろうと、頭が忙しく回りだしたとき、彼の声が頭のなかで響いた。
外から聞えるのではない、内側からだ。

 『当然、知性では理解できないことも起こってくる。

とくに過去の生に関する事柄の場合、重い宿業(カルマ)に関わる事柄がさまざまな形で現われ始めると、人は心を閉じ、逃げ出したくなる。

 だが、心配することはない。恐がる必要もない。

 すべては私に任せておけばいい。

 おまえは頭でっかちの無知な弟子だが、せっかく訪れた機会の海には、勇気を出してジャンプすることだ


 頭でっかちの無知という言葉は、会衆(かいしゅう)のなかの古い弟子たちの間に笑いをもたらした。というのも、わたしは知る由(よし)もなかったが、この青年弟子は『哲人』のあだ名をもらうほど理屈っぽい質問をしては、よくOSHOにからかわれていたのだそうだ。

 だが、わたしも頭でっかちで無知 ……

 『どんなことが起ころうと、避けずにそのなかに入っていきなさい。

 私がいつもおまえを見ていることを忘れないように。

 危険を感じたり、恐かったりすることもあるだろう。

 だが何が起ころうと、人にそれをお喋しゃべりしたらぶちこわしだ


 わたしには、その夜のダルシャンで直接指導が受けられなかったことが、不満というより理解で
きなかった。

 何か理由があるにちがいない。

 わざわざ呼んでおきながらあんなに回まわりくどい方法で、『何が起こっても人には話すな』とか、『恐がるな、私はいつも傍についている』とか、OSHOはいったい何のために言ったのだろう。いくら考えても理解できなかった。」

                       「インナーラビリンス」 より

このことがあってから、ナルタンはいよいよ神秘の秘儀、「プラティプラサヴ」を経験することになります。

その章の初めに、ナルタンは次のように書いています。

事実は小説より奇なりということわざを持ち出すまでもなく、この章に記すことはすべて事実です。

 ほとんどが不可解なことばかりで、自分に起こったのでなかったらわたし自身なかなか信じがたいことであり、読む人によっては強い疑念を抱かれることもあるでしょう。

 だが、それでもなお、これは実際に起こったことなのです


この「インナーラビリンス」はまさにこの章のために書かれたのでした。

でも、この章だけだと、誰も本当にはしないでしょう。

ナルタンがどういう人で、Oshoがどういう人かもわからなかれば、この秘儀がどのようなものかもわかりません。

まさに不可解としか言いようがありません。

世の中は不思議に満ちています。

このような事実を知ると、私たちが普段何気なく過ごしている日常の世界、目に見える日常の世界は本当の世界のなかの氷山の一角でしかないということがわかります。

私たちのこの人生には、計り知れない深みがある。

このナルタンが経験したプラティプラサヴの秘儀は、そのようなことを感じさせてくれます。

インナーラビリンス

アマゾン ↓
http://urx2.nu/x4Ql

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

☆瞑想
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
Oshoのもとに長年過ごし、Oshoの通訳をつとめ、自らも瞑想を深めていた体験を「インナーラビリンス」の著書で書かれたナルタンさんの講演から。

今回はその第2話をお届けます。

質疑応答の中で、熱心にナルタンさんのお話を聞いておられたかたから質問がありました。

やはり「Oshoの身近に過ごしていて、Oshoってどういう人でしたか?」ということについての質問でした。

Oshoから直接瞑想の指導を受けた人というのは今では少なくなってきていますし、ましてやナルタンさんのようにプラティプラサブのような秘儀をマスターから指導されるというのは、世界でも数えるほどの人しかいません。

そんな人からOshoについての体験を聞くことができる機会なのですから、そのような質問がでるのはよくわかります。

Oshoというのは本当に広大な人でもあったので、Oshoについて語ることを聞いていると、人それぞれさまざまです。

どんな言葉を使ったとしても、それはOshoのある一面しか語れないし、またOshoについて語ることは自分のことを語ることになってしまいます。

なぜなら、Oshoはまさに鏡としてそこに存在してくれているような人でもあるので、Oshoについて語ることは、Oshoに映し出されたその人自身のことを語ることになってしまうからです。

ですので、私に取っても、ナルタンはどういうふうに答えるのだろうというのは興味津々でした。

そこで、ナルタンは面白い表現の仕方をしていました。

なるほど、さすがうまい表現をするなぁ、と感心しました。

ナルタンは次のように説明したのです。

「Oshoをどのように見るかは、その人がどの程度開いているかによって全然見え方が異なってきます。

Oshoは広大な存在なのですが、私たちは小さな窓からその一部を見ているだけにすぎません。

ですから、開いていない人がOsho に会ったとしても、こんな小さな窓から見ているだけなので(といいながら片手を握って小さなのぞき穴を作って、その窓から見ている動作をして)ほんとに一部しか見えていません。

ですからそのような人が初めてOsho に会っても何も感じません。

でも、自分の瞑想が深まっていくに従って、自分が開いていくと、彼のエネルギーが感じられるようになっていきます。

そうすると、Oshoが部屋に入ってくるだけで、そのエネルギーに圧倒されてしまうように感じたりもするようになります。」

Oshoのエネルギーを体験すると、そのエネルギーを感じることができるようになると、喜びにあふれ、至福を感じ、まさに愛としかいえないようなエネルギーが溢れているのが感じられるようになります。

Oshoが少し微笑するだけで、そこに集まった5000人の人たちが笑いに包まれます。その笑いは内側からやってくるのです。内側からくすくす笑いが伝わってきます。

Oshoが少し指を動かして、くすぐる動作をするだけで、そこにあつまた人たちみんながくすぐられたように感じて笑い転げます。

Oshoが両手を動かして、私たちがOshoダンスと名付けたダンスをすると、それにあわせてみんなが喜びにあふれてダンスします。

そしてまた、ナルタンの言うように、Oshoの講話を聞いていたり、瞑想していったりするなかで、人はさまざまな体験をしていきます。

それは人それぞれの瞑想のプロセスのなかでいろんなことが起こっていくからです。

ナルタンの本にも書かれてありますが、Oshoは講話やダルシャンのとき以外は自分の小さな部屋に閉じこもっているだけでどこに出かけたりするわけでもありません。

にもかかわらず、Oshoは弟子のところに駆けつけていかなければならないようなこともあって「結構忙しいのだ」というふうに言っていたらしいのです。

ナルタンの経験を読むと、そういうことが起こりうるのだ、ということがわかります。

私たちは、この五感と目に見える世界だけを使ってこの人生を生きているなら、ものごとはとても単純です。肉体がなくなればこの世も全ても無くなるのですから。

それだけの人生です。

でも、Oshoに出会い、瞑想の世界を知っていくと、どうやらそれだけの世界というわけでもなさそうだということも気づいてきます。

シックスセンスという映画を見たことがあります。

1999年にアメリカで公開された映画で、死者が見える少年と彼をサポートする心理学者が体験する「未知の世界」と、その2人を取り巻く人間関係を描いたサスペンス・ドラマです

私たちには第六感もあり、そのような感覚が開いていくと直観力のようなものが開いていくようです。

この映画にあるように、目に見えない存在や目に見えない世界ということについても目が開かれることもあるようです。

しかし通常はそのような感覚は閉じられています。

なぜなら、準備がなくてそのような感覚だけが開いてしまうと、どのように扱っていいかわからなくなり、危ない人になってしまうだけです。

間違うと精神病に思われてしまいます。(精神病と瞑想のプロセスで生じる神秘的な体験は全く別のものです)

ですから、瞑想のような世界に入っていくときには、禅などでもマスターの指導が必要であったりするのは、そのためです。

それらの危険から守ってもらう存在として、マスターの存在が必要だったのです。

そういう意味で、瞑想を深めていこうとしている人は、こういうこともあるのかということを知っておく意味では、「インナーラビリンス」を読んでおくのも助けになるでしょう。

インナーラビリンス

アマゾン ↓
http://urx2.nu/x4Ql

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

☆瞑想
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)