JR福知山線脱線事故の報告書漏洩(ろうえい)問題で、JR西日本の佐々木隆之社長は14日、企業倫理委員会の設置や役員行動規範の制定-といった再発防止策の進捗(しんちよく)状況を前原誠司国土交通相に報告した。

 同社が設置していたコンプライアンス特別委員会が昨年11月、国交省に提出していた漏洩問題の調査報告書の中で、再発防止策の実行状況を定期的に報告するとしていた。

 佐々木社長は、外部有識者を含む企業倫理委員会を設置し今年2月に初会合を開いたことや、役員が漏洩に関与したことを重視して「誠実・謙虚・自律」をうたった役員行動規範を制定したことなどを報告。また、取引先の社員に限定されていた弁護士直通の内部通報窓口を昨年12月から同社社員やグループ会社の社員にまで拡大したことも伝えた。

 報告を受けた前原国交相は「大事なのはどう定着させるのかだ」と応じたといい、佐々木社長は記者団に対し「企業倫理を仕事の中で反映させるよう行動する。事故と被害に遭われた方に真(しん)摯(し)に向き合うことを基本方針に今後も精いっぱい努力したい」などと話した。

【関連記事】
座席も青→緑色に JR西、福知山線脱線被害者へ配慮
JR西、運輸収入下げ幅最大 高速道割引など影響
JR西、倉敷駅ビルのホテルとSCを閉鎖
関空&伊丹、一体化で民間委託案 国交省戦略会議で浮上 
前原国交相「尽きることのない感動に出会える国、日本」訪日観光増加に意欲
外国人地方参政権問題に一石

協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」-衆院厚労委(医療介護CBニュース)
車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)
異動に絡み部下から現金=課長級職員を処分-厚労省(時事通信)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
<証券監視委>粉飾の疑いで課徴金を勧告(毎日新聞)
AD