↓よろしければクリックを↓ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
Hajime Shimada

バナーを作成
ボーズ・オンラインストア HMVジャパン リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

んにちは!マチュアレコーディングユニット「ELECTRIC BANANA CLUB」のしまさんです。
っていうか今はしまさんりたい題ユニットになっちゃってるけどね。
そんなわけで(?)、しまさんがるエレクラの動日記です。おな方はどうぞよろしく。



今、スタッフ集中。味のある方は絡してね。



レクラの曲をいてみたい方はちらへどうぞ →→→ エレクラ倉庫

そののアレとか、コレとか、ネガティブ戦隊ジコケンオー戦記とかは、ちら→←→美波の島支店



者登録、メンバー申請は、ず、エレクラの曲の想をメッセージして頂いた方のみ、認しますので、あまり待しないでください。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年10月03日(月) 12時07分16秒

LICKS

テーマ:書物

それたコトをしたよ、ハニー。昨夜はれなかったで御座るよ。イヤ正確には眠ったんだけど、最もイヤな寝起きをもたらす、仕事を真面目にする夢を見てされて起きたで候。でも中ではちゃっかり、ワンピースがけて花柄の下着が丸見えでっせ、というボーナス場面もあり、何かを期待させる展開も用意されていたので御座るが、案の定遅刻して怒られたで御座るよ、まだ夢の中では新入社員なのに。

 

て。

 

年初、こう見えて都庁職員にも負けず劣らず官僚主義的なしま♪さんは、一年の計画を抱いて年を始めます。ご機嫌なこのブログの読者さんにはおなじみの、今年は本を何冊読むとか、理はしないで出来ることを目標に据えるあれ。その中にひっそりと、プラモデル再開、というのがあったのはそれはまぁ、別の話で、実は長年の、山川健一全作品一覧を作る、ついでにホームページに挙げる、という野望があったのね。

そもそもは、こんだけいっぱい読んでいるんだから、どうせなら読破、を目指そうと思って、ネットやらなんやらでリストを作ろうとして、ろくな情報がなくって苦労した、というところから始まっている。世の中検索が進んで、情報へのアクセスが簡単になったのは事実だけど、アクセスするがあればいいけれど、ないものはどうしようもない。

 

なら、拙者重いを上げるで候。

 

といっても、構想は構想であり、先ずは全作品をリストアップするなら、とりあえずは可能な限り全部読まないとね、というのが。奈乃で、山川健一全作品網羅ホームページの前に、まず全読破、というのが提だったわけ。つまり、構想は随分前からあったのに、ここまで引っ張ったのはひとえに、ワタシの読書のさ、直ぐ眠くなる癖のせいだったわけ。

 

そこに来て、今年の七月、なんと健さんの著作が一挙にドバーンと、子書籍になって登場したのね。今ではもう絶版になってしまったあの名作や、この名作が、今ならポケットにばせておけるようになったのよ。電子全集とも呼べるそれは、かなり期的な試みであるのと同時に、ワタシの構想に、遅きに失した、という烙印を押してしまったのね。

電子書籍で出たら、もう旧本屋を渡り歩いて、紙の本を探す、という機会もるだろうし、そもそも、ワタシはどうも電子書籍が苦手で、それはまた別のメディアでしょ、という勝手な思い込みがあるけれど、利便性でいったらそれに勝る物無し。これからはもうそういう代になるんだろうなぁ。そこで、まぁ、自分の構想の価値も下がった、それなら持ち前の当さで好きでやったのよん、程度の心持ちで出来るんじゃね、的な軽い気持ちにもなったのね。

それが後押しをしたのか、電子書籍Jacks発売記念のfacebookに、自分の蔵書の画像と共に、全作品網羅ホームページを作るつもりやで、って言しちゃったのね。まぁ、ほとんど誰も気には留めてないだろうけど、云ってしまった以上やらなくては、ということであの感動の出産ドキュメント小説を書き上げた後の、ブラブラした時期にっを入れるべく、ヨシヤルベ、となったわけね。

 

しかし、しかし、しかし、これがやり始めるにしても、から始めて良いのやら。何しろ、そういうことやったことないし、まぁ、そこら辺のバンドのCDリストアップとか、エレクラの曲のデータベースとかとは比べものにならないくらいに、大な数の作品があるわけだし。そもそも、ではその作品のどこをピックアップして、情報として挙げれば良いのか、その別する基準も迷ッちゃうわけ。

とりあえず、ワタシも健さんの本を読みたーい、というおさん(26)を仮定し、彼女に必要な情報を与える、ということにした。どんな本が出ているの?ということで、籍の一覧表。あのタイトルの小説はどの本で読めるの?という問にタイトルリストを示すことにして、とりあえずこの二つがあればそれをプリントアウトして持ち歩けば、旅先の鄙びた旧本屋に立ち寄っても、直ぐに探せるだろう、ということに決定したのね。

 

そこから先は、書籍をに、出版社とか発行年月日とか、そういう情報と共に、如何にその本の内容、という情報が必要だろう。あらすじはさすがに載せられないが、それ以外の容に関わること、いわゆるレビューっちゅうやっちゃな。しかし、ワタシはどうもそのレビューとか評論とか、読書感想文とかが手で、このブログを見ても分かるように、自分との関わり以外にお話できるような、というか信頼性が皆無なわけね。

奈乃で、結局また例のお嬢さん(26)を登場させ、これってねかっこいい小説なんだよ、これを読んだ時は確かニューヨークの郊外の・・・的に自分語りを始める、という姿、つまり、いつものお嬢さんと相対する時の姿を想定し、レビューとは名ばかりの、思い出話を添えることにしたのね。

後は著作権とか肖像権とかいろいろあるかも知れないけど、本のカバーをそのままスキャンしとけばわかりやすいんじゃない?これからワタシも使うかも知れないし、という目論見の元、想がやっと出来上がった、と。

 

さて後は実作業、先ずは一冊一冊、持っているものを紐解き、奥付をデーターベース化し、パラパラとめくって思い出話を書き、という作業を始めたのだけど、まぁ、これが間のかかる作業で。とりあえず、時系列順に並べる、そして全作品を網羅する、というのが目的だから、当然持っていないものも象に入っているわけ。それを調べるのに相当苦労した。今ならインターネットで調べれば簡単なんだろうけど、その前に、先ずは全読破、というのがあるように、実際に手にしたわけでもないのに、詳細をべらべら喋る、というのはどうもに合わん。奈乃で、分かる範囲で定させる。

 

それでも書籍の数と、後ワタシの記憶の昧さが、どうにもこうにも邪魔をする。

 

ほぼ一ヶ月、午後六時以降はこのデータベース成にかかりきりになったのね。もちろん、時々心が乱れてあっちへ目移り、とかいう時もありましたが、とにかく何かしなくては先には進まないし、なるべくJacks発売に近い方がイイだろうし、ということで、ちょっと張りました。

それを背中からオーバードライブさせた、というか、最近になってやっと、Windows Media Playerが、CDのリリース日順に並び替えてくれることをりまして。コレはいい機会、と思い、ストーンズのアルバムを、旧いモノからにずっと聴きながら作業したのね。結果、ワタシの持っているストーンズのアルバムを全て聴いてもまだ足りず、ミックのソロアルバムにまで及び、結局キースのソロアルバムまで来てやっと、作業をえることが出来たのね。

 

当然音楽を鳴らしていると、テレビは何もせない。映すことは出来ても、音はせない。もうお気づきであろう、ワタシはギターの練習をヘッドフォンをけてやっているが、その時でもテレビには何か映している。そう、お嬢さんのあられもない姿BGV代わりに流しているのだ。

もちろんこの作業中もりなかったが、これまた最近、木下柚花、というお嬢さんに夢中で。彼女の八時間ベストをもうワープレイ。なぜかな、何であんなに何回見てもきないんだろう。やっぱりの美人って素敵だな。

 

その傍らには、相変わらずこの節にナルトやってくるヤモリさん。窓に貼り付いて寄ってくる虫を食べているのですが、他のヤモリがやってくるといつものように嘩している。それが今年になって、ちっちゃいちっちゃい子供がを出すようになった。当然大人の前任者は、追いかけ回してっ払うわけ。子供でも赦しないのね。それが不憫で、最近ちょっと横ののカーテンも開けて、虫が寄ってくるようにして、ちゃんとちっちゃい方も気づいたのか、そちらを定宿にするようになったようです。全く関係ないかも知れませんが、初めてヤモリの交尾というのも今年ました。

 

そうして、ストーンズと、木下柚花さんと、ヤモリの攻防と共に成したのが、これです、ハイ。

 

LICKS~山川健一全作品~

 

出来てから初めて、LICKSJacksているのに気がついた。ストーンズのベストアルバムに、FORTY LICKSというのがあって、それから付けた名前なんだけど、そのツアーの時、センターステージ最前列、という運が訪れたので、それにあやかって名付けたのね。リックス、というのはギター用語で、めフレーズ、みたいな意味があるので、ちょうど良いのだ。

 

しかし、ホームページに挙げる度に、タグやパソコンの扱いのスキルが上がるけれど、同じぐらい疑問や不具合もき出てきて、どうも分からんことが多いまま、多少見栄え的には見切り発車の部分がある。特にブラウザ間での見え方の違いや、リンクの飛び方とか迄はが回らなかった。というか未だにどう処して好いのか分からないのよ。

全作品網羅、ということは、健さんは未だ在命であり、創作意欲に満ちていらっしゃるから、これからのアップデートも然なわけね。まだまだワタシが読んでいないモノもたくさんあるし、この度のデータベース化で、見つけた本もあったりするし。奈乃で、ホームページの見栄え、というスキルも併せて、これからどんどんップデートしていく予定です。

 

この作業が終わりに近づいた頃に不図、またひとつ、願叶ったんだな、という感慨が訪れて、今年は後始末の年、ということを思い出した。

 

もう若くないのにこの潰し生活も、いつまでも続くわけない。まぁ、なるべく長くつづくように、な思惑もないではないけれど、実はその生活に入った時から、自分のベーシックをフィックスする、ということが念頭にあったのね。一度何もかも、自分の倫理も含めて解したわけだから、幼稚園からやり直し、とまではいかないまでも、自分に何が必要で、何が不必要かを、落ち着いて見極めよう、と思っていたのね。

結局、新しいことも幾つか始めたけれど、ったのはプラモデルぐらいで、それも小さい頃のリベンジみたいな面があるし、エレクラだって、あの高校生をグヘヘ、という話だって、健さんの読者、という立ち位置だって、今に始まったわけじゃない。あの大きなターニングポイントの前からあるモノを、またきかかえ直した、ということに過ぎないのだな、と思ったのね。

 

これからますます老いていくけど、世間の風潮の如く、まだまだ若い者には負けん、とか云ってチャレンジするのが華、みたいなのはどうも、ワタシには合わないみたい。いや、これまでにもう他人の人生の何倍も、重な体験を積んできたし、手には一杯の好きなモノ、捨ててはおけないたくさんのモノがあるじゃない。これを大切に、やはりアップデートしながら、ずっとしみながら老いていくのがワタシの余生なのかな、なんてふと思ったのね。

少なくとも、仕事と美味いものと家族の成長とたまの浮気、ぐらいしか人生の日記帳に書けなかった人よりは、幾らかはせかな、なんて。いや、そっちのモノは全くに入らなかったのだから、そういう意味ではどっちもどっちか。

 

いずれにしろ、今回LICKSというページを作って、ワタシと健さんの繋がりを、まとめられたのは少なくとも、ワタシには大変意義なことでした。健さんにも一応、そういう風にえています。しかし、ごくごく私的な情で動いたため、どこからか、あるいは健さん本人から、ストップがかかる様な事態も否めません。それは方がないことです。

でも、この作業はやって良かったな、って当思いました。

 

なんてね、今年中に本城を作るよ、って云ってみました。地震からの復興を願って、というのもすっかり時機を逸してしまった感がありますが、云わないと遣らないから、ここで言しておきます。もちろん、絶対に、とはいませんが()。その前にね、願掛けのようにずっと慢していたことがあるのよ。実はね、NFL幕戦、まだ見ていないのよ。BSの放送は全部録画しているけれど、LICKS完成するまで見ない、と心にって、今やっと解放された気分です。何しろ一試合三時間、その間がやっと出来た、ってコトで。

 

それでは今日はこの辺で、ごきげんよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。