◇末原拓馬公式HP◇
http://www.sueharatakuma.com/

【おぼんろ】主宰。脚本家、演出家、俳優。
おぼんろは、その独特な世界観と物語性が好評を博し、
公演ごとに動員を倍にする劇団として近年急激に注目を集め始めている。
★おぼんろ公式サイト★

2017年11月おぼんろ本公演!詳細は近日公開!!

不定期単独公演『末原拓馬のひとりじゃできねぇもん』

最新情報は公式ツイッターにて

だぼだぼ@ひとりじゃできねぇもん



2017年9月19日~25日 出演

東京ハートブレイカーズ「サブマリン」
原作/伊坂幸太郎「サブマリン」(講談社文芸ピース刊)
http://www.tokyoheartbreakers.com/stage/submarin


2017年10月4日(水)~9日 出演

クロジ第16回公演「銀の国 金の歌」

劇場:六本木・俳優座劇場 脚本:森 悠 演出:三浦佑介

http://www.kuroji.jp/index.html


2017年12月13日(水)~17日(日) 山田光路郎役出演

浪漫活劇譚 『艶漢』 第二夜

原作:尚月地『艶漢』/「ウィングス」連載中(株式会社 新書館)

脚本・演出:ほさかよう(空想組曲) 劇場:六本木・俳優座劇場

出演:吉原詩郎役:櫻井圭登 山田光路郎役:末原拓馬(おぼんろ) 吉原安里役:三上 俊 他

http://www.clie.asia/adekan/


2017年10月12日 ゲスト出演
ポップン マッシュルームチキン野郎
『仏の顔も三度までと言いますが、それはあくまで仏の場合 ですので 鰹』

http://www.pmcyaro.com/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-13 09:46:00

初日の朝。

テーマ:ブログ
艶漢、ついに、初日。1ヶ月かけて創り上げて、今日から5日間だけ日の目をみる。儚さこそが舞台である。

とは言え、まだ完成はしていない。今日も今日とて、場当たりである。その後には、ゲネプロ、そんで、初日。
{974E1B7B-308D-4A82-89FD-A76E75A32298}
「場当たり的な」てのはネガティヴ表現として使われるけど、そうではないよくれぐれも。場当たり的な公演にならないように、場当たりをするのです念入りに。
{9B061DEC-FF3F-4851-8626-D26352192E42}
舞台袖はワクワクするよ。

楽屋は、現実世界。明るい部屋の中でもメイクを直したり、台本を確認したり、給水をしたり。共演者と言葉をかわすこともある。

舞台袖は、暗がりで着替えたり道具を持ち替えたり、ドライにクールにやるべき作業はもちろん決まっているけれど、チラリ舞台の中を覗けば光が当たってて、そこは物語世界。

扉を開けたりするわけでもなく、一歩進むか退くかで世界が違う。なんか、狭間。あっちとこっちが、マーブルマーブルしてる。じゃあそこにいる自分は誰?という感じが、心地よい。

物語が少しずつ漏れている舞台袖。そこから楽屋まで物語が溢れて漏れ出すこともよくある。それもまた、心地よい。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-12-03 07:42:29

12月3日。いろいろ

テーマ:ブログ
「時が来たからさようなら」に耐えられなければ、それもあなた。消え去ろうとする夜から星を持ち出すことだって、あるいは正解かもわからない。離したくないものは、腕がもげても離さないほうがいいように思うのです。
{88F5CD6A-9466-4847-ABB8-1B2ED432FD40}

毎日稽古をしておるよ「艶漢」。昨日からスタジオも変わり、舞台セットも仕込まれて、とてもよい。それにしても、役作りが忙しい。一年かけてひとつの役を探ればよいハリウッド俳優なんかとは違って、ここは日本の演劇界。明智小五郎に捕まりかけるほど俊敏に姿形を変えねばならぬ。
{355CC970-2021-4347-A3CD-A9F2BCFADE77}
10月には女装だった。覚えているかしら。幼馴染の女君主に仕える宦官だった。「銀の国、金の歌」。
{57BB2063-065F-401D-8E42-D99964AFB8E9}
11月には人形の役だった。兄と慕う人形のそばにいることをひたすらに求めた。「キャガプシー」。
{3F3BC49E-B790-492C-82C6-EA7C2273565B}
そして12月は「筋肉だるま」と呼ばれる、熱血巡査である。親友である傘屋の少年の面倒をひたすら見たがるのである。「艶漢」。

見た目も雰囲気も声の出し方も変わるけど、でもやっぱり、末原拓馬が演じる意味を見出したいし、自分の中ではどの役も、コアが同じ、というか、輪廻転生した同一人物、くらいには、同じ。

現在やってる、艶漢の、光路郎。こちらは、とにかく、太く筋肉質であるべきなのであって、目下、肉体改造の真っ最中で、食べることも仕事のうちとばかり、食べてる。元来、食べるのはあまり得意でないのもあって、なんだかほんの少し体調がパニックを起こしている。落ち着け落ち着け、体調よ。

稽古場で仲間といるのは楽しい。学ぶことも多い。今更ながらに気がついたけれど、自分はいわゆる演劇教育をほとんど受ける前におぼんろを始めてしまったもので、演劇俳優の常識に極めて疎い。学ばねばなあ、と思うのである。

さあ、日曜日だぜい。
あなたはなにをするのか教えてくださいましな。
というような心持ち。

たのしみましょう
ケラケラしましょう
よーいどん。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2017-11-21 18:47:50

「2017年を忘れぬための会」をやります。

テーマ:ブログ
12月28日、年内最後の公演にきてください
もはや仲良しになりまくっているスターパインズカフェ(今年はなんと3つものイベントに参加している)のブッキングマネージャーである播(ハリ)さんからから提案してもらい、12月28日に公演を打つことにしました。
 
「忘年会でもやってみない?笑」と、連絡をもらったのですが、忘年会ならぬ「2017年を忘れぬための会」をやることにしました。
 
なんぢゃそりゃ?
 
・・・いやー2017年。実のところやたらめったらに忙しい1年で、外部の脚本演出、ワンマンライブ、独り芝居、小学校で芝居、子供たちと芝居、バンド、客演、そして何よりテントで新作公演・・・なんだか昨年までの自分とはまた違う波乱万丈な1年でした。そういうようにしよう、と思って、そういうようにしたところもあります。
 
が、こうやってズラーっと書いているけれど勇敢にぶっちゃけてしまうならば、実は今年起こったことのほとんどがいまや「頑張らないと思い出せない」感じのニュアンスです。・・・必死で駆け抜けてきたのだもん。。
 
息抜きをせずに脇目も振らずに走ってきたので、年内最後の数日くらいはちゃんと本腰いれて脇目を振りたいと思います。
 
アンチ忘年会宣言
忘年会と言うものがありますが、根っからの「断捨離できない人間」である僕は、積極的に、前のめりに、過去のことは忘れずちゃんと引きずり続けて生きていくスタンスでやってまいりました。2017年も決して忘れず、なんならばこれから先の人生ずっとずっとこの2017年という1年のことを大切な思い出として抱いていたいと心底願うのです。そうすべく、常に、この瞬間が人生の転機になりますようにと生きてきた僕です。「あの一年があったから今の僕がいる」といつか言いたいな、と思う所存です。ワスレテタマルカコノイチネン。
 
末原拓馬のことなんかまったく知らない方でもお楽しみいただける公演にしよう
 
で、具体的に何をやるんだよ、ということが気になるかと思います。まさか宴会パーティをやったりはしません。まあ、SPCは客席内で飲食できますので、みなさんが宴会している分には全然大丈夫ですがね!
 
今年創ったものたちを自分なりのパフォーマンスで紹介したいです。何せ、創りましたから、色々。物語も、音楽も。埋もれさせてしまいたくないと思い、今後自分のスタンダードにしたいと思うのです。
 
この1年の色々な現場の裏話を語りたいと思っています。って、こんな書き方するとゴシップ感がすごいですけど、そうではなくて。実はどの現場も創作過程にこそ劇的な感動があったりもするんです。そのあたりを、多くの人と共有したかったりします。まあ、ゲラゲラ大笑いしながらになるとは思いますけど。
 
願っても願っても終わってしまうから
もう二度と訪れぬ2017年にキスしてさよならする宴会
 
子供のころから、年末は寂しくなります。なんか、もう終わってしまう「1年」がどんな気持ちでいるのか、すごく考えてしまうからです。本当に本当にありがとう。って、そういう気持ちになりたい日です。参加してくださる全員でそういう気持ちになって、2017年のこと、褒め称えてやりたい夜です。
 
年末のお忙しい時期になるかと思いますが、お会いできること、楽しみにしております。
 
 
2017年を忘れないための会』
・・takumasuehara party for kiss 2017 good-bye・・
 
12月28日(木)
開場:18:30
開演:19:30
前売り:¥3500+1drink
当日:¥3500+1drink
---------------------
配券:SPC店頭販売 / SPCHP予約 
入場整理番号:あり。1)店頭販売 1~ 2)予約 ご来店順
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース