◇末原拓馬公式HP◇
http://www.sueharatakuma.com/

【おぼんろ】主宰。脚本家、演出家、俳優。
おぼんろは、その独特な世界観と物語性が好評を博し、
公演ごとに動員を倍にする劇団として近年急激に注目を集め始めている。
★おぼんろ公式サイト★

おぼんろ第12回本公演吉祥寺シアター10周年提携公演
『ゴベリンドン』 レポートは→
コチラ


おぼんろ13回本公演

『ルドベルの両翼』
平成28年6月28日(火)~7月6日(水)
http://www.obonro-web.com/


12ヵ月連続単独公演

『ひとりじゃできねぇもん』

次回6月12日予定

http://www.sueharatakuma.com/


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-20 16:51:38

5月ひとりじゃできねぇもん

テーマ:ブログ
{646F2E75-1B0D-458A-B6B6-5452784FADBA}
僕は僕であることを、自分の仕事としたい。

演技もするし、
言葉も書くし、
物語も紡ぐし、
演出もするし、
絵も書けば、
音楽だってやるけど、
それらはなんだか、全部根本的には同じことだと思っていて、
なんか自分の中にある、
何かしらそう言う、
パステルカラーの水銀みたいな材質のエネルギーによるもので、
割と本当のことを言うと、
何をするにせよ
ーーー日常でさえも、
そのエネルギーの法則に従って動いている自分でありたいと、
思っていたりする。
心の底から思っていたりする。

だから、職業は「末原拓馬」だし、
そうあれるように過ごそうと思う。
末原拓馬のプロフェッショナルになりたい。

一番純度の高い自分を確認する場所、
自分が行方不明にならないように、
今年に入ってから、
毎月「ひとりじゃできねぇもん」をやっている。

はちきれんばかりのスケジュールの中で、
毎月ひとりで企画をやることは、
ただでさえとっ散らかしがちな性格の自分には、
なかなかに大変だったりもするのだけれど、

ここで得るものが非常に多くて、
やれて幸福だと思ってる。

自分の言葉を喋ることは、
忙しさの中では平気で後回しにしてしまったりもするから、
無理矢理にでも毎月やると決め込んで、

今月も今月とて、
いくつか短編を用意したり、
実験準備の悪巧みをしている。

今回は「だぼだぼラボラトリィ」。

説明について、
サイトに音声メッセージなんかも載せました。

とにかく、笑っていられるように。
誰かの笑いの手がかりになるように、
あの手この手で、この日を過ごします。

12カ月連続末原拓馬単独公演ひとりじゃできねぇもん『WAHHAHHA!!~わっはっはっ~』5月27日(金)HP→…ご予約URL→

{06B21C18-DBDF-496C-A636-DAF186D29B11}
極めてオープンな実験所ですので、フラッと遊びにいらしてくださいな(^o^)
たくまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-13 22:32:01

愛情の内乱、公演中!

テーマ:ブログ
『愛情の内乱』初日が開けました。
今日はもう3日目。

なんだか、作・演出の川村さんてお喋りなくせに自分のことはほとんど喋らない人で、

今回もやっぱり、ほとんど喋らなくて、でも、どちらかと言えば私小説作家に近い人だと実は僕は思ってる。

パンフレットにも書かれているけど3年前にお母様を亡くされた川村さん。その事についてご本人からは何も聞いたことはないけど、川村さんはこの『愛情の内乱』を描いた。とてつもないラブレターだと勝手に思ってる。

ラストは一見おどろおどろしいけど、とてつもないハッピーエンドと解釈してる。
{3D07B5F2-37FD-4318-913C-D9C272174F9D}
ジンと言う名前の末っ子をやってます。
{C3393029-8520-411D-997E-E17F67549B2B}
お酒の差し入れありがとうございます!!うれしいなぁ(;_;)
{BC5C4E52-9997-4B75-BA85-1D62D986DEFD}
お花も!嬉しくて嬉しくて、用事もないのにロビーをフラフラするようになりました。

ご来場くださっているみなさん、
応援してくださっているみなさん、
本当にありがとうございます。

まだまだ本番は続きます。
心を込めて、
その心を研ぎ澄まして、
紡ぎます。
たくまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-06 22:37:26

ルドベル一般予約開始。

テーマ:ブログ
5月5日、

『ルドベルの両翼』の先行予約期間を終えて、

一般チケット発売が開始された。

この日は、僕ら5人の語り部にとっては大切な日。

5年前、第7回本公演『ハッピー!!~夢ヲ見ルマデハ眠レヌ森ノ惨メナ神様~』の千秋楽だった日。

これは、初めていまの5人が集結した公演だ。

路上で独り芝居をやり続けていたオイラが久しぶりに屋根のあるところで芝居をしたのがそのいっこ前の公演。8坪の密室で行ったこの公演には、路上で知り合ったひとが押し寄せてくれて、総参加者が167人だった。


「もしこの物語が面白かったのなら、次は誰かを連れてきてください。全員がそうしてくれたら、次の公演は総参加者が2倍になるんです。」

そんな風呂敷を、広げてみた。
ひと公演で50000人集客する、日本一の劇団になる、と言うのが目標だった。

おぼんろ「倍々作戦」の始まりである

その、次の公演と言うのが、『ハッピー!!』だった。

アマチュアだった。単純に、路上で小銭を稼ぐ以外に収入の手立てもなく、たまにプロの現場にお呼ばれしても、当時、なんの根拠もなく自信満々だったオイラは血の気も多くて、「日本のてっぺん取るんだ!」と誰彼かまわなく宣言してたから、ハッキリ言って敵も多かった。

と言うか、

馬鹿にされてた。

実力も足りなかったけど。それより何より、なんのコネクションも元手もない「劇団」なんかに明るい未来はないぞと。

とにかく、悔しかった。「大事なのは売り方であり、作品ではない」みたいなことも言われたことがあった。

吠え面かかせて差し上げよう、と、思った。

作品の力だけで、物語の力だけで、人を集めてやる。世界を変えてやる。

前の作品は最高に意味のある物語だったと思った。と言うか、そう思えるくらい、魂を削って紡いだ。だから、今回の物語は絶対に口コミ広がって、動員は2倍になるに決まってる。

そうでなければ終わりだ、と思った。

思ったから、言った。

「前回の2倍にならなかったらやめます。」

ハッキリ言って、ピリピリした。公演前半は、やはり、満席とは言い難かった。なにせ、知人の他にはほとんどだれもそれぞれの役者を知らないくらいの頃である。僕らはいわゆる「手売り」と言う、友達なんかに積極的にチケットを、売ることはしなかったので、ひたすら、一生懸命に物語を紡ぐ以外に手立てはなかった。

宣言したからには、達成しないとダサかった。
でもだからって、
保険をかけて生きるのもまっぴらごめんだし、
何より、
自分たちを信じていた。

公演中何人参加しているのかは、
千秋楽まで一切数えなかった。

言っても数百人そこらの世界。

でもあの頃は、「5人で300人呼ぶなんて!!無茶だ!!」みたいな話をしていた。宣言した自分さえも、あー、こりゃ無茶したな、と思ってた。

5月5日の千秋楽を終えて、すべてのステージの動員リストのメモを持ち帰り、忘れもしない、自分の部屋の床にぺたんと座り、足し算をした。

その前の公演が167人の総参加者だったので、
その二倍は「334人」。
それ以上であれば、宣言がクリアである。

もしできていなかったら、
これは、どう発表したらいいのだろう?
そんなことも思いながら、足し算をした。

計が出た。

その数字が信じられず、もう一回計算をし直した。
同じ数字だった。
驚いた。

きっかり、
334人だったのである。

信じてはいた。
信じてはいたけど、驚いたし、
きっかり、と言うのも、
「映画じゃないんだから」と我ながら思った。

あれから数年経った。
この5人で入ればなんでもできると、
そればかりを無闇に信じて、
気付けばおぼんろは数千人の参加者が訪れてくれる劇団になった。

今回、5月4日まで先行予約をしていたのだけれど、
当時の自分たちからは信じられないくらいの予約が寄せられた。

なんか、長い夢を見ているみたいな気もする。
でも、まだまだ見るのだ。

劇団のこと、
たくさん語って行きたい。

さあ、ルドベルの両翼。
執筆の毎日です。

楽しみにしていてください。
たくまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み