◇末原拓馬公式HP◇
http://www.sueharatakuma.com/

【おぼんろ】主宰。脚本家、演出家、俳優。
おぼんろは、その独特な世界観と物語性が好評を博し、
公演ごとに動員を倍にする劇団として近年急激に注目を集め始めている。
★おぼんろ公式サイト★

おぼんろ第12回本公演吉祥寺シアター10周年提携公演
『ゴベリンドン』 レポートは→
コチラ

『ルドベルの両翼』無事終了ありがとうございました。


おぼんろ次回公演公演

『狼少年ニ星屑ヲ』
10月25日(火)~30日(日)

11月~12月 地方公演を含む約1ヶ月公演!!

「ヴルルの島」

http://www.obonro-web.com/


12ヵ月連続単独公演

『ひとりじゃできねぇもん』

次回10月15日予定

http://www.sueharatakuma.com/


11月5日(土)、6日(日)


「メリーフェアリーライブラリー」 脚本・演出・出演
大和市立図書館3階。

19:30~/20:00~/20:30~
申込不要。無料。



2017年1月 脚本・演出
OuBaiTo-Riプロデュース公演
『GRATEFUL GRAPEFRUIT』
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-07 16:49:43

サムライロックオーケストラ『アメージング八犬伝』

テーマ:ブログ
サムライロックオーケストラの新作公演『アメージング八犬伝』の ストーリーについて、ちょっとお手伝いをしています。
{C543F858-A701-4615-B654-6B4DF5674FDF}
おぼんろや個人の企画や、演出作品やらで幾度となく振付をお願いしております結樺レイナさんが所属している団体ですよん。

サムライの座員のみなさん、『ヴルルの島』にも多数ご参加いただきまして、なんというか、「家族ぐるみのお付き合い」というか、非常に近しい団体のように思っていたりもして。座長の池谷直樹さんに関しては我が小学校時代に筋肉番付でバリバリ活躍なさっていて、えぇ、ヒーローでしたよ我々の。話してみると物腰の優しい方で、密かに感動する自分も居たりして。
{CED0F21D-A0F1-4B68-A341-008A445CADA1}
(これは去年の写真だけど)

日本屈指のパフォーマーによるアクロバットな種目がめまぐるしく矢継ぎ早に繰り広げられるのがサムライロックオーケストラ公演。いつも『不思議の国のアリス』だとか、『桃太郎』だとか、素敵な物語に乗せて展開するの。すげーんだぜ。大人から子供まで楽しめるんだぜ。
{C74539BD-75BA-4B27-8B5E-B08595B5FD7B}
打ち合わせ時の写真。
楽しいし、スウィーツ美味しいし、
素敵な時間(^○^)

あ、そう言えば、髪切りました。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-07 15:46:20

はなたれのあなたへ。

テーマ:ブログ
ちょっと驚く。
 
冬と春が混ざったような風の匂いに、相変わらずドキドキする。
もう30度目くらいだというのに、まだドキドキするのか。
で、フと考える。
 
考えねばな、と。
 
や、まあ、
世間のお荷物になり続けてきた身として、
「考えねばな」、などということを考えるなんてのは、
 
なんというか、
おこがましすぎて七転八倒するけれど、
 
それでもやっぱり、
なんか、「これからどうしていこう?」
みたいなことを、フと考えた。
 
だって、
カレンダーを壁に貼ってみたのだけれど、
おや?
・・・「2017」と書いてあったのだ。
 
なんつうか、「未来じゃん」て思った。
こちとら1900年代に生まれた身だぞ。
2017年つったら、一点の陰りもなく、これは
・・・未来じゃぞ。
 
だとすれば、ここにいる自分は未来人ということなので、
未来人は未来人らしく、
現代人レベルでは到底追いつき得ぬほどの未来的発想をしたい。
 
未来人の僕はいつか自分が「大昔の人」となることを想定し、
更なる未来人に何かを贈りたい。
 
それは、この世界そのものだったりもする。
僕が世界に関わるための手段は残念なことに、
物語しかない。
虚構の世界でしか現実に関われないというのも不思議な矛盾だが、
その矛盾が僕の精一杯の現実である。
 
物語によって、
未来人に、世界をほんの少しでいいから素敵にして贈りたい。
 
そして、物語自体を、贈りたい。
 
どこまでも自分サイズのモチベーションではあるけれど、
そんなことを考える2017年。
 
冬と春が混ざったような風の匂いにドキドキしながら、
小学校の校庭の砂に拾った木の棒で絵ばっか描いていた、
はなたれ小僧の僕よ。
 
僕はいま未来にいます。
あの頃あなたが、
校庭の砂に僕への手紙をしたためたことがあったか、
僕はもう覚えていません。
だけれど、僕はいま、
あなたへの手紙を書くことができます。
僕はいま未来にいます。
あなたがあの頃いろいろな大好きな人たちから贈ってもらった物語を、
いまでも大切にしながらに。
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-01-12 12:02:27

「INST. BEATLES 」出演情報

テーマ:ブログ

2017年、創る方に力と時間を注ぎたいと願っています。

舞台もいくつか決まっていますが、

やはり、自分の物語を世界の物語にすることに、

そろそろ本腰を入れるべきだと考えています。

 

それ故、

昨年よりは幾分ステージに立つ機会を減らしております。

そんな僕ですが、

人生で最も付き合いの長い人物から声をかけられ、

ステージに立つ事になりました。

声をかけられたのは、自宅の台所でした。

 

『インストビートルズ』

父である末原康志がとてつもない豪華バンドメンバーで、ビートルズの楽曲をオリジナルアレンジでお贈りすると言う人気イベント。まあ、楽器を演る方がいらっしゃればわかるかと思うのですが、本当に、物凄いメンバーなのです。過去に何度か開催されているのですが、いつも超満員です。

 

その、オープニングアクトを務めることになりました。

 

「父の前座を務める」、これほどに息子として座り心地のいい役回りはないように思います。まだ演目は決定していないのですが、新作で臨みます。以前に前座を務めた時は、独り歌劇『Silver Vine』を創りました。(これはその1年後、「ひとりじゃできねぇもん」で豪華に改変し再演するに至りました)。

緊張。気合いが入る。

 

血筋なのか、生まれ育った環境なのか、「なんで音楽じゃなくて演劇を?」と問われても明確に答えられないのが事実で、僕は、どうも楽器の前で闘うのが好きなようです。ちいさいころから「ステージ」と言えば、ライブハウスやコンサートホールでした。ミュージシャンとしてではなく、そこに立っている自分が、とても不思議なのだと思います。

予約開始が今週の土曜日。近いです。入場が、予約時の整理番号順になるとのことですので、どうか、お早めに。

 

楽しみにしていてください。

 

Sue’s Session

INST. BEATLES  

末原康志(g)、

 片山敦夫(Key)、

高橋竜(B)、

 河村”カースケ”智康(Dr)、

MISUMI (Vo)

 

Opening Oct.

「末原拓馬/a performance in one night only」

 

3月30日(木) 開場 18 : 30  開演 19 : 30

「スターパインズ・カフェ」

武蔵野市吉祥寺本町1-20-16

0422-23-2251 

 

前売 ¥3500+1drink  当日 ¥4000+1drink 

[予約開始]

1月14日(土)16:00より

前売り SPC店頭販売 / SPC web予約(共に入場整理番号つき)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み