岡田克也外相は9日夕、外務省でルース駐日米大使と会談した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で意見交換したとみられる。日本側は、現行計画に代わる移設案を提示しているが、米側には移設先の自治体の理解が得られるのか、懸念が強い。ルース大使は、こうした米側の立場を伝えたもようだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

多重債務過払い金、事務員が交渉か 司法書士事務所を告発(産経新聞)
中国が拘束・収監、薬物犯罪の日本人30人(読売新聞)
春の珍事、津田塾大のイチョウの木にサクラ(読売新聞)
検察官役弁護士を新たに追加=JR西3社長強制起訴-神戸地裁(時事通信)
日本人の死刑執行さらに3人、中国が通告(読売新聞)
AD