政府は29日午前の閣議で、今後5年間で取り組む少子化対策をまとめた「子ども・子育てビジョン」を決定した。待機児童対策として、小中学校の空き教室などの保育所への転用を促進。これにより保育児童を毎年5万人ずつ増やし、2014年度末には現在より25万人多い241万人にする目標を掲げた。育児や出産をしやすい環境を整え、少子化に歯止めを掛ける狙いだ。
 保育所の拡充により、3歳未満の保育児童の割合を現在の4人に1人から、3人に1人に上昇させることを目指す。病児・病後児保育の受け入れ可能人数は、延べ31万人から200万人に大幅に増やす。 

【関連ニュース】
歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」
省庁再編、参院選後に検討着手=「幼保一元化」11年度に法案
自民運動方針の要旨
保育の在り方など議論=仙谷担当相
福島消費者相が欧州へ出発

<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)
被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか-福島(時事通信)
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向-患者団体(時事通信)
モンスターペアレント対策で手引書 都教委 7万部、全教員に配布へ(産経新聞)
2000人以上が別れ惜しむ 平山郁夫さんお別れの会(産経新聞)
AD