映画・後妻業の女

テーマ:


8月27日(土)


予定していたセイウンタキノボリが日曜日になり

西山茂行の出走馬はなし。

ゴルフの予定もない。


金曜日の午後、会社で雑談で

「明日の土曜日はわしは何の予定もない。」


と言うと、成田隆好常務が

「そんな日は映画鑑賞ですよ…」


成田隆好の映画好きを知っている経理課長の松丸容子がニッコリしていた。


「何か面白い映画は?」

「明日封切りの後妻業の女はどうですか?笑えますよ。」


試写会が趣味の成田隆好はもう見ているようだ。


「邦画か。大竹しのぶは嫌いではないし、これにするかな。」



で、成田隆好のお勧め通りに

【後妻業の女】

観て来ました。


制作費はかかってないけど面白い。

大竹しのぶがはまり役の悪女。


豊川悦司、永瀬正敏がこるまたはまり役の悪人。


尾野真千子は後妻と戦うきつい娘役でこれまたぴったり。
ただ美人すぎる。

(実は尾野真千子のファンです。)


資産家の老人を次々だまして、遺産を奪い取る大竹しのぶの見事な演技にちょっと震えました。


死んだ親父がだまされなくてよかった…


なんて思ったけど、考えてみると西山茂行も58歳。

すぐに来る老後を考えると…


笑えるようで笑えない映画でした。


ラストのギャグがこの映画をシリアスからフィクションに引き戻し…


素敵な土曜日になりました。


馬券を買っていたらどんな1日だったかな?


明日はゴルフです。


台風10号、どこへ上陸しますか?

気になります。

AD

痛い出走取消

テーマ:

8月24日(木)

前夜は門別競馬場で12R
東京馬主協会特別の表彰。

湿度のない天気で、気持ちがいい。

ジンギスカンもうまい。


千歳のルートインホテルに宿泊。


木曜日の朝は1人で送迎バスに乗り新千歳空港へ。


9時00分千歳発のJALで帰京しました。

東京は暑い。


モノレールで浜松町。

浜松町からタクシーで赤坂へ。

マッカーサー道路の開通で15分で着きます。


11時15分赤坂到着。


給料日、9月の日程表など、やること山積み。

各種打合せ。

そしてニシノオウカンの調教報告。


「新潟二歳Sに向けて万全。
大野騎手騎乗でいい調教ができました。」

との報告あり。

日曜日の新潟競馬場の馬主席の手配。

新幹線切符の購入、新潟駅からのタクシーの配車など、細かいことまで打合せも完了。


15時40分出馬投票確定。


一段落したところ


16時39分わしの携帯に古賀慎明調教師から電話が入った。


着信に「古賀慎明」を見た瞬間にイヤな予感が走った。


「社長、すみません。ニシノオウカンですが、調教後、歩様が悪く、爪かと思いましたが、検査の結果右前膝骨折していました。新潟二歳Sは出走取消ました。」

「全治は?」


「精密検査を木曜にします。その後手術になりますが、その結果次第ではっきりわかります。」


「6ヶ月で済みますか?」

「いや、最低でもそれ以上はかかります。」


この時点でニシノオウカンに来年のクラシックもマイル路線もないことを確信。

「9ヶ月か…」


「そんなところかと。すみませんでした。」


「すべて了解しました。ご苦労様でした。」


これがニシノオウカン馬番発表前の出走取消のすべてです。


この直後から秦 千織と川野遥子の2人の秘書は大忙し。


新幹線切符のキャンセルし払い戻し。

馬主席の取消。


こういうことを精神的に落ち込んでいるときにやるのは疲れるものです。


17時30分一通り終了。


まあ、よくあることです。

馬主やっていればしょっちゅうです。


それより、Uターンして関東に近づく台風10号が気になります。


AD

今週の出走馬

テーマ:


8/27(土)


出走なし


8/28(日)


13:20札幌7R
セイウンアワード・酒井


13:30新潟7R
セイウンタキノボリ・木幡巧


2頭…しょぼん


*新潟二歳Sに出走を予定していたニシノオウカンは、調教後、骨折が判明。

全治9ヶ月。

出走取消ました。

AD