ツケマイせんせいの哲学する麻雀

戦術とかコラム的なもの。あとボートレースとか色々。


テーマ:
どうもご無沙汰してます!

2017年1発目の記事です。

本年もよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ
(更新日2017年2月16日)


今は神奈川県某雀荘で働いてます。


結構忙しいです。


と、それはいいんですが


お店の子の麻雀勉強用に何切るを作ったんですよ。


普段天鳳を打ってもらって牌譜を見てるんですが、その中から指摘したものをピックアップして何切るとしてまとめたんですね。復習になればいいかなって。


自分もこれまで色んな何切るを解いてきました。

なんだよこれ間違ってるんじゃないの?とかこんなん何切るとして問題にする意味あるの?とかツッコミを入れてきたわけですよ。


まさか自分で自分の何切るにツッコミを入れることになるとは
 


そんな僕の失敗例をあげてみようかと思います。


※すべて6巡目設定です。

CASE1 簡単すぎ



そりゃみんな西切るわw

牌譜で指摘するときは実戦譜なので7mを切ってたんですよ。守備を意識する状況ではなかったし、手を決めちゃう系のクセがある子だったので大事かなーと思って取り上げたんですね。

しかし平面図にするとなんと単純なことよ!


CASE2 テーマにとらわれすぎ


※南家です

この問題のテーマは『2000→8000のホンイツは積極的に狙え!』だったのですが、、、

この手でマンズ落とさないよね(´・ω・`)

テーマにとらわれてフラットな感覚を忘れてしまってましたね。

解答はマンズ落としだったのですが、回答者全員がそれ以外を選択するという事態に!(ちなみに知り合いの強者にも回答してもらってました)

解説で解答を変更するという自分が教えてもらう結果になってしまいました。


CASE3 解答微妙すぎ



これどんな人も8mか1pしか選ばないと思うんですよ。

僕はテンパイチャンス優先で8mを選んだのですが、知り合いの天鳳10段から「6m引きの打点が違いすぎる」という指摘を受けました。

確かにそうだよなー( ´・д・)

俺もピンフリーなら結構1p打ってるよなー

チップの設定をしなかったのと打点とテンパイチャンスできちんと優劣を論じなかったのが失敗の原因でしたね。


CASE4 鳴きと状況を考慮しなさすぎ

 

6sを正解にしたんですよ。

けど確かに78m切りは鳴きを考慮したら全然ありですよね。

面前牌効率にちょっととらわれすぎたかなと。

これも結構打ってるときは78m落とすときあるもんなー( ´・д・)


【まとめ】

以上の失敗を踏まえて何切るが問題として成立するための条件をまとめてみました。


①特に初級者〜中級者レベルにおいて回答が分かれること

②比較の対象(打点やテンパイチャンス)が精査されていること

③鳴くことや状況が考慮されていること

④上達に役立つためにしばしば遭遇する牌姿であること

⑤選択肢による差が小さすぎないこと



こんなところでしょうか。

何かアドバイスがあったら教えてくださいねヾ( ´ー`)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。