前回の記事の続きじゃよ→創作フィギュア・梅山(メイシャン)制作記・其の一

 

さて、ブログ投稿から1週間経ちました。続きを書いてみませんか?

といふことなので、ヘロヘロじゃが、粘土フィギュアの続き、行ってみますぞい!

 

 

 

 

※この吉良吉影と現在の心境とは全く関係ございません(笑)。

 

 

 

 

 

 

身体の造形が、あらかた出来上がってきたところで、

黒く着色した粘土を薄~く伸ばし、そこから更に、細か~く切っておりますじゃ、

小さなパーツは紛失も多いで、多めに切っておかねばの。

 

 

先程のパーツは、フィギュアの瞳の輪郭とまつ毛用じゃ、

ここに髪がかかるで、完成時には見えなくなってしまうのじゃがのぅ~。

 

 

同じやうに、瞳や眉毛を貼り付けまして、顔が出来上がりますた!

ちなみに、よく訊ねられるのじゃが、顔型などは使用しておりませぬ、

全て、手と指と道具だけで、造形しておりますで候。

 

 

その後、適度に髪をつけ、身体と合わせてみたところ、

スマホカメラしか持ち合わせておらず、アングルに悩む(笑)。

 

 

肌の色が黒いで、毎回、ライトを当てにゃ、顔が真っ黒に写ってしまうとか(笑)。

 

 

中国っぽい髪型?を意識し、左右から垂れる、おさげ髪なんぞも作ってみたぞい。

 

 

おさげ装着、写真のビーズは七宝じゃが、変更の可能性も有りますじゃ。

 

 

デスクトップの壁紙がJOJOであるのは、もうお約束ですな(笑)。

 

 

黒肌に、瞳孔が小さい金の瞳という仕様故か、

家族らには、常に、顔が恐いと言われ続けておるのじゃが(笑)、

この娘は、中国原種の「梅山豚」を擬人化した、けものフレンズ物の怪なのです。

 

 

 

梅山豚(めいしゃんとん・めいさんとん)とは。

 

 

 

中国の太湖豚(タイフウトン)系の原種豚の品種名。

なお、中国においては豚と猪は同義でもあるため、梅山猪という表記もある。

日本では塚原牧場が幻の豚と呼んでいる。中国国内でもほとんど流通していない。

(民明書房刊Wikipedia先生より引用)

 

 

 

いや、別に、

梅山豚を食べたかった訳じゃないんだからねっ!(笑)

 

 

 

で、そっち系の、魔獣やら妖獣やらと言えば、

にゃんたれママが学生時代、大いにリスペクトされました、

女神転生シリーズのキャラデザを担当しておられる、金子一馬氏が浮かんだで、

不気味かつ異様であり妖艶な娘を、イメージしてみたいなぁ、と、思うた次第なのじゃよ。

 

う~む、毎度のことじゃが、色々と、直感だけで作っておるなぁ(笑)。

 

 

 

 

 

 

閑話休題、豚ちゃんのお耳をつけましたぞい。

 

 

うむ、これでやっとこさ、獣っ娘、らしゅうなってまいりましたな!(笑)

 

 

 

 

 

次回は、細々とした装飾の制作を経て、完成!

なるか?なるのか!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、再見~★

 

↑こっそりと、オーダーメイド再開致しますた(笑)。

AD