麗しの肛門様

テーマ:

私のリトル・スィート・ハニィは





全体的に丸くムチムチ、その性格は食いしん坊で遊び好き、ちょっとビビりだけど心許した人にはベッタリと甘えます。





しかし実は計算高いのかも知れません。


先日こんなことがありました。





私のストーカーのすずは、私がちょっと席を外しただけで後を追ってきます。





そんなすずが可愛くて愛しい私は、何かとチョッカイを出してしまうのです。





んなことしていないでサッサと次の行動に移ればいいのに、まんまと罠に掛かるのです。





そんな私に魔の感触が……





妙に柔らかくて妙に温かく、少しペタペタした感触……だいたい想像つくけど認めたくない。





でも確認しなきゃ。只でさえ甘えるとクッサイ匂いを出すすずだけど、その匂いと同じ匂いならそこから出てると解決もでき一石二鳥。


私は恐る恐る匂いを嗅ぎました。





それはもう、ダイレクトに肛門様の匂いでした。


抱っこにかまかけてすずが思い知らせたかったのはこれ……?





薄れ行く意識の中で『これもすずの手の内だったのかも知れない……』と思いました。


あなたが好きよと尻を向けても嗅がない私への戒め。


でも……でも。



怖くて嗅げない私を許して!!




……ねぇねぇ、知ってる?
猫の肛門て柔らかくてフワフワしていて、すごくあったかくてペタペタしてるんだよ~✨←ペタペタはウチだけか?



ちなみに甘えるときに出すクッサイ匂いの謎は解決されないままです。だいたい想像はつくけどね……






にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


ツイッター @koharu19
↑見つけたらよろしくです❤



それではまたお会いしましょうペコリ~







AD

すずは胡桃が大好き。何かと胡桃にチョッカイ出しては嫌がられ唸られてます。




でも胡桃は性格が我が家一穏和で優しいから、すずが攻撃体制を取らなければ側にいても基本嫌がりません。





普段はこんな風に先にチョッカイ出すすず。胡桃が手を挙げて攻撃開始しようかどうか迷ってます。ギリギリまで我慢する胡桃。我慢と限界の確率は半々です(笑)


でもすずはただ単に遊んで欲しいだけなんです。





優しいお姉さんになりたい胡桃は、かいがいしく世話してあげたいのに、すずが大人しくしてくれません。


この時は案の定差し込んで悪ふざけしていたのを諭して胡桃にお世話してもらいました。つまりヤラセです(爆)


でも思いの外胡桃の耳舐めが気持ち良かったのかされるがままになるすず。珍しい事態に慌ててカメラを回したものだから、私の指が写っちゃってます(笑)




まるは~……ま、一目置いてるお姉さん(笑)


まるに一括されるとピクリと小さく縮こまって、少しだけ萎縮しちゃうところがあります。


でもお互いのやることがお互い気になって仕方ないだけ。この時はトンネルマンのリュックに潜り込んだすずに、まるが『あんたいいとこ見つけたね』って話しかけてるようでした。




ご満悦です(笑)




おもちゃを降れば飛び付く子供なふたりに対してまるは素知らぬ顔というのが定番。


まるはなかなか掛かりませんが、胡桃もまだまだ遊びたい若い娘。ですが少し変化が見られるようになりました。すずが遊ぶと胡桃が、胡桃が遊ぶとすずが、互いに譲り合ったり我慢したりしてます。


子供な分、すずの方が我慢の時間は短いですが、それでもジッと待とうという姿勢には保護してからの成長をずっと見ている私としてはかなり大人になったなぁと思えます。




猫同士の体温や交わり方をあまり知らずにここにやって来たすず。うちには先輩がいるから大丈夫と踏んでいたけどそれが逆に足枷になり、思いの外時間が掛かってしまいました。


今、ようやく少しずつ距離が埋まり、姉妹のように一緒にトグロ巻くことも多くなってきました。




まだ暑いからなかなか一緒にはいたげないでしゅよ。たまたまでしゅ。

そうでち。たまたまでち。


そうだね、たまたまだもんね。
といいつつ頬が緩む私。


が、もっとだらしなく重力の赴くまま頬が垂れる出来事が!!




まるとすずのツーショット!!✨

同じ場面に収まることはあっても、重なることはなかったおふたりが!体がふれあい重なってるじゃありませんか!


すずの肉が寄り上がってるとこ見ると、後からムリムリにすずが収まったことが見て伺えます(笑)




すずが側に来ただけで、声をあげて去っていってしまうまるが、嫌がるどころか笑顔ですよ~~~(感涙)


ま、このあと暫くしたらすずが私のところに甘えに来ちゃったのでお開きになりましたけど。


よほどのことがない限り、ちゃんと猫は猫の段階を踏んで認めあっていくんだな……うちの場合、べったり仲良くは望めないけど、適度な距離をもち存在を認めあえていれば、唸ろうが暴れようがうるさかろうが、もー何だっていいや~!о(ж>▽<)y ☆


ここまで来るのに一年掛かりました。長かったような、短かったような……でもこれで終わりじゃないもんね(笑)これからどんな様相になっていくか、楽しみにしていきたいです。



これが最近の我が家のカタチ❤







にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


ツイッター @koharu19
↑見つけたらよろしくです❤



それではまたお会いしましょうペコリ~







AD

教祖と信者


我が家の主人、トンネルマンが妙なことを口走りだしました。




何か悪いもんでも食ったのかとしばらく無視していましたが、日に日に自信を強めていく様子。その口っぷりは壮大で、威圧感すらあります。




君も信仰しなさい!と脅されました。



……ああ、夏はあんよムレムレだもんね。





その無意味な自信をつけさせた原因は胡桃。


彼女はトンネルマンの怪しく匂いたつ御本尊を崇拝しており、ひれ伏しては身をくねらせる毎日。



どうやらトンネルマンは己に統べる力があると勘違いした模様。実にアホらしい。



そして無意味で無駄な自信をつけたトンネルマンと、厄介な信者・胡桃が繰り広げるアホらしくもバカバカしい儀式が毎日展開されるのです……。




御本尊を受け入れなさい……自身に取り込みなさい。そうすれば未来永劫あなたに幸が訪れるでしょう……







とっても片腹痛いですが、このように第一信者・胡桃は加齢宗が生活の一部になってしまっているようです。




教祖トンネルマンは布教に勤しみますが……




よりによって加齢宗の御本尊であるあんよに噛み付かれてしまいます。




それでも懲りない教祖は、新たな信者を求めます。すずは無言でイカ耳になってました。


加齢宗の世界布教はいきなり滞り衰退していきましたが、我が家の中でカルトちっくに根付いております……。




頼むから色んな意味で足を洗え(爆)




※お見苦しい画像を堂々と載せたことをお詫び申し上げます(笑)




にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


ツイッター @koharu19
↑見つけたらよろしくです❤



それではまたお会いしましょうペコリ~







AD