医師事務作業補助者~happy woman~医療秘書・続編。

医師事務作業補助者のブログです。
医師事務作業補助者は医師不足対策の特効薬のひとつです。
医師不足、たらい回し(?)問題、医療崩壊・・・
2025年に向けて私達ができることは。

◆ 最新情報

  2017年2月19日(日)日本医療秘書学会第14回学術大会(郡山市) 一般演題審査員

  2017年2月25日(土)日本医師事務作業補助研究会 平成28年度第5回大阪地方会(吹田市)出席

  2017年3月11日(土)日本医師事務作業補助研究会 第3回香川地方会(高松市)講演

  2017年3月18日(土)日本医師事務作業補助研究会 マネジメントセミナーin東京(渋谷区)開催


◆ 2017年の活動記事

  2017年2月4日 (土) 山口県医師会勤務医部会「平成28年度医師事務作業補助者研修会」(防府市) 講演

  2017年1月28日(土)日本医師事務作業補助研究会 平成28年度第2回支部長会(一宮市)出席

  2017年1月21日(土)日本医師事務作業補助研究会 第9回宮崎地方会(宮崎市) 講演


  ⇒ 2016年の活動記事はこちら     ⇒ 2015年の活動記事はこちら

◆ おすすめ記事

  未経験者の転職について(医師事務作業補助者)



テーマ:
おはようございます。

モチベーションとは本来「動機付け」という意味ですが、組織の中では「仕事への意欲」のことを指します。

最近、「モチベーションが下がった」と言われ、いろいろと思うことがありました。

私は、モチベーションが上がったり下がったりすることがほとんどありません。私のモチベーションは、いつもほぼ一定を保っています。なぜだろう、と考えてみました。おそらく、モチベーションが上下する原因として、まさに「動機」が関係していると思われます。

私が仕事や研究会活動を行っている動機は、
・組織をよりよいものにしていきたい
・医師事務作業補助者の職種確立と能力向上を図ることができればもっと医療の質向上に寄与することができる。それによってい実務者が幸せになれる。
・成長したい
というものです。

ですので、もし私のモチベーションが下がることがあるとすると、その理由は
・組織をよくできないと感じる
・医師事務作業補助者の職種確立を図ることができないと感じる、医療の質向上に寄与できないと感じる
・成長できないと感じる
ということになります・・・が、そんな気持ちになることはまずあり得ません。

なぜなら、その動機をもとに、「どうすれば達成できるかを考え行動している」からです。すると、努力することが必然的(当たり前)となり、それによってモチベーション(仕事への意欲)が下がりにくくなっているのではないかと思います。


小説家・井上靖さんの名言として、下記の言葉があります。

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。」

私も時々、不満を口にすることがありました。しかしよく考えてみると、それは「やりたくない理由を他のところに探しているだけではないか。言い訳を探しているだけではないか。」ということに気付きました。それ以降、不満が頭に浮かんだときは、「自分がやりたくないがために(自分が怠けたいがために)、他人や他の物事のせいにしようとしてはいないか」。そのように自問自答するようにしています。

緑と空


自分が、「どういう人でありたいか」を考えること。知ること。

それが自分のモチベーションに深く関わってくると思います。


私は不満ではなく希望を語れる人でありたいです。



    ↑ 読んでいただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします にくきゅう にくきゅう にくきゅう
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「my diary」 の記事