ひょんなことから、指令をいただいた。
今年の1月。

「しょうさん、ウエディングドレス作りたくありません?」


絆プロジェクトメンバーの若き精鋭、Dちゃんからの依頼でした。

いやいや、私、もう結婚して20年やし、自分の時は貸衣装やったし。
洋裁経験ないし、素人やし…

花嫁さんの晴れ姿を飾るドレス。着てるときにずれたり、取れたり?もう可愛くみえなあかんし責任重大❗かなり悩みました。

パタンナーの患者さんからはやめた方がいいと止められたり‼

で、話し合いの結果、お色直し的なクラシックドレスと旦那さんのベストを作ろうということになりました。




こんな雰囲気の。

クラシカル系。
そう、ロリータのイメージやったんで、ロリータ服の本も6冊購入。

で、先日、大阪は江坂の大塚屋さんに生地を見に行ったのよ。Dちゃんと。
で、どんな布がええかなあと、全売り場回りました。(ビル全部が布売り場なのよ~高まるわぁ)

ほんなら3階に、上の写真のウェディングドレスが展示してあって。
売り場のおばちゃんも
「簡単に作れるわよぉ」
結構親身になって相談に乗ってくださいました。
展示されてるドレスの中を見ながら、外も見ながらさわりまくり。
Dちゃんと二人で、
「え、作れるんちゃう?」
とおばちゃんマジックにかかりニヤリ

ドレスの型紙もいろいろあったけど、体型と好みから、1冊の本を買いました。



月居良子さんの
「手作りドレスでウェディング」

そして布を買いました。
色あわせが楽しい。
Dちゃんの一目惚れした高価なレース布と土台布の色や雰囲気を合わせるのにかなりの時間を費やしました🎵




さて、どうなるのか。
お式は10月末。

採寸までダイエットするらしいので、そこから1か月強で仕上げる予定。

またぼちぼち製作過程をアップするのでお楽しみに❤
AD