政府は1日、10年版「環境・循環型社会・生物多様性白書」を閣議決定した。環境分野の技術革新「グリーン・イノベーション」で豊かさを享受しながら、鳩山政権が掲げる「20年に90年比25%の温室効果ガス削減」を達成することは可能と強調している。国連開発計画が国民1人当たりの国内総生産(GDP)や識字率、平均寿命などから先進国の発展レベルを示した「人間開発指数」(07年)で、日本は10位だ。白書では、環境保全の観点を加えて独自に再試算すると日本は6位に上がるとし、「環境を中心とした新たな経済社会の底力を日本が持っている」と指摘。大気汚染対策や再生可能エネルギーなどの環境技術を経済成長につなげるため、研究開発投資や人材育成に力を入れるとした。

【関連ニュース】
景況感:自律回復力に不安 主要119社アンケート
発信箱:油断、慢心は禁物だ=小松健一(北米総局)
日中韓:北海道で3カ国環境相会合 黄砂対策などで協力
エコ住宅:全新築で省エネ化目指す 法律義務化も検討
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束

医薬品・医療機器の規制改革は「加速度的な別システムで」―足立政務官(医療介護CBニュース)
<南アW杯>関連ビジネスへ期待高まるも治安などで振るわず(毎日新聞)
芭蕉最後の旅、暗峠 現代に息づく江戸の風景(産経新聞)
菅氏出馬会見は午後7時に(産経新聞)
【小鳩退場】「郵政法案」廃案も 国会窮屈(産経新聞)
AD