鳩山由紀夫首相は15日夜、ワシントンで12日に行われた日米の非公式会談について、記者団から「(オバマ米大統領から)不信感を示されたとの認識は」と聞かれ、「ない」と言い切った。そのうえで「まったく事実誤認の記事がたくさん載っている」と反論した。

 首相は15日夜、首相公邸で行われた民主党参院幹部との会合でも、「オバマ氏が(会談で)否定的な発言をしたことというのはまったくのウソだ。あのとき、オバマ氏は何も言わなかった」と強調した。

 さらに、「オバマ氏は話の大半をイランの核開発問題にしたかったが、(首相から)普天間の話を持ち出して、こちらの気持ちを伝えた」と説明した。

 時事通信は同日、会談のなかで、大統領が首相に「きちんと責任を取れるのか」と強い疑問を呈したと伝えた。

消費税率引き上げ、民主に要求…知事会特別委(読売新聞)
“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
「一般への影響、最小限に」=APEC控え、交通部長会議-警察庁(時事通信)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
AD