飯舘村から避難していたみなさんは2017年3月31日からは自主避難者となり、東電の賠償も打ち切りとなり、国からの支援もなくなります。環境省や経産省がたくさんの税金を無駄につぎ込んで天下り先に恩恵を与えてて来た事業はしばらく続きそうですが、被災者への直接の支援はほとんど打ち切りとなります。

 

国の方針を忖度したのか、何かおいしいことがあるのかわかりませんが、今まで国の方針通りに事を進めてきた村長と村議会は堅持されています。村民は癌で亡くなった方や自殺した方もおりますが、ほぼ世の中から無視されています。避難先でいじめにあう子供もいるようですがそれらも避難の権利や正当性を奪われたことによってさらに増えるのではないかと危惧されます。

 

大切なことは事故前の法律に則り、年間1msvの規制を基準とした避難の権利の確立と対象住民の選択肢の自由をきちんと与えることが急務です。放射性物質による汚染は長期間の被害を及ぼします。期間を区切っての支援打ち切りや被害地域を行政区分によって色分けするような不条理な国の対応が今後フクシマの悲劇を助長することにつながります。フクシマは福島県だけに収まらないことも含めてここではフクシマと書かせてもらいます。

 

追い詰められ、選択肢が与えられない不自由なフクシマの自由人たちは避難指示解除という自由を与えらえて、厳しい現実の中、多くの前途ある人は故郷に帰ることを断念し、一部の厳しい現実に耐えられない人々が村への帰村という強制的な圧力を受けることとなります。いみじくも飯舘村の菅野村長はこれがゴールではなくスタートだとおっしゃいました。まさしく、戻る人も戻らない人もこれが地獄へのスタートとなります。

AD

損害賠償請求に対する東電からの回答がいただけました。精神的損害賠償請求の中で認められている生活用品の購入代金を今回請求しました。請求内容や金額については問題ないようでしたが、購入代金を私が個人的に貯めたポイントで支払ったところ、ポイント分は支払わないというお返事でした。彼らは賠償を認めておきながら私の個人的な財産であるポイントを搾取するようです。まだ確認は取れていませんが現金で購入した場合は請求額を支払い、そこについたポイントには文句を言わない可能性があります。


これでは私的財産である私のポイントについては東電が取り上げる反面、高額な商品を購入してそこについたポイントは無視してくれると言うことになります。これはありがたい話ではありますが、余分なポイントをつけずに購入したひとのよい私は馬鹿を見ることとなります。この程度の浅知恵しか持たない東電に原発の再稼働などさせられないと思います。


この能なし軍団は口先だけで個別に真摯に誠意を持ってなどといいますが、これらの単語の意味を何一つ理解していません。もちろん原発に関する知識や技術も追って知るべしです。


AD

薪の材料が・・・

テーマ:



追加の薪の材料が届きました。

まだ、処理できていない丸太が残っているのですが・・・。

雪が降るまでに薪づくり間に合うかなあ?ちょっと心配です。


お米の販売を始めました。

興味のある方はホームページをご覧ください。

お米の購入もホームページからよろしくお願いします。



ホームページ もご覧ください



AD