小さな島の小さな家で  Vashon 島だより

世界放浪の後、ついに念願の島暮らしを実現。ワシントン州のシアトル対岸の小さな島でリタイヤ生活を始めました。

#ビジネス目的の読者申請は受け付けておりません。ご了承ください。

テーマ:

なんとか2日目も生き延びたマダムです。

 

このところ眠りが浅いの。まあ仕事始めってそういうものよね。しかも今回の通勤は島からダウンタウンですから~。

 

ああ・・・思い起こせば東京時代。住んでいたアパートの13階の部屋から地下にエレベーターで降りるだけだった通勤。雨に濡れることもなく・・・通勤時間2分。天国でしたよ。

 

沖縄時代は車で30分。まあ許容範囲。で、今回の通勤はどうかというと、まずは徒歩でフェリー乗り場へ。歩いて5.6分。

フェリー15分。image

まだ寒いからねこういう春先用の手袋が活躍。

 

フェリー降りたらすぐ目の前に通勤用の快速バスが待ってるの。これにいったん乗ってしまうとシアトルダウンタウンまで30-40分。結局今日はDoor to Doorで1時間だった。バスの車内で寝たいところだけれど・・・ここはアメリカ~。誰も寝てないっての。

 

オフィス近くのチューリップこんなことになっていたわ。image

近くにたむろしているホームレスかしら・・・。

 

帰りは20分歩いてPier50から水上タクシーで20分。だから結局帰りのほうがちょっと通勤時間が短い?image

毎回乗るたびに思うけど・・・乗客は白人だけなのよ、ほぼ。みなさん島に住んで朝夕この水上タクシーでダウンタウンの真ん中やUWとかの仕事へ通勤。見るからにアマゾン?グーグル?みたいな若い人から中高年の白人たちばかりです。私ひとりだけ迷えるperson of colorだわよ。

 

OL時代の通勤は駅まで自転車15分、電車20分、徒歩15分。これをブルゾンちえみ風のミニタイトスカートにハイヒールでやってたんだから正気の沙汰じゃない。若さってすごいわ。

 

おばさんの最初の目標はまずこのだらけきった体を通勤に慣れさせること?

 

火曜日はラクロス。家に戻ったらだれもいなくて食事の支度もしてない。ぷりぷりして冷凍してあったトンカツをあげてトンカツカレー。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。