1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月05日

丘の上に建つ別邸

テーマ:ブログ

 

ときどき、思いついた時にブログをアップしておりますが、気がついたら1年。

 

年始のこの時期が一番、すこし余裕ができるのかもしれません。

 

 

 

あらためて、明けましておめでとうございます。

 

2018年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、今回は、一年ちょっと前に竣工していました、Hill Top Houseをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

文字通り、「丘の上の家」になります。

 

 

場所は千葉の市原。

 

ゴルフ場に隣接する別荘地になります。

 

 

ここに最初に訪れたのはもう2015年のこと。

その当時はまだまだ造成工事中でした。

 

 

 

 

確かに丘の上で眺めは良いのですが、なんだか土木工事現場のど真ん中。振り返ればゴルフコースが遠くの方にちらりと見えます。

こんなところに家が建つのか??という感じもしなくもありません。

 

それから月日は過ぎて造成も落ち着き、次第にこの地域にも少しずつ建物が立ち上がってきます。

 

それにあわせて、この建物の工事も始まりました。南北方向に長い敷地に合わせて、南北に開けた構造になっています。

 

 

 

 

どういう工夫がされているかと言うと、棟の部分を支える柱がなく、両脇からテンションロッドで引っ張って、外倒れを防ぐ構造になっているのです。

 

 

 

 

真ん中に柱がないのがわかりますでしょうか?

そして、両脇から細い金属製のロッドが水平に渡されています。

 

両脇には幅60センチの間隔で控え壁として水平方向に対抗する耐力壁を並べたことから、この建物の筒状の構造体が形成されています。

 

そういった構造の工夫が素直に外観に現れているのが、今回のプロジェクトの特徴です。

 

 

 

こういった工夫をしているため、内部空間は柱のないノビノビとした空間にすることができました。

 

 

 

 

無柱なだけではありません。さらに吹抜けも加わったダイナミックな空間になっています。

 

 

 

 

そしてやはり別荘地ですから、欠かせないのは暖炉。薪ストーブを吹抜けに合わせて設置しています。

 

 

 

 

暖炉に向けて段差があり、そこに腰掛けてゆらゆらと揺れる炎を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごします。

 

暖炉は土間になっており、南側のインナーテラス、東側の中庭に自由に行き来ができるようになっています。

 

 

 

中央にある鉄骨階段から2階に上がると、吹抜けに面して部屋が設けられています。

 

南側の空間には書斎も設置。

 

 

 

 

振り返って吹抜けから北側を見渡すと、、、

 

 

 

 

宙に浮いたようなベッドルームが配置されています。。

 

 

そして、木の羽目板を張られた内装は、木目を残しつつも薄ーくホワイトに塗装。

 

柱や梁や床の茶色とコントラストを生み出し、モダンながらもオーガニックな雰囲気にまとめられています。

 

 

 

最近、施主から「別荘ライフをたのしんでいます〜」とメッセージを頂きました。

 

とっても嬉しいです。

 

 

時の経過とともに徐々に景観になじんで行く、、くつろぎの住まいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
2017年01月10日

マンションのリノベーション

テーマ:ブログ

去年の夏に工事を行なって、9月には引き渡していたプロジェクト。

 

Reism-Box

 

について今回はご紹介します。

 

これは、既存のマンションの一室をリノベーションしたプロジェクトです。

 

成城駅の目の前という素晴らしいロケーションにありながら、元の内装たとてもイケてない悲惨なものでした。。

築44年も経っているものですから、これも仕方が無いかもしれません。

 

ただし、何回か改装はしていたらしいのですが、既存の状態はどんな風だったか写真をちょっと紹介。

 

 

 

うーん、冴えないカウンターがあります。

 

窓の方を向いても。。

 

 

 

ミスマッチな障子が冴えません。。

 

 

 

プランを見てみましょう。

 

 

 

こんなような、典型的な2DKの間取りで中途半端なサイズ。

 

どの部屋も6畳の広さで割り振ってしまい、どの部屋でも6畳以上の広さを感じません。

 

これをなんとか改善し、今のニーズに合わせて間取りを大胆に作り直そうというのが大きな目的でした。

 

 

そこで、こんな風にリノベーションです。

 

 

 

おわかりでしょうか?

 

個室を無くしてしまい、水廻りを入れたボックスだけを配置して、あとは自由に行き来できるプランに変更しました。

 

 

その結果、広々とした空間が現れました。

 

床や壁も大胆にスケルトン現しです。

 

 

 

玄関部分から入ると、自転車や乳母車なども楽々置ける広々とした土間があります。

 

 

 

 

そして、反対側にはシンプルながら、ノビノビとしたキッチンがあります。

 

 

 

 

 

このプロジェクトは、ずいぶんと前から続けさせていただいているプロジェクトで、4つのプロトタイプ:BOX、Wall、Wrap、Floatで構成されています。

 

いままで16件を行なってきましたので、今回のもので17番目のプロトタイプになりました。

 

 

また機会があればチャレンジしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

AD
2016年08月11日

群馬県に通い詰めました!!

テーマ:ブログ
皆様、御無沙汰しております!

今回は、先々月に竣工しました店舗併用住宅についてお知らせします。






場所は群馬県の伊勢崎市。事務所からだとだいたい120キロぐらいの距離になります。

それはもう、何度も何度も、繰り返し現場を訪れましたから、最初は7万キロだった車の距離計が、最後には11万キロになっていました。。。。じつーに、たくさん走りました(汗汗;;;)


あれは2014年の秋のことでした、クライアントからご相談をいただいて、都市計画道路の拡幅に伴う土地の形状変更があり、それと合わせて建築が計画できないかとご相談を頂きました。


実は、私、父方の実家が群馬にあります。とはいっても、親戚の家に何度も小さい頃から遊びに行っていましたが、ここのところはご無沙汰気味。群馬ときいては、人ごととは思えません。

すぐに現地を訪れ、都市の条件を把握すると同時に、伊勢崎市庁舎を訪ねて都市計画道路の計画やスケジュール、手続きなどなど、様々なことを一気に調査を行い、プロジェクト全体のスケジュールを練り上げて、全体計画上のポイント、進め方などをクライアントと協議を始めました。

最初は手探りで進めていましたが、市役所の方々も親切に協力してくださり、細かいやり取りが進む中でこの設計がスタートしました。

当初は順調に進んでおりましたが、ちょうど消費税のアップや建設業界の景気もあり、見積もり作業はかなり難航しました。最終的には、当初案を断念しつつも、その当初案の良さを残したまま、建物の構成や作り方を相当シンプルに考え直すことによって、着工にこぎ着けました。





結果としては、設計を変更したことが良かったと思っています。構法が相当シンプルになりました。この建物実は、2階のスラブおよびにそれを支える柱だけ鉄骨造になっております。その他はすべて木造です。建て方直後の写真をみれば2つの構造がうまく組み合わさっているのがわかります。






つまり混構造なのですが、それぞれの構造の特徴をうまく引き出すことができました。

当初は建設会社の方々もこの点について懸念をされていたようですが、最終的にはシンプルな繋ぎ合わせになり、工事しやすいようにずいぶんと工夫をしました。

それもあって、工事が始まってからは、あれよあれよという間に進みました。

現場監督の方が素晴らしく(萩原さん、ありがとうございました!!)現場の様子を刻々とこちらに伝えてくれて、遠隔地ではミスコミュニケーションが起きやすいのですが、そこをうまくカバーしてくれていました。

また、こちらもその情報に合わせてタイミングよく図面や資料を用意し、スムースなコミュニケーションができました。

お陰様で、当初の狙い通り、とてもシャープなつくりになりました。





美容院も中庭を挟んで2つの美容院が仲良く同居しております。
この地で長く続けていらっしゃるお母様の美容院と、東京で修行してから新しく独立する息子さんの美容院です。





2人のターゲットとする顧客層は異なりますが、そういう2つの顔が同居できるよう、シンメトリーに見えて微妙に非対称なつくりとし、それぞれの間取りも微妙に異なっており、それぞれが使いやすいように何度も何度も話し合って決めた間取りです。





内装も似ているようで、それぞれの個性が生きています。中庭を通して、気配が感じられるようなつくりになっています。

一方、店舗としての顔構えを尊重すると、2階に住宅があり、その生活感が道路側に現れないように徹底して工夫しました。


でも圧迫感のある住宅になってしまうかというと・・・,実は、南側には十分に開放された、明るい住宅になっています。






クライアント家族が、この建物を中心に、幸せに過ごしてくださるよう願っております。


お近くの皆様もぜひ、ご利用ください!
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。