田舎でフードコーディネート♡

食べることが好き、新しいことも好き。
そんな好奇心を生かして仕事にしちゃいました!
大好きなことに囲まれて生きて行く。
地方にもチャンスってあるんです。
地方こそあるんです!!



テーマ:
2017年7月。
ここから秋田の
新たな醸造モノ
『クラフトビール』が
世に送り込まれて行きます!



小さな蔵ですが、
その中で行われている
“ものづくり”がスゴい。

昨日は、ここで出来た
作品のお披露目会が行われ
光栄にもお呼ばれいたしました(⌒‐⌒)



先ずは社長(鈴木隆弘氏)のご挨拶音譜

お隣に立つのはご友人で、
まさにこれからご紹介する
クラフトビールの造り手です。

社長の夢に賛同し、
共にものづくりを始めようと
手探りのスタート。

そして生まれた羽後麦酒なのです。



先ずは3種のビールを発売!

乾杯で配られたのは
ゴールデンエールでした。
これには地元羽後町産の
あきたこまちが使用されています。

ん~ドキドキ
飲み口スッキリ。

お次はベルジャンホワイトです。



ちょっと濁って見えますこちらは、
オレンジピールの香りが心地よい

昼から飲みたいビール
(≧▽≦)音譜


これは、休日の昼
自分へのご褒美時間を
贅沢にしてくれる
黄金の飲み物ですよ。

ホワイト系クラフトは
普段から大好きで飲んでいる私です。
ベルギービールの
ヒューガルデンなんか、
いいですよね。

しかし、それに負けない
喉ごしと
香りと
クラフトならではの爽快感☆

堪りませんよ、これ(⌒‐⌒)

最後にご紹介するのは、
ペールエールです。



お色はちょいと濃いめ。
苦味もしっかりとあります。

しかし、その苦味が、
信じられないくらい心地よいのです。

大人な私・・・(⌒‐⌒)

ということでは無くて(^^;

この苦味の後からくる
強烈な旨味が、
今回、羽後麦酒さんが出掛ける
商品のコンセプトでもあり、
まさにそれを
一番分かりやすく表現している
作品だと思います。

ビールは苦いから嫌い(>_<")

という時代が
私にもあったのですが。。

その嫌な苦味を
打ち消す刺激に慣れ
いわゆる市販のビールも
スカスカ飲んでおります。

しかし、しかしですよ!
クラフトを知ってしまえば、
それとこれとは違うと実感。

さらに昨日のお披露目の席では
まさに出来立てを味わう
贅沢を堪能させていただきましたから
苦味が旨味

を極めることが出来たわけです。

ぜひ、沢山の方に
これを体験していただきたい

羽後麦酒は
7月29日から
本格発売開始です。

道の駅うご  端縫いの里で
発売します。

当日は社長も店頭に
いるそうですので、
色んな質問しながら
新しい秋田の味を楽しんでみてください。





フードコーディネーター
たなか  のりこ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。