ラストレッスン

テーマ:
昨日は最後のレッスンになる生徒さんがいました。

彼は中学1年生の頃から通い始めて、もう高校3年生。

受験の準備のために、しばらくレッスンはお休みとなりました。

最初にレッスンに来た頃は、とても無口で笑う事も少なく、僕としてもどうコミュニケーションをとったらいいか迷う程でした。


それが、今では学校のことや音楽のこと、いろいろ話すようになり、笑顔も多くなっていました。


ずいぶん成長したなあなんて思っていたら、もう大学受験。


3年間はあっという間でしたが、その彼の音楽に関わることができて、とても良かったなあと心から思いました。


大学は、もう志望する学部も決まっていて、推薦で入れるように頑張るということでした。

立派です。

がんばれKくん!
AD

村上春樹が好きです

テーマ:
今週末は、めずらしく土日休みです。

なので、久しぶりに読書をしました。

村上春樹の「騎士団長殺し」



家人が発売と同時に買ってきて読んでしまっていたものですが、ようやく読めました。


最近は、忙しくなかなかゆっくりと本を読む時間がなかったので久しぶりの読書でした。


僕は学生の頃から村上春樹さんの小説が好きでしたが、最近はあまり本を読まずに過ごしていたので(1Q84も読んでない)本当に久しぶりに村上春樹ワールドに浸ることができました。

村上春樹さんの小説には、よく音楽が登場します。


それは、僕の音楽の好みとは少し違いますが、そこも魅力のひとつですね。



AD
一昨日、ソロギターを練習している生徒さんから「ジャズっぽいコード進行って何ですか?」と質問をされました。

なので「2-5-1」進行の事を説明しようと思ったのですが、それにはまず「ダイアトニックコード」の説明をせねばならず、またその説明をするにはトニック、ドミナントといったコードの役割を解説する必要があり…

ということで、レッスン時間の半分以上を費やしてしまいました。


でも生徒さんは、とても納得されていたので、僕としても楽しい時間でした。


で、僕と生徒さんの共通意見はというと…

「日本では義務教育で9年間も費やしているのに、この程度の知識やリズム譜が読めるようにならないのは、おかしい!」


というのもでした。

これは僕が常日頃から思っていることで、例えばギターならタブ譜があるのでリズムさえ読めれば弾けるようになるし、簡単なコードの知識があれば伴奏や作曲するのにも役立つのになあ、と。


まあ、それで僕のような仕事が成り立っているのも確かなんですが(笑)


レッスンでは、必要に応じて音楽の理論もやっています。


どうぞ、気軽に体験レッスンへお越し下さいm(_ _)m
AD