枯葉の奥深さ

テーマ:
ジャズギターのレッスンで一番最初にやる曲は多くの場合「枯葉」にしています。

ロック、ポップスを中心に演奏してきた人向けにキーはCにしています。

枯葉はジャズ入門用の曲として知られていますが、なかなか奥深い曲です。

メジャー2-5-1、マイナー2-5-1だけではなく、6セブンスが出てきたり、曲の最後の方では4メジャーへ向かうためのセカンダリードミナントを2-5化してあったりとコード進行だけでも盛りだくさんです。

もちろん、最初はこれらを省略してやったりするのですが、それでも各コードトーンを意識してフレージングするのは(僕もそうでしたが)キーだけを意識してプレイしてきた人にとってはとても難しいことです。


なので、枯葉から始めた方も何曲か課題曲をこなした後にもう一度キーを変えて枯葉をやったりします。

そうすると皆さん枯葉の奥深さに気付かれます。

するともっとジャズギターが楽しくなったりします。

レッスンをしている僕自身も新しい発見や気付く事があってとても面白いです。

AD

ジャズギターの音色

テーマ:
先日、最近ジャズギターを始めた生徒さんから、どうしたらジャズギターらしい音色になるのか?

という質問を受けました。

これは僕がジャズギターを始めた頃に思っていたことで、当時まだストラトキャスターを使っていた時に思っていたことでした。

ジャズギターを始めた頃は、よく師匠に「ピッキングが強すぎ、ビブラートかけ過ぎ」とよく言われた記憶があります。

確かに、ロック、ブルース、ポップスを主にストラトキャスターで弾いていた僕は、そうだったと思います。

フェンダー系のギターは、強目のピッキングで、カリッとした良い音が出ますから…

でも、どうしてもジャズギターらしい音ではなく、キンキンした少しうるさい感じの音に納得いってなかったんですね。

結局は今もメインで使っているギブソンのES-335を購入したのですが、楽器を変えてから気がつきました。

実は、音色の違いは楽器が担う部分は少なくて、弾き方なんだと。

ピックの角度や、ピッキングの強弱を調整して今の音色にたどり着いた気がします。

あとは、ピック、ピッキングの位置でしょうか。

今では、楽器を変えても同じような音がします。

楽器や、アンプ、エフェクトに関わる部分もありますが、結局は音色を決めるのは演奏者なんですね。

みなさんも、ぜひピッキングやピック、ピッキングの位置、強弱を研究してみてください!

きっと大きな変化があるはずです。
AD
今日はオフではないのですが、割と時間があったので改めてジャズギターを始めた頃の譜面などを見返したりして練習しました。


僕のジャズギターの師匠は言わずと知れた布川俊樹さんで、90年代の終わり頃に3年間ほどレッスンを受けました。


その頃に課題として頂いた書き譜(アドリブの手本を譜面に書いたもの)を久しぶりに弾いてみたのですが…



あれ?弾けない、とか。

これは自分で考えたフレーズだと思っていたものが書き譜に書いてあったり、などなど。


非常に勉強になりました。


いわゆるジャズのスタンダードで枯葉やブルースなど。


新しい発見があったり、当時気がつかなかったことに気がついたり。



しばらくは、これらの譜面を改めて練習してみようと思います。


僕は、教則本などをほとんど買わない人なのですが、この書き譜や当時のメモは大事な宝物ですね。


改めて、師匠!ありがとうございます!

{34249E3D-A30D-4A8B-8AD3-B5CAFB369CA5}





AD