わかめの養殖日記

自分の所属するバンド「NORE」についてのブログです。


テーマ:

こんちわ~爆笑NOREのvo,gtケースケ(わかめ)でーす!最近あだ名と名前を使い分けんのめんどくさすぎてわかめで統一しようか本気で悩んでまーす


はい、そんなどうでもいい俺の悩みは置いといて無事に終了することができました!

{38544DC2-1B8D-451D-946F-23B4A630782E}
いつもながらみなさんいい笑顔だこと(*´ч`*)

今回は黛×NORE共同企画「Desteny Crossing」in川越departure!

{09EC58B4-A630-4124-AC26-D6C960BA81B3}

{ED05AF5C-2713-45A0-A0B6-8928FC1F0DC9}

{E3E50B6A-43D8-4A6E-9C40-E7B82B994E5D}

まず今回のライヴを終えてをそれを一言で言うなら「前向きな反省をたくさん得たライヴであり企画」でした。MCでも打ち上げでも黛のvo,gtのはせとも話したんだけれど、人前に顔を曝して自分の表現を見せていく聴かせていくっていうことは結構というか、すげー大変なことで。俺はそれを一度始めたのならそれが最後まで表現や作品としてあり続けるようにする責任が生まれていると思う。

楽屋で挨拶ができなかったり、自分が売れることしか考えていないバンドマンは腐るほどいるし、俺はそういうのが大嫌いでしょうがないけど、それでもそんなバンドマンが作った曲や表現したい、こうありたいという想いまでは誰にも否定できないと思っている。

 

よく「あのバンド下手だよな~なんで続けてんの?」とか「あのバンド会社務めしながらやっている人たちのバンドだから関わっても俺達本気で売れたいバンドだからあんま意味ないよ」とか言ったりそれが態度に出てる人いるけど、下手なのって誰でも最初そうなんじゃないの?あなたもそんな時期なかったの?って聞きたくなるし。社会人やりながらバンドを続けるって素晴らしい事じゃないですか。少なくともバンド一本でやっている人間って別に偉いわけでもなんでもないぜって思うし、上で書いたようにどんだけ下手だろうが片手間だろうが趣味だろうが立場がどうだろうと表現をしているものしようとしているものを否定していいことにもバカにしていいことにもならないと思う。

 

俺達NOREは確かにちゃんと意志を持ってバンド一本でやっているけど、でもそれでも「たまたま」そういう形でやっているだけなんだよ。環境や出会っている人が少し違っていれば今自分が何をしているかなんて誰にもわからない。はせの言った言葉に一番共感したところは「自分たちは周りにバンドマンでいさせてもらっている」っていう言葉だったな。そうなんだよ、NOREがNOREでいられるのはここまでこんな歩みの遅い問題ばかりのバンドを飽きずに見捨てずにどんな形でも関わったり応援してくれる人達がいてくれたからここまでやってこれたし、すんでのところで俺はバンドマンなんだ表現者なんだというプライドと責任を持たせてくれた。

 

そういう意味で今回の企画でのCRAiSメンバーとその行動は本当に素晴らしかったと思うし、誤解を恐れず言うならいいライヴをするより価値がある行動だったと俺は思った。

あんまり部外者の俺が経緯を話すのは難があるので掻い摘んで話すと、今回の企画ライブを本番数日前にキャンセルしなければならないくらいの問題に直面していた。俺も数日前に事情を聞かされた時は大丈夫かな?いいよ無理しなくて、と言おうか正直迷った。でも肝心のCRAiS本人達はヘルプの子も含め(←これもすごいことだよね)なんとか今回のライヴに出ようと奔走していたようで、結局今は離れいるけれどそれまでCRAiSを支えていてくれた協力者の手を借りて今回無事ライヴをすることができた。それも当日顔合わせができないからと他バンドにちゃんと全員で挨拶にいくなど対応も良かった。

正直今回の企画を立てた1人として誇らしく思ったし、CRAiSと関わってよかったな。

これが「バンドをやる」ってことでもあるし「何かを本気でやる」ってことだよなって思った。

多分そういうひたむきな姿に人って心を打たれるんだと思うんだよね。音楽をやっているから音楽を極めていればいいわけじゃなく、部屋に籠って曲作っているだけではいい曲は作れないし足りないんだよ。だって誰かに聴かせるんだからさ。自分だけのための曲なら誰かに聴かせる必要ないんだからさ。

 

そういう意味でCRAiSの一連の行動はまた言うけど素晴らしかった。是非NOREを応援してくれている人たちにもNORE共々応援してほしいなと思うがそれは俺が決めることではないし、今回企画に出てくれたアザラヴもオーパスもDenial of Formulaも自分たちでなく企画全体や来てくれたお客さんへちゃんと表現をしてライヴをしてくれた。

トリを飾らせてもらった俺らだけどまだまだできることあるし、もっともっとこれからも楽しい企画やライヴをやっていこうと思う。

 

だからこれからも俺らNOREのライヴに来てほしいし、俺らの作る曲、成し遂げていくことを見てほしい。

 

次のライヴは4/14(金)渋谷Guilty×NORE共同企画

{0DCD291A-2ED1-4AD9-BC50-88C99B68CE1F}

チケット予約はもう開始しています。公言した通り今年の月一共同企画ではまだCD化されていない新曲をやり続けます。黛×NORE企画ではDr雄貴が加入して初めて作った「愚者の塔」を演奏しました。当然新しい俺らの全てはまだまだ表現できていない、だからこそこれからのライヴをますます楽しみにしててほしい。


チケット予約↓↓

 http://nore-create.com/contact.html


最後に

黛×NORE共同企画「Desteny Crossing」in川越departureにお越しくださいましたお客さんを初め、川越departureのスタッフのみなさん、共演のバンドのみなさん、今回もライヴカメラマンを務めてくれたばこみ!何よりファンのみなさん本当にありがとうございました!黛のみんなにはお疲れ!またやろうな!

 

また長々書いてしまったな、これを全部ちゃんと読んでくれている人たちは本当にいい人達なんだろうな笑

自分のあだ名か名前か悩んでるんだったらもっと言いたいこと簡潔にまとめろつーの笑←

 

じゃね!バイバイ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。