「30日間記憶の定着法」と『テーマ別日本史解説集』の新聞掲載

             (平成28年4月15日 中日新聞 朝刊)




                 
NEW !
テーマ:

今日は、朝から夏期講座でした。

勤務校の野球部が、地区予選を戦っており、種目は違えども、野球部の皆さんに負けないように、9時から16時半まで頑張ってきました。

{C132F9B6-177C-4BA7-9A15-086EF7E1C8AE}

この夏講座のテーマは「近現代史」。

この時期に「近現代史」を学ぶことは、日本史攻略の基本であり、ここで「近現代史」を押さえておいてこそ、8月の第2回全統マーク模試終了後の翌日から、すぐに第3回マーク模試、第1回ベネッセ駿台模試の演習に入ることができるからです。

{2F99EC29-63E6-4601-8614-83EA7F1791BD}
こんな汚い字でホワイトボートに年表を書いていますが、この授業の本質は「流れを知る」といった抽象的なことではなく、「そのまま実戦に使える」ことです。
いくら「流れ」を知っても、受験に関してそれが「実戦に使える」ことを無視しては、それは単なる趣味の授業となります。
 
例えば、大日本帝国憲法の制定に関して、
 
 ①華族制度の制定
 ②内閣制度の創設
 ③枢密院の設置
 ④大日本帝国憲法の制定
 ⑤衆議院議員選挙法の制定
 
この順番を学んでいるでしょうか。むろん年号は覚える必要はまったくありません。それこそ趣味です。
 
また、条約改正に関して、
 
日英通称航海条約は「日清戦争直前」に調印
日米通商航海条約は「日露戦争後」に調印
 
という区別はできているでしょうか。
 
長坂塾の授業を受けた生徒の多くが、もっとも驚いてくれるのは、この入試に関する「実戦性」の高さです。
 
明日も、朝の9時から同じ内容の講座になります。
明日は、東京からのわざわざの参加者もあり、難関私大突破を目標に「実戦的な日本史」を学びに来てくれます。
 
この夏に、日本史において決定的な差をつける、それはこの近現代史の「実戦性」の学びにかかっています。
 
ただ「近現代史」を知識的に学ぶのではなく、この「実戦性」をまんべんなく伝えたいと思っています。
 
それこそが偏差値70への道だからです。
 
 

長坂塾の夏期講座のご案内はこちらです。

https://www.nagasaka-kk.com/日本史専門塾-長坂塾/2017夏期講習/

*現在の申し込み状況を掲載しています。

  講座Aは満席です。

  1日だけでも、日割りで参加できます。

 

メルマガ(無料)を発行しています

もしよろしければこちらからご登録ください。

 

日本史専門塾「長坂塾」のご紹介はこちらです。

 

現在は8月6日の全統マーク模試に向けての対策実施中です。

ここで「無料体験」をしていただき模試対策とし、さらに8月以降に本格参加し、8月を「日本史の季節」としませんか。

いまからでも間に合います。来週も新しい受験生が加わります。

 

また、2年生の「進研模試対策講座」は、8月からは毎週金曜日開講です。

「進研模試11月」で、偏差値80にチャレンジしてみませんか?

 

 

日本史専門塾「長坂塾」のご紹介はこちらです。

 

 

もしよろしければ下記をクリックしてください。皆さんの応援が励みになります。


 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。