同人ユーロのTTL SOUND official blog

ユーロビートを中心に制作するユニットです。同人イベントでのCD頒布や音楽配信で活動しています。






















*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

TTL SOUNDはユーロビートを中心に楽曲制作をする音楽ユニットです。


オフィシャルサイトオープンしました (10.31)

http://ttlsound.wix.com/ttlsound

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

CDの入手(試聴)は以下のサイトをご利用ください


BOOTH

https://ttlsound.booth.pm/


あきばお~こく

http://www.akibaoo.com/GoodsList.jsp?category_id=&keyword=TTL+SOUND


youtubeのTTL SOUNDチャンネル


フリクル にてメールマガジンを登録して頂きますと、TTL SOUND情報に加え新曲の中からいくつかの曲がダウンロード出来るようになります。


テーマ:

TTLSOUNDのユーロビートを歌う女性ボーカリストを募集しています。

※募集は複数の申し出がありましたので終了しました

 

楽曲はTTLSOUNDのユーロビート(主にオリジナル)となります。ユーロビートの経験が無くてもPOPS、ハードロック等の経験があれば大丈夫です。

-募集地域-

レコーディングで名古屋市内に出てこられる方。(スタジオ代はこちらが全額負担しますが交通費は負担できません)

RECは練習スタジオに運び込んだ機材で録ります。

 

2017年のCD制作に向けての募集です。活動頻度は緩やかです。

CDはM3等の同人イベントで頒布予定です。

 

興味ある方は下記mailかTwitterのリプライorDMでも可能ですので送ってください。

お待ちしております。

ttlsound@yahoo.co.jp

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サポートメンバー募集のお知らせです

※募集は複数の申し出がありましたので一旦終了しました

 

一緒に楽しく音楽制作に参加してくれるサポートメンバーを募集します。今回は「女性ボーカリスト」「作詞」です。

※募集は複数の申し出がありましたので一旦終了しました

 

・女性ボーカリスト

楽曲はTTLSOUNDのユーロビート(主にオリジナル)となります。ユーロビートの経験が無くてもPOPS、ハードロック等の経験があれば大体大丈夫です。

-募集地域-

レコーディングで名古屋市内に出てこられる方。(スタジオ代はこちらが全額負担しますが交通費は負担できません)

REC練習スタジオ等に運び込んだ機材で録ります。

 

・作詞

※募集は複数の申し出がありましたので一旦終了しました

 

楽曲はTTLSOUNDのユーロビート(主にオリジナル)となります。ユーロビートの作詞経験が無くても大丈夫ですが楽曲の作詞経験があるほうが望ましいです。

「仮歌(自分で歌ってもボカロでも可)」も一緒に用意してください。

 

興味ある方は下記URLかTwitterのリプライorDMでも可能ですので送ってください。

ttlsound@yahoo.co.jp

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨だから仕方ないですが、湿度80%超えるとなかなかキツイですね。

 

アマとプロはどう違うのでしょう?これはもうそれで食べていくかどうかなわけですが、アマでやっていく場合に「プロになるためのアドバイス」的な情報ばかり見ても結構当てはまらないことも多いのですね。

 

プロになるにはとても高度な知識と能力が早い時期から必要ですし、そのためにやるべきことは膨大です。そんなチャレンジをアマチュアがやっても疲れてしまいますので、楽な方へ流れましょう。

 

音楽制作に必要なハード・ソフトはほしいと思ったものを買うのがやる気にも繋がって良いと思いますが、「~するためにはこれが必要」という理由なら少し待ってみるのも良いです。例えばですね、、「リバーブは付属プラグインとは別のものも用意するといい」たしかにそうかもしれませんが、初級~中級にかけての人にとってはどうでもいい音の違いかもしれませんよ。

 

勿論いろんなものを試したいという人もいるでしょうし(自分もそうです)、それこそ趣味なんだから気になるものは全部買ってしまえでもいいのですが、経験上道具が増えすぎるとまともに取り扱えるものが減って制作にはマイナス効果になることが多いです。

 

これがプロであれば様々な要求に応える必要があるので、どんな音でも作れるようにたくさんのツールが必要ですね。

 

僅かな違いのものを複数揃えるより、そこを抑えてモニタースピーカーやヘッドフォン、アンプで少し頑張って普段の音楽鑑賞の質も一緒に上げていくのが良いと思います。いい音でいい音楽を聴くのは楽しいし音の勉強にもなってやる気も出てくるでしょう。

 

自分の経験からそんなことを思いました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD