岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

探偵社&法務事務所の経営者 岐阜市の野田知宏です。

《株式会社法務’sグループ》



探偵法務’s (法務事務所が運営する浮気調査専門の探偵社)


SPY探偵事務所 (法務事務所が運営する総合探偵社)


行政書士TOMO法務事務所 (慰謝料請求・離婚関連法務専門)


※法務’s:「ほーむず」と読みます。


浮気調査・慰謝料請求・離婚なら弊社にお任せ下さい!



もちろん、ご相談・お見積りは無料です。

また「話しやすい。」「分かりやすい」を心がけていますので、どうぞ安心してお電話下さい

※ブログはかなりくだけた内容も書いております。

公式ホームページ もご覧ください。



無料相談・無料見積3つのルール】
◇ 相談・見積は無料です、しつこい営業は一切ありません

原則、こちらから積極的に契約をおすすめすることはありません

丁寧にご説明を差し上げたたうえで、お客様に冷静なご判断をして頂きたいからです。どうぞお金も印鑑も持たずに安心してお越し頂き、リラックスしてご相談下さい

◇ 他社さんとの比較検討も喜んでお受けします

相見積(複数業社の見積を比べること)やセカンドオピニオン(第2の意見を聞くこと)も歓迎致します。すでに見積や相談をしたけど、他にも聞いてみたいという方も、どうぞ遠慮なさらず弊社にお問い合わせ下さい。金額や対応を比べたいのは当然のことです。

◇ 相談ができる態勢でお越し下さい

無料でも誠心誠意相談にのります。ただし、お客様も、越しになる前に「トイレを済ませておく」「お子さんを預ける」など、しっかりと相談ができる態勢でお越し下さい。



                フリンナクスヨ 
探偵法務’sフリーダイヤル:0120‐207-944

※その他も事務所は同じ場所です




テーマ:

岐阜市の浮気調査探偵社&法務事務所 経営者 野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないアホ記事まで色々と書いています。

岐阜県で浮気調査には1番強いと自負しております!

どうぞよろしくお願い致します。

 

《株式会社務’sグループ公式ホームページ》

探偵法務’s(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (浮気調査)

SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (浮気調査・行動調査)

行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

========================================

 

運転中の携帯電話で捕まるなんでドンクサイ奴だけだ!

 

なんて思っていて、気が付いたら白バイのおじさんがこっちを見て微笑んでいた・・・なんて経験はありませんか?

 

 

野田も何年か前に経験しました( ̄_ ̄ i)

 

先日、携帯電話のハンズフリー?Bluetoothイヤホンマイク??(以下、「ハンズフリー」と言います)なるものを買い換えました。←調査機材じゃないじゃん!?

 

今までにもハンズフリーは何個か使いましたが、通話品質が悪かったり、耳に引っかけるところがフィットせず耳が痛くなったり、壊れたり、無くしたり、と安物で品質が悪かったので結局無事なのも使わなくなってしまいました。←おいおい無くしたのは品物のせいじゃないだろ(笑)

 

そこで、思い切って6,890円の大枚?をはたいて、超高級なハンズフリーを買ってしまったのです!

 

↑リンク貼ってあります↑

 

「高いものは良い!」という単純明快野田理論!?からすると超高品質なはずです!!

 

ちなみに、楽天の「お気に入り」に登録していたものが

 

当店通常価格8,510円 (税込)→価格6,890円

 

値下げになっていたので、すかさず買いましたわぁ(^^;

 

 

もちろん、経費じゃなければこんな高いものは買えません(笑)

 

ハンズフリーは、探偵じゃなくても、運転する人にとっては必需品だとは思いますが・・・

 

「浮気調査の最中に携帯電話を持って通話していたらお巡りさんに捕まって、尾不っちゃった」なんてなったらギャグにもなりませんから、探偵にとっては更に必要性が高いのです。

 

※尾不る(びふる):尾行不能になる事。もちろん辞書には載ってない(笑)

 

早速、通話テストを開始

 

 

ほーむず事務員 兼 TOMO法務事務所行政書士補助者のAさんに電話

 

野田:「どう?今、ハンズフリーでしゃべっているんだけど?」

 

Aさん:「えっ?ほんとですか??ハンズフリーって分からないですよ。」←だが、若干迷惑そう(^▽^;)

 

野田:「まじ!じゃぁ、今度はそっちからかけてみて!」←Aさんは仕事中。なのに超迷惑な野田( ̄^ ̄)

 

※一応は通話テストも仕事です(^▽^;)、通話品質は素晴らしく、携帯電話で直に通話するよりも良いくらいです。

 

でも、かけてもらわなければ出来ないテストがあったのです。

 

何と、このハンズフリー、電話がかかってきたら、手を使わなくても「Answer」(アンサー)と言うだけで、電話に出られる機能が付いているのです。

 

 

おっ、着信!

 

野田:「アンサー」

 

野田:「アンサー」

 

野田:「アンサー」

 

野田:「アンサー」

 

すみません。これ以上大きい文字がありません(笑)

 

 

反応なし( ̄_ ̄ i)

 

が~ん(ノ´▽`)ノ

 

もしや初期不良!?( ̄□ ̄;)

 

 

いやいや

 

6,890円の超高級ハンズフリーが壊れているはずはない!←でたらめな根拠(笑)

 

もしや・・・

 

ちょっぴり勇気を出して

 

英語の発音で「Answer」

 

 

繋がった!

 

どうやら

 

べたな日本語のベタな「アンサー」という発音では反応せず

 

 

ちゃんと舌を巻き気味な?英語の発音「Answer」と言えばちゃんと反応する様です。

 

 

げっ、この機能!

 

独りでいるときにしか使えない・・・(-。-;)

 

だって人前で、こんな顔して

 

 

英語の「Answer」なんて恥ずかしくてとても言えなくないですか?

 

※ブログはおバカですが仕事はキッチリなのでご安心ください(笑)

 

お粗末様でしたm(_ _)m

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岐阜市の浮気調査探偵社&法務事務所 経営者 野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないアホ記事まで色々と書いています。

岐阜県で浮気調査には1番強いと自負しております!

どうぞよろしくお願い致します。

 

《株式会社務’sグループ公式ホームページ》

探偵法務’s(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (浮気調査)

SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (浮気調査・行動調査)

行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

========================================

 

浮気調査には 全く あまり無関係の記事です。

 

最初に言っておきますが、野田はクルマが大好きなので、語り始めるとちょっと長いです。←厄介なおっさん(^▽^;)

 

さて、若者の車離れ対策として、ある自動車教習所で、「痛車」を教習車に活用する計画があるそうだ。

 

※痛車(いたしゃ):車体に漫画・アニメ・ゲームなどに関連するキャラクタ等のステッカーを貼り付けたり、塗装をしたりして装飾した痛い自動車のこと。

 

※痛車の画像はウィキペディアより

 

※ちなみにこっちは「イタ車」。イタリアの車の略。

 

 

担当者は「多くの若者に興味を持ってもらえれば」とPR効果を期待しているらしいが、野田的には効果はないと思うけど・・・。

 

だって「痛車」ってねぇ・・・( ̄_ ̄ i)

 

そもそも、若者の車離れの原因は、かっこよくてワクワクする様な車が無い(国産メーカーにほとんど)からではないのか!?

 

日本の道路は、右を見ても左をみても、ふぬけた、軽、ミニバン、ハイブリッド車(エコカー)などゴリゴリの実用車ばかり・・・。

 

 

便利で、壊れない、快適で、経済性に優れている、どこをとっても非の打ちどころがない超優秀な移動手段なのだが・・・。

 

ただ、お世辞にもワクワクするようなカッコよさは無く、運転していて楽しくない

 

実用的なクルマと運転が楽しいクルマは、ほぼ対極にあるだから、「実用的=楽しくない」のは仕方がない。

 

そして、仕事や通勤、お買いものなどの実用使いなら間違いなく「つまらないクルマ」のほうが便利だ。

 

もちろん野田も、通勤や仕事に使うなら、間違いなくこれらを選ぶ。

 

 

しかし、とても週末に高速をぶっ飛ばして、積極的に遠出や旅行をする気にはなれない

 

あっ、どうせ野田には週末無かったっけ(T▽T;)

 

しかし、自動車を持っているのが当たり前である我々の世代は別として、若者はワクワクを感じられないからクルマが欲しいと思わない運転がつまらないから運転が面倒になる。

 

そして、超現実主義の現代の若者は、楽しくもないただの移動手段なら自動車より経済性に優れた電車などの公共交通機関で十分だという考えになってしまうのだろう。

 

 

 

ちなみに、若者にどんクルマが欲しいか?と聞くと

 

「アク●」「プ●ウス」と答える人が多いそうだ。

 

衝撃です( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

 

由々しき事態です(@ ̄Д ̄@;)

 

どうして?

 

フェラーリとかポルシェじゃないの?

 

せめて、フェラレディZハチロクとか、もしくは、高級セダンとか・・・

 

 

夢は大きく(^O^)/

 

どうやら現代の若者にとってフェラーリに乗る人は変態で、プ●ウスに乗る人が素敵な人らしい(゜д゜;)

 

今の国産車には、休日に思わず遠出や旅行をしたくなる様なワクワクがほとんど無い、かといって外車は身近な存在ではない

※あくまで運転を楽しむための遠出や旅行です。

 

つまり若者は

 

「かっこ良くて、運転が楽しいワクワクするクルマに触れる機会が無い」

 

これが若者のクルマ離れの原因です。

 

多分・・・(^▽^;)

 

 

時間はかかると思いますが、ト●タさんはじめ各国産自動車メーカーさんが、お値打ちで楽しいスポーツカーとかをたくさん作ってくれたら若者は戻ってくるのではないかと思います。

 

あとさぁー、個人的意見を言わせてもらうとさぁー。

 

ある理由で、浮気調査はクルマで移動してくれた方がやりやすいんよぉー。

 

だから、若者諸君よ、クルマ乗れよなぁー。

 

 

お粗末様でしたm(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

岐阜市の浮気調査探偵社&法務事務所 経営者 野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないアホ記事まで色々と書いています。

岐阜県で浮気調査には1番強いと自負しております!

どうぞよろしくお願い致します。

 

《株式会社務’sグループ公式ホームページ》

探偵法務’s(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (浮気調査)

SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (浮気調査・行動調査)

行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

========================================

 

昨日は、「浮気調査はタイミングが遅れてしまうと、手遅れになってしまっているかも知れないということ」について書きました。

 

今日は、

 

浮気調査が終わるまで「絶対やってはいけないこと」についてです。

 

 

3大NGを件数が多い順に挙げると以下の通りです。

 

①浮気夫(妻)を問い詰める。浮気夫(妻)にあからさまに探りを入れる。

 

②自分の友人・知人、もしくは、浮気夫(妻)の友人知人に聞いて情報を得ようとする(聞き込みに類する行為)。

 

③自分達で、尾行や張り込みなどを行って証拠を押さえようとする。

 

※何れも自らが行うだけでなく親兄弟、友人、知人等によるものも含みます。

 

実は、これらのNG行動が非常に多いです。

 

 

弊所に浮気調査を依頼されたお客様でも、かなり耳の痛い方が多いと思います(笑)

 

では、何で駄目なのでしょうか?

 

もちろん成功すれば何の問題はありません。

 

しかし、成功する確率は、極めて低く、失敗する可能性の方がはるかに高いからです。

 

そして、失敗すると、後の浮気調査に著しく支障をきたす可能性が高いのです。

 

 

では、上に挙げた①~③について超NGな理由を挙げていきます。

 

 

書かなくてお分かりだとは思いますが、問い詰めたりしたところで、ほとんどのケースで、浮気夫(妻)が白状するわけありません。そして、こちらが浮気(不貞行為)を疑っていることが浮気夫(妻)にあからさまに分かっていまします。そうすると、当然、警戒します。警戒すればするほど調査がやりにくくなります。

 

 

 

これは、一見、何の問題もない様に思えますが、野田的には一番まずいと思っています。

極端な話、こちらの味方だと思っている人が、浮気夫(妻)、もしくは相手方と内通していたり、親しい間柄(本人のみならずその親しい人と)であったりする可能性がないともいえません(実際に内通者から調査日まで筒抜けになっていたことがあります。)

 

また、相談した友人が、おせっかいないい人?で、勝手に周りに聞き込みをしまくって、まわりまわって・・・何てことも実際にありました。

 

時々「親友(信用できる人)にしか聞いていないから大丈夫」なんて、眠たいことをおっしゃる方がいらっしゃいます(^▽^;)が、親友やこちらがそんなに信用できると思っている人なら知っていれば既に教えてくれているはずですし、これから聞いてもらうなんて絶対NGです。だって、親友本人ならともかく、その先の人はどうだかわかりませんから・・・(親友?が内通者だったこともありました)。

 

そして「ここだけの話」ほど、ここだけでは終わらないものです(笑)

 

 

そして、一番厄介なのは、①③は恐らく、浮気夫(妻)、もしくは相手方が警戒し始めたことがこちらにも認識できると思いますが、②においては、こちらの知らないところで伝わるので、浮気夫(妻)、もしくは相手方の警戒をこちらが認識できない可能性が高いのです。

 

そして「やっぱ無理だった」と浮気調査依頼して、我々に「警戒している様子はありません」と伝えるわけです。それでも我々は、多少超警戒していることを前提に調査を行うのですが、あまりの警戒ぶりにビックリさせられることもあります。

 

これでは、準備万端の対空砲火が待ち受ける敵地に丸腰の戦闘機で侵入する様なものです(笑)

 

ちなみに、聞き込み調査という調査方法もありますが、極一部の例外を除き、浮気調査では原則やりません。何故なら相手方に嗅ぎまわっていることが伝わる可能性があり、浮気調査においてはリスクが高すぎるからです。

つまり、プロでもやらないことを素人がやってしまっているのです。

 

極めつけは、これだけのリスクを負っているのに、まわりに聞いたところで大した情報が聞けないことが多いのです(証拠にはならない)。

 

 

 

突然ですが質問です。

自分で調査(尾行や張り込みをして撮影づるなど)をしたとして、うまくいきと思いますか?

 

やってみないと分かりませんか?

 

では、分かりやすく聞き方を変えてみます。

 

あなたが弊社に就職したとします。

 

いきなり、初日に野田から「浮気調査行って来い!」「機材?自前で適当なのを用意して持って行きなよ!」

あなたは何と言うでしょう。

 

「教えてもらっていないし、ちゃんとした機材ももっていないから、無理ですよ。」

 

と言うのではないでしょうか。

 

そうなんです「無理」、これが答えです。

 

 

 

この様に、①~③は、成功する確率は極めて低く、まずい状況になる確率は非常に高いのです。

 

それなのに、成功したといきのメリットばかり考えて失敗したときのリスクを考えずに実行することが好ましいことなのでしょうか?

 

昨日の記事と今日の記事をまとめる

 

浮気調査は、特別な事情がない限りすぐにやるべきなのにタイミングを逃し、そしてNGな行動をしまくる。

※ちなみに放置していて出遅れた人に限って、やってはいけないことをやってしまう傾向が強いです。

 

「やらなければならないこと」と「我慢しなければならないこと」が反対になっています。

 

これでは

 

失敗する為の方程式を実行しているようなもの

 

です。

 

 

阜県下において浮気調査で弊所に勝てるところはないと自負しております。

 

しかし、不貞行為がなくては、どんなに優秀な探偵社でも証拠は撮れません

 

また、調査をされていることが前提くらい警戒度の高い対象者の調査をすることは至難の業です。

 

 

自ら最悪な状況にしておいて、「証拠は絶対に押さえて欲しい。費用は最低限に抑えて欲しい」と無茶振りするまえに(^▽^;)

 

浮気調査は、特別な事情がないかぎりすぐに!

 

NGな行動はしない!

 

など

 

プロのアドバイス(意見)には従うのが「費用を節約して、確実に証拠を押さえる」ための近道なのです。

 

 

そして、

 

「なるべくお値打ちに、素晴らしい証拠を提供したい!」

 

我々も同じ気持ちなのです。

 

ご参考までに・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。