村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

「駕籠に乗る人、乗せる人」

父から何度も何度も聞かされたことばだ。

電車に乗る時、飛行機に乗る時、タクシーに乗る時・・・いつも思い出す。

乗せてくれる人がいるから乗れる。

そのことを忘れてはなるまいと、

まるで父がいまも傍にいて戒めてくれているようだ。

そのように、誰にも、日々の暮らしに根づいたことばがある。

それは、それぞれの家族の生き方や暮らし方をあらわし、

知らず知らず自分のよりどころにしていることばだ。

 

今年は、幸田露伴生誕150年。

名作『五重塔』を遺した明治の文豪、文化勲章第一号受賞者。
その幸田露伴を曾祖父に持ち、祖母の幸田文も、母の青木玉さんも、文筆家。

そんなすごい家系に生まれた青木奈緒さんも、図らずも文筆家の道を選んだ。

四代をつなぐ幸田家のことばには、意気があり、ユーモアがあり、

折り合いをつけながらも潔く生きるための力がある。

奈緒さんが、このたび、幸田家に受け継がれてきた「ことば」をまとめた。

 

『幸田家のことば』(小学館)では、ことばの伝承を書きたかった。

本の中で書いているのは、

身近な言い回しや思い出深い光景であり、

決して「古いことばを知っていることの自慢」や「幸田家自慢」ではない。

古いことを書き残すのが目的ではない。

 

奈緒さんが、郵便をとりに家から出てきたところ、

下校時間でちょうど家の前の通りを女の子が3人くらい駆けてきた。

ひとりが家の前でとまり、友達に向かって「学校に傘忘れちゃった」と言うと

「明日持って帰ればいいじゃない」「早く行こうよ」と先を促した。

すると、その子が「先へ行ってどんな苦労が待っているかわからないから、

学校に戻って傘、とってくる」と行って学校へと走って戻っていった。

これを聞いていて、

「この子が思っている先行きの苦労ってどんなことなんだろう」とおかしかったが、それと同時にきっとこの子の家族の誰かが、

「先へ行ってどんな苦労が待っているかわからない」と口癖で言っているのだろう、「将来、この子自身も、何かの折に先へ行ってどんな苦労がと口癖にしていた家族の表情とともに思い出すんだろうな」と思った。

家族のことばというのは、おそらくこんな風に伝えられていくのだろう、と。

誰にも何かしら身についたことばはきっとあるはずなのに、

核家族化のいま、かなり一所懸命探さないと見つからない。

だから、探すきっかけにしてほしいと本を書いた。

 

幸田家には、ポジティブな前向きなことばが多い。

「立つときは倍の力になる」「人には運命を踏んで立つ力がある」

「終わりよきもの、みんなよし」・・・                

なかでも「あとは野となれ山となれ 私の行く先ゃ花となれ」は気に入った。

このことばは、露伴の時代、

幸田家のお手伝いに来ていた「おふみさん」の口癖だったそうだ。

さぞかし、明るい人だったことだろう。

「あとは野となれ山となれ」は知ってはいたが、その先は知らなかった。

その先がないと自暴自棄的な言い回しだが、「私の行く先ゃ花となれ」が付くと、

明るい将来展望が開ける。

幸田家五代目の懸念を問うと、奈緒さんから、

「あとは野となれ山となれ 私の行く先ゃ花となれ」と同じことばが、

明るい口調で返ってきた。

 

青木奈緒さん出演の『日曜はがんばらない』(文化放送)は、

3月26日10:00~の放送予定。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

名古屋ことば磨き塾(21日)。前回の倍の12人が参加。

大同大学情報デザイン学科4年生の岩田将吾くんが、

指導教官の小島一宏准教授とともに卒論完成報告に来てくれた。

岩田くんは、ラジオで読まれるお便りを卒論のテーマにした。

どんなお便りが心を惹き付けるのか、去年末、ボクに聞き取りに来たのだ。

伝える想いが伝わるもの、共感出来るもの、想像力が掻き立てられるもの・・・

そういうお便りを通して、感情が行き交うのがラジオのいいところと熱く語った記憶が甦った。

指導に当たる小島准教授は、かつて名古屋テレビのアナウンサーをしていて、

いまもラジオのDJをしている。いわば同業者なのだが、ボクの話を横で聞いていて、

感激して涙ぐんでいたのも記憶に新しい。

せっかくだから、2人とも塾に参加してもらった。

 

塾長へのインタビュー。テーマは、「食」と決まった。

「この世でいちばん好きな食べ物は?」「嫌いな食べ物は?」「ザ・日本食といえば?」と、

3つの切り口を用意してサラリと聞く人がいた。

ふつうは総花的になりがちだが、サラリ感が功を奏してか、話題転換がうまくいった。

ちなみに、答えは、タマゴ、納豆、ごはん。

健康を考えたバランスのある食事をしていると思うが?と聞かれ、

ボクが「全然気にしていない」と答えると、

「そんなことはないでしょう?」と食い下がる人がいた。諦めないインタビューも大切。

引き際も難しいけど。

「カレーは食べない」と話したら、それで納得してしまう。

「364日朝食を欠かさない」と言っているのに、なぜ365日でないのか疑問に思わない。

『我見』のインタビューだと、キーワードを聞き逃してしまう。

『離見』『離見の見』を心掛けないといけない。

ちなみに、

「とあるレストランで締めに出てくるカレーは食べるし、

かつて母が作ってくれたカレーは食べていた」のだ。

「人間ドッグの朝だけは朝食抜き」なのだ。

 

1対1のインタビューでも、客観的に「問い」と「答え」を見ている目とが必要だ。

ここでも「離見の見」。

 

(岩田くんもインタビューにチャレンジ)

(岩田くんの卒業論文)

(小島アナウンサー、鬼気迫るインタビュー!?)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本から名古屋へ回り、インターネット放送局「ゆめのたね東日本」に出演してきた。

先月は、まほろば遊さんの番組。

今月は、書道家・一ノ瀬芳翠さんの『LOVE&PEACE』という番組。

打ち合わせなしで、話の展開も読めぬままスタジオへ。

ミキサーが笑い転げる内容となった。水戸黄門の高笑いまで飛び出した。

放送は、4月2日(日)20:00~の予定。

【聴き方】以下のアドレスをクリックする。
インターネットラジオ局
『ゆめのたね』
http://www.yumenotane.jp/
⬇︎
「東日本チャンネル♪」
下にある▶︎ボタンをクリックするとオンタイムで放送が流れる。

 

一ノ瀬さんは、1961年、福岡県生まれ。3歳で愛知県に来た。

母方の祖父が人の面倒をよく見る人で、毎日10人くらいの近所のおじさんたちが

祖父の家でご飯食べていた。子ども心に「これが晩御飯なんだ」と思っていた。

「運動神経がなく、人見知りもせず、へらへら笑ってる赤ん坊だったので

朝から晩までよその家をたらい回しに可愛がられて、

世の中ってこんなに楽しいところか」と勘違いしたとご本人。

祖父の影響で、こせこせしない性格が出来上がったらしい。

 
 

8歳から書道を始め、書道歴は48年。

20歳で毛筆、硬筆の師範となり、

幼稚園、保育園の仕事をしながら、公募展にも多数入選した。

30代に独自の創作活動をするため組織を離れ、「書楽校」を主宰。

パフォーマンスや平和メッセージを世界に発信する活動を始めた。

 

なにしろ、やることがでかい。

紙はもとより、看板、石、傘、衣装・・・なんにでも直接書く。

鳴海絞の布地にも書いてしまう。皺のある布地もなんのその。

アメリカの同時多発テロから1年を前にした2002年9月10日、

名古屋駅前毎日ビルに世界平和を訴えて「イマジン」の歌詞を掲げ、

ビル全体をラッピングした。
縦14.7メートル、横55.6メートルの鳴海絞に揮毫したもの。

同時多発テロから5年の2006年9月、ニューヨークへ行き、
テロで倒壊した世界貿易センター跡地(グランドゼロ)から平和を訴えようと、

鳴海絞りの横断幕、「愛で世界をひとつにしよう」を掲げた。

縦12メートル、横9メートルの巨大な年賀状をアピタ長久手店の壁面に掲げたこともある。

時や場所、素材、筆を選ばない。こだわらない。

枠にはまらない。構えない。

だからか、多くの人が手を差し伸べる。

おそらく、争いごとや揉めごととも無縁だろう。

愛と平和の人なのだ。

 

 

 

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。