村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

文庫の末尾に、たいがい付いている「解説」を、初めて書いた。

鎌田實さんの『1%の力』が

河出書房新社から文庫として発売されることになり、

解説の依頼を受けたのだ。


鎌田實さんとは、もうかれこれ15年のおつきあい。

初対面は『がんばらない』が世に出た直後で、

まだ、そんなに鎌田さんの名が知られていないころだ。

以来、NHKの番組『いのちの対話』で、全国32ケ所を回った。

文化放送『日曜はがんばらない』も5年目。200回を超えた。

公私ともに、かなりの時間をともにしてきた。

ゆえに、ボクだけが知りうる「鎌田實」を書いた。

100%の力を注いで書いた。

ボクだから書けた「鎌田實」、

ボクにしか書けない「鎌田實」が書けたと自負している。


いつもいつも全力投球だと、息切れしてしまう。

1%の積み重ねがダイジ。1%だけガマンしてみるのもダイジ。

1%だ習慣を変えるのなら出来そう。

テキトーに生きるのもいいが1%だけ真面目になるのなら出来そう。

カマタ流の生きるヒントが満載。

4日頃に、書店に並ぶらしい。

税別500円。ぜひ!





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

66歳は、あまりにも早過ぎる。

今年3月、急逝した四代目江戸家猫八さんお別れの会に列席してきた。

江戸家は、代々、動物声帯模写をお家芸としている。

7年前、四代目襲名直後に、ラジオのスタジオにお呼びしたことがある。

息子の小猫さんには、文化放送に出てもらったことがある。


7年前、襲名披露パーティを開いた、ホテルニューオオタニの

同じ会場で、お別れの会が開かれた。

参列者は550人ほど。


バードウオッチング仲間の、元衆議院議長の河野洋平さんは、

「どうして、急いだんだ! もっと、君のウグイスが聴きたかった」と

遺影に呼びかけた。

三代目とも親交のあった中村メイコさんは、

「こんなに息の合った親子は見たことがなかった。

 だけど、こんなに別れが早いのは気に入らない」と呼びかけた。

坂田明さんのサックスで奏でる「ひまわり」がせつない。

涙する人もいた。


最後に小猫さん。

「最期の日々、父と向き合えた。父から教わったことを生かして、

 江戸家の芸を伝えていく」


四代目は、三代目猫八から

「俺が88歳になったらお前に猫八の名をやる。

 俺は八十八(やそはち)を名乗るから」と言われていた。

2009年は、先代が存命ならば88歳を迎えていて、

自らも還暦を迎えることから襲名を決意した。

猫八でいられたのは、わずか7年だった。


江戸家の芸を担っていく、二代目小猫さんを、

恵比寿のトークライブに9月18日(日)お呼びする予定だ。


(遺影は、写真のように見えるが、中村メイコさんの息子の


中村善之介さんが描いた絵)



(会場には、思い出の写真が展示されていた)


(共演したこともある坂田明さんの献奏)




(司会役の露木茂さん 江戸家小猫さん)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

宝塚市の市民カレッジの一環としての「宝塚ことば磨き塾」第三期が開講した。

宝塚市民の向学心はすごい。

今回の塾生の26人中、80代が3人、70代が7人。

最高齢は89歳。学ぶ意欲に感心する。


今回から担当になった公民館の上田寿子さんが、

「ムラカミさんは、おはよう朝日を担当され・・・」と紹介し、一同大爆笑。

初対面の緊張感が一気にほぐれた。

そして、「よかった探しの他己紹介」。

ヒアリングの段階から、みんな初対面?と疑いたくなるほどの打ち解けよう。

トップバッターは、最高齢89歳の安原泉さんを指名した。

見事な表現力に、恐れ入った。

具体的事例を列挙し、自分との共通項を入れながら、わかりやすく解説。

そこはかとないユーモアもあり、スバラシイ。

年齢を紹介したら、会場から驚嘆の声が上がった。


「ぶっきらぼう」と思っていたら、そうではなかった。

「人見知り」と思っていたら、そうではなかった。

紹介したり、されたりしながら、いろんな発見がある。


共通項を発見して、それを3つにまとめた人もいた。

見つけた共通項を次から次に紹介する人もいた。

印象に残るキーワードをあげた人もいた。

いずれも、自分のパートナーを紹介するのが楽しくてしかたない様子なのだ。


始まる前に、隣に座った人は、「運命の人ですよ」と言っておいたのだが、

それを、みんな実感したようだ。

実際に、思わぬ共通の知人がいたり、偶然隣近所だということが判明したり、

「たまたま」隣に座ったはずなのに、

「決められていた」かのように感じたようだ。


次回は、ペアを変えて「他己紹介」をする。

そうしたら、また「運命の人」が変わる。


         (右の安原泉さんが89歳)


     (右が公民館の上田寿子さん)






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。