村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

(北斎が描いた「富嶽三十六景 神奈川波浪裏」)

 

型を会得した上での型破りな生き方を紹介する第五弾(最終回)は、

画家・葛飾北斎。

これまでの5人の中でも、いちばん型破りな破天荒な気がする。

 

名前も15回は変えた。93回も引っ越しをした。

執着心がなかったかというと、そうでもない。

名前や家はどうでもよくても、

絵に対する執着は並々ならぬものがあった。

なにものにもとらわれず、ただただ向上を目指す心意気たるや、

常人の及ぶべくのないものだ。

「富嶽三十六景」を描いたのは、七十を過ぎてからだが、

まだ画工の数にも入っていないと、まだまだ伸びしろがあると

考えている。

北斎は、齢九十で亡くなるが、

死を目前にし、

『天があと10年の間、命長らえることを私に許されたなら』と言い、

しばらくしてさらに、『天があと5年の間、命保つことを私に許されたなら、必ずやまさに本物といえる画工になり得たであろう』と言ったそうだ。死ぬ間際になっても、上達を諦めていなかった。

 

波を見たら北斎を思い、富士を見たら北斎を思う。

リアルを超えたリアルがあるからだ。

斬新な構図や色彩は、見る人を喜ばせながら、

己だけの画風を追求していた。

需要と供給のバランスを無意識に考えていたともいえる。

だが、北斎の「型」は北斎だけのもの。誰にも真似出来ない。

 

五人の先人たちには、共通することがある。

まずは、来た球は、打ち返す。

自分が求める美意識は見失わない。

本質を具体化する。

小さなひと工夫を重ね常に新しいものにしていく「更新力」がある。

価値を生み出す積み重ねを人生の楽しみとしていた。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

 

型を会得した上での型破りな生き方を紹介する第四弾は、

茶人・千利休。

利休は、新しい美の価値観を作り上げた。

利休個人の美意識を世間の美意識に変えた。

「わび茶」という茶の湯文化を確立させた。

 

彼のいう「わび」とは、

「全部整ったものは面白味がない。歪みや不完全なところがある」ことをいう。

利休は、常に新しい工夫を凝らして、意外性で人を喜ばせる達人だった。だが、「作為が出すぎるとわびていない」と、これみよがし的なものは避けた。

 

利休が求めたのは「極小の美」。

ごくわずかなもの、ごくわずかな動き、ごくわずかな文字、

ごくわずかな香り・・・そういう出来るだけ小さいものに、より多くのものを想像させる。自分を無にして一体化する境地なのだ。

 

利休が、「もてなしの心」を詠んだ歌がある。

振舞は こまめの汁に えびなます 亭主給仕を すればすむ也

一汁一菜の質素なものでいいが、人任せでなく亭主自らが給仕する。

心遣いを最も重視していたことがわかる。

質素な食事をわびしいものに感じさせないようにするには、どうしたらいいのか。それは「一期一会の工夫」。

その場その場だけでの一回限りの臨機応変の「工夫」。

利休が自分が意図した「型」にこだわり、「型」にこだわり過ぎなかったゆえんがそこにある。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

俳優、日下武史さんが、先日亡くなった。享年86。

5月15日、静養先のスペインの病院で、誤嚥性肺炎のため死去した。

 

劇団四季の創立メンバーで、看板俳優として活躍した。

「ヴェニスの商人」「エクウス」「ハムレット」「鹿鳴館」などが代表作。

重厚な役作り、落ち着きのある知的な演技で知られ、

「南極物語」「まあだだよ」などの映画や、

「新・平家物語」「鬼平犯科帳」などのテレビドラマでも活躍した。

聞き取りやすい正確な日本語の発声力で一目置かれ、

外国映画の吹き替えでも親しまれた。

『アンタッチャブル』のエリオット・ネスなどが当たり役。

2014に東京・自由劇場の『思い出を売る男』が最後の舞台だった。

 
日下さんにインタビューしたのは、13年前のことになる。
代表作の一つ「エクウス」上演中のことだった。
日下さん演じる精神科医マーチン・ダイーサートは、
初演から300回以上演じてきた当たり役。
役者としてもターニングポイントになった役だ。
それまでは熱演型だったが、
力みが強いと役が見えてこないと気づき、
役者は透明になって観客の想像に委ねようと思った。
だが、経験や年齢を重ねたことが演技に反映されるかと思いきや、
「目標がどんどん遠ざかる気がする。若いころはがむしゃらでよかったが、今は知ってしまったことに苦しめられる。芝居を終えた後は、解放感に浸るより、出来なかったことを反すうする」
「努力や修練が、チラリとでも見えたら失敗だ」と自分に厳しい。
 
いくつになっても、演技に満足せず、努力と修練を怠らない。
だが、そのことを感じさせないように、
舞台上で「日下武史」を消し去る。役になりきる。
朗々としたせりふ、存在感のある身のこなし、
「いぶし銀」などと使い古された例えは使いたくないのだが、
でも「いぶし銀」にほかならない。
「いぶし銀」とは、くすんで渋みのある銀色を指す。
銀製品は手入れをしないと黒ずんでくるが、
常に手入れをしていると渋みのある銀色になる。
役者としての手入れを終生続けた名優が旅立った。合掌。
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。