村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

愛知県日進市の相野山小学校で、先生方とことば磨きしてきた。

先日の山梨でも思ったが、先生に夏休みはない。

この日も、午前中は、体育器具庫の大掃除だったそうだ。

子どもたちの夏休みにしか出来ないことが、山積している。

やることが多すぎて、自分を顧みたり、同僚と会話したりすることが少ない。

そこで、互いのことをもっと知るいい機会になればと、

他己紹介をしてもらった。

30人の教職員のうち、18人が参加。

担務が違うと、初めて会話したという人もいた。

校長先生も把握していない、思わぬ発見もあった。


「~になりたい」「~になりたかった」をテーマに他己紹介をしてもらった。

「色黒なので、色白になりたかった」

「可愛い声を生かして声優になりたかった」

「自由に飛び回る鳥になりたい」

「相手に想いを配るナイチンゲールのようになりたい」

「風になりたい」と言えば「大木になりたい」と呼応するペアもいた。

「市電の運転手」「刑事」と対照的なコンビもあった。

「一等航海士になってクイーンエリザベスに乗船したかったが、

いまは○年○組の船長さん」と紹介された先生もいた。


先生方も童心に帰り、無邪気に夢を語り合った。

無表情だった先生も、発表のときは表情豊かに変わっていた。

楽しそうに嬉しそうに面白そうに話しているうちに「そうに」が取れて、

楽しく嬉しく面白くになっていく。

人は見かけによらない。人は見かけで判断出来ない。

他己紹介によって、意外なことに気づき、「人柄」が見えてくる。

人間ていいなと思えてくる。



 









(原田校長先生の夢は、農民伝道師。

退職後は、農業に取り組みたいそうだ。

温厚で実直なお人柄ゆえに、優しい味の野菜が出来そうだ)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

浪曲師・春野恵子さんが、またやってくれた。面白いことを。

浪曲をロックンロールにしてしまった。

昨夜の大阪のライブハウス「ロイヤルホース」では、

前代未聞のライブが行われた。


『ちちんぷいぷい』など人気番組の放送作家をしている

東野ひろあきさんが企画・構成・脚本に加え、

オリジナル曲の作詞作曲、さらにはギター演奏までこなす。
浪曲の名作「おさん茂兵衛」と「高田馬場」に、

東野バージョンのロック浪曲ならではの脚色が加えられた。

名付けてロウキョックンロール。

東野さんは、「アホと呼ばれるのが最大の褒め言葉」と言っていたが、

共感するなぁ。

いい年をした大人が真剣に遊ぶっていいなぁ。

浪曲を使って、真剣に本気で遊んでいる。楽しんでいる。

浪曲の敷居を低くなどという次元を超越した

新しいミュージックジャンルの登場という感じ。


浪曲なのに、ビートルズだったり、カーペンターズだったり、

イーグルスだったり…。
ロック浪曲「高田馬場」で、

おじさんの仇討ちに中山安兵衛が高田馬場に向かっている途中、

おじさんの最期を見ていた見物連中が噂話をしているシーンで、

「♪ホテル・カリフォルニア」をモチーフにした歌が出てくる。
これが、妙にしっくりくるのだ。


声を枯らしながらも、新しいことにチャレンジすることが

楽しくてしかたない様子の春野さんに声援を送った。

「待ってました!」「たっぷり!」


春野さんがアンコールで歌ったオリジナル曲のタイトルが「たっぷり」。

その中にこんな歌詞がある。

熱い愛をたっぷり 強いことばきっちり

受け止めてねしっかり 私はここにいる

力の入ったことばからほとばしる熱い想い
たっぷり、きっちり、しっかり、受け止めたよ!恵子ちゃん!




※春野恵子さんについては、2015.7.22のブログでも詳述している。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

親鸞聖人の生涯を伝える『親鸞聖人伝絵(でんね)』という絵巻物がある。

浄土真宗の報恩講では、本堂に「伝絵」を掛け、聖人の遺徳を讃える。

この伝絵を紹介しながら、

親鸞聖人の生涯をたどるDVDが制作されることになり、

西本願寺から、ナレーションを依頼された。

きょうは、その収録だった。


原稿を初めて読んだとき、

聞き慣れぬことば、独特の読み方に、いささか戸惑いを覚えた。

例えば、

伝絵~「でんえ」ではなく「でんね」

和尚~「おしょう」ではなく「かしょう」

教化から「きょうか」ではなく「きょうけ」・・・

こんな具合である。

このほか、専門的なことばも多く、固有名詞の読み方も難しく、

ことばが自分の身体を通るまで時間を要した。

収録は、3時間に及んだ。


最初のうち、及び腰だったが、しだいにのめりこんで言った。

不思議な感覚だった。

ナレーションしているうちに、

親鸞聖人が、向こうから近付いてくださる感覚になっていったのだ。

親鸞聖人の想い、親鸞聖人への想いが、

自分が音声化することばとともに、理解出来ていったように感じた。

伝絵が、最初に作られてから、およそ700年。

歳月は経たが、いまに伝え紡がれることのすごさ。

それが「信心」ということなのだろう。


このDVDは、本願寺出版から、12月上旬発売予定。









(本日のオールスターキャスト)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。