村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:



今月の論語知らずの論語塾(5月24日)は、

これまででいちばん多い16人が参加。

この塾は、論語のロの字も知らなくても、

途中からでも、休み休みでも気軽に参加出来る。

それは、ひとえに安岡定子塾長の明朗な性格、

わかりやすい解説によるところが多い。


きょうは、孔子の「伝え方」について教わった。

たまたま、先日、

お坊さんたちの前で「伝え方」の話をしてきたところだったので、

興味深かった。

孔子は、多くの人から「政治とはなんぞや」と質問を受けた。

相手に応じて、答え方を変えた。

同じように答えても、相手に伝わらなくてはしかたないから。

佳き人材が国を作るという信念があったから、「人としてのありよう」を説いた。


君主には「君君たり、臣臣たり、父父たり、子子たり

~それぞれが自分に相応しいことをすればいいのだ。分をわきまえる。

重臣Aには「政は正なり

~政治は不正をただすこと。

重臣Bに「悪いことをしたら死刑にして、いい人物登用したらいかが?」と

問われ、悪い人間も更生出来る余地があると説いた上で、

君子の徳は風なり。小人の徳は草なり

~上に立つものがいい風を吹かせたら、草はなびく。

~何が何でも人口を増やすことばかり考えず、いまいる民が幸せならば、

遠くからおのずと人が来てくれる。

弟子の子路には「倦むことなかれ」。

~周囲を見てよく働く民をねぎらうのが大切。

 それを飽きずにコツコツ重ねていくのが大切。

弟子の子貢には「食を足し、兵を足し、民之を信にす

~食・軍備・信の3つが揃って政。

  この3つのうちどれか捨てるなら軍備。さらにもう1つ捨てるなら食。

  信がいちばん大切。「民、信無くんば立たず

弟子の子張には「之に居りて、倦むこと無く、之を行うに忠を以てす

~自分に与えられた地位で、あきることなく続けること。

  まごころを忘れてはならない。


ことばの引き出しの多い人だ。しかも具体的。

だから、人の心に届いたのだろう。

だから、弟子たちが後世の人に伝えたことばが決して古びることなく、

二千五百年たったいまも、燦然と輝いているのだろう。








地方長官には「近きもの説べ(よろこべ)ば、遠きもの来たる」。
AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

続けるということはすごいことだ。

特に、変転の多い飲食の世界では、なおのことだ。


山口県萩市にあるジャズ喫茶『ヴィレッジ』は、創業34年。

マスターの増本義隆さんと、久しぶりに会った。

彼とは、山口時代以来の長い付き合いだ。

自分の店に、世界のトップジャズミュージシャンを招く人脈を持っている。

萩に『ヴィレッジ』ありと、業界では知られた存在。

演奏者からの申し込みがあっても、

彼の目利き、耳利きに適わなければ、断るという。

揺るがない自信が、店を存続させてきたといえる。


山口市にある『カリム』は、創業39年。

カジュアルなフレンチの店だ。構えず気楽に入れる。

山口時代、よく通ったものだ。

料理もさることながら、シェフの山田清さんの人柄も大きい。

久々に会っても、時計の針は、すぐ逆戻り。

「あの頃」に戻って、ため口をきき合える。


長い間には、もちろんイロイロあっただろうが、

続けているからこそ「お互い変わらないね~」と旧交を温め合える。

変わることより、変わらないことの方が、

難しいことだけど、大切なことだと思う。



(増本義隆さんと)


(萩市 ヴィレッジ外観)


(山田清さんと)



(カリム外観)


あ、そうそう。もう一軒忘れちゃいけない「なじみ」があった。

新幹線で新山口駅に着くと、必ず立ち寄る蕎麦屋「ふしの屋」。

ここも続いている。ことし創業50年になる。

山口局時代も、アナウンサー仲間と、よく食べにきた。

黒々とした二八の田舎蕎麦。

いつも決まって食べるのは、割子の上。三段で756円。

ここは、和菓子も美味しい。

文学好きのご主人は亡くなられたが、息子さんが後を継ぎ、

家族経営のアットホームさがいい。


(割子上 三段)



(ふしの屋 外観)









AD
いいね!(20)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

金子みすゞのふるさと、山口県長門市仙崎を訪ねてきた。

ボクがNHK山口放送局に着任した昭和57(1982)年、

奇しくも、大正時代の幻の童謡詩人、金子みすゞが再発見された。

ずいぶん番組やニュースで取り上げた。

みすゞの弟、上山正祐さんと、みすゞの娘の上村ふさえさんと、

みすゞの墓参りもしたことがある。

「王子山公園」に歌碑が出来たとき、その除幕式も取材した。

以来34年、つかずはなれずのつきあいをしてきたが、

3月に、みすゞの話をする機会を得て、また身近に感じるようになった。

2003年に完成した記念館に行ったことがなかったので、

久しぶりに仙崎を訪ねてみることにした。


記念館の主任、草場睦弘さんは、その当時からの知己だ。

草場さんに案内してもらい、

みすゞゆかりの場所、みすゞが見たであろう風景を見てまわった。

ボクが最近は『この道』に惹かれているというと、

詩に詠まれている榎がある場所に誘われた。

みすゞが通っていた大津高等女学校(現・長門高校)へ通う道すがら、

蓮池の傍らに一本榎がスクッと立っている。

しばし、その情景を眺めながら、この道を行けないみすゞの心境に

想いを馳せた。

このみちのさきには、
大きな森があろうよ。
ひとりぼっちの榎よ、
このみちをゆこうよ。


このみちのさきには、
大きな海があろうよ。
はす池のかえろよ、
このみちをゆこうよ。


このみちのさきには、
大きな都があろうよ。
さびしそうなかかしよ、
このみちをゆこうよ。

このみちのさきには、
なにかなにかあろうよ。

みんなでみんなで行こうよ、
このみちをゆこうよ。



(「この道」に出てくる榎)



(王子山公園で、草場睦弘さんと)



(金子文英堂を再現した記念館入口)

AD
いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。