村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

1966年9月25日。日本作業療法士協会が誕生した。

きょうで50歳。その節目を祝う式典と祝賀会が開かれた。

のべ4時間の長丁場、その両方の司会を担った。

 

50年前、作業療法士は、

わずか20名でスタートしたが、いまや50000人を超えるまでになった。

人々の「日常」を取り戻すためのサポートをしてきた方たちが、

全国から一同に会した。地道な努力をしてきた方々に、きょうはスポットがあたる日だ。

作業療法士の礎を築いた方々、制度の整備に尽力した方々、臨床現場で協力した医師、

リハビリの専門家・・・多くの関係者も集った。

協会の歴代会長4人も、みなさん元気。初代の鈴木明子会長は84歳。

過去4人は全員女性。5代目の中村春基会長が初の男性会長。

 

式典は、来賓の祝辞、感謝状の贈呈など、ともすれば堅苦しくなりがちだ。

司会者としては、それをやわらかい雰囲気にするよう気を配った。

例えば、こうだ。

祝辞を述べる本人が来られず代読が4人続き、5人目にやっと本人が登場したときは、

すかさず「ご本人です」とコメント。会場の笑いを誘う。

そしたら、本人も「本人です」と受けてくれた。

代読する人が「この近辺にいたから」自分が代読することになったとエクスキューズすれば、

すかさず「この近辺にいたからと代読した○○さんです」とコメント。会場も反応してくれた。

挨拶の中で「先日の台風で、対応に追われた」と話した人がいたら、

すかさず「台風対策の作業に追われた○○さん」とコメント。

会場からも同感の笑いが起きた。

こんなふうに、名前と肩書きの紹介だけでは無味乾燥になってしまう進行に、

一味アクセントをつけることで、雰囲気が変わる。

話をよく聞いていて、どこを生かすか、それも短いことばで、当意即妙に。

それが、司会者の腕のみせどころ。

ことば磨き塾で、塾生に「自分をもっと褒めて」と言っているが、

たまには、自分褒めを許してね。

ここまで書いたら、たったいま中村会長から

「ほんとに、ほんとに、ほんとに有難うございました」と、

ほんとにの三段重ねの御礼電話をいただいた。

こんなに喜んでもらえて司会者冥利に尽きる。

 

 

(記念式典)

(先日収録したばかりの50年史上映)

(会場のハイアットリージェンシー東京)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

きょうは、三重県の伊賀上野まで、日帰りで行ってきた。

三重県教職員組合伊賀地区高等学校支部の研修会の講師として招かれた。

このところ、学校の先生づいている。

今回、依頼があったとき、事務局の佐々木さんに、

ボクを呼ぶ理由を聞いたら、「ミーハーなんです」と。こういうの好き。

そして、ボクの心が動いたのは、伊賀上野という土地柄。

亡き父は、京都の和装小物問屋で働き、「日本一の組紐屋」を自認していた。

組紐生産のさかんな伊賀上野には、何度も足を運んでいた。

ボクも父と一緒に行ったことがある。

伊賀牛の名店「金谷」で食べた牛肉の味は、舌が覚えている。

 

そして、伊賀上野といえば、もう一つ。忍者の里だ。

旧知の時代小説作家の多田容子さんは、忍者好きが嵩じて、伊賀上野に移住した。

15年ぶりに多田さんに会えたのも、時空超えの忍術のおかげかもしれない。

多田さんは、1971年、香川県高松市生まれ。
兵庫県尼崎市に育ち、京都大学経済学部卒業後、
金融関係に就職したが、退職し、作家になった。
99年、柳生十兵衛を主人公にした小説 『双眼』(講談社)でデビュー。

そのころ、インタビューしたのが出会い。
その後、長篇の時代小説を中心に数多くの作品を発表している。
彼女は、実践型の作家。
柳生新陰流や居合道の研鑚に余念がない。手裏剣も嗜む。

古武術にも造詣が深い。

 

多田さんは、小柄だ。

幼い頃、身体の小さな自分は弱いと自己卑下していた。

テレビ時代劇で忍者の活躍を見て憧れた。

強きを挫き、不可能を可能にする存在だった。

忍者になったつもりで生きたら、何でも出来そうな気がした。

久しぶりの再会を果たし、忍者談義で盛り上がった。

ボクの時代小説執筆意欲も掻き立てられた。  

 

(中央が多田容子さん、右が伊賀白鳳高校校長の辻正幸さん

多田さんと辻さんは忍者友達)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

矢作直樹さんは、

約束には「見える約束」と「見えない約束」があるという。

普段、約束を交わすのは「見える約束」。

それに対して、私たちが生まれながらに持ってきたものが「見えない約束」。

一人一人に生まれてきた「存在意義」がある。

それが「生まれてきた意味」であり、「果たすべき約束」といえる。

ただ、見えない約束に固執せず、

毎日の生活で「得る」もの、ふと「気づく」もの、そこで「学ぶ」ものを意識すればいいという。

他人と比較することも、他人から評価されることも最初から必要ない。

穏やかな矢作さんの口調のように優しく書かれた文章を読んでいると、

「自分が、自分が」という力みが消えていく。

 

この本の中で、矢作さんは、古来伝承される「口癖パワー」について言及している。

面白くなくても「面白い!」と口にする。

いまいちと思っても「楽しい!」と口にする。

そうすると面白くなり楽しくなる。

口にすることばで、脳が面白いことや楽しいことを自動的に見つけようとするのだ。

ボクが講演でよく話すことを、元東大教授が裏付けてくれたようで嬉しい。

ハーバード大学教授だったウィリアム・ジェームズさんのことばも引用されている。

「ことばが変わると心が変わる。心が変わると行動が変わる。

 行動が変わると習慣が変わる。習慣が変わると人格が変わる。

 人格が変わると運命が変わる」

 

「私はダメ」「オレは優秀」みたいに、コンプレックスやプライドで、

自分にレッテルを貼るのもよくないと、矢作さんは指摘する。

レッテルの根底にあるのは、自分は期待にこたえられないという思い込みと、

自分は周囲と違うという思い込みも「幻想」に過ぎないと言い切る。

レッテル貼りをして居心地が悪いときは「孤独」になればいい。

矢作さんは、孤独が好きだ。

孤独は、自分と違うエネルギーを感じている状態だ。

周囲との「結界」を作り、自分に課せられた約束を見つめ直す。

そうすれば、「自分は自分、人は人」と楽になる。

 

矢作さんは、参議院議員選挙に立候補して落選したが、

むしろ気分は爽快のようだ。

かねてから考えていた「日本人塾」の構想の実現に向けて準備をしている。

「日本をより良くしたい。日本人が培ってきた調和、寛容、柔軟、謙虚の姿勢を

世界に浸透させ、世界平和に貢献したい」これが矢作さんの約束。

約束を果たす上で、大事なのは「どんなときもお天道さまに背かない」こと。

おかげさま、おたがいさまの「感謝の心を忘れない」こと。

「経験を通じた気づきと学びが人生」だということを理解していること。

そして、自分の人生に現れる人たちは「約束された人」。

「いい人」「悪い人」という個別感情で区分けせず、

存在に感謝していれば、「約束」が果たせる。

 

まさに学びと気づき、自分の想いの確認の多い本であった。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。