村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

いやはや壮観な眺めだった。

帝国ホテル光の間。

参加者のドレスコードは大島紬。

会場にいる350人全員が「大島紬」をまとっているのだ。

ボクも、誂えたばかりの大島紬を着て参加した。

 

銀座もとじ大島紬店開店5周年記念パーティに出席してきた(18日)。
店主の泉二(もとじ)弘明さんの故郷は奄美大島だ。

2010年の奄美豪雨で大島紬の産地が被害を受けた。

大島紬を守るため、現地の職人を元気づけるため、

5年前、大島紬を扱う国内唯一の専門店を開いた。

銀座の一等地に、泥染め、白大島、色大島に渋い草木染めの絣模様・・・

大島紬がぎっしり詰まった宝箱のような空間だ。
奄美で紡がれ、染められ、織り上げられた着物に囲まれていると、

作り手の覚悟がじかに伝わってくるようだ。

出席者を代表して挨拶した東京大学大学院教授のロバート・キャンベルさんは、

「大島紬は、やさしく、やわらかく、覚悟を秘めたような色」と言っていた。

そして、「奄美による、完全なる首都ハイジャックの夜」とFBに綴っていた。

まったく同感。

「見た目でわかる」何よりのデモンストレーション。

奄美から来た職人さんたちが、いちばん嬉しかったに違いない。

 

(鏡開きに参加。ボクの背中合わせに宮崎緑さん)

(ロバート・キャンベルさん)

(江戸小紋作家の菊池宏美さんも、

 自分で染めた着物で参加)

(矢作直樹さんとも遭遇)

(中孝介さんと元ちとせさんが島唄を披露)

(ムラカミの大島紬 この日初めて着た)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

静岡県・修善寺にある競輪学校で、特別授業してきた(17日)。

一昨年12月に続いて2回目。

今年度は、男子61名、女子17名が、

修善寺の山中の人里離れた場所で、禁欲的な生活をしてきた。

卒業まであと一か月というタイミングで招いていただいた。

厳しい規律の中で、ことば使いにも気を配ってきたのだろうか・・・

好きなことばや大切なことばを尋ねたら、自分を律するようなものが多かった。

「耐雪梅花麗」

「受けた恩は骨に刻め、与えた恩は水に流せ」

「冬は必ず春となる」

自己肯定感抜群のことばもあった。

「日々、自分史上最高!」

「運命よ そこをどこをどけ! 俺が通る」

「想いを殺して生きるなら、俺はもう俺に用はない」

「天上天下唯我独尊」

自分で自分に「愛してます」って、いつも言う男子もいた。

思わず笑ったことば。

「明日やろうは、馬鹿やろう」

「ズタボロに輝く!」

競輪場デビューも近いが、ことばの力は計り知れないから、

自分の金科玉条を心に刻み込み、前だけを向いてレースに臨んでほしい。

 

自分の好きなところを10個あげてもらった。

「黒子」や「八重歯」が好き。「メガネが似合う」という女子。

普通、ウイークポイントにしがちなことを好きと言えるっていいな。

「どこでも」「いつでも」「ずっと」寝ていられるがベストスリーの女子。大物だ。

「イケメン」「女子にもてる」「子ども心を持っている」と、どこまでも自分が好きな男子。

「太もも」「胸筋」「上腕三頭筋」が好きとは、さすが競輪選手。

 

かつてスター選手だった滝澤正光校長は、

一皮剥けるため、あえて不条理なことを強いる厳しい訓練を課している。

その滝澤校長の「いいところ」を生徒たちにあげてもらった。

「熱いところ」「お尻の位置が高い」「靴がおしゃれ」

「面白い」「笑顔が可愛い」「人を良く見ている」・・・

これには、「みんなよく見てるなぁ」と滝澤校長も苦笑。

 

これから彼ら彼女たちは、競争社会に出ていく。

より早くより強くならねばならない。相手のいいところを考えるゆとりはなくなる。

負ければ、自己卑下したくなるだろう。

だが、ひとたびレースを終えたあとは、

頑張った自分に、ライバルに「よくやった」と声がかけられるようにしてほしい。

自転車にも「ありがとう」が言える人であってほしいと願う。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

壊れた人の繋がりを再生させる場所。

被災地支援に来た人と地元の人を繋ぐ場所。

それが「りくカフェ」だ。

仮設時代を経て、2014年10月にオープンした。

 

ここで出来ること。

まず、「食事する」。

低カロリー、減塩の健康ランチを提供する。価格は700円。

メニューは週替わりのようだが、ボクがいただいた「すき焼き風煮」は、

つけ合わせや地元米「たかたのゆめ」のごはんも、すべて完ぺきな美味しさ。

次に「買い物する」。

りくカフェのロゴ入りのマグネットやコースターといったグッズや

オリジナルブレンド珈琲も販売している。買うことが支援になる。

「参加する」。

コンサートや教室など、様々なイベントを開催している。

ミーティングなどに借りることも出来る。

「相談する」。

管理栄養士による栄養相談を定期的に実施している。

そして「健康でありつづける」。

スマートクラブを立ち上げ、健康寿命を延ばす取り組みをしている。

健康チェックをした上で、気軽に出来る運動をし、健康ミニ講座を受講。

そして、健康ランチを食べる。

日々の生活に追われ、健康管理を怠りがちな被災地の人たちを支える仕組みだ。

敷地内には、診療所や薬局もある。

 

荒涼とした光景を目の当たりにしたあとだけに、

ここの「あたたかさ」が身に沁みた。

 

(ボクは、すき焼き風煮を食べた)

(明るい店内 東北産木材が使われている)

(ここで一芸を披露した人がサインボードに名前を書ける資格があるらしい)

(関口宏さんのサイン発見)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。