村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

名古屋を代表する実業家、古川為三郎。

明治生まれの小柄な体から、想像もつかない大きな事業を成し遂げた人物だ。

18歳で、養父の貴金属店を再興し、東京・大阪にも進出。

28歳で、九州の炭鉱会社を買収。

31歳で、名古屋大須に映画館をオープン。

その後も、飲食、不動産、株式投資と事業を拡大していく。

戦争で、全てが無になっても不屈の精神で立ち上がり、

レジャー施設、放送通信業も手がけ、その名を世界にも轟かせた。

海外の経済誌『フォーチュン』に世界最高齢の富豪と紹介された。

 

富豪でありながら古川が世間から愛されたのは、

無一文から築いた富を「世のため人のため」と惜しまず使ったからだろう。

人を喜ばせたいという一心が伝わったからだろう。

事業によって得た資産を教育や福祉に投じた。

名古屋大学に図書館、地元小学校へ長年にわたる楽器の寄贈、

名古屋市科学館でのサイエンス講演会への出資・・・

さらには、愛知県共同募金会「赤い羽根募金」の会長として、

100歳になっても襷をかけ街頭募金に参加していた。

 

103歳の天寿を全うした古川だが、3回命拾いをしている。

九州の炭鉱経営権をめぐり、やくざとの争い、

急性肺炎で、棺桶に入ってから息を吹き返したこと、

鉄道事故にあって無傷だったこと。

人知を超えた大きな力によって生かされているとの想いから、

特定の宗教にこだわることなく、菩提寺や各地の寺社への寄進、

世界33ケ国で平和観音像の建立をしている。

 

「長生きは芸術なり」と白寿を迎えたとき記している。

肉・魚・野菜をバランスよく少しずつ何回にも分けて食べていた。

鰻と肉を、毎朝一切れ、必ず食べた。食後にトマトを欠かさなかった。

1日に何服も抹茶を飲んだ。珈琲も毎日飲んだ。

ビールを常温で飲んだ、冷えたものは口にしなかった。

起床、就寝、食事、規則正しい生活をしていた。

よく歩いた。90代になっても百貨店や市場に出かけた。

身だしなみに気を配っていた。

まさに徹底した自己管理は芸術的だ。

 

古川為三郎が生前暮らした自宅が、いま記念館として開放されている。

名古屋の池下駅からほど近いところにある。

数寄屋建築の建物から、四季折々の花を愛でられる庭園を眺め、

古川も愛したお抹茶をいただきつつ、時を忘れられる場所である。

 

(古川為三郎 1890~1993)

(古川為三郎記念館入口)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

磯田史観は、わかりやすい。

「歴史を知れば今がわかる」というが、磯田さんの史観には、それがある。

落とした財布が世界で一番もどってくる日本。

自動販売機が盗まれない日本。

道徳感が高い日本人は、明らかに「徳川の平和」の中で出来あがったと

磯田さんは断言する。
なぜこの国の素地は江戸時代に出来上がったのか。

4つのターニングポイントを挙げながら読み解いていく。
ひとつは、1637年の島原の乱。

島原の乱によって武力で抑えるだけが政治ではないという

「愛民思想」が芽生え、武家政治が大転換された。
ふたつめは、1707年の宝永地震。

新田開発のために環境破壊が進み、結局は自然からしっぺ返しを受けることを学んだ。

その教訓から、豊かな成熟した農村社会へと転換していった。
3つめは、1783年の天明の飢饉。

天候不順が続き、各地で凶作が続くと、商業に興味が向き、

農村を捨てて都市へ流れ込む人口が急増。

その結果、農村は荒廃し深刻な事態を招いた。

そこで人民を救うという思想に基づいた行政が生まれていった。

陸奥国の代官で、人口増加対策として「小児養育金制度」を設け、

子どもが生まれた家に養育費1~2両を支給した人がいた。

悪代官を時代劇の世界だけのようで、善政を敷き、

生前から神として祀られた代官は、江戸時代に43人もいたそうだ。

政治や税制の目的は、長い目でみた国民福祉の実現にあるはずという意見は、

現代の政治家に聞かせたい。
最後は、1806年~1807年、11代将軍家斉の時代に起こった露寇事件。

ロシア軍艦が突如、樺太南部の松前藩の施設を襲撃した。

翌年4月にもロシア軍艦二隻が択捉島に出現し、幕府の警備施設を襲撃した。

二度にわたるロシアの襲撃事件は、幕府に大きな衝撃を与え、

結果的に開国か鎖国下の議論を活発化させ、国防体制を強化させていった。

時の松前奉行が老中に「民命」を尊重すべきと具申している。

この事件をきっかけに「民の生命と財産を維持する」という価値観と

「民を守る」という政治意識が確立された。

 

二百六十年に及ぶ江戸幕府の根幹を支えたのは、江戸人のメンタリティ。

戦乱の殺伐とした世を終わらせたのも、

経済効率に突き動かされた乱開発と環境破壊を見なおしたのも、

民政重視の政治にシフトして自然災害を乗り越えたのも。

対外的危機で「民命」を守るという価値観を再認識したのも、

徳川の平和は、「生命の尊重」という価値観によって醸成されたものだ。

 

渡辺崋山曰く「眼前ノ繰廻シニ百年ノ計ヲ忘スル勿レ」。

百年先のことを考えず、目先のことだけに囚われていてはならない。

これも、幾多の危機を乗り越えてきた江戸時代からの教訓だ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

宮崎まで日帰りしてきた。

宮崎を訪れたのは、12年ぶり。

2005年4月、「鎌田實いのちの対話」の公開生放送で、

宮崎県新富町を訪ねて以来のことになる。

その時は、まだ陸路旅にこだわっていたころで、えっちらおっちら鉄道で行き、

ずいぶん時間がかかった。何しろ福岡からでも片道5時間仕事なのだ。

今回は、もちろん飛行機。羽田からの往復でも3時間半。

 

街路樹として、あちこちに県木のフェニックスが植えられている。

南国に来た感じがする。

かつては新婚旅行といえば宮崎。

ピーク時には、新婚さんの35%が宮崎に来ていたという。 

新婚間もない皇太子ご夫妻(今上天皇ご夫妻)も宿泊された創業60年の

宮崎観光ホテルに赴いた。

ここを会場に行われる内外情勢調査会の講演会に呼ばれた。

時事通信社系列のこの講演会には、地域の指導者経営者が顔を揃える。

ボクの座ったテーブルも、宮崎県副知事、宮崎銀行会長、宮崎県警本部長と、

錚々たる顔ぶれであった。

こういう人たちに「おはよう」で心の窓を開き、

「ありがとう」を口癖にして「あたりまえ」でないことを認識してもらい、

「いただきます」や「おかげさま」でいのちに想いを馳せ、

「よかったね」で、人の喜びを我が喜びとし、

「大好き」と自己肯定してもらうことが大事だ。

功なり名を遂げていくと、「嬉しいことば」が消えていきがちだ。

断定、否定、上から目線の武器ことばを封印し、

ふんわりやんわりと嬉しい楽器ことばを習慣にしてもらいたい。

ことばが瀬戸際にきているいま、「ことばのフェニックス」目指してほしい。

 

(東国原知事時代、観光スポットだった宮崎県庁)

(会場の宮崎観光ホテル かつては新婚さんでにぎわった)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。