村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

丹波市の「夢の里やながわ」のスタッフの皆さんと、ことば磨きをしてきた。

丹波の特産物を使ったお菓子の製造販売をしている「やながわ」に、

ボクも客として、よく行く。

ここの接客は、感じがいい。何より笑顔がいい。

「丹波素材で奏でるライブステージ」というのが、ここのキャッチフレーズ。

店内は、ガラス張り。厨房もよく見える。

作り手の笑顔と買い手の笑顔が交錯する。


今回の参加は、社長以下41人のスタッフ中35人。

事前に書いてもらったアンケートを読み上げながら、

ラジオのDJのように、参加者全員とことばを交わした。

「接客で大切にしていること」

「心に響く嬉しいことば」「ズバリ聞きたいこと」

一つ一つの回答や質問に丁寧に答えた。

まさにライブステージ。


例えば「接客で大切にしていること」は・・・

電話応対で「笑声(えごえ)」を大切にしている。

テンションを高すぎないように低すぎないように心がけている。

常連客の顔と名前を覚え、いいことを褒めるようにしている。

話すスピードや声のトーンを意識している。

相手の立場で考えるようにしている。

なるほど、なるほど。ここの接客が行き届いているはずだ。

マニュアル通りでなく、ひとりひとり考えている。


例えば「心に響く嬉しいことば」では、

あれこれ感想言われるより、たったひとこと「うまい!」と

食べた瞬間に言われるのが嬉しい。

足し算引き算しながらお菓子作っているので。

率直な男子パティシエのことば。こういう潔さいいなぁ。


ぼくからは、ことばはギフト。

嬉しい包装紙に大切に包んで渡してほしいと伝えた。

2時間半、しゃべり詰めだったが、

終始、笑いの絶えないなごやかなライブステージだった。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

名古屋ことば磨き塾は、新規参加者が7人も増えた。

明るくポジティブな人ばかり。

一層の磨きがかかること、間違いない。

今回の他己紹介のテーマは、「もしオリンピックに出たとしたら・・・」

面白いテーマだった。

その人がオリンピック競技に出ている姿を思い浮かべながら、

その理由も聞いているうちに、意外な「その人」が浮き彫りになった。

「人のために尽くしたいからチームでやる魅力のある新体操」

「綱引き。でも、運動が得意でないから、いちばん後ろで引っ張る」

「陸上400メートルリレー。あの4人のチームワークに感動」

「水泳100メートル自由形。平泳ぎ出来ないから」

「前世は魚。だからシンクロ」

「前世はイギリス人?乗馬」

「レスリング。力だけでなく駆け引きで勝つ」

「砲丸投げ。室伏さんの筋肉に憧れて」

「ラグビー。1対1の競技で負けるのいやだもん」

「いつまでも泳いでいられるから平泳ぎ」

「体操種目別で段違い平行棒。鉄棒苦手だから」

「アーチェリー。運動量少なそうだから」

「テニス。錦織選手とダブルス組みたい」

「体操。特に床。ピンクのコスチュームでゴールドメダル」

リオ直後とはいえ、出るわ出るわ。14人から14競技。みんな違った。

しかも実情は棚上げ。想像力、脚色力豊か。

みんなイキイキしていた。

みんなに金メダルあげたい。

「キンメダイがいい」と言ったユーモラスな人もいたけど(笑)。





(体操・床の演技で金メダル獲得の渡辺選手に

インタビューする生田リポーター)


(どちらがシンクロで、どちらが砲丸投げでしょう?

 鈴木さんと牧野さん)


(一人で泳ぐの好きな寺田さんと、

個人競技で決着がつくのがいやな野田さん)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県日進市の相野山小学校で、先生方とことば磨きしてきた。

先日の山梨でも思ったが、先生に夏休みはない。

この日も、午前中は、体育器具庫の大掃除だったそうだ。

子どもたちの夏休みにしか出来ないことが、山積している。

やることが多すぎて、自分を顧みたり、同僚と会話したりすることが少ない。

そこで、互いのことをもっと知るいい機会になればと、

他己紹介をしてもらった。

30人の教職員のうち、18人が参加。

担務が違うと、初めて会話したという人もいた。

校長先生も把握していない、思わぬ発見もあった。


「~になりたい」「~になりたかった」をテーマに他己紹介をしてもらった。

「色黒なので、色白になりたかった」

「可愛い声を生かして声優になりたかった」

「自由に飛び回る鳥になりたい」

「相手に想いを配るナイチンゲールのようになりたい」

「風になりたい」と言えば「大木になりたい」と呼応するペアもいた。

「市電の運転手」「刑事」と対照的なコンビもあった。

「一等航海士になってクイーンエリザベスに乗船したかったが、

いまは○年○組の船長さん」と紹介された先生もいた。


先生方も童心に帰り、無邪気に夢を語り合った。

無表情だった先生も、発表のときは表情豊かに変わっていた。

楽しそうに嬉しそうに面白そうに話しているうちに「そうに」が取れて、

楽しく嬉しく面白くになっていく。

人は見かけによらない。人は見かけで判断出来ない。

他己紹介によって、意外なことに気づき、「人柄」が見えてくる。

人間ていいなと思えてくる。



 









(原田校長先生の夢は、農民伝道師。

退職後は、農業に取り組みたいそうだ。

温厚で実直なお人柄ゆえに、優しい味の野菜が出来そうだ)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。