村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

NEW !
テーマ:

66歳は、あまりにも早過ぎる。

今年3月、急逝した四代目江戸家猫八さんお別れの会に列席してきた。

江戸家は、代々、動物声帯模写をお家芸としている。

7年前、四代目襲名直後に、ラジオのスタジオにお呼びしたことがある。

息子の小猫さんには、文化放送に出てもらったことがある。


7年前、襲名披露パーティを開いた、ホテルニューオオタニの

同じ会場で、お別れの会が開かれた。

参列者は550人ほど。


バードウオッチング仲間の、元衆議院議長の河野洋平さんは、

「どうして、急いだんだ! もっと、君のウグイスが聴きたかった」と

遺影に呼びかけた。

三代目とも親交のあった中村メイコさんは、

「こんなに息の合った親子は見たことがなかった。

 だけど、こんなに別れが早いのは気に入らない」と呼びかけた。

坂田明さんのサックスで奏でる「ひまわり」がせつない。

涙する人もいた。


最後に小猫さん。

「最期の日々、父と向き合えた。父から教わったことを生かして、

 江戸家の芸を伝えていく」


四代目は、三代目猫八から

「俺が88歳になったらお前に猫八の名をやる。

 俺は八十八(やそはち)を名乗るから」と言われていた。

2009年は、先代が存命ならば88歳を迎えていて、

自らも還暦を迎えることから襲名を決意した。

猫八でいられたのは、わずか7年だった。


江戸家の芸を担っていく、二代目小猫さんを、

恵比寿のトークライブに9月18日(日)お呼びする予定だ。


(遺影は、写真のように見えるが、中村メイコさんの息子の


中村善之介さんが描いた絵)



(会場には、思い出の写真が展示されていた)


(共演したこともある坂田明さんの献奏)






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

宝塚市の市民カレッジの一環としての「宝塚ことば磨き塾」第三期が開講した。

宝塚市民の向学心はすごい。

今回の塾生の26人中、80代が3人、70代が7人。

最高齢は89歳。学ぶ意欲に感心する。


今回から担当になった公民館の上田寿子さんが、

「ムラカミさんは、おはよう朝日を担当され・・・」と紹介し、一同大爆笑。

初対面の緊張感が一気にほぐれた。

そして、「よかった探しの他己紹介」。

ヒアリングの段階から、みんな初対面?と疑いたくなるほどの打ち解けよう。

トップバッターは、最高齢89歳の安原泉さんを指名した。

見事な表現力に、恐れ入った。

具体的事例を列挙し、自分との共通項を入れながら、わかりやすく解説。

そこはかとないユーモアもあり、スバラシイ。

年齢を紹介したら、会場から驚嘆の声が上がった。


「ぶっきらぼう」と思っていたら、そうではなかった。

「人見知り」と思っていたら、そうではなかった。

紹介したり、されたりしながら、いろんな発見がある。


共通項を発見して、それを3つにまとめた人もいた。

見つけた共通項を次から次に紹介する人もいた。

印象に残るキーワードをあげた人もいた。

いずれも、自分のパートナーを紹介するのが楽しくてしかたない様子なのだ。


始まる前に、隣に座った人は、「運命の人ですよ」と言っておいたのだが、

それを、みんな実感したようだ。

実際に、思わぬ共通の知人がいたり、偶然隣近所だということが判明したり、

「たまたま」隣に座ったはずなのに、

「決められていた」かのように感じたようだ。


次回は、ペアを変えて「他己紹介」をする。

そうしたら、また「運命の人」が変わる。


         (右の安原泉さんが89歳)


     (右が公民館の上田寿子さん)






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「cafe ma-no」は、人が繋がる場所。

あくまでもお店は「きっかけ」でいいと、店主の北信也くんは言う。

この店にも、「混沌」がある。

あっちのテーブル、こっちのテーブルでも話の花が咲き、

そこから、明日の丹波を担うアイデアが生まれる。

初対面の人が出会い、縁が生まれ、輪が広がっていく。


丹波に行くと、 「cafe ma-no」に行く。

北くんに会いに。

未知なる出会いを求めて。

この店には、「混沌」から生まれるエネルギーがある。


この日も、園田あゆみさんに、人を引き合わせたいからと呼ばれ、

紹介された人と、話しはじめるやいなや、

彼女が「オナカ スイタ~!」と大声をあげた。

そのことばを合図に、店にいた人が一斉に振り向き、

突然、「♪happy birthday to you」の大合唱が始まった。

しかも、ギターの伴奏つき。

北くん特製の超特大フルーツケーキも登場。

いやはや、びっくりぽん!(←久しぶりに使ってみた)

人を喜ばせるのは得意だが、

こうして喜ばせてもらうのは、嬉し恥ずかし、照れ臭し。


半分は旧知の人だが、半分は初対面の人。

だが、ボンドガールの園田あゆみさんのおかげで、

「繋がる」ことが出来、和気あいあいの誕生日会となった。

彼女の呼びかけで、ムラカミを知らない人も「面白そう」と、

ノリで集まってくれたのだ。こういうの好き。

初対面感など、まるでなく、話は弾み、

いくつか、次に「繋がる」具体的な話もまとまった。

やはり 「cafe ma-no」は磁場なのである。




 (北信也くんお手製 フルーツケーキ)


(色とりどり丹波野菜たち 料理もゲキウマ)




(キコリ&ダンサーの中島彩さんが、

 フラダンスを披露してくれた)



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。