アイビーの独り言

加藤りつこのブログ


テーマ:

 

 

 

 

広島経済大学 徳永博充ゼミの学生によるドキュメンタリー映画が完成しました。

昨年(2016年)制作された 【忘れられた魂 ~宮島の原爆死者たち~】は、東京ビデオフェスで入賞し、表彰されました。

 

今年度の作品も大変興味があり期待していたところ、その上映会が行われることを、徳永教授からご連絡いただきました。

 

【眼差し ヒロシマから沖縄へ】

日時   2017年7月27日(木) 15時~16時30分

会場   広島経済大学 明徳館 7階

入場料  無料

 

ご興味ある方はぜひご一緒に。

駐車場確保などの為にお申込みが必要です。

このブログかFBのMessenger(加藤りつこ)の方までご一報くださいませ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

やさしく、たくましく生きる母と娘   (青森市)西中学・撮影

 

 

 

7~8年前に、家庭の事情で幼子を女手ひとつで育てることになった、二組の母子との出会いがあり、それぞれの母と子を応援して今日に至っています。
その二組の母子から、この度の「Vientoコンサート」に、貴いご寄付をいただきました。

小学生だったRちゃん。ある日突然、父親が家を出て、母と子の二人暮らしになった彼女たちの苦悩。でもRちゃんは、その怒りと悲しみをお勉強することで耐え抜き、今春大学生になりました。そして、優秀だった彼女は、アルバイトに、自宅でできる小論文の添削に携わることができました。その喜びを、いの一番に私に知らせてくれたあの日の感動を思い出しては涙する私です。
そのRちゃんから届いた封筒の中身は、きれいに四つ折りにされた「1,000円札」とメッセージ。...
「初めてのアルバイト料をいただきました。少ないですが、加藤さんの活動のお役に立てていただければ嬉しいです」。
そして母親のEさんからは、「5,000円札」が。

もう一組の母子からは、熊本支援Vientoコンサートのお役にたてれば。と「10,000円札」が。
母親のSさんは、まだ未就学児だったRちゃんを連れて女手ひとつで娘を育て、今、その子は中学生になりました。
この二組の母と子が私は愛おしくてたまりません。この度いただいた貴重な浄財は、彼女たちにとって、どんな思いと労力と時間をかけて得たものか・・・・・勿体ないご寄付です。
心洗われた私は、これからも襟を正して、精一杯活動し生きて参ります。
先ほど、青森の西中学さんから、東北のお花の写真をたくさん送っていただきました。その中に「ヒメシャクナゲ」の画像があり、ふとその母子を重ねました。
この可憐なお花を、Eさん、Sさんと、娘のRちゃん達に捧げます。心から・・・心からの「ありがとう」を添えて。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

平和宣言を読み上げる生徒。向かって左から盈進高校生徒会長、沖縄尚学高校生徒会長、大阪偕星高校生徒会長、盈進高校ヒューマンライツ部部長

 

 

自分の育ったふるさとを愛し、その歴史を学び、伝える。他者のふるさとも同じように愛し、その歴史や文化を互いに尊敬しあう。そして、「共に生きる」。

 それが、いつかきっと、世界の平和につながると私たちは信じます。「ふるさと」。それは、私たちの平和の原点です。

 

 ここに集う私たちのふるさとは、核兵器(原爆)、沖縄戦、空襲によって多くの命が奪われた歴史があります。

 

沖縄尚学高校では琉球空手が必須科目として伝承されている。攻撃のために使うのではなく護身のための空手道精神が沖縄の人々のやさしさにつながっているような気がする。

 

 

 

 

 「軍医が、麻酔が効いていない兵隊さんにメスを入れた。叫ぶ兵隊に、軍医は『貴様、それでも軍人か!』 と怒鳴った。砲弾の中を逃げながら、切断された兵隊の手足を外へ捨てに行った・・・・・解散命令が出た。 北部はアメリカ軍で埋め尽くされ、南へ南へ逃げたが、もう限界。手榴弾で死ぬ覚悟を決めた」。 白梅学徒として、沖縄戦を生き抜いた中山きくさんの証言です。

 考えなければいけません。私たちと同じ少年少女が、なぜ砲弾の中を走らなければならなかったのか。友の死を目の当たりにしなければならなかったのか。家族を失わなければならなかったのか。そして、死ななければならなかったのか。

 国土面積 0.6%の沖縄に、在日米軍約 74%が配備されています。私たちが大好きな沖縄は、いまも、私たちの平和な生活の犠牲ではないでしょうか。

 

 

大阪偕星高校ダンス部による創作ダンス

 

 

 

 昨年 5月27日。広島、日本、いや世界にとって歴史的な日となりました。 現役米国大統領オバマ氏の広島訪問。広島は揺れました。

「謝罪はいらない」 「謝罪は当然」 などです。 そして、いままさに、国連で 「核兵器禁止条約」 締結の交渉が開始されました。 大きな歴史の節目に、私たちは、いま、こうして集いました。

 

 戦争にはもちろん加害、被害の両面があります。 ただ、行きつく先は同じです。多くの犠牲と死を伴うということことです。 私たちは訴えます。

「悪い平和はない。 正しい戦争はない」 と。

 非人道の極み。 それが核兵器です。 核兵器廃絶は、人類の悲願なのです。

 

盈進高校ダンス部による創作ダンス

 

 

 

 

 71年前の大阪。大空襲で約1万5千人が亡くなりました。 福山も同じように空襲で尊い命が奪われました。 失った命の重みはヒロシマ、ナガサキ、オキナワと何ら変わりません。

 

 いまなお、核戦力強化を主張する核保有国。 私たちは、「核廃絶はできない」 という世間の厳しい意見にもさらされます。 しかし、「自分と同じ思いをさせてはならない」 という、敵対と復讐を超えた素朴で崇高な被爆者や戦争体験者の言葉が、いつも私たちを奮い立たせます。

 

沖縄尚学高校地域研究部によるインド舞踊

 

 

 

 

 2011年3月11日午後2時46分。 東日本大震災発生。 ふるさと、家族、仲間・・・・・日常が根こそぎ破壊されました。 福島の原発事故。 71年前の 「放射能被害」 は、再び繰り返されました。

 あれから6年。悲しみは現在進行形です。 福島からの避難者に対するいじめ事件に胸が締め付けられます。 福島の悲しみもまた、私たちの平和な生活の犠牲ではないでしょうか。

 阪神淡路大震災から、22年。 私たちが自ら、他者の悲しみを知ろうとすれば、戦争、紛争、天災、人災によって悲しむ人々に寄り添い、「共に生きる」 社会になるはずです。

 

沖縄尚学によるカマドさん体操

 

 

 

 

 「人類は生きねばならぬ」 「Humankind must live. Small is beautiful.」。 広島で被爆し、生涯で約500回、核実験に抗議し、原爆慰霊碑の前で座り込みを続けてきた故・森瀧市郎先生の信念です。

「ぬちどぅ宝」 という沖縄の魂と重なります。

 年齢、性別、民族、国境を越え、連帯すること。 私たち中高生の活動は微力だけど、いつか、きっと、大きな力になると信じ、行動し続けます。

 

「No more Hiroshima, Nagasaki, Osaka, Fukuyama, Fukushima.」

 

2017年3月29日

盈進中学高等学校  沖縄尚学高等学校  大阪偕星高等学校

「2017年 第4回 中高生平和サミット in  Hiroshima」 実行委員会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

参加者全員記念撮影

 

 

 

2017年3月26日~29日

広島県福山市の私立盈進中学高等学校が主催校として開催された【中高生平和サミット】に

大阪偕星学園高校、沖縄尚学高校、広島女学院高校 約100名が参加して、広島平和公園碑めぐりや原爆資料館での研修、切明千枝子さん、森瀧春子さんから被爆体験や平和活動などの講演を聴き、自らの足で歩き、目で見て当時の悲惨な歴史を掘り起こした。

その後ディスカッションを行ったり、場所を変え、福山市では、福山空襲を学び、歴史の街「鞆の浦」を散策し、ホロコースト記念館を見学した。早朝から夜遅くまで学び、語り合った貴重な経験だった。

 

 

盈進高校音楽部による演奏

 

 

 

私も28日に、各校生徒や先生、地域の方々の前で50分のお話をさせていただいた。

高校・大学時代に過去の悲惨な戦争や歴史を正しく認識した息子が、生前日本や世界の未来を見据えて学問し人間関係を紡いでいたこと。

その夢も阪神淡路大震災で、命と共に潰されてしまったこと。

子の無念と親の無念の重い分銅を抱えた私は苦しみに喘ぎ、起ち上がることもできない日々を漂流していた。空を仰いでは、虚空をつかむ日々の苦しみ。

あれから22年。失ったものの大きさ故に、得たものが貴く愛おしくありがたいことを知った。

そんな話を聴いてくれた200の耳と瞳。そして、100の命。

講演後、主催者側の計らいで、生徒との対話の時間を設けてくださった。

その対話が、私には至福の時間だった。

「これまで多くの講演を聴いていたが、これほど号泣して、自分を見つめ直したことはなかった」

「今日のお話を聴いて、本気で未来への意識をした」

「これまで、僕の両親は無私の愛で支えてくれ、どのように感謝を表現すれば良いかわからない。良い方法があれば教えてほしい」

そんな質問や感想を述べてくれた沖縄尚学高校の生徒会役員たちに、私は感動しながら、丁寧に応えた。

私の想いが、高校生たちの心に届いたことを実感し、広い体育館のどこかで見守ってくれていたであろう亡き息子へ感動の波動を送り続けた。

 

 

盈進弓道部の模範演技

 

 

 

 

最終日の平和のつどいでは、各校の発表が続いた。

沖縄のエイサーや琉球空手、インド舞踊、台湾舞踊、など多くの発表の後、最後に読み上げられた【高校生たちの平和宣言】に、私は大変感動した。

その全文は後日ここに掲載し、感動の記録の1ページとして、お読みくださる皆さまと共に記憶できることを願っている。

沖縄尚学地域研究部によるエイサー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県

福島県いわき市 いわき海星高校チームじゃんがらの卒業生メンバー

 

 

 

広島平和公園に寄せられる折り鶴には、日本全国から、また海外からも、二度とこのような悲惨な戦争が起こらないよう平和な世界を願う人々の貴い想いが込められています。  

一折り一折り願いの込められた折り鶴を、焼却してしまうのは心苦しいと思い続けた広島の人たちは、再生紙として活用することを始めました。

少しコストは高くつきますが、大変意味のある再生紙の存在は、今、市民の心に留まり、利用者も増えているとのことです。

そのお話しを聞いて、私たち「広島と福島を結ぶ会」は、交流を続けながら、ささやかな支援をさせていただいている、福島県のいわき海星高校と伊達郡川俣町立山木屋中学校へ、この折り鶴再生紙で作られた卒業証書の用紙を、卒業生にお贈りしようと考えました。

昨年10月頃から学校側との話し合いで、決定いたしました。

 

 

福島県伊達郡川俣町立山木屋中学校(避難先の川俣中学校4Fの一部を間借り)

 

 

 

 

 

山木屋中学校の卒業生は、僅か6名でした。

そこで学校では、教育委員会へご相談された結果、間借りしている川俣中学校にもいただければ幸いだとのお返事がありました。

私たちもその件に関して、全員合意の上、卒業証書の用紙贈呈となりました。

 

 

山木屋中学校卒業式(卒業生は6名)

 

 

 

 

平和を願う人々の熱い想いの込められた折り鶴再生紙が、福島で起こった原発事故による苦しみや不安を抱えて生きる子供たちの手に届けられることに、感慨深いものがあります。

 

また、山木屋中学校は放射能被害で地域全体に避難指示が出たために、学校も避難することになりました。

あの日から今年で6年。 山木屋中学校は、川俣中学校の4階に間借りして授業をしています。山木屋地区は、校区外にも多数の住民が避難されました。そのため生徒は激減し、全校生徒数2~30人という学校運営となりました。

 

 

2017年3月11日 地方紙「福島民友社」に掲載された記事

 

2017年3月12日「福島民報社」に掲載された記事

 

 

 

 

生徒たちは、間借りしていることでおとなしく、休憩時間にグランドに出て遊ぶこともしなくなったと先生からお聞きした時、胸が痛みました。

その話を聞いてくださった村田流整体術の先生が、室内でも体力増強を図れるものとして、広島が発祥の地である 「けん玉」 を贈ってくださったのですが、次第に生徒も手にしなくなり、けん玉は教室の隅に眠ってしまっていました。

そこで、私たちは日本けん玉協会福島支部で8段の山木さんと吉村さんにお願いして、月に一回「けん玉教室」を開催していただきました。昨年4月から今年の2月まで、11回の指導を受けて、生徒23名全員6級以上、その中で1級認定者も出たそうです。

途中であきらめることなく継続して技を磨き、頑張った彼らの気持ちに変化があったと先生からお聞きした時、私たちの心も奮えました。

みんな独りでは生きていけません。

心を寄せ合い、手を取り合って生きていくことこそ「平和」の原点だと思います。

卒業を前にして、山木屋中学校生徒代表からお手紙をいただきました。

これからも、彼らが山木屋中学校で学んだことや、経験を生かして前進してくれることを願っています。

 

 

2017年3月25日「毎日新聞社」朝刊に掲載された記事

 

 

 

 

拝啓

 桜前線の待ち遠しい今日この頃、広島と福島を結ぶ会の皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしのことと思います。

 さて、今年度は私たちのために、けん玉教室の開催を支援してくださり、本当にありがとうございました。 2月22日には最後のけん玉教室が開かれ、全員が6級以上をとることができました。

 私は、けん玉教室が開催される前は、けん玉にあまり興味がなく、昼休みなどにたまに遊ぶ程度でした。大技ができるわけでもなく、「もしかめを10回できたらいいな」 と思うくらいでした。

 しかし、けん玉教室に参加し、有名な技や、大技をたくさん練習していくと、だんだんコツをつかんで、できるようになり、うれしくなりました。 昼休みも、ふりけんなどの大技ができている人を、よく見るようになっていきました。 そして、けん玉によって、友達や先輩と会話をする機会が増えました。 けん玉が、私たちの絆をさらに強くしてくれた気がします。

 震災後にお借りしている町内の、川俣中学校での生活も、6年がたとうとしています。 今年度は、平成30年度に本校へ帰還することが決まりました。

山木屋の伝統である 「田んぼスケートリンク」も復活し、山木屋にまた活気が戻りつつあります。 私たちも本校への帰還にむけて、来年度から準備を進める予定です。

山木屋に戻れる日がとても待ち遠しいです。

 けん玉教室の支援だけではなく、広島のお菓子や、卒業証書の用紙をくださったり、山木屋中学校を訪ねてくださったり、本当に感謝しています。 私たちは、これからも感謝の心を大切にし、みんなで力を合わせて、どんなことでも乗り越えていきたいです。

 何かと忙しい季節の変わり目かと思いますが、皆様お体を大切になさってください。

              敬具

 

広島と福島を結ぶ会の皆様 

 

         平成29年3月9日

         川俣町立山木屋中学校生徒代表 廣野悠斗 

 

 

 

       

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。