魔法少女まどかまぎか

テーマ:

記憶に新しい、最近のおすすめアニメから。



魔法少女まぎか☆まどかです。

正直、見たのは最近でオンエア時は見ていませんでした 。

なぜなら萌えアニメだと思っていたからです。

これが!


全然!

萌えアニメではないのです!

そもそも萌えアニメという言葉が死語ですかね。

内容のないだらだらして、毎回お決まりの方法で敵をやっつける。みたいなアニメではないというのが正確ですね。


制作が さよなら絶望先生 化物語 などを制作したシャフト、新房監督

両作品とも好きなので、そういわれると。。。という事で見たら当たりでした。


内容について述べるとどうしてもネタバレになってしまします。

ここは未見の人に勧める事を考えているので、意図せぬネタバレは避けたいのです。

12話と短いですので、良ければ見てください。

DVDの紹介の下にネタバレ込みの内容を書くので、ネタバレでよければ読んでください。








※ネタバレ

このアニメは主人公が魔法少女になって悩み戦う。。。様なものではありません。

そもそも主人公はなかなか魔法少女になりません。

いつなるのかを言うと、ネタバレといえど確信に迫ってしまうのでここでは控えますが、

『魔法少女になる事』というのが物語のポイントなのです。

何人かの魔法少女が出てきますが、死んだり壊れたり、悲惨な最期を迎える魔法少女もいます。

タイトルでは一歩引いてしまいますが、内容は一本の筋に沿って視聴者が次を予想して楽しめる内容になっています。

ぜひぜひ見てください。

AD