6月に行われるボランティアのお祭りの準備中


大まかに分けて、

福祉関係の事業所ーお仕事として職員をやっている人

福祉関係のボランティア

環境・子育て・アート・食育関係のボランティア・NPO


この三つだ。

コレまでは、ステージ関係の一部をお手伝いしてきたが、

今回は全体のことについてまとめていく役割をおおせつかってしまった。


私なりに、この祭りってどうなのか?資料を整理してみた。


いつも指摘される事。


「お仕事」でやっている人と、ボランティアでやっている人たちの温度差。

この点をどの様に解決していくのか?

ある意味「協働」というきれいごとでは済まされない、大事な問題。


職員に単なる善意を要求して、

超過勤務にさせる事って

どうなのか?


少し、整理してかんがえて行きたい。



AD

なにごとも○○力!?

テーマ:

昨日ラジオで登山家の人の話を聞いた。

科学の最前線の重装備での登山

あるとき、ふと現地の人(シェルパーさんたち)の姿を見て気づかされたそうだ。


山の上で、

テントもなく、

寒く寝寝れないと、歌なんか歌ったり姿が

とてもステキだったそうで、

今は、自分も何もなしで山に登る挑戦をしているそうだ。


究極、【人間の生活】

たとえば食べるものをつくったり、住むところをつくったり

みんなが嫌がっていた事の本来は

「楽しい」と


自分も田舎生活をしていたときも

そう感じていた。


都会だと、1日の中で、

アレもコレもとなんでもやってしまうし、やらなくてはいけない、


でも田舎だと、

月曜日はお風呂をたいて火曜日にお風呂にはいる~♪

の「一週間の歌」みたいになってしまうのが、

最高に楽しいものだ。


そして、一番大事なものは「体力」

ソレは、心も、体もだ。


日本人は比較すると、【悲観的】が好きだ。

必要以上に落ち込んで、マスマス体力を弱わめてしまう。

シベリアで抑留生活をしていた父の話では、

一緒に捕らえられてきたドイツ兵の姿を見て歌などうたっている姿を見て

そう思ったそうだ。


「体力」を高めるには、

体を運動も大事。「運痴」の私はどちらかというと「文化運動」かもしれない

目標がなんとなくでも、「自分だけ」に限定されていない部分が

気楽で、成果もわかりやすくっていいな。

AD

わくわくのワケ

今年度のNPO関係の事業そろそろ終了

来年度に向けての計画を立てる時期です。


①来年の3月で閉館する児童館の 児童館さよならプロジェクト

②福祉・子ども・大人・アートを結びつける作戦


そして①と②を結びつけていく事業


という感じで、自分達の目指す「まち」づくりを進めていきたいな。

ボチボチと!!

AD

ソウルの息子

テーマ:

区内の公益活動情報コーナーでボランティアの受け入れ先をさがしていた韓国の留学生、

夏には、ウチのNPOの活動で、子ども達うや学生達の活動を何度か手伝ってくれた。


2月に帰国する事になって、先月お別れ会・・・。



帰国後何度か電話をくれたようなのだが

なかなか出る事ができず、

先日やっとつながった。


ソウルからの宅急便が届く。


お菓子や、海苔が沢山!!

中の手紙は習いたての日本語で

一生懸命書いてくれた。


たどたどしくも、かわいらしく、誠実な手紙。

もし、自分の息子が外国に行ったら?

というイメージで、彼に接していた。



「これからも がんばって 早く一人前の人になりたいです。」

ソウルの息子よ!

お互いに頑張ろうね!


韓国にはがきを出すには、

韓国語をかかなくてはいけないのかな??

知り合いに

ヨン様ファンがいるので、韓国語教えてもらおうっと!

文化芸術振興計画・・・なんていうと

究極のところ


福祉に金を出すの、文化に金を出すの!?

っていうか

あたしと仕事、どっちをとるの!?みたいな、

切ない状況にされてしまいます。


行政の縦割りが影響してしまいます。


先日アートとコミュニティの勉強会みんなで話したら


結局どっちか?という事ではなく

無理して「芸術文化!」をしないで


オシャレで

ハートフルでアートな

【福祉会館】であれば、わたしにとって一番良いのでは!?という事に。

結局イロイロ繋がっているのが一番イイ!


つまるところ

人々の「幸福」のための公共の場


ソンナのが出来たらいいな!!



外国では~

まだあまり概念が知られてない学問分野


こうなると必ず外国の事例のみを取り上げて

さも素晴らしいように(あたかも自分がやったように)

説明するシンクタンクの人


足元を見ろよ

っていいたくなる。


学術的興味のみのコレクションにはゴメンだ。

この国で、どうしようというのか?

まるでピントこない。




どうも私は実践第一主義のようだ。

夢の中で?

テーマ:
出会い求めてる? ブログネタ:出会い求めてる? 参加中

私は高校生か大学生の新入生。
姿は若く、頭脳は現在のおばさん。(コナン風)

何人かのまわりの男の子
①自分の成績(スポーツとか、なになに大会でとか)をうれしそうに自慢する明るい男の子
②自慢はしないけど、ひたすら頑張っているところが見えるちょっと暗めの男の子

ソンナ中で私は、アタックしてくる①の話を聞きながら、②を気にしている

みたいな状況。

おそらく、自分自身は、【出会い】を求めるタイプではなく、
一緒になにかの活動していくウチに、その人の本来の姿を感じた時に好きになってしまうタイプ。

フィーリングというより、だんだん育っていくようなイメージです。
「何かの活動」というのがミソですが、本来の目的は「出会いのためのもの」でないものです。

「愛だの恋だの」に
浮かれている様子が一番恥ずかしいです。
それでも結構、その時は舞い上がっていたと思います。

今の時代にもし若かったら
自分はどう生きていくのかな?
昔でよかったのかな、

最近、「赤い糸」とかいうドラマをテレビで偶然見てしまって影響されてのかもしれません。
原作はもっと過激なようですね。
別にみたくはありませんが。

年よりは朝が早い!?

テーマ:
あたなは朝型? 夜型? ブログネタ:あたなは朝型? 夜型? 参加中

自分に関して言えば、


昔は夜型 今は朝型


年をとってくると
夜、頑張って起きていること自体、結構大変。
夕食後(ウチはかなり遅い)もう、意識が途切れていく・・・・。

という事で、眠い時は寝る!という原則で

夜は寝て、朝起きたら(もうお尻に火がついた状態)で頑張ってやる!


学生じゃないので、昼の時間は自分の好きなように(仕事の合間を縫って)組み立てられるわけですから。

ちなみに、亭主は夜型。ドラキュラのように朝日とともに眠りにつきます。
コンナ二人が出会えるのはいつ?

ドラキュラ亭主が気まぐれに作ってくれる朝ごはんを口にする時が幸せ*はぁと*ですか?ね

多様性の効用

私達が「アート」というお店を作ったら

美味しいモノを選りすぐって、

まずいものは並べたくない!


行政としては

公平性・公共性を考えると

その辺が難しい。


だったら?


いろいろいっぱい並べちゃう!!

いっぱいあることで公平性は保たれるし、

いっぱいあれば、

選ぶ方が選択すればよいから。


という話を聞いて納得した。

人形劇フェスティバルの実践や

演劇の教え方で、

この様なパターン使った成功例を聞いている。


捨てる神あれば、拾う神あり!

いろいろな価値観が提示されれば、

はっきりいって、コンナンデモ良いのか!?という安心感だって与えられる。

イロイロあって楽しい!!は素敵だと思う。