鳥取県の連続不審死で、県警は12日、男性2人に対する強盗殺人罪で起訴された元スナックホステス上田美由紀被告(36)と、同居の男(46)(詐欺罪などで起訴)について、中古車や農機具をだまし取ったとして詐欺容疑でそれぞれ再逮捕した。

 上田被告の逮捕は、同様の取り込み詐欺事件などを含めて8度目。

 発表によると、上田被告らは共謀し、昨年8月31日、鳥取市内の自動車販売会社で軽自動車4台(計130万円相当)、9月17~22日に同市内の農機販売会社で小型耕運機など8台(計約83万円相当)を後払いの約束で詐取した疑い。大半を直後にリサイクルショップなどに転売、軽自動車1台は上田被告が自分で使っていたという。

 調べに対し、上田被告は「知らない」と話し、男は容疑を認めているという。

 県警は、上田被告が生活費に困り、借金や詐欺行為を重ねたことが男性2人の殺害につながったとみて、余罪捜査を続けていた。

3000万円相当?金7キロなど医師宅で盗難(読売新聞)
5年前に泊まった者です…ペンションに乳児と手紙(読売新聞)
障害者自立支援法訴訟7例目の和解 大津地裁(産経新聞)
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
AD