ほめ達!西村貴好オフィシャルブログ

世の中を明るくし、真に豊かな社会を実現する日本ほめる達人協会 理事長 西村貴好のブログです。



■西村貴好への講演依頼・お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。
■ほめ達メルマガ配信中!登録はこちらから
NEW !
テーマ:

質問をいただくことが多くなってきました。

 

疑問と質問、この両方が講師を育てます。

 

 疑問、質問。

 疑っているわけではないのだが、

 何か、なんとも言えない、

 しっくりと自分の中に落ちてこないものがある。

 それを素直に伝えていただく、

 これほど在り難いことはありません。

 

 また、自分のことで、悩みや困っていること、

 解決したいことがあって、どうすればいいのか・・・

 ご質問、ご相談いただく。

 

これらの問いにどのようにして向き合うのか、

なだめるのか、上手にかわすのか、

私は、真正面から、全身全霊、自分の生きてきたすべてを

掘り起こしてお答えするようにしています。

トンチンカンな回答になることを恐れずに答えています。

自分の心のままに。

 

正解ではないかもしれない、

解決できないかもしれない、

満足を与えられないかもしれない。

それでも、自分の考えを総身の知恵を振り絞ってお答えします。

 

そして、問いに答えを返しながら、

祈るようの気持ちになります。

 

この答えが、

正解ではないかもしれない、

その人の求めている答えではないかもしれない、

すぐには解決はできないかもしれない。

それでも、

少しでも、この人のお役に立つことができますように。

新しい扉が開いたり、

顔を上げて、また一歩踏み出せる勇気の源になりますように。

これが私の祈りです。

 

祈るように、全身全霊、すべてを振り絞って、

言葉を紡ぎます。

 

微力かもしれない、

ただ、

無力と微力は違う。

 

微力でも、目の前の人にほんの少しでも

お役に立てれば、それは、これまで生きてきた意味がある。

 

これまで生きてきて・・・

嬉しかったこと、

悲しかったこと、

辛かったこと、

理解されなかったこと、

気づいてあげられなかったこと・・・

 

それらのすべてに意味がある。

 

そう考えると、

質問、疑問、ご相談をいただくことは、

私にとって、最高の栄養源なのです。

在り難い。

 

感謝!

在り難い!・・・本当の意味は、It's a miracle!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日、時間をつくって、

東京江戸博物館で行われている、

「没後150年 坂本龍馬」という特別展に行ってきました。

坂本竜馬が大好きで、

これまでも司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を

中学2年生を皮切りに何度も折に触れ、

読み直してきました。

最初に読んだのが中学生の時だったので、

なんでこの人は、こんなに女の人にモテるのだろう、

そして、女性だけでなく人を惹きつけるのだろう、

ということに興味を持ちました。

 

そして、次に読んだときは、

自分の命よりも大切なものを持って生きるって、

どういうことなのか、自分にもそうゆうことがあるのだろうか。

あるいは、維新という時代だったからこそ、

このような人々、というか、若者たちが生まれたのだろうか

そんなことを頭に浮かべながら、読みました。

 

ほめ達!になる直前に読んだ時には、

明確に頭の中にテーマを持って、読みました。

それは、

 

①今を、どのような時代だと定義づけるか。

②現代の竜馬たるべき行動とは。

③現代の薩長同盟とは。

 

それぞれの答えは、

①現代は「心の内戦状態」と後に語られる時代

②心の内戦を終わらせること

③働く場所を、人を病にする場所にしてはならぬ

  経営者に売上を働く人に働きがいを、それぞれ与える

 

このテーマを持って読んだ「竜馬がゆく」の中で、

私は「ほめ達!」という使命と出会ったのです。

 

やがて、司馬遼太郎「竜馬」と

歴史上の「龍馬」の違いを知りました。

 

小説、司馬「竜馬」も素晴らしいのですが、

そのモデルとなった坂本龍馬、その肉筆の手紙が60通

集められた今回の展覧会、圧巻でした。

 

実在、龍馬の息吹まで伝わってくるようでした。

 

購入した貴重な特別展、図鑑でこれからさらに

龍馬と対話してみます。

 

 

やっぱり、肉筆っていいですね。

 

もちろん、龍馬の時代にメールがあれば、

迷いなく、龍馬は手紙ではなく、

メールを活用し切ったと思います。

もちろん、SNSも。

 

ただ、その人の人となりがより伝わる、

手紙が残っていることに、感謝です。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

周辺視野。

 

自分が意識していてみているところの

周りでぼんやりと目に入るもの。

 

この周辺視野の影響力が恐ろしいのです。

 

意識していないようで、目に入ってくる情報。

この情報に潜在意識は影響を受けます。

 

その効果がわかっているので、

Webマーケティングのプロたちは、

技術を尽くして、インターネットの広告を作成しています。

その人が過去に検索した内容に関係ある情報が、

閲覧しているWebページの周辺にとめどなく溢れ流れ続けます。

 

一旦、こうではないかと仮説を立てて

検索した内容が、その周辺視野情報で、

どんどん強化されていきます。

 

自分の思想通りの情報で周り埋め尽くされていきます。

 

インターネットだけでなく、

リアルな人間関係でもそうなのかもしれません。

 

自分と同じ考え方をする人と、

いつも一緒にいると、その考えが強化されていく。

 

性善説で物事を考えるのか、

性悪説で人をみるのか。

 

どっちの「だよねー!」の人と一緒にいるのか。

 

環境を選択して生きていく。

誰と一緒に、何を信じて生きていくのか。

 

環境、そして、もっと恐ろしい、

自分の周辺視野を選択して生きていく。

 

異質な考え方の方と意識して交流して、

そして、自分の考えを再確認して、

その上で環境を選択していく。

 

これからもより意識していきます。

一度きりの人生ですから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも、心がけていること、

それは、今、目の前の人に全力ということです。

 

目の前にいる人数に関係なく、

また、

目の前の人の肩書きに関係なく、

今、目の前の人に全力。

 

何に全力を尽くすのか、

それは、相手によって変わります。

 

全力で「ほめ達!」を伝えることもあれば、

こちらから伝えることをせずに、

ただ、ひたすら全力でお話を伺うこともあります。

 

聞きたい人なのか、伝えたい人なのか

知りたい人なのか、知って欲しい人なのか、

ただ、そばに居て欲しい人なのか、

その人に合わせて、全力です。

 

ここで少しでも力を抜くと、

逆にしんどくなるのです。

 

全力、真剣は、相手に伝わります。

 

結局、全力を出し切ることが、

もっとも効率のいい方法であると実感しています。

出し惜しみせずに、燃やしきることが、

最高の燃費となる。

 

この命を燃やし切って、できるだけ遠くへ。
最高の燃費で、最高のスピードで進み続けます。

この命の限りまで。

命の給油はできませんから。

 

ただし、志のバトンは、引き継がれる。

そのことを信じて、この命、生かし切ります。

 

感謝!

在り難い!・・・本当の意味は、It's a miracle!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

負荷をかける。

負荷をかけ続ける。

 

負担とか負荷、抵抗。

あまりイメージのよくない言葉ですが、

負荷、抵抗があるから力がつく。

 

一番ありがたいのは、

自分で、自分にかける負荷をコントロールできる状況です。

自分の意思、コントロールできる範囲で、

自分の現状の能力の少し上の負荷に、挑戦。

これが、一番力がつきます。

また、継続することができます。

 

そして、負荷を超える部分に対して、

仲間からのほんの少しのサポートで、

超えられなかった限界を超える。

もうダメだ、そこから歯を食いしばって、集中。

その時にそっと手が差し伸べられて、

ギリギリ上がる。

 

そのようにしていると、

やがて、無理だと思っていた負荷も

自分だけで持ち上げられるようになる。

 

さらに次の限界も超える。

この連続で、頭の中の制約がどんどん外れていきます。

 

できないのではない、

地道な負荷をかけ続ける習慣が、

まだ目標に対して、足りていないだけ。

そのような思考になっていきます。

 

ほんのちょっとの、オーバーワーク、していますか。

負荷をかけていますか。

 

身体と心の筋肉痛を楽しみましょう。

限界をほんのちょっと超える負荷で。

 

ラスト一回、持ち上がらない時、

私がサポートします。

 

また、

私の限界を超える負荷への挑戦にも

サポートいただけるとありがたいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。