湘南美容外科 西村枝里子のブログ

池袋院に勤務する西村枝里子と申します。
美容皮膚科、二重、婦人科形成を得意としております。
仕事のことやプライベート、思ったことを書き綴ったブログです。


テーマ:

http://www.wanpug.com/illust269.html

めでたく家族が増えた我が家でしたが、9月のある朝
とうとう仲良し夫婦の妻が先立ちましたしにました^q^

(詳しくはこちらこちらこちらの記事)

時期も時期だしな…
やはりこのオスは体格がいいだけあって生命力も強いな…


ある晩、いつものお世話をしようとしたら、衝撃の映像が目に入ってきました衝撃
(ご注意ください)





ぼくのこと、忘れてない??


そう言いたいのか!思い出したわ!
このエサ台は実は10cmくらい高さのある、立派なエサ台なんですえっへん

それなのに、なぜ、ここにいるんだ!?

①自分でのぼった
②お父さんが抱えてきた

どっちかしかないだろう。私は何もしてないし。

カブトムシがひっくり返ったまま、もがいて力尽きる事があるように、
この幼虫も土に帰れないまま弱ってしまうかもしれない…!

仕方がなく



助ける。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近シミが気になる25歳のスタッフのシミ治療をしました!!

花治療前花


花治療中(同日)花


花治療10日後花



同じ部屋で同じ条件で撮影しましたが、若干ベースの肌の色味が違って見えますが、

特に目周りのシミに注目して見てもらえればと思います。


治療内容は『エリコスペシャル』と言って笑、強いレーザーと弱いレーザーを使い分けます。

治療中の段階で肌のトーンが上がっています。

10日後にはIPLの効果でニキビの赤みのおさまりがいいように思いますぐぅ~。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
来週あるという看護師の勉強会資料のチェックを頼まれました鉛筆




池袋院は看護師が外科チームと皮膚科チームに分かれていて、それぞれに勉強会を開きながらスキルアップを図っていますぐぅ~。

今回のテーマは『アトピーと皮膚のカビ』だそうで、肌トラブルのあるお客様へレーザー治療する上での注意点などまとめているようでした。

見てみると・・・

マラセチア毛嚢炎、脂漏性皮膚炎、癜風・・・

癜風!?

「でんぷう」と読みます。
皮膚にいる常在性のカビによる皮膚病で、胸や背中などにできて皮膚が茶色と白色のまだらな色になります。
「背中にシミがたくさんあるけど脱毛できますか?」という女性を診察したら、まさに癜風だったということは以前ありましたが…。
内容が皮膚科医レベルだな(必要なのか??)…と驚きつつ、でもちゃんと勉強してるな~と感心しましたきらきら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は久々の柏院勤務ですぐぅ~。

私は先日より喉の調子が悪く、時々咳が…ゴホゴホマスクマン。

手術中にも突発的に咳が出て、一時中断。

すぐにおさまるので私は大丈夫ですが、手術されているお客様からしたら

「手術されて大丈夫かしら??」と不安になる状況ですaya


「すみませんが、アメをください…!」

そう頼むと、スタッフがお客様用のアメを持ってきて、清潔手袋をしていて自分で食べられない私に、マスクをずらして食べさせてくれましたアメちゃん3


手術が終わるとのど飴の差し入れがきらきら


これで午後も頑張れますぐぅ~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
甥っ子から託されたカブトムシのカブちゃん(複数)。

帰宅後入浴前の世話を日課としていた。

飼育ケース内の壁や天井が、飛ばされたおしっこで汚れて臭くなるのを掃除し、たった一日でぐじゃぐじゃになっているゼリーを片づけて新しい物に変えて…。

それなのに、何がいけないのだろうか?
パタパタと天に召されていき、今となってはオスとメスが1匹ずつ残るのみだ。

「カブトムシ 寿命」
と検索すると、成虫になってから1~3ヶ月とか、8月下旬くらいまで、とか。

そうか、そういう時期だったのか・・・!
毎日死骸処理をするのはちょっとツライ涙

1匹死ぬ度に、ちょっと考えさせられる。
育て方(飼い方)が悪かったのか、霧吹きが足りなかったのか。
栄養のありそうなスプレーを使い切った後、普通の水道水を入れて使っていたのがダメだったか。




生き残ったカブトムシは、オスは一番体格の良かったヤツ。
メスは見るといつも土の中だ。




しかし、このつがいの飼育ケースに、ある時卵があるのを見つけた!
いつの間にか卵を産んでいたのだ。

どんどん成虫が死んでいく中で、心温まる出来事であった。
が、それと同時に、この卵から立派な成虫になるまで1年かけて育てていく覚悟をしなければならなかった。


「見なかったことにしておこう…」と、また優しく土をかぶせておいたが、しばらくすると今度は幼虫の姿が見えたえ゛!





どうしよう。
自然に返してあげた方がいいのではないか、悩む…。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。