口臭ケアは口の中と体の中を対策することで改善される

口臭ケアは口の中と体の中を対策することで改善される。口臭の原因はたくさんあります。口腔内の虫歯、歯周病、舌の汚れ(舌苔)や体の中の機能低下、胃腸、肝臓、腎臓や便秘なども原因になってきます。臭いの発生場所を知ることで対策ができます。


テーマ:



ニラの食べ過ぎによる口臭をケアする方法はあるの?

ということで、ニラの口臭についてです。

ニラというと、餃子や中華慮理系に良く使用されるものですが、やはり食べ過ぎると口の臭いが強くなってしまうのは確かな事だと思います。

この臭いと似ている野菜がありますがそれがニンニクで、同じネギ科の仲間です。

この仲間になるものは、基本的に口の臭いを強くさせる成分が中に混ざっていることなるので、口の臭いの原因になる植物ということになります。

ちなみにこの臭いは、口腔内のケアをしっかりとしても臭いが改善されることがないので、一番のケアの方法は、やはり食べ過ぎないことが一番のケア方法になります。

ただ、食べ過ぎてしまった場合です。

どのようなケアがいいのかまとめています。

 

ニラの食べ過ぎによる口臭を抑えるには牛乳がオススメ


ニラの食べ過ぎによる口臭をケアするには、身近なものでいうと牛乳がオススメです。

身近なものでは一番臭いを抑えることができると思います。

ただし条件付きで、ニラを食べた後に飲むか、または一緒に食事をしながら牛乳を飲むか、そのようにしないと効果はないとこになります。

このニラの悪臭の原因になっているのは、ニンニクと同じくアリシンという物質で、これが体内に入ることで、分解する過程でアリルメルカプタンというさらにひどい悪臭に変わってしまいます。

それ以外にアンモニアなども発生させますので、より体内で臭いの成分が発生することになります。

その悪臭が体内に入ることで、血液内にもその悪臭が混ざることになるので、呼気にもその臭いを強く感じてしまうことになります。

牛乳は、その臭い物質をタンパク質の働きで包み込み悪臭を抑えてくれることになります。

ただし、消化吸収されてしまって、悪臭の成分が体の中にまわりだしてしまうと、その臭いは抑えられない事になってしまいます。

その悪臭が吸収される前に飲まないと、効果としては期待ができないということです。

そこだけ注意して牛乳を用意しておけば、食べる量によりますけどある程度の臭いは抑えることができるはずです。

即効性を求める場合はリンゴがオススメですが、数時間ぐらいの効力しかないので、その後は魔法が切れたように後でニラの臭いがしてしまうことになります。

ただ、即効性を求める場合はオススメです。

どちらにしてもポイントは、食べた物が消化吸収される前がポイントということになります。

野菜についての消化時間は、約1時間ぐらいなので、その前に牛乳、またはリンゴを食べるようにします。

完璧に近いくらい消す方法がありますが、その場合は特殊な口臭サプリメントでないと難しいことになります。

食べ過ぎには注意です(><)
 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。