2007年10月16日

「説明しやすさ」重視した新投信 -逆説-

テーマ:金融
りそな銀、金商法対応 -7面-

りそな銀行は17日から、新しい投資信託として高格付けの海外債券で運用する商品と高金利通貨の短期債券で運用する商品を販売します。金融商品取引法の施行後に同行が投入する初の投信です。同行は「商品構造が単純で、顧客に説明しやすい商品を選んだ」としています。

えー・・・

たしかにこのたびの金商法施行で投信のようなリスク商品を売るには、売るほうですらろくに理解していないようなリスクの所在をイチからジュウまでお客さんに説明して十分承知してもらわなければならなくなりましたし、買うほうにしてもプライバシーをあれこれ聞かれた上にやたらいっぱい書類にサインさせられて、ああもういいよ、ここまでして投信買いたくねえよ!というようなとんでもない状態になっているらしいです。
たぶん何年もしないうちに法改正だか政省令だかで運用が改められるんじゃないかと記者は個人的に思ってます。

でもですよ。
だからといって、ねえ・・・。

「説明しやすい商品を発売します」って、ねえ・・・。

要は、「売りやすい商品を売ります」ってことですよね・・・。
もっといったら、

「手っ取り早く売って手数料ジャンジャン欲しいんです」

ってことですよね・・・。
まあ業界の姿勢を如実に表しているといえば、そうなのですが・・・

せめて言い方に気を使って、「お客様に仕組みやリスクを理解していただきやすいシンプルな商品」、とでもいえばよかったかと・・・

いや、体裁を取り繕ってない分、むしろましでしょうか?

・・・しかしこんなふうに「説明しやすい」なんて商品を出すこと自体、今まで商品をきちんと説明していなかったのを認めること以外の何物でもないですよね。
もちろん、「そんなことありません、きちんと説明してご理解いただいておりました」とおっしゃるでしょうが・・・

いやあ、語るに落ちるとはまさにこういうことであります。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年10月16日

亀田父子に資格停止 -有識者-

テーマ:スポーツ
反則ボクシングで処分 -12面-

「実効性はない」
漫画家やくみつるさんの話
ボクシング界としては重い処分なのだろうが、実質的な効力はないのではないか。タイトルマッチでの反則行為は失笑して見ていたが・・・


・・・って、

やくみつるにコメントきいてんじゃねえよ!

スポーツ紙じゃねえんだから・・・。

ボクシング関係者に訊け、ボクシング関係者に。
「亀田ファミリー関係者」じゃなくて。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年10月12日

ビール系 シェア争い激しく -一目瞭然-

テーマ:企業・財務・投資
出荷量、1-9月は過去最低 -12面-

ビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)のシェア争いが年末に向け激しくなりそうです。11日に大手各社が発表した1-9月のシェアはアサヒビールが37.8%で首位だったものの、2位のキリンビールとの差はわずか0.2ポイント。両社は今後第三のビールで新商品を発売する予定で、7年ぶりの首位交代が起きるかどうかは年末商戦がカギを握ります。

2杯目以降に何を飲むかはそのときの気分としても、うちに帰ってきて風呂に入って、やっぱり1杯目はビールです。

いえ、ビール系飲料ですね。

記者は特にこだわりはなく、発泡酒だろうが第三のビールだろうが、そのときそのときのマイブームによってけっこう買う会社も銘柄も変わるのですが、こういう消費者がシェア争いの行方に影響を与えるのでしょう。

ということで、参考になりますでしょうか?
9月初旬くらいにキリンのうまいものキャンペーンと氷結フルーツキャンペーンに応募したあとの、うちのシェアです。



20071015062844.jpg


おおお。
紫色のシールが目立ちますね。
サントリーの金麦がシェアを伸ばしている表れですよ。

・・・え?
そんなシール台所に貼り付けてまめにためこんでイチイチ応募してんのかって?

ええ、まあ、けっこう好きなんですよ、こういうの。
こないだは氷結から洋ナシが贈られてきましたし・・・。

まあまあ、味とか二の次でキャンペーンにつられてるようなやつのいうことはアテにならんとかいわないでくださいよ。
きっとこういう超浮動層こそ、微妙なシェアのカギを握ってるんですって・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年10月10日

食パン 24年ぶり値上げ -決壊-

テーマ:企業・財務・投資
山崎製パン 菓子含め平均8% -12面-

製パン最大手の山崎製パンは9日、12月1日の出荷分から約500品目のパンや和洋菓子について平均8%程度の値上げを実施すると発表しました。食パンの値上げは24年ぶり。原材料の小麦や油脂、乳製品などが上昇しており、希望小売価格に反映します。敷島製パンなど同業他社も追随する構えです。加工食品に比べ身近なパンの値上げで、食品の価格上昇に拍車がかかる可能性があります。

小麦やら燃料やらは値上がりしてるのに、コンビニですら1斤105円で売ってたりする食パン。
大丈夫なのかよ、と思っていたら、やっぱり大丈夫じゃなかったみたいですね。
しかし値上げが24年ぶりというのは意外で、ちょっぴり驚きました。

消費者としては毎日の食卓に直結することで痛いところですが、じっさいやむをえないところなのでしょう。
この値上げを実施したことで、当然山パンの収益は改善されることになるのでしょうが、実はいちばんホッとしているのは、たとえばマーガリンメーカーのような山パンに原材料を売っている中間材メーカーさんかもしれません。
原料値上がり分の転嫁を圧倒的な最終メーカー山パンに飲んでもらえず利を削っていた部分も大きいでしょうから。
この値上げによりそうした値上げもそこそこ進むことになるでしょう。
逆にいうと、納入業者の悲鳴にも近い値上げ要求に応える形で希望小売価格の値上げを決めたという面もあるかと思います。

さて平均8%値上げといわれてもピンとこないので、具体的にどんなもんかと記事を詳しく読んで見ました。

「ダブルソフト」200円⇒220円
「まるごとバナナ」190円⇒200円
「具たっぷり肉まん」100円⇒105円
「超芳醇」⇒オープン価格(競合の激しいゾーンのため小売店と個別交渉)

なるほど、こういう感じですか・・・。

それにしてもダブルソフトなど、実売価格はもう少し安いのでしょうが、正価が税込みで230円などというなら近所のパン屋さんの焼きたてフカフカ食パンとたいして変わりませんよ。
もはや「買ってはいけない」どころか、「ふだんは買えない」リストに入ってしまいそうです。

まあ別に添加物を意識してるとかじゃないですが、もともとダブルソフトは滅多に買うことがなかったので別にいいんですけど、でも今回500品目の中からわざわざ5つほど挙げられた例の中に記者の食生活にたびたび登場する商品があったんですよね・・・。

「ランチパック ピーナツ」120円⇒130円

そうかあ、こいつもあと再来月には10円値上がりするのか・・・。

そんなわけで今朝の記者の朝食は決まりました。



ひと足もふた足も早い、駆け込み需要です・・・。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。