2007年08月28日

「挙党」掲げ重鎮起用 -サプライズ-

テーマ:政治
安倍改造内閣発足 -1面ほか多数-

安倍改造内閣が27日夜、発足しました。要となる官房長官にベテランで政策通の与謝野氏、年金問題に取り組む厚労相には政権批判を繰り返してきた舛添要一氏を起用、主要閣僚に自民各派の領袖クラスを充て、「挙党体制」に一定の配慮をしました。

ということで、改造内閣が発足しました。
テレビでも一般紙でも散々報道されていますが、起用された人、されなかった人、まわりの反応などでいちおう気になったところを見てみましょう。

まずはまわりの反応。
民主党鳩山幹事長は「サプライズがないのがサプライズ」あるいは「安部首相が続投することが最大のサプライズ」などとおっしゃってますね。

でもサプライズって必要ですかねえ。
いいじゃないですか、別に組閣で人を驚かせなくても。
むしろ理想からいえば本来、適材適所に順当におさまったほうがいいんですから、人事なんてものは。

ていうかせっかく参院選で圧勝したんですから、ここは余裕を見せて前向きな反応でもしてみてはどうでしょうかねえ。
嘘でもいいから最初くらい、「これを機にこれからは我々とともに国民のために・・・」くらいのことをいったほうが、よほど好感度が上がると思うんですけどねえ。

一方、参院選で議席を減らしたほかの野党、共産党の市田書記局長は「旧態依然だ」、そして社民党福島党首は「PTA内閣」だとおっしゃってますが、まあ、選挙での敗戦の責任を取らずにトップが居座ってるのは自民党も両党も同じですから、いつもより微妙にテンションが低かったかもしれませんね。
顔ぶれすら変わらんお前らよりましや、なんて言われたら困りますし。

ま、勢いはともかく野党が皮肉るのはいつもどおりですが、身内からも皮肉や批判が出るのが安倍内閣。

森喜朗元首相は講演で「実務型でいい顔ぶれだ」と述べながらも、石原政調会長の起用や渡辺行革相の留任などについて「『お友達内閣』の年中・年長(組)の皆さんが残っている」と皮肉りました。

いやあ、別にいいじゃないですかねえ、お友達だって。
国民からすると、問題はそのお友達に能力があるのか、適任なのかってことですから。
まあ、こないだまでは明らかに疑問符のつく方も閣僚をやってらっしゃいましたが・・・。

さて新入閣の方を見てみると、旧態依然やノーサプライズと評されるだけのことはあって、たしかにプロフィールを見渡しても新鮮味のある方は少ないです。

そんな中で数少ないサプライズ組から、まずは益田総務大臣。
95年に当時最年少の43歳で岩手県知事になられた方ですが、

県政効率化の一方、経済成長路線に一線を画した『がんばらない宣言』など独自の政策を進めた

ええ?いいんですか?がんばらなくて・・・。
いや、そういう意味じゃないでしょうけど、でも安部さん、成長路線は堅持してるはずなんですが・・・。

そしてもう一人、誰よりのサプライズが、女性でただ一人の新入閣(大田経財相は留任)の上川少子化担当相。

副大臣の経験もなく、突然の入閣は本人も『信じられない』と驚く

たぶん本心でしょうね。
とはいうものの、民間シンクタンク在職中にハーバード大院に留学し、あちらでは上院議員の政策立案スタッフも務められていたといいますから、そこらへんの2世議員よりはよほど有能な方かもしれません。
そんな上川さんの趣味は、「祭りのみこし担ぎ」だそうです。
なるほど、うまい具合に担いでほしくて選んだのかもしれませんね、総理・・・。

と、選ばれてサプライズの方がいれば、選ばれなくてサプライズという方もいらっしゃいます。

参院執行部が最優先で推薦した矢野前参院国対委員長は「一体どういうわけなのかなと、説明を受けないとちょっと問題が残る」と非難。
矢野氏は安倍首相と与謝野官房長官に直接電話して抗議した。「政治家・矢野を否定することになる。明確な説明をしてほしい」


選に漏れてここまで露骨に憤る方がいらっしゃるとは思いませんでした・・・。
小泉さん以前の「旧自民党」に戻った、だから参院執行部が推薦すれば大臣のいすは確実だったはず、そういう思いがあってのリアクションなのでしょうか。
ただ個人的には、こんなふうに「なんで俺が大臣になれねえんだ!」と直談判するような方には、あまり大臣になってほしいとは思いません・・・。

まあでも大丈夫ですよ、矢野さん。
どうせすぐにポストが空きますって。
「スーパーサブ」とでも思って待っててくださいよ。
安倍さん、今回は、

閣内で「政治とカネ」の問題が発覚した場合、「自分で説明ができなければ、去っていただく覚悟で閣僚になってもらっている」

とはっきりおっしゃってますから・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007年08月24日

夏休みの自由研究 まだ間に合う -恒例-

テーマ:消費
実験・飼育キット 強い味方 -35面-

小学校の夏休みも残すところ1週間あまり。子供のいる家庭の駆け込み需要で、自由研究や工作に対応した商品の販売が伸びています。今年は特に実験や生物飼育など理科に関連する商品が好調です。
トイザらスの「夏休みの自由研究」売り場は物色する親子の姿がひきもきりません。
売れ筋商品はイー・レヴォリューションのアリやエビの飼育キットです。家庭で簡単に飼育ができ、観察日記をつけられるのが売り物。エビのキット「幻のエビ」は水槽とエビの卵、エビの餌がセットになっています。水槽に水を張り、卵を入れ1-3日たつとエビが生まれます。


いやあ、昔と違っておもちゃ屋さんに行けばセットになった商品が売っているというのは、はたしていいのやら、悪いのやら・・・。
何もないところから考えて工夫するのもまたひとつの学習だったと思うのですけどねえ。
いやまあ、ほとんど工夫もしなかった記者がいうのもなんですが。
なにをやったかもろくに覚えてませんし。

ところで件の「幻のエビ」、そういえば学研の「科学」でカブトエビ飼育セットってのがあったと思うのですが、あれと同じようなものでしょうかね。
おそらく記者がいまこういう飼育セットを手にしたら、子供のころとはまた違った興味を持って取り組むでしょうね。
いや、もう、学習とか研究とか何とかじゃなくて、純粋に楽しそう。

ええ、ぶっちゃけ欲しいですよ、このキット。

このほかにもでんじろう先生がやるような実験キットが人気なようなのですが、オトナコドモの記者、基本的にこういうのヤバイですね。
衝動買いのリスク大です。
もっとも、買ったところで先日のガンプラと同じような運命をたどるかもしれませんが・・・。

しかしまあ、記者は買ったキットを半年ほったらかしてもお母さんにも先生にも叱られることはありませんが、小学生たちはそうはいきませんね。
お約束のように今ごろになってあわててキットを買った少年たち、家に帰るなり箱を開いて、時間が惜しいからとやむなく水道水をそのまま水槽に入れて、ばたばたと観察日記をつけだすのでしょうか・・・。

って、おい待てよ。

「まだ間に合う」っていうけど、いまから飼育キット買って、2日目、何匹かエビが生まれました。3日目、たくさん生まれました。5日目、ちょっと大きくなりました。7日目、またちょっと・・・って、

あと10日ほどしかないんですけど??

そんな短い単調な観察日記でだいじょうぶなのかしらん・・・。



※他人の宿題の心配するより自分のガンプラポッキーの心配をしろ、というのはもっともな指摘であります。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年08月20日

積みプラ -肥やし-

テーマ:話題・コラム一般
「いつか作る」がパパの趣味 -18日夕3面「さぶかるウォッチング」-

買った本を読まずに積んだままにしておく「積ん読(つんどく)」は誰でも経験があるだろう。「積みプラ」はそのプラモデル版。家の押入れを箱でいっぱいにして怒られているお父さんも多いのではないだろうか。
ガンダム、ボトムズなど往年のアニメに登場したロボットが、当時では考えられないほど精巧なプラモになって販売されており、懐かしさと驚きでつい買い込んでしまうが、仕事で疲れた体にとってプラモ作りはかなりの重労働。「いつか作ろう」と、つい積みプラにしてしまう人が多いようだ。
積みプラの対象になりやすいのがガンプラの精巧版「MCシリーズ」。8月発売の「∀(ターンエー)ガンダム」で100種類を数えた人気商品だ。塗装しなくても見栄えがするようあらかじめ色がつき、ポーズをつけやすいよう関節を再現したりと、一昔前より格段に複雑さが増している。
1980年代の「ガンプラブーム」に熱狂した世代は現在30-40代。プラモが複雑化する反面、ファンの高齢化は進む。今後も積みプラの数は増えそうだ。


執筆者さんの趣味と実感が感じられるこの「積みプラ」の記事。
一般化しているようでいてけっこうマニアックな気がしますが、でもおっしゃることはわかりますね。
記者の部屋にも本やらDVDやら、買ったままほったらかしのものがけっこうありますし。
欲しいと思って衝動買いしても、読んだり観たりするのって時間も体力もけっこう要りますからね。
ま、そのうち時間のあるときにでも。
多いなあ、そんなの。
特にDVD。
まあ借りずに買ってる時点で「観る」以上に「棚に並べる」ことを目的にしてるしてるんですけどね。

当然、精巧なプラモデルを作るなんてDVDを観るよりもっと体力を使うでしょうから、ほったらかしになってるガンプラが世の中の押入れにゴロゴロしてるというのはむべなるかなですよ。
いや、実際には「作る」作業ではなく、「作ることに取りかかる」のがたいへんなのでしょうけどね。

とにかく買う瞬間が幸せ。
「いつか作る」と思って持っているだけで満足。
理解できない方には「馬鹿じゃないの」といったところでしょうが、特にホビーの分野ではこういう需要が消費を下支えしているのは間違いありません。

なんて妙に共感してるけど、にっけい、あんたもガンダム好きみたいだし、押入れには「いつか作る」はずの精巧なガンプラが山ほど積んであるんじゃないの?

なんてお疑いの方。
いやいや、記者はそんな精巧なガンダムなんたらシリーズなんてものがあるってのはこの記事で知ったくらいですし、わざわざ模型屋でプラモを物色したりしませんって。

まあ、強いていえば・・・




20070819215214.jpg

去年の暮れにコンビニで買ったガンプラ付きポッキー、接着剤も不要の簡単組み立てなのにそのままプリンターの上にほったらかしになってますが、なにか?

「いつか作る」つもりですが、なにか?


・・・とはいえぼちぼちポッキーの消費期限だし、夏休みの宿題の工作のつもりで今月中に作るのを目標にしてみるか・・・。



※参考記事:「ポッキーがガンプラ装備」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年08月17日

株安・円高 動揺収まらず -順序-

テーマ:経済
サブプライム -1面-

米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題をきっかけにした世界の市場の動揺が収まりません。16日の東京市場では日経平均株価が一時16000円を割り込み、連日で年初来安値を更新。円や同日のロンドン市場で3円前後も急騰し、ほぼ1年ぶりの1ドル113円台をつけました。先行き不透明感から市場参加者がリスクの高い取引を縮小、世界的なカネ余りの修正が加速し、日米欧で市場の動揺が連鎖する要因になっています。

16日の米国市場ではNYダウが一時300ドル下げたことを受け、ドル/円は一時112円すれすれまでいきました。その後ダウが前日比変わらず付近まで戻したことで114円台まで戻りましたが、17日の東京市場では再び113円ちょうど付近まで円高が進んでいます。

もう、なんだか連日あちこちジェットコースターですね。
昨日の東京市場も、結果だけを見ると「日経平均は327円安と大幅に値を下げました」となるのですが、その途中のたいへんだったこと。
一時600円安から戻した指数もさることながら、銀行株の乱高下はとんでもないものでした。
1割近く売り込まれた後、急速に値を戻して軒並みプラスで引けちゃったんですから。

しかしサブプライムローン、面倒なことになってますね。
まあそれ自体は、貸し出した当初から「ありゃヤバイ」といわれていたんですけどね。
だってまともに所得もないような人にでも「当面は金利だけ払って元本を返さなくていいです、ついでに金利も低くしときます、あとは住宅が値上がりしてから考えましょう」なんて仕組みを作って貸し込んでいたりしたんですから。
土地バブル崩壊を経験した日本人には考えられないような話ですよね。

なのでいずれおかしくなるのはわかっていたのですが、しかしそれを証券化した商品を組み入れたファンド発で世界的な金融ショックが起こるとは、当時はまったく考えていませんでした。
というか、これほど世界中を巻き込んだ金融不安が起こるとは、サブプライム問題が取り上げられだした今年春ごろでも思っていませんでした。
いやあ、金融取引って何の影響がどこでどんな風にどんな規模で出るのか、ほんとに予測が難しいです。

で、こんな荒っぽい下げ相場となっているのですが、本日の3面には業界著名人の9月末までの日経平均の予想レンジが載っていました。

A氏「15500-17500円」
B氏「15500-16500円」
C氏「16000-18000円」
D氏「15000円台後半-16000円台後半」

もう、今日の前場からいきなりブレイクしちゃってるような甘々レンジを挙げてる方もいますけどね。
そういやB氏なんてつい先日は16500円は買いだとおっしゃってたらしいんですけどね。
でもまあこの4氏に限らず、マーケットには比較的楽観的な方が多いんですよ。

「サブプライム問題の実体経済への影響は軽微」
「日本のファンダメンタルは企業業績を筆頭に悪くない」
「株価は売られすぎ。PERは17倍台で歴史的に見ても割安」

もちろん、それひとつひとつは間違っているとはいいませんけどね。
でもこれを根拠に我慢してポジションを維持している投資家がかなり多いみたいなんですよ。
けど下げ相場って、そういう方たちがギャフン!といってぶん投げるまで止まらないと思うんですよね、去年の6月みたいに。


・・・と、この辺まで昼休みに書いたんですけど・・・

・・・・・・

・・・874円安・・・・・・・・。

・・・・・・

・・・・・・さっきの4人の予想レンジの下限、いきなり全部ぶち抜いとるやんけ・・・・・・。

・・・・・・

・・・・・・しかも主力株は軒並み1割下がっとるやんけ・・・・・・。

・・・・・・

・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・ギャフン。






・・・嘘です!

頑張ってます!


はい。
まだだいじょうぶです。
あと2、3日は。

いやまあ記者のポジションはさておき、引け後に証券セールスや新聞記者なんかにも聞いてまわったところ、さすがに一部投げ始めた金融機関などもあるらしいのですが、どうもまだ国内勢はおおむね「押し目買い継続」とか「想定の範囲」というスタンスみたいなんですよ。

うーん、彼らの想定の範囲がどの程度かわかりませんけど、こういうイカれた下げ相場、ほんとに想定の範囲で終わるのかしらねえ・・・。
そしてもしも想定の範囲からはみ出したとき、彼らはどんな行動をとるのかしらねえ・・・。
自分とこも含めて・・・。

FRBの金融政策動向とか為替がどうなるとか欧州勢が日本株をどうするとかそういうのも気にしなきゃならん一方で、もうちょっと近いところの動きも気になるところであります・・・。

てな具合に日に日に世界レベルで深刻さを増すサブプライム・ショックですが、そんな中の今日の1面、この記事の下にあったのが、この記事でした。


「今月利上げ 見送り強まる」
日銀が今月の決定会合で利上げを見送るとの見方が強まって・・・



当たり前じゃぁっ!!

今ごろ何いうとんねんっ!!


そんなもん、先月からあんだけ円高が進んで先週欧米が必死になって資金供給した時点で見送り決定じゃ。
まだ上げるつもりでおったんかい。
サブプライム問題がさくっと片付くとでも思ってたんかい。

でもなあ・・・
「多くの政策委員は当日(22、23日)まで市場を見極め・・・」
「日銀内にはまだ利上げを模索する動きもあるが・・・」

なんてあるしなあ・・・。

いや無理やろ・・・。
さすがに今月は無理やろ・・・。
いくら任期切れ間近の福井さんと次期総裁になりそこねそうな武藤さんがヤケクソになっても、それは無理やろ・・・。

そうでなくてもFRBの動き次第では週末に110円割れも!?なんて言われてるんですよ。
このうえまだ日銀が利上げに動いてるなんていったらとんでもない円高が待ってますって。
今月はやめときなさいって。

まあ、日銀さんは利上げのタイミングを逸して悔しかもしれませんが、でもある意味よかったですよ、このタイミングで。
もしも先月日銀が利上げしてたりしたら、ことによっちゃえらいことになってたかもしれませんから。
いまごろ為替は100円スレスレくらいまでいってたかもしれませんもん。

当然、経済記事の解説も、
「日銀の利上げをきっかけにした円高進行・円キャリートレードの巻き戻しは、米国のサブプライム問題とあわせ、世界中の流動性を急激に収縮させ、信用不安が急速に進展、各国の株式市場を暴落させ・・・」
なんて主役が変わってたりして。

いやあ、日本の名誉ためにも、よかったよかった。


・・・ということで、だんだんテーマが支離滅裂になってきましたが、要はありえない貸し込み方をした「サブプライム住宅ローン」ってのがまわりまわって世界の金融市場を揺るがしてるってことと、おかげで日本株もえらいことになってきたってことと、日銀さん頼みますよ、ってことでしょうか。
なんだかよくわかりませんが、さらに要約すると、記者もいい加減しんどくなってきてるってことなのかもしれません・・・。


あー、また今週も株安の記事書いてもた・・・。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007年08月13日

KY -ギャップ-

テーマ:春秋・社説
春秋 -12日1面-

若者の間でKYは「空気が読めない」の略。会議中に耳元でKYとささやいて「場の空気を読め」と助言したり、誰かをKYと名指しして「空気の読めないやつ」とおとしたりするらしい。軽いノリの背後に、異端や異質を排除するいじめ感覚も見え隠れする。(以下略)

「異端や異質」「いじめ感覚」とかなんとかいう読むのが恥ずかしくなるような論評はこの際気にしないことにしましょう。
それより気になるのが「KY」=「空気読めない」。
何日か前のどっかのコラムに載っていて「ほんまかいな」と思ったのですが、この春秋はどうやらそのコラムに基づいているようです。
うーん、ほんとに若者たちは「KY」を使ってるんでしょうか?

どうも胡散臭いですよね。
だって、「若者の間で」っていうのに「会議中に耳元で助言」とかって、ものすごく不自然じゃないですか?
聞きかじったオトナが勝手に使用例を創作しちゃったんじゃないかという気がしますね。
「あいつマジKY」とかいうなら分かりますが。

ちなみに先日のコラムによると「空気読める」は「KYR」。
いやあ、ますますどうなんだか。

そもそも新聞なんかで取り上げられる「流行語」って怪しいですよね。
たとえば90年代の死語「MMC」、これなどメディアで取り上げられた割には「あいつMMCだからさあ」なんて、日常生活で使ってるやつはまわりにいませんでしたもん。
ああ、若い方は知らないかもしれませんが、MMCは「モテてモテて困る」の略だったんですよ。
いったいどんな局面で使うっちゅうねん。
ていうかなんで「困る」はKじゃなくてCやねん。

もちろんこれは当時の銀行商品「MMC」に引っかけたからなのでしょうが、このあたりに若者の間から発生したのではないオヤジ臭さ、もっというと言葉を作って流行らせようとしたどっかのオヤジの臭いを感じたものです。

いっぽう、比較的最近の若者略語でMMCといえば、「マジむかつくし殺す」。
「MM(マジむかつく)」「超MM(超マッハむかつく)」と並んで三段活用的に使われていたようですが、このあたりもどの程度浸透していたのか定かでありません。
「MMCってコトバ知ってる?」的なテレビの街頭インタビューでしか見たことがありませんが、まあ実際に見聞きしないのは10代でもなきゃそれほど使う場面もない言葉だからですかね。
つうかだからなんでKじゃなくてCなのよ?

それはそうと、そういえばその当時発生したMMシリーズでは個人的に「MM5」というのが気に入っていて、どっかで使ってやろうと思っていたような記憶が出てきました。
「MM5」。
すなわち「マジでむかつく5秒前」。
いや、やはり使うことはなかったですが。

などと今回の春秋とまったく関係のないMMシリーズはさておいて、「KY」。
ふーむ、ネットで調べたところ、ヒット数は少ないものの、どうやら本当に使われてはいるようですね。
しまった。
記者、若者語について日経新聞より遅れてしまってました。
これは迂闊。

では記者が聞いたことないのはなぜでしょう?
やはり記者が「生の若者」と接する機会がないからでしょうか。
それとも実は使用されているのが局地的で、「若者の間で」と一般化できるほどには浸透していないからでしょうか。

そこで記者よりは若い20代OL(これも死語)のA子さんに聞いてみました。
「KYって知ってる?」
「もちろん知ってますよ。“危険予知”です!」
しまった!
彼女はメーカー勤務だった!

けっきょく記者の周りでは使われている現場はおろか、ことの真偽を確かめることすらできませんでしたが、しかし流行り言葉って、こういう「この言葉が流行っている」という情報を通じてさらに広がっていくものなのでしょうね。
記者もこんど冒険して使ってみることにしてみましょうか。
ただネットのカキコミにはウソかホントか「KYの流行りはすでにピークを過ぎた」なんて情報もあったので、まさに空気を読む技術が必要かもしれませんが・・・。

ちなみに記者が「KY」という略語を見て最初に思いついたのは、「空気読めない」でも「危険予知」でもなく、「かつ~っ!カツはとんかつKYK!」というCM。
あはは、若者は知らねえだろうなあ。

いや若者じゃなくても全国的には知らないほうが普通でしょうが・・・。
ていうかKYK、いまどんなCMやってんだろ・・・。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007年08月10日

日経平均が3日続伸 -なにごと?-

テーマ:証券
株式市場(9日) -19面-

◇東証では日経平均株価が3営業日続伸。前日までの米国株の上昇により、市場の悲観ムードはいったん和らいだ。東証一部の売買代金は跳ね上がり過去最高を記録した。
◇「奇妙だ」。取引開始直後から市場関係者は首をひねりっぱなしだった。TOTOが値幅制限の上限まで急伸。後場にはダイエーが突如買い気配になった。対照的に京セラが崩れた。「個別の理由は見当たらない。値段や水準関係なしに買いや売りの注文が出ている」。くすぶるのはヘッジファンドの持ち高調整説。米系証券系ファンドの運用損のうわさが出たこともあり、売りと買いを組み合わせるファンドの手じまいが一気に起きたとの憶測がまことしやかに市場に流れた。


昨日(9日)まで3日続伸しましたが、本日(10日)の日経平均は一転して406円安。TOPIXの下げはもっときつかったです。
しかしそんな指数の上げ下げ以上に訳がわからなかったのが個別銘柄の値動き。記事では「京セラ」とか一言で片付けてますが、そんなもんじゃありません。
先日好決算を出して年初来高値を更新していたような銘柄群がそろいもそろって、何か大事件でも起きたかのような見るも無残な下げっぷり。

「おかしい」
「なんじゃこりゃ」
「アホちゃうか」
「ありえねえ」
「どんだけ~」

きのう、今日はつぶやきっぱなしでした。
どうやら「ロング・ショート」(好い株・上がりそうな株をロング(買い持ち)、ダメな株・下がりそうな株をショート(売り持ち)にする投資手法)といわれるタイプのファンドがポジションを閉じているらしいのですが、ということは、概ねそれまで市場で高評価を得ていた株が売られ、こいつは上がんねえだろと思われていたような株が買われる、そういう真っ逆さまな展開が起こったわけなのです。
それも過去最高の売買高が示すように、とんでもない規模で。

人気株がとことん売られ、不人気株がとことん買われる。

好業績?
割安?
でもそんなの関係ねえ!
決算で失望?
割高?
でもそんなの関係ねえ!
朝からもう1割下がってるって!
そんなの関係ねえ!
こっちはストップ高しちゃってるって!
そんなの関係ねえ!
そんなの関係ねえ!
オッパッピー!

いやなにいってんだかわかりませんが、そんな感じです。
ほんと参りました。

昨日は日経平均は141円高していたのに「どこが141円高やねん。300円安じゃ」みたいな感じで、今日なんて400円下がっている上に中身がシッチャカメッチャカで、「ほんまは1000円安してんちゃうん!?」っていいたくなるくらいの体感温度でしたよ。

まあ個人的なファンドの具合は別にいいのですが、しかし合理的な理由の見当たらない中でここまで極端にイカレちまう相場は記憶にありませんね。
正直、サブプライムローンの問題やらなんやらで米国株が下げたとかなんとかは想定の範囲ですが、相場の中身のほうはまったくお手上げです。
昨日の後場で終わったかに見えたのにきょうもまだ続きましたが、うーん、これくらいで一段落つくのか、まだまだ断続的にやってくるのか・・・。

あー、それにしても今週は疲れたな。
来週はどうなるんだ・・・ま、来週考えることにするか。
どうせ週が明けるまでどうしようもないんだし。
さ、ゆっくり休も休も。

・・・とかいいつつ、明方暑さで目が覚めると、きっとケータイをピコピコやってニューヨークの株価とかチェックしちゃうんだろうなあ・・・。



※前にも言いましたが、株価に関わる記事を書くときは、けっこうしんどいときが多いです・・・。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007年08月07日

▽18時13分 -早耳?ガセ?-

テーマ:政治
首相官邸 6日 -2面-

▽7時41分 宿泊先のグランドプリンスホテル広島発。
▽8時 広島市の平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」。
▽10時37分 全日空676便で広島空港発。
・・・(中略)・・・
▽16時33分 経済財政諮問会議。
▽18時13分 インドのナラヤナン国家安全保障担当首相補佐官。続いて中川政調会長。
▽19時37分 公邸に。


ん?

なぜにいま首相がインドの国家安全保障関係者と??
選挙前後から海外の公人とはぜんぜん会ってなかったのに??

実は「現在中国とインドがけっこうアブナイ一触即発状態」なんて怪情報を聞いたことがありますが・・・。

あ、いや、気にしないでくださいね。
怪情報はあくまで怪情報、真偽のほどはまったく定かではありませんので。
念のため。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年08月07日

心を運ぶ名作100 -玉石混交-

テーマ:広告・その他
幻冬舎文庫 -4面-

20070807121317.jpg


「名作100」だそうです。

文庫化されてたみたいですね。
知りませんでしたよ。

脇についてるコピーは・・・・・・いえ、もう、どうだっていいや。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007年08月02日

ガンダムTシャツ20万円 -ターゲット-

テーマ:消費
20070802203447.jpgバンダイは今冬から、高級アパレルブランド、マスターマインド・ジャパンと協力して、「機動戦士ガンダム」をキャラクターにした高級男性向け衣類を販売します。知名度の高いマスターマインドと連携し、国内外でガンダムのブランドを高めます。
第一弾はガンダム第1作に登場したロボット「ガンダム」「ザク」をモチーフにしたTシャツ。世界的なクリスタルメーカーであるスワロフスキーの細かいクリスタルを手作業で布地に張り付け、ガンダムやザクの姿を描き出しました。国内の百貨店などで取り扱う予定で参考価格は20万円程度。


お、おい、バンダイさんよ・・・


なめとんのかぁっ!!!


ガンダムTシャツに20万円はイカレてるだろ・・・。

と、お怒り・お嘆きのあなた。
ご心配なく。
大丈夫です。
低価版も用意しているそうです。


クリスタルのかわりにグラスピーズを使った、比較的低価格な商品も用意します。国内の参考価格は3万8千円前後。


さ、さんまんはっせんえん・・・。


じゅうぶんイカレとるわ!!!!


どこが比較的低価格やねん!!
比較対象が大きく間違っとるわ!!

ええ。
それが常識的な感覚だと思います・・・。

でも・・・

悲しいけどこれ、ビジネスなのよね・・・。


妙なところで格差社会を痛感・・・。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。