猫(クータくん)とコレクション

ちっさいミリタリー系モデルなど。クータくんの名前はクータくんのためにそのまま。


テーマ:

名機の翼コレクション の続きというか修正です。


なんだかブロクに書くには、エディターがシンプルなので、編集がすごく煩わしくて、うまくいきません。


尚且つ、文才はないし、ミスが多いし、見直さないので、読みづらいし解りにくい。まったく反省です。


C-160のデータが表示されないようです。(コピーするでてきました)大したことはないんですけど。


<><>

C-160
全長 32.40 m 
全幅 40.0 m
全高 11.65 m 
最大積載量 16t
エンジン ターボプロップ
出力 5,565 馬力2基
巡航速度 500km/h
航続距離 1,900 km


C-160は、C-130とC-1との中間的な感じでしょうか。




翼コレクション17 最後の奮戦 紫電改


発売日は12月上旬 でエフトイズの12月7日 ユーロジェットコレクションと同じ週ですかねぇ。 


個人的に1/100まで手を広げてますが、この経済状況だときっついな。

大きいとは思わないけど、数あると置き場所に困る。

微妙なサイズを嫌う人もいるから難しいですね。


600円 (税込 630円)
スペシャルは、1963年から1965年に週刊少年マガジンに連載された、
ちばてつや氏の人気漫画「紫電改のタカ」から主人公、滝 城太郎の愛機、黒い紫電改です。


  1.第343海軍航空隊 戦闘第301飛行隊長 菅野直大尉搭乗機
  2.第343海軍航空隊 戦闘第301飛行隊所属機
  3.第343海軍航空隊 戦闘第407飛行隊 大原広司飛曹長搭乗機
  4.第343海軍航空隊 戦闘第407飛行隊所属機
  5.横須賀海軍航空隊所属機
  6.元343航空隊所属機“最後の飛行”
SP.第343海軍航空隊 滝城太郎兵曹長搭乗機



クータくんのブログ

新金型で期待度UPです。個人的にはスペシャルはいらないな。


ノーマルコンプだと、オークションでかなり安く手に入るので助かるけど。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名機の翼コレクション vol.1&2


最近やっております事業仕分け、予算をどう節約するかということですね。


ちょっと違いますが、日本の自衛隊機も政治や外交がらみで紆余曲折がありますよねぇ。



第二次C-X計画

国産のC-1(25機)と輸入したC-130H(16機)を戦術輸送機としているが、C-1が耐用飛行時間を迎えるため、後継が検討された。XP-1固定翼哨戒機と同時に開発し、一部部品や治工具の共用によって両機種あわせた開発費を抑える。

基本的なコンセプトは、大搭載量・長距離航続・高速巡航である。


というわけで、色々比較してみました。


C-1
クータくんのブログ


STOL実験機「飛鳥」
クータくんのブログ


C-130ハーキュリーズ
クータくんのブログ


第二次C-X
クータくんのブログ


米軍にはどんなものあるか。


☆ロッキードC-5ギャラクシー戦略輸送機

アメリカ空軍が1969年以降運用している軍用超大型長距離輸送機。


☆マクドネル・ダグラスC-17グローブマスターIII

アメリカ空軍が保有・運用する、主力の軍用大型長距離輸送機である。戦略輸送機と戦術輸送機の統合版。



C-5ギャラクシー
クータくんのブログ
クータくんのブログ
クータくんのブログ

C-17グローブマスターIII
クータくんのブログ
クータくんのブログ
クータくんのブログ




ヨーロッパでは、ドイツ・フランス両国の主力輸送機


C-160 トランザール
クータくんのブログ
クータくんのブログ

C-1 C-X C-130 C-17 C-5 C-160
全長 29.0 m  43.9m  29.79m  53.0m 67.89 m  32.40 m 
全幅
30.6 m 
44.4m  40.41m  51.8m  75.3 m  40.0 m
全高 9.99 m  14.2m  11.66m  16.8m  19.84 m  11.65 m 
最大積載量 8 t  37.6t  20t  77.519t  118.387t 16t
エンジン ターボファン ターボファン ターボプロップ ターボファン ターボファン ターボプロップ
出力 6,580kg 2基
27,900kg2基 
4,910ehp4基 18,460kg4基 19,500kg4基  5,565 馬力2基
巡航速度 M 0.65 M 0.8 550km/h  M.0.77 M0.77  500km/h
航続距離 1500km 5600km 4,000km  5,190km  4,445 km 1,900 km


見てもらえば分かりますが、C-1が自衛隊の専守防衛を基本としているため国際的でない

積載量と航続距離です。C-17とC-5は、戦略輸送機なのでかなり大きいですが。

C-130とC-160は、古いので似たような感じです。

C-1のとりえは、ターボファンなのでそこそこのスピードと短距離離着陸ですか。

最短離陸
460 m 
最短着陸 600 m

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今後の予定 (ミリタリー系)


発売が予定されているもの上げてみました。


12月7日 1/144WORK SHOP Vol.17 ユーロジェットコレクション 473円(税抜450円) エフトイズ
クータくんのブログ


12月 1/100翼コレクション第17弾「最後の奮戦」 紫電改   希望小売価格:600円(税別) 童友社

クータくんのブログ




2010年2月 1/144技MIX航空機シリーズ 航空自衛隊F-15J/DJ第2弾 税込み2100円 タカトミ

F-15装備10周年記念塗装
クータくんのブログ

小松基地開設40周年記念塗装
クータくんのブログ
クータくんのブログ
クータくんのブログ


発売未定(2010春?) 急降下爆撃機 アルジャーノンプロダクト 価格未定
クータくんのブログ



(企画未定) 簡単ジオラマ企画??? アルジャーノンプロダクト




とりあえず、アナウンスされているのはこんなところ。


しかし、エフトイズさんは、このところは、1月ごとにテンポよく出してきたから

もうそろそろ次の発表があってもいい頃だけど、来年1~2月には、用意されているのかな。


いつも発表が2ヶ月前ぐらいで、発売延期などない状態で動いているので、発表待ちか?




未発日の機体で期待するものをあげてみた。

まだまだ結構ありますが、コレからの展開は、マイナー機と本命機のバランスが勝負でしょう。

ヨーロッパ機は知識不足で...


日本海軍機
A5M 九六式艦上戦闘機 三菱
E14Y 零式小型水上偵察機 空技廠
E16A 水上偵察機「瑞雲」 愛知
N1K 水上戦闘機「強風」 川西
H6K 九七式飛行艇 川西
J8M 局地戦闘機「秋水」 三菱
Q1W 陸上哨戒機「東海」 九州飛行機
G5N 陸上攻撃機「深山」 中島
G8N 陸上攻撃機「連山」 中島


日本陸軍機
キ27 九七式戦闘機 中島
キ51 九九式襲撃機 三菱
キ56 一式貨物輸送機 川崎
キ57 一〇〇式輸送機 三菱
キ67 四式重爆撃機「飛龍」 三菱

アメリカ軍機
ベル P-39エアラコブラ
ブリュースター F2Aバッファロー
リパブリック P-47サンダーボルト
ボーイング B-29スーパーフォートレス
ダグラス TBDデバステーター
コンソリデーテッド PBYカタリナ飛行艇
コンソリデーテッド PB4Yリベレーター
マーチン B-26マローダー


ソ連機
ポリカルポフ I-15
ポリカルポフ I-16


ドイツ軍機
メッサーシュミット Me163コメート
ユンカース Ju52/3m
メッサーシュミット Me323ギガント
フォッケウルフ Fw200コンドル

AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名機の翼コレクション vol.2


BOXアソート


1.C-130戦術輸送機 航空自衛隊 第1輸送航空隊 第401飛行隊機(迷彩塗装)
2.C-130戦術輸送機 航空自衛隊 第1輸送航空隊 第401飛行隊機(ロービジ塗装)
3.C-130戦術輸送機 アメリカ海兵隊 ブルーエンジェルス
4.P2V-7対潜哨戒機 海上自衛隊 第2航空群 第51航空隊
5.P2V-7対潜哨戒機 海上自衛隊 第4航空群 第3航空隊
6.P2V-7対潜哨戒機 米海軍第60哨戒飛行隊
7.P-3C哨戒機  海上自衛隊 第5航空群 第5航空隊
8.P-3C哨戒機  海上自衛隊 第4航空群 第6航空隊

シ-クレット
9.C-130戦術輸送機 航空自衛隊 第1輸送航空隊 第401飛行隊(導入時迷彩)
10.P2V-7対潜哨戒機 海上自衛隊 鹿屋航空隊
クータくんのブログ


まあ、あんまり人気無いみたいですので、アソ-ト書いても問題はほとんどないでしょう。

コンビニで見かけることもないし、あっても量販店や模型屋さんぐらいでしょう。

全部手付かずでないと意味無いですし。



10.P2V-7 鹿屋航空隊 6.P2V-7米海軍第60哨戒飛行隊

6.P2V-7米海軍第60哨戒飛行隊  8.P-3C 第6航空隊

5.P2V-7 第3航空隊         7.P-3C 第5航空隊

3.C-130ブルーエンジェルス     4.P2V-7 第51航空隊

2.C-130(ロービジ塗装)       1.C-130(迷彩塗装)

というわけで、個人的に一番興味の無いP2V-7米海軍がダブリました。

大体P-2JがあるのになぜP2V-7なんてマイナーな方を選ぶのか。

大人の事情てやつだな。

カラーバリエーション増やしたいんで、アメリカでも使用している機種を選択したな。

日本の名機としては、P-2Jが妥当となんだが今回は、全部アメリカがらみ

政治的な背景があって、痛い感じの機種になっちゃいました。






ユーロジェットコレクション



エフトイズのHPでアップされていました。
クータくんのブログ

http://www.f-toys.net/index.php?m=fproduct&t=detaile&product_id=84


発売前からUPされた記憶が無いんだが、かなり気負いこんでいるのか、ヤバイのか?




今回は、抽選プレゼント200名は無いようです。


ときめきモールの特典もありません。


何か個人的に盛り下がってしまって、注文もしてない始末。

1BOX頼んで、タイフーンのシクレが出たら余計に落ち込むだろうな。


ミラージュ2000のシークレットが、高値で取引されそうな...

いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 しつこいですが、ユーロファイタータイフーンEF-2000のシークレット。

クータくんのブログ

自衛隊の次期FX機のIFの設定で日の丸つけてるようです。

F-22の選択がなくなって、ヨーロッパ機?と言う選択肢は出来たのですが、

流れはF-35に来たようです。

やはり、ステルスや短距離離陸・垂直着陸(STOVL)の技術は必要と言う事でしょうか。



防衛省、次期戦闘機F35採用へ 約40機の導入想定

http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112201000383.html


F-35B
クータくんのブログ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:X-35.jpg


クータくんのブログ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:F-351.jpg


C-X・P-X・F-Xが今面白いことになっていますね。


取り合えず、F-4Jの後釜ですが流れ的には、OKなのでしょう。


しかし、ユーロファイタータイフーンの仮想シクレ欲しくないなぁと思っていた矢先、

全くはずれ機種になってしまってどうしましょう。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名機の翼コレクション vol.2

の流れで前のラインナップを整理?してみましょう。 その2

名機の翼コレクション vol.1
クータくんのブログ


 a.C-1航空自衛隊 旧塗装 (銀)

 b.C-1航空自衛隊 現行塗装 (迷彩)

sp.C-1航空自衛隊 50周年記念塗装機 第402飛行隊

今日は、C-1 中型戦術輸送機の話ですが、


戦後、米軍から供与された自衛隊のカーチスC-46輸送機の老朽化により、YS-11をつなぎで使用。

CX-1も開発、C-1導入。(ターボファンジェットで高速で、取り回しが良い。短距離離着陸(STOL) 性能良い)

             ↓

     C-1の機体をベースに、STOL実験機「飛鳥」を開発。

   ↓

航続距離不足の為(自衛隊の悲しい現実で、日本国内のみに展開する計画だったため)

長距離輸送のためロッキード C-130H ハーキュリーズ輸送機を16機購入

   ↓

第二次C-X輸送機・P-X哨戒機計画

海上自衛隊がP-3Cの後継機として使用する哨戒機


というわけで、大型輸送機・哨戒機は、名機の翼1・2のすべて出尽くした感がありますので、

もし名機の翼3が出るなら、C-X・P-Xになるか、違う展開(1/300の自衛隊大型機でなく)になるしかない。




カーチスC-46輸送機
クータくんのブログ



C-1 中型戦術輸送機
クータくんのブログ

クータくんのブログ

クータくんのブログ

クータくんのブログ
リヤハッチ
クータくんのブログ
内部
クータくんのブログ
コックピット。1段高くなっている。
クータくんのブログ
木更津の陸自の空挺隊の効果
クータくんのブログ

STOL実験機「飛鳥」
クータくんのブログ
クータくんのブログ
クータくんのブログ


P-X
クータくんのブログ
C-X
クータくんのブログ
C-X P-X
クータくんのブログ
グラスコックピット
クータくんのブログ
C-X P-X
クータくんのブログ
P-X
クータくんのブログ
P-X
クータくんのブログ
C-X
クータくんのブログ
P-Xソノブイの投下口
クータくんのブログ

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名機の翼コレクション vol.2





名機の翼コレクション vol.1
クータくんのブログ

a.YS-11海上自衛隊 第61航空隊
b.YS-11航空自衛隊 第403飛行隊
c.YS-11海上保安庁

sp.YS-11航空自衛隊 飛行点検隊

PS-1 海上自衛隊 対潜哨戒飛行艇
US-1 海上自衛隊 救難飛行艇

a.C-1航空自衛隊 旧塗装 (銀)

b.C-1航空自衛隊 現行塗装 (迷彩)

sp.C-1航空自衛隊 50周年記念塗装機 第402飛行隊

抽選で200名にYS-11海上保安庁旧塗装仕様


ですが PS-1 海上自衛隊 対潜哨戒飛行艇
     US-1 海上自衛隊 救難飛行艇
を見てみたいと思います。


流れ的には、こんな感じかな。


                                 二式大艇(大戦)かかみがはら航空宇宙博物館の展示機US-1A
クータくんのブログ

ロッキードP2V-7ネプチューン対潜哨戒機            ↓

          ↓

                          新明和工業対潜哨戒飛行艇PS-1         

                           ↓ ↓

川崎重工業が改造開発したP-2J                      ↓

          ↓                         新明和工業救難飛行艇US-1        

     (ロッキード事件)                           ↓  

ロッキード P-3オライオン                           ↓                         

          ↓  

川崎重工業ライセンス生産 P-3C (現在)  

                                        後継機US-1A改(US-2)



PS-1は、対潜哨戒機として開発されたがその哨戒能力が時代遅れだったので、救難機として利用する。

US-1の陸上離着陸のために主脚は、PS-1より強化・大型化され、胴体側面にはバルジが追加され、そこに収容される。

クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ

後継機US-1A改(US-2)

クータくんのブログ
http://ja.wikipedia.org/wiki/US-2_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F )
クータくんのブログ

主な変更点
グラスコックピットの採用、キャビンの与圧、フライ・バイ・ワイヤの導入、自動操縦装置、材質変更による軽量化など。
エンジンを従来のゼネラル・エレクトリック T64-IHI-10J ターボプロップエンジン(IHIによるライセンス生産)からロールス・ロイスの AE2100J (同)へと換装、制御方式もデジタルエンジン制御(FADEC)とした。これに合わせ、プロペラも推進効率のよいブレード6枚のダウティ R414 に変更した。


の流れで前のラインナップを整理?してみましょう。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ユーロジェットコレクションのシークレット


しつこいですが、

ちょいと、気になったので調べて見ました。
クータくんのブログ


ユーロファイタータイフーンは、まあいいでしょう。



まずトーネード


ウイッティウイングス 1/72 ダイキャスト製 エアプレーンモデル パナビアトーネードF3 イギリス空軍 ZG780[ガリバー]

ウイッティウイングスより、新金型のパナビアトーネードF3が登場。イギリス空軍、第25飛行部隊の解散メモリアルカラーです。
クータくんのブログ

http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/140428

クータくんのブログ

シ-クレットがトーネードF3ならば、防空戦闘機ADVタイプになるんだけど。

ノーマルは、IDS(右舷に半格納式に空中給油プローブを装備した攻撃機タイプ)で、

基とかなり違うけどいいのかな。

レドームやミサイルの関係で2mも(1/144で14mm)伸びてるんだけど。
クータくんのブログ
クータくんのブログ

しかも、イギリス機ばかり

何か意味があって、有名な機体だとすれば、湾岸戦争、イラク戦争参加機なのかな。

滑走路破壊兵器JP233積んで空港攻撃に参加したとか。

いつものエフトイズさんなら、でもディスペンサー用意してあるわけも無し。

ドイツ空軍の緑の機体を期待してたのに...

クータくんのブログ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:German_Panavia_Tornado.JPG



次に、ミラージュ2000
クータくんのブログ
クータくんのブログ
クータくんのブログ

シークレットのタイガーミート

写真家の中村耕志氏のHP

http://strix-photography.com/afterburner/afterburner.html

TIGER MEET 2008の中の一部
クータくんのブログ
前からの着陸姿勢だとわかりにくいが
クータくんのブログ
見えにくいけど、翼の後ろにトリコロールがある。



しかし、現代機は、塗装が派手でヴァリエーション多いので楽しい。

タイガーミートだけでも1タイトル出来てしまうので、今後に期待したい。

塗装するのは大変だと思うが。


しかし、エフトイズさんトーネードは、塗装でコスト減らしたのか。

確かに可変翼だとパーツが多くて複雑だからなぁ。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名機の翼コレクション vol.2 その3


7.P-3C哨戒機  海上自衛隊 第5航空群 第5航空隊 (白と灰色のツートン塗装)

(那覇航空基地)
8.P-3C哨戒機  海上自衛隊 第4航空群 第6航空隊 平成12年から(明灰色単色のロービジ塗装)

(厚木航空基地)だったが第6航空隊は2008年3月26日に廃止
クータくんのブログ クータくんのブログ


昨日の続きで、流れ的には...


                                  二式大艇(大戦)

                                    ↓

川崎重工業が改造開発したP-2J              ↓

          ↓            新明和工業対潜哨戒飛行艇PS-1            

     (ロッキード事件)                 ↓  

ロッキード P-3オライオン               ↓

          ↓  

川崎重工業ライセンス生産 P-3C (現在)  

          ↓

次期固定翼哨戒機(XP-1)

試作1号機2007年9月28日の初飛行


海上自衛隊では平成10年頃からP-3Cの機種呼称を「対潜哨戒機」から「哨戒機」へと変更

対対潜水艦一辺倒だった体制を改善し、不審船対策や東シナ海ガス田に対する監視強化も主要任務に挙げられている


2009/11/3入間基地

クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ

2008/11/3入間基地
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ


次のP-Xに期待

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名機の翼コレクション vol.2 その2


ロッキードP2V-7ネプチューン対潜哨戒機

4.P2V-7対潜哨戒機 海上自衛隊 第2航空群 第51航空隊   (八戸航空基地)
5.P2V-7対潜哨戒機 海上自衛隊 第4航空群 第3航空隊    (厚木航空基地)
6.P2V-7対潜哨戒機 米海軍第60哨戒飛行隊
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ

流れ的には、こんな感じかな。


ロッキードP2V-7ネプチューン対潜哨戒機

          ↓

川崎重工業が改造開発したP-2J

          ↓

ロッキード P-3オライオン

          ↓

川崎重工業ライセンス生産 P-3C (現在)



かかみがはら航空宇宙博物館の展示機 P-2J

クータくんのブログ

ライト R-3350 レシプロエンジンから ゼネラル・エレクトリック T64-IHI-10 ターボプロップエンジンに換装してタービン化を図り、プロペラも4翅から径を大きくした3翅のものに変更。
胴体を1.3メートル延長、機内の床が30cm下げられ、機内の空間拡大に努め、隊員は通路を立って歩けるようになった。
ラダーの増積に伴って垂直尾翼の形状を変更、重量増に対応して主車輪はシングルからダブルとなった。


クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ
クータくんのブログ クータくんのブログ



今は、博物館でしか見る事は出来ないのか。


P2V-7は、鹿屋基地屋外展示してあるらしい。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。