クイーンの時代

テーマ:
昨日は、クイーンのライブに行ってた。
オリジナルメンバーはふたり。
ボーカルのフレディは他界。
ベースのジョンは…、不明。

で代わりのボーカルは、アダム・ランバート、という初耳の人ですが、すでにクイーンのメンバーとして4年も活動しているそうで。

{0594A020-22FD-4606-9581-2B65F9C559CF}

{A2ADD298-7063-4805-B383-47A64B787E0D}



武道館。
高校時代の同級生、トミーと一緒。

僕らが高校生の頃に、フレディは亡くなった。そのことをきっかけに、僕らはクイーンを聞くようになって、CDを貸したり借りたりして。
クイーンに限らずだけれど、仲間の誰かがCDを買ったら、必ずそいつの家に行って、みんなで一緒に聞きながら「あーだこーだ」と品評会。
みんな、ない小遣いのなかをやりくりして、CDを買っていた。

ライブでは、そんなことを思い出して少し感傷的になったりしたけど、観客の多くは僕らよりも上の世代で、多分、みんな同じような気分になっていたはず。
もしかしたら、クイーンのメンバーたちも。
オリジナルメンバー、もうすっかりおじいちゃん。

おじいちゃんの歌声に、我々おっさんが盛り上がる。
そんな武道館。
壮大な「同窓会」といったところか。

とらえようによってはとても下らないことのような気もするけれど、まぁたまにはこんなこともいいだろう。

読者諸賢、どんな青春時代でしたか?
何、きいてました?
クイーン、やはり古いよなぁ。
まあこれも、いわゆるジェネギャ、ですな。

AD

マナウス。

ブラジル・アマゾン流域の大都市。

 

「カワイルカを見る」

という現地ツアーに参加。

集合時間は午前2時だったか3時だったか。

カワイルカは読んで字のごとく、川に住むイルカ。アマゾン川に生息している。

明け方によく姿を現す、という習性があるとかないとかで、深夜に船着き場に集合して、船に乗り込む。

 

船は、予想していたものよりかなり大きく、「遊覧船兼貨物船」みたいなやつ。

僕らのツアー以外にも、ほかの複数のツアー客が乗り込んできていた。

 

で、別のツアーの参加者に日本人カップルがいた。

ふたりとも30歳前後、といったところか。僕のようなバックパッカーではなく、普通の観光客?みたいな、清潔で小ざっぱりとした服装。

男性のほうは大人しそうな感じで、長身のやせ形。

女性のほうもスラリとした美人だが、かなり勝気な感じ。

彼らの会話を聞いていると、女性の方から男性に向けて「~しなさいよ!」「~だからダメなのよ!」という、命令、及び否定を意味する言葉ばかり。

叱りつけている、という感じか。

上下関係がしっかり確立。というかむしろ、主従関係、といったほうが正確か。

「ヤレヤレ。大変そうだな」

と、僕は他人事を決め込んだ。

 

 

数時間船に乗り、カワイルカがあらわれる、というポイントに到着。

で、船の甲板で夜明けを待つ。

日の出前、アマゾンの風はそれなりに冷たくて、T-シャツだと肌寒いくらいだ。

夜明けを待っている間に、甲板の、僕とは反対側のほうでちょっとした騒ぎが。

「なんなのよ!」

「冗談言わないでよ!」

「バカじゃないの!?」

という、さっきの日本人女性の金切声。

男性の方は

「いや、決めたから」

「もういい加減にしてほしんだよ」

と、小声で反論していた。

 

ぼくは「ほう。反論するんだな」と、すこし感心してしまったけれど、どうも、男性の方から別れ話を切り出したようす。

いわゆる「下剋上」というやつだ。

しかし、なにもわざわざアマゾンで別れ話を切り出さなくても…。

この先も、旅行はしばらく続くんだろうし。

とはいえ、男性もそれくらいわかっているはず。

きっと、我慢の限界に達したのだろう。

 

「別れないわよ!」

「こんなところで何よ!」

と、女性は激高。というか、取り乱している。

長い髪の毛を振り回し、怒りの頂点で怒鳴り散らす。

男性のほうは、下を向きつつも、ぼそぼそとナニヤラ反論している様子。

 

他のツアー客はみんな当然外国人なので、彼らが何を言っているかはわからないが、その様子から「察しはつく」という感じで見ている。

しかし、ツアーガイドの一人が

「カワイルカは静かにしていないと出てこない」

と、彼らに注意を与えたが、もう女性の方は聞く耳を持たず、キーキーと騒ぎまくっている…。

 

 

という夢を、昨夜見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

ピザくった

テーマ:
今日も雨ですね。
なんか、いろいろ面倒な気分になります。

昼、ピザーラ。
めちゃめちゃ久しぶり。
「店まで取りに行けば半額」
だというのでこの雨の中、店まで外出。我が家から車で5分もかかりませんけど。
で、テイクアウト。


食べたけど…、まあこんなもんかなぁ。
イタリアのピザとは、まあ別物ですね。
ただ、腹にものすげえ…たまりますね。


おそろしい時代

テーマ:

わが職場に来ていた実習生、昨日で実習期間終了。

実習担当の僕としては「無事終わってよかった」っていうことに尽きます。

 

7月から8月上旬まで2名、8月中旬から昨日まで1名の実習生が来ていましたが、今年度の実習はこれですべて完了です。長かったっす。

来年度は…、ちょっとどうしようか迷ってます。実習受け入れについて。

約3か月ものあいだ実習生が来ていると、その指導(というほどのことはしてないけど)に割く時間が結構負担で、本来業務に支障がでかねないのです。

特に夏は、我が業界は忙しい時期。正直いって「実習生まで手が回らない」のでございます。

 

さて、昨日までの実習生は21歳の現役女子大生でした。

共通の話題などあろうはずもないのですが、イマドキの女子大生事情が聞けて、なかなか面白かったです。

いわゆるジェネレーションギャップ(最近は「ジェネギャ」というらしい)。

例えば、その女子大生によると

「友だちのお母さんと、ふたりで飲みに行きます」

なのだとか。

え?

友だちのお母さんとふたりで?

友だち抜きで?

と、耳を疑ってしまいましたが、どうも、そういうこともあるようです、最近は。

 

もしくは

「お兄ちゃんのカノジョ、よくウチに泊まりに来ますよ」

なのだとか。

え?

遊びに来るんじゃなくて、泊まりに?

お兄ちゃんと一緒のベッドに寝る?

実家で!?

と、耳を疑ってしまいましたが、どうも、そういうこともあるようです、最近は。

 

ジェネギャ、ですな。

それとも、その女子大生がその世代でも突き抜けた存在なのでしょうか。

よくわかりません。

いずれにしても、僕が大学生のころには聞いたことがないようなハナシばかりでした。

 

ちなみに、最近の女子大生の間では、カレシのスマホを隠れてチェックするのは、もはや常識的必要悪だそうです。

パスワードとか、指紋認証とか、カレシの目を盗んで勝手に設定しなおしたりして(パスワード、二重設定できるとかナントカ…。細かいことはついていけませんでした)、「自分専用の」パスワードをつくり、カレシに気づかれないでLINEなどをチェックする…。

もはや犯罪ではないですか?

それやられちゃうと、我々オトコたちはもはや打つ手なし!なんですけど…。

 

「えー。みんなやってますよ」

とのこと。

 

時代、ですな。

 

 

 

自暴自棄

テーマ:

いやあ、雨ですね。

埼玉は連日の雨です。
洗濯物がマッタク乾きません。
 
つーか、今月に入ってまともに晴れた日ありましたっけ?
「予報は雨だったけど、偶然晴れちゃいました」
みたいな日は1日か2日あったような気はしますけど、いわゆる「カラッと晴天」という日はなかったように思います。
9月って、毎年こんなでしたっけ?
 
9月は、我が妻と、僕自身と、エツさんと、あとサカモトの誕生月です。
全てはサカモトが悪いようですね。
 
今日も書くネタがなかったので、天気の話で引っ張ってみましたが、いかがでした?
このブログも8年目です。
書くネタなどあるはずもありません。
そう考えると、やはり「こち亀」ってすげえな、って思います。
40年ですからね。
ま、僕のブログと比べるのもナンですけどね。
というか、このブログって何かの役にたってるんですかね?
まあ、もうどうでもいいんですよ。
はっきり言って。
 
 
今日からウキ師が我が家再訪。
いつまでいるのかよく知りませんけど、木曜日には結婚式(知らない人の)に出席するそうなので、自宅に戻るのでしょうか。それとも我が家から結婚式に向かうのでしょうか。
どちらでもいいです。
そういえば、金曜日には協力隊仲間のハルカが我が家へ来るとか来ないとか。
一説には、ハルカも宿泊して、夜のわが娘の世話を担当するとかしないとか。
我が娘も、いろいろな人に世話してもらっているので、人見知りしない子に成長することでしょう。
そういえば、金曜日はライヴに行く予定です。
クイーンの。
トミーと。
クイーンつっても、フレディはなくなっているのでオリジナルメンバーではないし、しかもジイサンたち。
「金払ってジイサンの歌を聞きに行く」
という状況ですが、久しぶりのライヴなので、ちょっと楽しんできます。
さらに言えば、ガンズも来日するようですね。
クイーンとかガンズとか、僕の高校時代に聞きまくった「懐メロ」。
アクセルも激太りしてたけど、今はどうなんでしょうね。
 
どうでもいいことをダラダラ書いてしまいました。
ま、いつも通りですね。
もうどうだっていいんですよ。
洗濯物さえ乾けば。
 
 

安眠を求む

テーマ:
昨夜の我が娘、午後10時半から午前3時頃まで、ほぼほぼ泣きっぱなし。途中、1時間くらい寝たかな?くらい。完全に、寝不足(僕も娘も)。
今日が休みだったのでまだ良かった…。
が、明日は仕事。今夜はどうなることやら。

現在午後9時時過ぎ。
これから娘と添い寝。
彼女はすでに寝ているけれど、時々グズってます。また10時くらいに起きちゃうかなあ。
我が妻は、二階の寝室でひとりで寝る。
午前1時に添い寝を交代。
こうでもしなあと身が持ちません。

明日、ウキ師が我が家に再来。無論、宿泊。週の半分くらいは我が家で過ごしているか?
実にありがたい。
ウキ師がいるときは、夜の娘の世話も僕に代わってやってくれるし、針もブッ刺してくれる。
ゆえに、夜の安眠は確実。

さあ。
そろそろ寝ようかな。
さすがに眠いわ。

マメちゃんの反応

テーマ:
雨の合間を縫って、我が家の駄犬・マメちゃんの散歩。
近くの公園へ。


{FB88E146-42A4-451B-A01A-C6FAFF6ECF88}
雨模様のため、人影なし。


{85210C33-7797-4F83-B627-AE9ED0B1BD76}
公園の中の、東屋。


{BD462B89-9362-48C1-B5DF-64DBD980AD18}
入室を拒否されるマメちゃん。
仕方ないので自宅へ戻る。
我が娘とマメちゃん。

{DCC8BC6A-DCE9-41F9-9D94-0B7115172C25}
乳幼児のにおいに興味津々のマメちゃん。


{3F006175-CCD8-4865-B05C-08FE2C61360E}
駄犬VS生後1カ月。

{99A038C1-DFAF-43FD-B2D3-CBAD58D6927F}
今夜のメニュー。

{10F0384A-4DCB-40F5-86DC-DDCFEF1EE21C}
豚汁ともずく。


{F3F2AB2D-B514-4CF2-9C91-A7DCE0FEA892}
豚キムチとカンパチのサラダ。


{B57B2513-CE95-4193-91F1-F498267CF9D1}
で、真田丸。

ありがたい

テーマ:

昨日からウキ師が我が家に滞在中。

明日、お帰りになるようです。

 

さて、子育ては腰に負担がかかる。

おむつ替えたり、おふろに入れたりで、中腰になったりすることも多い。それに、床から子供を抱き上げたりとかも。

で、腰痛。

そんなわけで、ウキ師に腰を中心に針をうってもらう。

 

極楽…。

うってもらいながら、寝た。

 

 

話は変わるが昨日自宅に戻ると、お届け物が。

三重県で、抜群の安定感で独身生活を続けるキクチよりの贈り物。

 

{41675511-2961-4218-9D5B-2F4BAF308C21}

スリング、という抱っこひも?みたいなもの。

この中に赤ちゃんを入れて、外出ができる。

赤ちゃんからすれば、ハンモックみたいな感じか?

 

{7113F6F3-BE0E-4986-A7E1-944E9BEC67E5}

で、名前入り。

スリランカの言語であるシンハラ語で、わが娘の名前が印字されている。

こんなことできるのか…。

テンキュウゥェ。

 

あ、みなさん読めませんよね。