断酒計画

テーマ:

宣言通り、昨日は酒を飲まなかった。

一滴も。

酒を口にしなかったのはどれくらいぶりか?

二週間とか三週間とか?

前回酒を飲まなかった日は、たぶん二日酔いで「酒など見たくもない」という状態だったとき、だと思う。

毎日の晩酌が生きがいの人生なので。


昨日から「断酒期間」に入ったわけであるが、いきなりのピンチを迎えている。

というのも、今夜は職場の飲み会。

僕が勤務する法人に、なんと50年も務めていた上司がいよいよ勇退される。

その送別会。

その上司、女性なのだが、18歳のころから働き始め、我が法人どころか、足立区全体の高齢者福祉に貢献してきた人物で、尊敬に値するお方。

「昔は超怖かった」

と、数々の武勇伝を残しておられるが、今はかなり穏やかになっておられ、僕も随分とかわいがってもらった。


そんな方の送別会。

「自分、いま断酒中なんで」

と、酒を断ることだ出来るだろうか。

いや。できまい。

けれど、かといって「妊婦の夫」としての責務が無くなったわけではない。

というわけで、断酒はひとまず続行。

最初の乾杯の時と、それと勇退される上司が各テーブルをお酌をして回るときにだけ、ほんの一口、口をつける程度にビールを飲む計画。

あとはウーロン茶とノンアルビールでしのぐ。

それであれば、「酔う」ということもないだろうから妊婦の夫としての責務も果たせ、同時に勇退される上司へも義理を通せるというもの。



今回の断酒をいい機会として、子どもが生まれてからも、酒量を減らしていきたいと考えている。

僕ももう中年だし、デブだし、眉毛は伸び放題だし、汗っかきで脂ぎっているので、酒ぐらい減らさないと、生まれてくる子供に申し訳が立たない。

「酒は一切飲まない」

とか、絶対不可能なことを宣言するつもりはないが、

「出来るだけ減らす」

という、玉虫色の宣言ならできる。

いまは、毎日サッポロ黒ラベル500mlを2本から3本。

それから、日本酒とか焼酎とかウィスキーとかワインとか、その日の食事に合わせて飲む。

で、風呂上りにハイボール等。

そんな生活。


せめてビールの量くらい減らさないと、どうしようもない。

我が家には常に、サッポロ黒ラベルが2ダースから4ダースほどストックされているが、こういうところから改めていかなければならないのかもしれない。






AD

ペアレンツサークル

テーマ:

昨日は仕事を休んで、「ペアレンツサークル」なるものに参加してきました。


8月に子供が生まれる予定なんですけど、「ペアレンツサークル」は出産する病院で行われる勉強会みたいなもの。その病院では、出産に立ち会いを希望する男子たちには、ペアレンツサークルの受講が義務付けられているので、半強制的に参加してきました。

ちなみに、僕は立会い希望者の一人です。


ペアレンツサークルでは、我々以外にも6組ほどの夫婦が参加していました。

講師の助産師さんから、陣痛が来た時の対応法、破水した時の対応法などを学び、初めて聴くような話ばかりで

「むう。なるほど」

と、感心してしまいましたね。勉強になりました。


しかし、助産師さんから残酷な宣告をされてしまいました。

「妊娠37週になったら、赤ちゃんがいつ生まれるかわかりません。当院では、飲酒した状態での出産立会いはできません。なので旦那さんは飲酒を控えてください。」


い、飲酒を控える…。


陣痛がはじまったり、破水したりしたときは、僕が車で病院まで連れてゆく可能性も大いにあるわけで、酒を飲んでいたら運転もできない。

それに、酔った状態では適切な判断もできなくなる。

などの、さまざまな理由から、飲酒は「ダメ!」とのこと。

言われてみればもっともなことではあるが、それにしても酒を停められるとは


さらに!

なんと今日なのです!

今日から37週目なのです!!

つまり、今日から禁酒なのです!!



ひやあ。


昨日は浴びるほど飲んでやりましたよ、自宅で。

AD
今日 は休みを取って、出産予定病院の「ペアレンツサークル」なるものに参加。
父親となる心構えを学ぶ。


学んだことはすぐに忘れ、昼メシ。
地元のハンバーガー屋さん。

{1227D242-5B13-4EDE-B47C-392FA801480C}
ハンバーガーとポテト、サラダ&ドリンクで1300円くらい。妥当な、値段。
腹はいっぱいになった。うまかった。


{3D7B32EA-DD51-4CAA-9A59-3B4DA788D1E3}
ボリューム満点。


{37FBB169-2DC3-45AC-A7F6-D40A099286B6}
アボカド、ベーコン、チーズ、
つまり、ABC。



次は夕飯り


{E0EE9D00-5062-452E-BA48-9853BCFD9165}作りました。


{06C97125-019B-44FF-8AC6-03E94E56337C}
肉屋で買ったハンバーグをアレンジして、半熟卵ハンバーグ。


{5A405281-822D-4B57-945F-179F8198ACD8}
ホワイトシチュー。


{D2EC8FFE-093D-41D8-B601-7D583C55F012}
卵かけごはん。
ごはん一膳に、卵2個。
素晴らしい…。
ハンバーグとかシチューとか、そういうものより100倍旨い。
料理ってなに?
AD

絶品!卵かけごはん

テーマ:
先日モーリー&みわちんペアより送られてきた卵。
40個も送ってくるとは、ほぼ「テロ」と呼んでも差し支えのないレベルである。

一昨日は、鶏鍋にして、シメのおじやで卵を投入。
しかし、やはり卵の味をしっかり感じるためには、卵かけごはんが順当だろう。

というわけで、昨夜は鶏肉のステーキと、卵かけごはん。

{9030257A-3E43-4836-8FE9-393F8AFBB086}
森垣さん、ありがとうございます。



{3BD5EE10-F759-4B20-B6FA-C6C5F6150551}

キミの色が少し薄い。

レモン色?

トウモロコシ色?

とっても綺麗。



{7D8FDE1D-0FA6-4D17-80D7-8B925EDE0532}

で、卵かけごはん。


うめー!!

ずるずるずる。

うめー!!


なんていうか…、雑味がない。澄んだ味わい。


一杯を瞬殺で食い終わる。


で、二杯目。


{5DE8840C-8938-44A7-9099-61E9C83968D2}

卵には醤油をほとんど入れず、そのかわり納豆をかける。


うめー!!

ずるずるずる。

うめー!!



{763FAD81-E72F-4FE1-AA3F-7AF9944A33F3}


で、コチラは三重県在住のキクチより送ってもらっためかぶ。

コレはコレで…、うまい…。

ああ。

シアワセ…。



「卵を送る」

という連絡を受けたのは、我が妻であった。

もう一週間以上も前のことだった。

みわちんからメールがあったようだ。

その話を聞いた僕は「卵を送る?」と、腕組みをして考えた。

これはワナだ、と直感した。

モーリーのことだ。

素直に卵を送ってくるわけがない。

「卵」はきっと何かの謎かけ…。

なんだ?

何を送ってくるつもりだ?

ダチョウの卵とか?

たまごっちとか?

「鍼灸師の卵」として、ウキ師の派遣?

魚卵?


結構マジでいろいろ考えたが、送られてきたのはまさに鶏卵であった。

ただ、その数には驚いた。

40個!

食いきれるわけがない。

職場に持って行って同僚に分けようとも思ったが、しかしそこは卵。

運搬途中で割れてしまったらサイアク。

しかも要冷蔵だし。

仕方ないので我が実家の母に10個わけたが、それでもまだ30個。

ここ二日で、かなりのペースで食っているが、それでもあと20個以上はある。

ウマいので食えてしまうのだが、カロリーとかそういうの大丈夫か?


まあよい。

あれほどウマい卵掛けご飯は食ったことはない。

少々健康を害しても、文句を言えた義理はない。

また明日も卵掛けご飯にしよ。

一杯の御飯に、二個の卵を使う、というような贅沢も考えている。










昨日コンビニで買い物をした。

粗大ごみチケットと、アイスのピノ(ファミリーパック、みたいなやつ)。


僕が住む自治体では、粗大ごみを捨てるのは有料。

あらかじめ役所に電話して、粗大ごみを捨てる旨を連絡。

で、コンビニなどでチケットを購入し、そのチケットを粗大ごみに貼り付けて、家の前に置いておく。

すると、収集車が家まで回収に来てくれる、ということらしい。

初めて知った。


粗大ごみの大きさなどで値段は違うようだが、今回は540円のチケットを購入。

ちなみに、ピノも540円。

合計1080円を、コンビニのレジで支払った。

支払いの際、店員さんにこのようなことを言われた↓


「お客様、700円以上お買い求めのみなさまにはスピードくじを引いていただくことになっていますが、粗大ごみのチケットは対象外でございますので、お客様はくじを引くことが出来ません」



ちょっとイラッとしました。

たまご

テーマ:
北海道在住のモーリー&みわちんペアより、贈り物。



{606AC484-C488-4CAB-9581-960335DAD505}

{F5B2C526-51CA-4122-B268-FF998AD31121}

{7E7E1F33-8780-4019-A374-E7156EF652A0}
たまご。
40個。


というわけで、トリ鍋。

{55A16D6A-DEB9-4FE4-92ED-1DA1EAE0C86C}

{AB42B6FA-0CB7-4062-AE80-BA2EF3C9F7F9}
いえーい。


{22C4D46E-1D04-43C8-83B8-9C2F2DBB2758}
酒。
冷酒。


{E5051493-6B28-4BBE-A824-593980B27392}
で、もらったたまご。
かなり素敵な色。輝く黄色。
シメに、おじや。


{1FCA2056-A822-43A4-BA99-D86BE6BD12CA}
おじや、いえーい。


{79C7EE47-A7BF-41AD-B520-BC1BC9FF91C7}
で、真田丸。


天丼

テーマ:
今日はいつもの天ぷら屋でお昼ごはん。
我が妻と二人。


{94CE56B7-94E9-4A33-99F2-ABD028170864}
天丼を注文。
大好きです。


{C9918C7A-3FFF-4D28-8466-60A21459AAD1}
デブまっしぐら。
ぶひぶひ。

{51FA1AC2-464E-4BA5-A9B1-A5D79C38A2BF}
ペロリ。


さあて、これからマッサージ。
腰痛が悪化。
我慢できずに痛み止めを服用した。

今夜の真田丸に、万全の備え。

中年にはそばが良い

テーマ:
今日の昼メシは、行きつけの蕎麦屋。
車で行ったので、酒は我慢。

{A11129B9-1592-486B-8897-79B6E6BF50B3}
かつ煮。

{7D00D294-2916-423A-BA78-27F64AD9B030}
そば。

今日は午前中にお墓参りに行って、その帰りに蕎麦屋へ。
夏は、やはりお蕎麦がいいですね。

ちなみに、ポケモンGOは、ダウンロードしていません。昨日の足立区でも、スマホ片手に歩いてゲームをやっている連中をたくさん見かけました。
中年には、なかなかよくわかりません。
そもそも、あまりゲームに興味が持てないので、ちょっと悔しいような気持ちです。

日馬富士、強いっすね。

腰痛

テーマ:

現在、午前7時50分。

職場にいる。



腰が痛い…。

今朝目が覚めて、ベッドから体を起こした時に、腰がピキッ。

ぎっくり腰みたいな感じ?

身動きが取れない状態となった。


しばらくじっとしていたら徐々に体を動かせるようになったが、それでもギクシャク。

腰に鈍痛が残り、通勤の際、駅での階段の上り下りには支障アリ。



昨日はヨガ教室だった。

そこで変な風に体をひねったか?

でも、ヨガ教室終了後には元気に自宅までジョギングして帰ったし、カレーライスを三杯も平らげ、その直後に寝る、というデブ本来の行動をとった。

ちなみに、カレー一杯目は普通に、二杯目は納豆をトッピング、三杯目には生卵をトッピングするという、デブ一流の工夫。

ともかく、それくらい元気だったわけだから、ヨガの影響ではないのかもしれない。


まあもともと腰痛持ちなので、こういうことは時々ある。

「仕事、休んじゃおっかな」

とも思ったが、現在実習生を預かるわが身。

指導する立場の僕が休んでしまっては、

「じゃあ私たち何すればいいの?」

という状況に実習生たちを追いこんでしまうワケで、それはあまりにも気の毒。

仕方ないので、職場にやってきた。


さあて、と。

ダラダラ仕事を始めるか…。

あー、腰いてえ…。






我が家におけるウキ師の存在

テーマ:

昨日、自宅に戻るとウキ師がいた。

「やはり…。まだいたか…」

というのが、僕の感想である。


ウキ師は、沖縄から来たミサコとともに、おとといの晩から我が家に一泊していた。

ミサコは、都内で仕事関係の研修みたいなものがあるそうで、沖縄から我が家に泊まりに来たのだ。

だから、その研修に参加するため、昨日の朝には我が家を発っていた。

が、ウキ師はまだいた。



ウキ師は割と最近まで、鍼灸師の専門学校に通っていた。

通いながら、薬局でアルバイトをしていた。

専門学校を無事卒業し、資格も取得。

さらには、なんとバイト先の薬局が、店舗改装のため、一時閉店。

これ幸いにとウキ師はバイトを辞め、晴れて無職となったのである。


とはいえ、これから鍼灸師として一本立ちしてゆくつもりのウキ師。

「いまはそのための準備期間」

とのことで、昨日は我が家で一日ゴロゴロと漫画を読んでいたようだ。



実は、ウキ師が我が家にいてくれるとありがたい。

我が妻も身重の体。

家事もままならないため、やることがない。一日ゴロゴロしているし、実にヒマ。

ウキ師は我が妻の話し相手にもなってくれるわけだし、もっというと、妊娠中によくある(かどうかは詳しくは知らないけど)体の不調、つまり、お腹が張ったり、腰が痛くなったり、というような症状を、ウキ師はマッサージなどして治してくれてしまうのである。

そのうえ、昨日などは本来ならば僕が担当している夕食作りまでやってくれていた。


いつもなら、仕事から家に戻ると、

「さてと、メシ作るかな」

となるわけだが、昨日に関しては既にウキ師が準備万端、調理してくれていて

「さてと、酒飲みながらメシ食うか!」

といった奇跡のシチュエーション。

まことにありがたい。

そんなわけで、昨夜はウキ師も交えて三人で食卓を囲んだ。


ウキ師は7時半頃

「ミサコさんがウチに泊まりに来る」

とのことで、都内にあるウキ師の賃貸物件へと帰って行った。

帰り際、我が家の物置と化している二階の空き部屋について

「ちゃんと片付けておいて」

とウキ師は言い残していった。



まさか…、住むつもりなのか…?





{07CC4C6C-9802-40F0-8EE8-B595952D1046}

ミサコが沖縄から持参したへちまを使って、豚肉と豆腐を炒めた料理。

ウマい。

さすがウキ師。

「隠し味はトウフヨウ」

とのこと。



{AF6DE4D9-BAF4-40C1-BC48-011F22273192}

これもミサコが持参した青パパイヤを使ったサラダ、というか和え物。

タイ料理風。



{913A9B1C-CF21-4FDF-B7DE-F4F529E39A19}


長いもとオクラの素揚げ。

おいしい…。


ビバ、ウキ師。