週末

テーマ:

よーやく金曜日です。

今週は長かった…。

そして、今日からいよいよプレミアムフライデーですね。

月の最終金曜日は、午後3時に退勤しよう!

という政府主導の動き。

ま、今日は僕、午後3時から会議ですけどね。

わが職場にはまだプレミアムフライデーは導入されません。

その気配もありません。

それに、足立区ではフライデーだけでなく、エブリデイプレミアムなヒトビトがたくさんいて、どう見ても働き盛りなのに、なぜか平日の昼間から駅前の居酒屋で激しく飲んでいるオジサンたちをよく見かけます。夏になると、発泡酒片手にふらふら歩いているオジサンたちも、よく出没しますよ。なぜか、上半身裸だったりします。駅前にはさすがにいませんが、住宅街ではパンイチのおっさんもいます。

 

さて、いよいよ週末ですね。

あ!

明日も仕事だった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

ごめんなさい

テーマ:

きょ、今日は…、か、か、か、書くことがない!

基本、いつも書くことはない中で無理やり文章をひねり出して、垂れ流すようにして更新しているのだが、それにしても今日は、書くことがない。

 

書くことがない。

書くことがない。

書くことがない。

書くことがない。

書くことがない。

 

「書くことがない」と書いている間になにか思いつくかと思ったが、やはり書くことがない。

こんなことに付き合わされている読者諸賢には気の毒だと思うが、誰が一番気の毒かといえば、それはまさしく僕自身なのであって、とやかく言われる筋合いではない!

とだけ言っておこうか。

 

 

ごめんなさい…。

AD

どっか旅行行きたい…。

 

娘が生まれてからというもの、旅行とか山登りとかカヌーとか、そういう自由が利かなくなった。

それは仕方ないことなのだけれど、とはいえ久しぶりに海外旅行にでも行きたい衝動。

それはさすがに高望みか…。

海外、とはいわないまでもどこか国内でもぶらぶら気ままに飲み歩きたいものだ。

 

先日、新潟のアッキーから

「今年は来ないのか?」

的な挑戦的かつ好戦的、および挑発的なメッセージが届いた。

それはつまり、毎年新潟で開催される

「にいがた酒の陣」

という、とにかく日本酒を飲んで飲んで飲みまくって、救急搬送されたって構わない…、というようなイベントに「来ないのか?」という意味である。

僕は過去二回、参加したことがある。

実に楽しい催し。

新潟で唯一楽しい催し。

行きたい…。

今年は3月11日と12日の土日で開催されるようだ。

が。

行けないよ…。

 

アッキーはまだ知らないようだ。

男たちは結婚すると片方の翼を奪われ、子どもが生まれるともう片方の翼を奪われるという事実を。

 

ま、でも、来年くらいにはまた行けると思うよ。

子どもも一歳になれば、いまよりはもうちょっと、手がかからないようになっている…はず…だから。

「酒の陣」は毎年土日の開催だから、金曜日に休みを取って新潟の温泉宿で一泊。

土曜日は酒の陣。

で、日曜日に自宅へ帰宅し、月曜日も休みを取って、自宅で静養。

というプラン。

我が妻と娘も連れて行ってもいいし。

ウキ師も来たければ来ればいい。

そうだな。

それがいいかも。

 

アッキーよ。

来年こそは「酒の陣」で会おう。

 

AD

ウキ師とのバランス

テーマ:

我が妻は、来月までは身分上、一応「学生」ということになっている。

所属は関西の大学。

で、今日は大学の用事で、関西まで出かけている。新幹線で日帰り。

朝寝坊の我が妻であるが、今朝は5時に起床し、6時過ぎには自宅を出ているはずである

(ちなみに、僕は3時50分に起床し、5時45分に自宅を出る、という毎日)。

今頃は新幹線の中でサンドイッチでもつまんでいる頃か。

 

そんなわけで、生後6か月の我が娘は、ひとりでお留守番。

まさかそんなわけにはいかないので、昨日から、ウキ師が我が家に来ている。

わが娘を世話してくれるため。ありがとうごぜえます。

 

わが娘はが生まれて数か月の間は、ウキ師は月のうち半分くらい我が家に滞在し、子育てと家事を手伝ってくれていた。

今は、娘の夜泣きも以前ほどではないし、僕ら夫婦も幼い娘のいる生活に慣れてきたこともあって、ウキ師に助けを求める頻度も減ってきた。

いくら友達とはいえ、いつまでも頼りっきりになるのはさすがに「わるい」と思ってしまう。とはいえ、事情によってはウキ師に「ヘルプ!」という連絡をすることになるのであるが、本音を言えば、

「月の半分くらい来てくれると助かるんだがなあ」

ってなふうに思いもするが、ウキ師にはウキ師の生活があるわけなので、そこのところのバランスが非常に難しいのである。

 

さきほど、ウキ師からLINEで連絡が入り、わが娘が

「大量のうんちをした」

とのこと。

ぐずっていたわが娘であるが、おむつを取り替えたらご機嫌になったそうである。

 

 

 

 

 

トランプさんがアメリカの大統領に就任して、1か月だそうです。

ちなみに、わが娘は生まれて6か月半です。

 

トランプさんに関するニュースって、なんとなく「悪い話」ばっかりじゃありませんか?

側近が辞めたとか、不適切発言とか。

それでもトランプさんはアメリカ国民が選んだ大統領なのだから、どこかいいところがあるはずなんだろうけれど、報道ではそういうことには触れられていません。

 

トランプさんのいいところって、どこなんでしょうか?

政治のことは、バカなのでよくわかりませんけど、髪型は確かに個性的です。いいか悪いかはともかく。

娘は美人です。イバンカさん。

大金持ちですね。別荘、ちょっと悪趣味ですけど。

普段怒っているような感じの表情が多いので、たまに見る笑顔はキュートです。

ロシアとは仲がいいようです。

ネタニヤフさんとも仲がいいようです。

安倍さんとも仲がいいようです。

ゴルフが趣味のようです。

あとは…、犬とか飼ってないんですかね?アメリカの大統領って、犬飼ってるイメージがありますけど。ダチョウとかキリンとか飼ってそうですね。なんとなく。

 

トランプさんのことを考えれば考えるほど、別にどーでもよくなってくるので、この辺でやめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調回復

テーマ:
{8D9CBAA9-284B-45AC-B6B7-E47DF72973A8}
直虎。



{B0D18F38-12B0-4D35-BE52-BE77275F789D}
ハヤシライス。
海藻サラダ。


今日は、ひな人形を飾った。
そろそろひな祭り。
我が娘にとっては、初節句。

男雛と女雛、二体のみの我が家のお雛様。
一段飾り。
設置作業は約一時間。
疲れた…。
七段飾りの家ってどうなんの?
単純計算で、設置するのに七時間…。
1日終わる。




定着するといいけれど

テーマ:

「プレミアムフライデー」ってご存知ですか?

僕は今日知りました。

「月末最後の金曜日は、午後3時に仕事を終えて、かえりましょー!」

という活動のようです。

旗振り役は、日本政府。

 

仕事を早めに切り上げ、夕方から飲みに行ったり、家族で食事に出かけたり、そういうことで消費活動を活性化させての経済効果を狙ったものだそうです。

実にいいアイディアですが、午後3時に帰ると、それはわが職場的には「早退」という扱いとなり、給料が減らされるので却って我が家の家計を圧迫するので、消費活動は控えねばならなくなるのです。

 

そういえば、ちょっとまえまで「早く出勤して、早く家に帰ろう」みたいな活動もありましたね。政府主導で。スキージャンプの葛西選手がCMに起用されて、キャンペーンなどを割と大々的にやってました。

「ゆう活」でしたっけ?

あれっていまもやってるんですか?

くらいの存在になってます。

 

「プレミアムフライデー」も同じ道をたどる気がします。

ちなみに、「振り込め詐欺」は、警察的な正式名称は「かあさん助けて詐欺」です。

定着してませんけど。

こわいですね

テーマ:

金正男さん暗殺のニュースには、びっくりしましたね。

率直に「こんなことってホントにあるんだ…」という驚き。

 

一部報道によると、女性工作員2名が、毒針を使って殺害したとか。

女性工作員…。

毒針…。

く、く、くノ一ですか…!

くノ一のしわざですか…!

くノ一なんですか…!

…なんだかぞくぞくしますね。

 

まさかにくノ一ではないでしょうけれど、いわゆる「女性工作員」って、どういう人たちなんですか?

僕みたいに、高校出て、大学出て、就職して、そこをやめて、バックパッカーになって、それからまた就職しって、協力隊員になって、また就職して…、なんていう敷かれたレールの上をただ盲目的に歩んでいるだけの人生とは、やはりどこか違う人たちなんでしょうね。

そもそも、人生のどの時点で「女性工作員になろう」と思ったんですかね?

「女性工作員募集」なんて求人、みたことないですけど。

そこはやはり、フツーの就活ではお目にかかれないマル秘募集なんでしょうか。

それとも、よく映画で見るように、自分の意志とは無関係に、好む好まざるにかかわらず、否応なしに「生まれた時から女性工作員になる宿命だった…」的なヤツでしょうか?

だとしたら、やはり「くノ一」ということになりそうな気がします。

 

暗殺って、もっと人知れず実行されるようなイメージがありました。

闇から闇へ、みたいな。

「そういえば最近テレビで見ないな」

くらいの芸能人はたくさんいますが、そういう感じで(?)、人々の目にふれぬところでなんとなく存在を忘れてしまうような、世間にはそんな風な印象を与えつつ、ひっそりとどこかの森の中とかで殺してしまう…。

もしくは、事故を装っての暗殺。ダイアナ元皇太子妃が亡くなった時も「暗殺説」がまことしやかに流れましたよね。事故なのか暗殺なのか、僕にはよくわかりませんけれど、現実には事故死とされているわけですから、仮に暗殺だとしたら、それは「作戦成功」ということになるのでしょう…、というイメージでしょうか、暗殺って。

 

今回は、なにせ現場が空港ですからね。公衆の面前です。

監視カメラもたくさんあります。

目撃者もいたことでしょう。

ぼくのイメージとは、かなり食い違う暗殺です。

現実というのは、そういうものなのでしょうか。

それにしても、穏やかじゃありませんね。不気味です。

毒で人を殺してしまうなんて…。

こわいですね。

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ書いた

テーマ:

のどが痛い…。

風邪か?

それとも花粉症か?

でも、なんとなく体がだるいので、風邪かも。

 

風邪を引いた状態では、幼いわが娘にべたべたできない。

うつしたら大変。

いつもなら一緒に寝るのだが、昨夜は別々に寝た。

そのかわり、夜中に起こされることもなく、朝まで泥のように寝た。すごく質のいい睡眠。

酒も飲んでいなかったので、健康的な眠りだったように感じる。

 

酒を飲んで酔っ払った状態で寝ると、夜中にトイレに起きたり、起きた時に口の中がねちょねちょしたりして、なんとなく「寝たには寝たけど、なんだかなあ」って感じになる。我が妻によると、イビキもひどいらしい。

でも酒を飲まないで寝ると、すやすや。

朝まで目が覚めないし、起きた時もすっきり。

どう考えても、飲まないほうがいい。

肝臓にも睡眠にもいい。

でも飲んでしまう。

飲まないほうがいいとわかっちゃいるけど、やめられない。

人生とはそういうものですよね。

 

さあて、葛根湯でも飲みますかね。

今日は珍しく残業の予定。体力もつかなあ。

ユンケルとメガシャキのコンビネーションに頼るしかないか?

あの手の栄養ドリンクって、飲むとその時は元気になるけど、あとでドッと疲れが出る。

いわゆる「元気の前借り」みたいな状態になるのかも。

次の日が休みで一日中寝ていられる…、という状況なら飲んでもいいと思うけれど、そうでなければなるべくなら飲まないほうがいいよね。

 

今日は、なんだかとりとめもないことをダラダラと書いたなあ。

いつものことか?

それにしても、トランプさんとイバンカさんは、親子とは思えませんね。