足あとご訪問ありがとうございます。星


車中で犬を留守番させると命の危険が! 置きざり注意。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト



動画) The First Hug


クマ注意喚起) クマなど出没記事が目立ちます。どうか、厳重警戒を。


うり坊動画) 20170517放送 「原発周辺の町 あふれる野生動物 ~避難指示解除で何が~」


”【署名あり】生きた猫を閉じ込めUFOキャッチャーの景品とすることを廃止してください。

http://ameblo.jp/nihao-yozora/entry-12275067961.html


”木下大サーカスさん ショーに野性動物を使わないでください!”

http://ameblo.jp/nihao-yozora/entry-12272682878.html



******************************
「アレッポの猫男」と呼ばれる救世主 ★モハマド・アラー・アルジャレールさん

内戦続くシリアのアレッポで猫や犬を助ける人に「ノーベル平和賞を」の声 170匹以上の動物を保護

https://twitter.com/theAleppoCatman


****************************************************************

NEWわんわん朗報) 2017玉林犬肉祭り~犬肉の販売禁止~ 中国


★玉林(ユーリン)犬肉祭を廃止するための請願署名に賛同願います。

犬肉祭りを終わらせるために 3500匹を救う中国の動物愛護家

自動代替テキストはありません。

****************************************************************


ボランティア犬 もか吉くん(保健所のワンコ達に使われます)
チームもかチャリティアクション http://ameblo.jp/moca-eri0420



他の記事をご覧になりたい方は

なう

まで飛んでお読みください。

空いた時間にまとめる予定ですが

過去記事になるものもありです。

時間が取れずですみませんショボーンお願い


流れ星流れ星流れ星

http://now.ameba.jp/nihao-yozora/

  • 26 May
    • 「動物病院の柱に吊るされていた母猫と一緒にダンボールに入れ棄てられていた子猫たち~福岡県」

      チーム殺処分0さんより http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-2009.html       何とも衝撃的というか こんな捨て方初めて見ました。 母猫はどうぶつ病院の柱に紐で縛られ 吊るされていました。 子猫はダンボールに入れて。 こんな捨て方は絶対に許せない。 犯人を捜査すべきです。 捨てる事自体、犯罪です。 しかも・・・。     -------記事転載ここから------- シェア希望です。 (福岡市西区での事です) 僕は今日、本当に怒っています。 今日は、うちのお母さんニャンコのキナコの避妊手術の予約日でしたので とても信頼している西区のM動物病院に行きました。 そこで、院長先生に衝撃的写真を見せられました。 昨日の朝、病院の前に子猫5匹と母猫が置かれていたそうです。 子猫はダンボールに入れられていたそうですが、 母親はなんと木に縛り付けられていたそうです。 それがこの写真です。 なんでこんな事が出来るのでしょうか。 この先生は、ネコの保護も積極的にされています。 今この親子は病院で保護されています。 院長先生から、新しい家族探しの協力依頼をいただきました。 男の子4匹に、女の子1匹だそうです。 よく解る子猫の写真は、先生から送っていただき、また投稿いたします。 この親子は絶対に幸せにしてあげたいです。 (もちろん、どんなニャンコも幸せになって欲しいのですが) 皆さま、よろしくお願いいたしますm(._.)m ----------記事転載ここまで---------- 記事元:フェイスブック https://goo.gl/h3LXKh           転載以上-------------------------   ★敢えて母猫の姿を転載させていただきました。 無事保護されてよかったですね。 こんな手の込んだことを・・・ 面白がっているとしか思えないですね。 捜査すべきだと私も思います。          

      526
      14
      65
      テーマ:
    • 「猫の街」長崎、殺処分数全国ワースト 県が新しい「共生」模索

       西日本新聞 5/25(木) 11:26配信より https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00010002-nishinpc-soci&p=1       街でくつろぐ猫にカメラを向ける「ねこさるく」の参加者。耳には不妊去勢治療を施した証明の切り込みが施されている  街を歩けば猫に出合う-と言われるほど長崎には猫が多い。いわゆる「野良猫」だ。愛らしい姿を目当てに訪れる観光客がいれば、モチーフにした菓子や雑貨もある。一方で殺処分が後を絶たず、長崎県内の猫と犬を合わせた処分数は2014、15年度の2年連続で全国トップ。「生」と「死」が交錯する街で、「共生」を模索する取り組みが少しずつ進んでいる。  今月13日、長崎市中心部の丸山公園。市内を歩いて魅力を探る観光イベント「さるく」の一つ、猫と触れ合う「ねこさるく」の参加者が集まった。リピーターを含め県内外から13人。日傘やTシャツにデザインを施した根っからの猫好きも。主宰する神徳典子さん(47)が「かわいい猫たちに会いに行きましょう」と盛り上げ、路地裏へ。  細く入り組む石畳は格好のすみか。寝転ぶ姿に「くうぅ、癒やされる」と夢中でシャッターを切る参加者たち。インターネットで知った東京都の会社員斉木一郎さん(50)は「のんびりしている姿がいい」。1時間半の散策を楽しんだ。  神徳さんは殺処分が多い現状を知り、04年に有志で「長崎猫倶楽部」を発足、子猫の引き取り先探しを始めた。自腹で野良猫に不妊手術をしたこともある。手術の痕跡があれば処分対象にならないためだ。  こうした実情も含めて効果的に啓発しようと、12年にさるくをスタートした。「命を大切にすることで、街の魅力はもっと増す」と考える。         長崎に野良猫が多い背景  県のまとめによると、15年度に県内で殺処分された犬と猫の数は全国最多の4370匹。うち猫が3585匹に及び、県や市の施設に持ち込まれた数の95%が処分された。野良猫が産み落とした子猫が大半だ。  施設は県内7カ所。一定期間内に引き取り先が見つからなければ処分される。鉄製の箱(縦・深さ50センチ、横1メートル)に猫や犬を入れて鍵を掛け、二酸化炭素を流入して失神、死に至らせる仕組み。この間、約10秒。長崎市の施設、市動物管理センターの松下明嗣所長は「生かしてやりたいが、センターですべてを飼育するのは不可能だ」と漏らす。死骸は焼却する。  長崎に野良猫が多い背景には特有の地形や気候がある。(1)車が入れない坂道が多く、事故に遭う確率が低い(2)温暖なため冬場に凍死しない(3)海に面して魚など食べ物を得やすい-。民間グループ「長崎の町ねこ調査隊塾」によると、長崎市内のある地区で確認した1ヘクタール当たりの野良猫の数(猫密度)33匹は、北九州市の住宅地の5倍に及ぶという。   グラフ     県の負担で野良猫の不妊去勢治療  殺処分を減らすため、県は野良猫に対する不妊去勢治療の推進事業を本年度から拡充。繁殖を抑えることで、野良猫の生息を適正な規模に絞り込む計画。犬も含めた殺処分数を19年度までに2185匹に減らす。  推進事業は14年度に処分数が全国ワーストになったことを受け、翌15年度にスタート。町内会など地域住民の同意を得られた場合に限り、その地区の野良猫の不妊去勢治療を県の負担で行い、治療済みの猫は耳に切り込みを入れて区別する。その代わりに、治療を行った猫が生涯を終えるまで地域ぐるみでえさやトイレの世話をする。地域も応分に負担する新しい「共生」の試みだ。  年間約40匹に実施してきたが、応募が多いため本年度から200匹に拡充。長崎市は同様の制度を一部住民負担(2千円)で14年度から導入、大村市は本年度から住民負担ゼロで取り組む。  県は引き取り先への譲渡推進も図り、これまで年2回だった譲渡会を6回に増やす。こうした取り組みは全国で進み、各県とも殺処分は大幅に減少。長崎県内の処分数も減っているが、県生活衛生課は「まだ全国的に多い水準だろう。少しでも殺処分を減らせるようにしたい」としている。       ネズミ駆除で飼育推奨も  国内に猫が持ち込まれたのは奈良時代にさかのぼる。大陸から贈られた貴重な経典、穀物をネズミから守り、愛玩動物としてもかわいがられた。人間との「共生」が成立していた。  猫が人間を救う決定的な出来事がある。14世紀の欧州で猛威を振るい、国内では明治時代に患者が発生した感染症ペスト。熊本県小国町出身の細菌学者、北里柴三郎(1853~1931)は1894年、ペスト菌がネズミを介して広まることを突き止め「感染防止のため、一家に1匹猫を飼うとよい」と提唱。国も全国に猫の飼育を推奨する通知を出した。  だが、終戦後は下水道の普及で衛生環境が改善され、木造住宅に代わってマンションなど気密性の高い家が増えたことでネズミは減少。猫の「役割」も低下した。  長崎に多い大陸由来の尾曲がり猫の生態系などを調べる「長崎尾曲がりネコ学会」の高島茂夫会長は「ネズミを駆除する必要が薄れたからといって、人間がこれまで頼ってきた猫を一方的に迷惑がるのはおかしい」と指摘している。       【画像】「生かしてやりたいが…」殺処分に使用される鉄製の箱       =2017/05/25付 西日本新聞朝刊=        

      12
      3
      テーマ:
    • 【徹底取材】牛の除角作業が残虐すぎる! ショック死する牛も… 中韓より劣る日本の畜産環境

      ネタりか(2017/5/23 22:33 TOCANA) https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170523-12998044-tocana       イメージ画像:「Thinkstock」より      牛の角というと、人間の爪のように神経も血管も通っていないと思われる読者もいるのではないだろうか? 筆者も最近までそう思っていたのだが、実際には牛の角には神経も血管も通っている。ところが、日本で家畜として飼育される牛の多くが、人に危害を加えたり互いに傷つけ合うことを防止するなど管理上の都合から、なんと“麻酔なし”で除角され、その過程ではショック死する牛さえいるというのだ。この事実に強い衝撃を受けた筆者は、動物愛護団体や企業に聞き込みを行うなど、牛の除角問題について徹底調査することを決意した。 ■残酷すぎる除角、麻酔を使わない本当の理由  まず、除角をはじめとする動物愛護の問題に取り組むNPO法人アニマルライツセンターの代表、岡田千尋氏は次のように現状を語った。 「日本で飼育されている牛の多くは、作業者の安全を守り、牛同士の突き合いを防ぐために除角されています。ご存知の通り、除角は一般的に麻酔なしで行われています。今年の初めごろ、ある畜産施設の従業員から内部告発がありました。除角により、牛が死んでしまったというものです。  除角の道具は電気カッターのようなもので、まず角を切り落としてから、その後(傷口に)木炭で熱したコテのようなものをあてていたそうです。もちろん、作業員も血まみれになりながらの重労働だったといいます。  しかしその時は、牛が興奮状態に陥って失神。獣医に診てもらうと心不全と判断され、やがて死亡が確認されたそうです。さらに、この一件があってもなお、農場主の要請で牛の鼻輪の穴開けまで麻酔なしで行われたといいます」  なんとも悲しい事実である。それにしても、なぜ日本で牛の除角は麻酔なしで行われることが多いのだろうか? 「いくら除角に正当な理由があるにせよ、鎮静剤や麻酔を使用すれば牛に過度な苦しみを与えずに済みます。ところが、2014年度に国産畜産物安心確保等支援事業が発表した飼養実態アンケート調査報告書によると、日本では肉牛の59.5%、乳牛の85.5%が除角されており、そのうち麻酔を使用する農家は肉牛の場合17.3%、乳牛の場合は14%のみです。これは、麻酔を使用する場合には獣医師の処方が必要となり、コストがかかるためです」(岡田氏) ■農林水産省の見解は?  では、この件について農林水産省はどのように考えているのか? 筆者が問い合わせたところ、次のような回答を得た。 「農林水産省としては、国際獣疫事務局(OIE)が示した指針も踏まえて策定された『アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針』に基づき、家畜の快適性に配慮した飼養管理の普及に努めているところです。 同指針において、除角については牛への過剰なストレスを防止するため、麻酔の使用の有無にかかわらず可能な限り苦痛を生じさせない方法を取ることとされ、除角によるストレスが少ないといわれている生後2カ月以内に実施すること等を推奨しているところです」 (担当者)  しかし、たとえ生後2カ月でも、角に血管や神経が通っていることに変わりはなく、痛みを伴うことは間違いない。そして、残念ながら現在の方針では「麻酔を使用しなければならない」という具体的な規定がないのだ。 ■激痛に苦しむ牛たちを救う企業が!  では、なんとか牛たち救う方法はないのか? 筆者が調査を進めると、除角をせずに人と牛が共存共栄できる方法があることがわかったのだ。なんと、三重県四日市市の日新冷蔵庫株式会社が、牛の角を切断することなく、その危険を回避するための“角カバー”を販売しているではないか。早速、筆者は日新冷蔵庫株式会社に詳細について問い合わせてみた。 「牛の角カバーの開発経緯ですが、除角を初めて自分たちの目で見た時、牛がかわいそうと感じたことがスタートでした。そして、農家さんと牛たちに、ともに喜んでいただける商品を開発したいと考えたのです。  私どもの独自調査の結果、(肥育牛の)除角の際、麻酔を使用している農家さまは0件でした。ゴムバンド等の使用率は高かったのですが、やはりコスト面や手間を考えると麻酔の使用は難しいようです。しかも、除角後の焼きゴテさえ、使用している農家さんはほとんど見られなかったのが実情です。 (中略)  何人かの獣医師からは、現行の除角作業について『切断箇所からの細菌感染や動物福祉といった観点から感心しない』とのコメントをいただいておりますが、それでも麻酔の普及は難しいようです。そのため、弊社といたしましても角カバー着用への切替と普及に努めていきたいと考えております」(担当者)  人間のみならず、家畜の愛護もしっかりと考えている実に立派な企業である。筆者は他にも、乳製品業者や酪農家、各協会などに問い合わせたのだが、ほとんどが「詳しいデータがない」との一点張り。乳製品業者で唯一、正式なデータを提示してくれたのは森永乳業株式会社のみという有様だ。他の組織は本当に「わからない」のだろうか? 日本社会が、畜産動物の残虐な扱いについて、目を背けているのではないだろうか? ■日本の畜産動物の扱いは中韓より劣る  前述のアニマルライツセンターは、日本において過酷な扱いを受けている畜産動物は牛だけではないと指摘する。 「国際動物保護組織であるWorld Animal Protectionの調査によると、日本における畜産動物の扱いのグレードはDです。これは法規制、飼育環境や屠殺の問題まで総合した評価であり、グレードはA~Gまでありますから、下位といえます。ちなみにイギリス、スウェーデン、オーストリアはA、ブラジルはB、中国と韓国でさえもCです。日本ではペットに関する動物愛護法はあっても、畜産動物に関してはほぼ規制がありません。  しかも、牛だけでなく、日本では豚の81.5%が麻酔なしで尻尾を切られてます。豚はストレスがたまると互いの尾をかじってしまうため、それを防ぐためなのですが、より良い環境で飼育してあげれば尻尾かじりはなくなるはずです。また、同じく麻酔なしで豚の94.6%が去勢され、63.6%が脱歯されています。さらに、鶏もお互いを傷つけることを防止するためにクチバシが切り取られているのですが、83.7%は麻酔なしで激痛に苦しみます。欧米では、極力痛みがないように赤外線を用いる方法が広まっているのですが」(岡田氏)  なんと! 日本の畜産の現場では絶え間なく残虐行為が繰り返されていることになる。 「問題の根底には、日本のアニマルウェルフェアに対する意識の低さがあります。対策としてはまず、消費者が行動すること、そして動物愛護法を変えることしかないと思います。来年に動物愛護法の改正が検討されていますが、私たちはしっかりとアニマルウェルフェアに沿った動物愛護法にするために、いま署名を集めています。よろしければご協力いただけますと幸いです」(岡田氏)  多くの人々は畜産動物から命をいただくことで生きている。その命に感謝を忘れず、敬意を払うためにも、中韓よりも劣る日本の畜産動物の扱いを改善しなければならない。私たちはこの問題について、もっと真剣に議論する必要がある。 (深月ユリア) ※イメージ画像:ThinkStockより引用          

      12
      4
      テーマ:
  • 25 May
    • シリア・アレッポのキャットマンさんの最新映像です。

      NBC News       新しい場所に猫保護施設を創りました。       https://www.youtube.com/watch?v=r2FKNdTBNkY   2017/05/12 に公開 Ambulance driver and paramedic Mohammad Alaa Aljaleel has created a sanctuary for desperate animals in war-torn Aleppo, Syria. » Subscribe to NBC News: http://nbcnews.to/SubscribeToNBC » Watch more NBC video: http://bit.ly/MoreNBCNews NBC News is a leading source of global news and information. Here you will find clips from NBC Nightly News, Meet The Press, and original digital videos. Subscribe to our channel for news stories, technology, politics, health, entertainment, science, business, and exclusive NBC investigations.   ----------------------------------------------------------------  Gattaro D' Aleppo‏ @theAleppoCatman 5月1日 What a beautiful images? A veterinary in #houseofcatsErnestonearAleppo #finally #helloDoc #welcome @theAleppoCatman #Syriancats #puppies #pic.twitter.com/yGlwXmQDCg

      https://twitter.com/theAleppoCatman   こちらの記事もどうぞ。 https://www.thedodo.com/cat-man-syria-puppy-rescue-2344472568.html?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_content=cta&utm_campaign=share     内戦続くシリアのアレッポで猫や犬を助ける人に「ノーベル平和賞を」の声 170匹以上の動物を保護       過去動画   https://www.youtube.com/watch?v=9bg_f6GfJPI   2016/09/27 に公開 モハンマド・アラア・ジャレエルさんは、激しい戦闘が続くシリア北部のアレッポで100匹以上のネコを世話している。 ネコ好きのモハンマドさんは、アレッポから避難する家族に託されたペットのネコや迷子になったネコを受け入れていたが、当初は20~30匹だったのが、約1年後には100匹以上になっていたという。トルコに避難した家族には飼っていたネコの写真を送っている。           https://www.youtube.com/watch?v=NXxMNuxLAEc  ※注意*悲しい画像が含まれます。 Carol Murchie さんより  2017/01/24 に公開  

      76
      2
      8
      テーマ:
    • 【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物

      @DIME 5/24(水) 8:10配信より https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00010005-dime-life       9歳の愛犬ボーダーコリー海里くんと仲良く並んでいるのは今年3歳になる愛猫「息吹ちゃん」 「あなたがそこにただいるだけで その場の空気が明るくなる あなたがそこにただいるだけで みんなの心がやすらぐ そんなあなたに私もなりたい」 詩人・相田みつをさんの言葉のように、Eさんはあの時出会った小さな命に日々癒され、懸命に生きる姿に勇気づけられていると言います。 9歳の愛犬ボーダーコリー海里くんと仲良く並んでいるのは今年3歳になる愛猫「息吹ちゃん」。猫好きで面倒見のいい海里くんのそばにはいつも息吹ちゃんの姿があります。そんな息吹ちゃんは怖いもの知らずで好奇心旺盛。元気でおてんばな女の子ですが、左目が見えないハンデ猫ちゃんです。 「片目で左側のヒゲもなかなか生えなかったので、ウチに来たばかりの頃はあちこちにぶつかっていました」 そう語るEさんと息吹ちゃんとの出会いは突然でした。2014年5月、愛犬海里くんと朝のお散歩に出かけた時のこと。いつも通る河川敷でいきなり海里くんが普段行かないような場所にグイグイとEさんを引っ張り始めたのです。まるで、何かに導かれるように…。 「臆病で警戒心が強い性格なのでとても不思議に思いました」 海里くんの勢いは経験したことがないほど力強く、なすがままついて行くと、海里くんが立ち止まった場所には赤黒い小さな塊が2つ。Eさんはバーベキューの生ゴミでも落ちてるのかなと思ったそうですが、よく見ると2匹の小さな子猫でした。 「カラスにつつかれていたようで1匹は内臓が出て既に亡くなっていました。もう一匹は血まみれの顔でしたが、聞こえないぐらいの声で鳴いていたんです」 それは、愛犬海里くんが見つけた小さな命。海里くんでなければ出会えなかったかもしれない奇跡でした。 Eさんは「まず助けなきゃ」という想いだけで子猫を保護し、すぐに病院へ。診てもらうと左目のあたりをカラスにつつかれたようで、目から上顎まで貫通する穴が開いていたそうです。しかし、お医者さんの懸命な処置とEさんの看病の甲斐あって、一命を取り留めることができたのです。 子猫が助かったことにほっとしたのもつかの間、Eさんはすぐに不安が頭をよぎったといいます。 「ハンデのあるこの子を引き受けてくれる里親さんは簡単には見つからないだろうと思いました。だから私が引き取ってもいいと思ったんですが…」 「同居の義母が猫嫌いなのを知っていたので、どうすればいいのか正直悩みました」 現在、ご主人とお子さんと義理の母と暮らしているEさん。もともと実家では犬も猫も飼っていたそうで、猫の出産を何度も経験していたほどの猫好き。自分としては子猫を家族として迎え入れたい。でも家族に迷惑はかけられない。このままだと誰にも保護されないまま、悲しい場所に連れて行かれるかもしれない…。必死に救った小さな命を前に自問自答を繰り返す日々。 そして、Eさんは決断します。 「義母の説得をすることにしました。何度もお願いしました。そしてようやく許可をもらったんです。その一ヶ月後、退院した子猫を無事に家族に迎え入れることができました」 Eさんの家族に温かく迎え入れられた子猫は「息吹」と名付けられ、新しい家族の一員に。海里くんにはおてんばで可愛い妹ができたのです。 家族が増えて嬉しい反面、片目が見えないというハンデを抱えた息吹ちゃんの日常は苦難の連続でした。それは息吹ちゃんにとってもEさんにとっても。 「鼻が利かないようでいつもの場所のいつものお皿に入れないとご飯を食べないこともあります。また、目から上顎まで貫通している穴があるので、水を飲んだ時に穴から鼻に水が入るらしく、グシュグシュして飲み辛そうなんです」 カラスにつつかれた時にできたと思われる穴は手術では完治できず、今もそのまま。そんな息吹ちゃんを誰よりも支えているのが愛犬の海里くんだといいます。 「海里は完全に私たちと同じ親目線で接してくれました」 息吹ちゃんが小さい時はお尻を舐めてオシッコをさせてあげたり、カサブタだらけの顔を毎日舐めてあげたりと、まるで本当の兄弟か親子のように息吹ちゃんのお世話をしていたそうです。 「海里のおかげで傷だらけだった息吹の顔が今では本当にキレイになりました。今でも毎日舐めています(笑)」 海里くんは優しいだけじゃなく、デキる兄として、しつけも完璧。息吹ちゃんが激しく走り回ったり、猫じゃらしで激しく遊んだりすると「静かにしなさい!」と言わんばかりに止めようとするんだそうです。そんな2匹の関係にEさんは「とにかく癒されている」といいます。 そしてもう一つ、息吹ちゃんを家族に迎えたことで大きな変化が。 「なにより変わったのは義母です。今では本当に息吹を可愛がってくれています」 最後「Eさんにとって息吹ちゃんはどんな存在ですか?」と聞くと、こんな答えが返ってきました。 「息吹を見つけたのは私の父が亡くなって1ヶ月後、母はその4年前に亡くしていたので、消えて行く命と生きようとする力の不思議な運命みたいなものを勝手に感じました。海里も息吹も、私の子供と同じぐらい大事な宝物です」 見えない運命に引き寄せられ、あの日、海里くんが見つけた命はEさんの家族に大きな幸せと癒しを届けてくれました。ハンデを抱えながらも、毎日を全力で楽しんでいる息吹ちゃんはEさん家族と海里くんの愛情に包まれ、今日も元気に暮らしています。 取材・文/太田ポーシャ   【写真】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 ★↑素敵な画像がたくさんですねっ。

      14
      2
      4
      テーマ:
    • 救出のため仲間が撃ったゾウの下敷きに、ハンター死亡 ジンバブエ

      AFP=時事 5/24(水) 20:55配信より https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000046-jij_afp-int         ジンバブエのワンゲ国立公園を歩くゾウの親子(2012年11月18日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News   【AFP=時事】ジンバブエ当局などによると、大型動物を狙うハンターとして知られる南アフリカ人の男性(51)が、ゾウに鼻で持ち上げられた揚げ句、撃たれて倒れたゾウの下敷きになって死亡した。  先週19日にジンバブエ西部で死亡したシウニス・ボーサ(Theunis Botha)さんは、猟犬を使った狩猟を専門とするプロのハンターだった。ボーサさんはグワイ(Gwayi)地区の国有地に複数のハンターを連れ狩猟に出たが、繁殖期のゾウの群れを動揺させ、4頭の雌に襲われた。  ニュース24(News24)によると、1頭のゾウがボーサさんを鼻で持ち上げたため、仲間のハンターがゾウを射殺。ゾウはボーサさんの上に倒れ、ボーサさんは致命傷を負ったという。  公園や野生生物の管理当局の報道官は、ボーサさんが死亡したことを認めた上で、ボーサさん一行が繁殖期のゾウの群れに近づき襲われたことは「不幸な出来事」だったと述べ、さらに、一行の狩猟は許可を受けてのものであったと付け加えた。【翻訳編集】 AFPBB News           ★因果応報。 命を殺傷する遊びは不要。  

      7
      2
      テーマ:
  • 24 May
    • 動画) 猫を愛するとはこういうこと…

         Yahoo!映像トピックス 公式チャンネル       https://www.youtube.com/watch?v=a8Wyck6nNA0   2017/05/18 に公開 オランダ・ロッテルダム在住の愛猫家の女性が公開、拡散され続けている映像です。 猫は自分で体をなめることで体の汚れを落とし、抜け毛の処理もしています。でも、年老いて弱った猫は、そういった毛づくろいを自分ですることができません。また、お風呂に入れることも、体の負担になるため難しくなってきます。しかしそのままでいると猫の体は臭くなり、他人からは煙たがられる存在に……。 そこでこの女性は、自分の18歳の愛猫・ガーフィールド君の介護ケアの様子を紹介することに。弱々しいながらも、気持ちよさそうに受け入れるガーフィールド君。それを愛おしそうな目で見つめる飼い主。 この映像を見ると、ペットを飼うということ、動物を愛するということの重さと深さを痛感させられます。  

      80
      4
      6
      テーマ:
    • 里親募集) 愛護センター全盲になった犬

      動物たちの未来のためにさんより https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201705230000/       みやざき愛護センターに「キュウリ」という成犬が居ます。   キュウリは約2年前に「旧・動物保護管理所」の   厳しい判定に合格し、 「旧・ひまわりの家」に入所出来たのですが、   ご縁が無く、ひまわりの家閉鎖後、   愛護センターに戻された形になりました。   もちろん、委託を受けていた愛護団体が   残された仔達を引き継ぐことも出来たのですが、   その愛護団体は、委託事業終了と同時に解散されたようなので、   仕方のない選択だったのかもしれませんね…。     成犬、中型犬、雑種…譲渡はとても厳しいです。   その中でも、キュウリは特に譲渡が厳しいのです。   愛護センターの開所式でキュウリに会った時、   キュウリの眼球に違和感を感じました。   保護家に居る全盲の「ジロ」と、同じ眼球をしていた事と、   両目だったので、網膜変性かな…と思いました。     ただ、この時はまだ視力は少し残っているようでした。   これからどんどん視力を失い、全盲になってしまう。   目が見えているうちに、新しい環境に行き、   人と場所を把握できれば…と、願っていましたが、   キュウリは、バックヤードから出れない仔…   譲渡犬エリアにまわせないので、   一般の方に会ってもらえるチャンスがないのです。   少しでも目が見えるうちに!   目が見えるうちに… ですが・・・   5/21久しぶりに会った時のキュウリは…     すでに全盲になっていました…。     匂いと音を手繰りながら歩くキュウリ。   私の体にメス犬の匂いが沢山ついているので、   強く反応がありました。   あえて気配を消してみると、嗅覚を頼りに必死に探すキュウリ。   目の前に居る私の姿に全く気付かない…。   少し音を出してあげると、「ここだっ!」   嬉しそうに、私にドーンっと勢いよく頭からぶつかってきた。   全盲になってまだ間もないのかもしれません。   見えない事に慣れてきたら、ぶつかる事もなくなります。     旧・ひまわりの家では、積極的に不妊去勢手術を   行っていなかったので、発情のメスが居る事も多々ありました。   もちろん、判定合格後入所して直ぐに発情が来てしまい   タイミングで不妊手術出来なかった場合もあったと思います。   旧・ひまわりの家は場所が狭く、   お散歩以外は柵に係留するしか方法がなかったので、   オス同士のケンカもあり、私も止めに入った記憶があります。   発情のメスが目の前に居るのに、交尾が出来ない…   そのストレス環境の中に、キュウリは約2年もいました。   そして、キュウリ自身も、去勢手術されないまま センターに戻ってきていました。 センターには、もちろんメス犬も入ってきます。 全盲になった今、 常に嗅覚を頼りにするようになったキュウリにとって、 目の見えるオス犬よりも そのストレスは多大なものなのです。   本来ならば、バックヤードに居る子達は、   不妊去勢手術の対象外となる子達です。 キュウリの場合、去勢をした方が面談の時に 性格も少し落ち着きが出て譲渡に繋がりやすくなるかもと、   無理を承知でキュウリの去勢手術の検討を 愛護センターにお願いしてみましたが、 そこは飼主さんとなる方に責任もって手術して頂きたいとの ご返答があり、センターでの去勢手術は出来ないそうです。   キュウリは、バックヤードに居る子なので、   お散歩することが出来ません。     壁に囲まれたこの小さなコンクリートの上、   壁の間から見える小さな空が、   今のキュウリにとって全ての世界です。   愛護センターのふかふかな芝生を歩く事も、   木々の匂いを嗅ぐことも、触れる事も…     キュウリには出来ないのです…。   でも、今のキュウリは、決して不幸ではないと思います。     旧ひまわりの家のボランティアさん達が、   センターに訪問してくれている時間が、   キュウリの喜びです。   職員さんと、中庭でトレーニングしている時間が、   キュウリの喜びです。   だって、こんなに明るい表情をしてるから!   でも・・・   それが本当の幸せでしょうか・・・?   うちの施設、いのちのはうす保護家に居る子達にも、   常々言っている言葉があります。   「あんたは、上の生活を知らないだけだよ。   こんな所よりも、もっともっと楽しい世界があるんだよ。   今の幸せより、もっともっと大きな幸せの世界があるんだよ。   外の世界は、もっともっと広くて無限大なんだよ。」   キュウリ、貴方もだよ!     キュウリに本当の喜び、楽しさ、嬉しさ、心地良さを   教えて下さる飼主さんとの出会いを待っています。   この小さな世界、愛護センターから出してあげたい…   センターの職員さん、旧ひまわりの家ボランティアさん、   みんなが同じ気持ちで、キュウリの幸せを願っています。   まだ目が見えるうちにと…結果間に合わず、   キュウリは全盲になってしまったけど、   新しい環境に移ったとときに、   最初はぶつかったり、壁や段を覚える時間は必要ですが、   そう時間はかかりません。   キュウリはとても賢い子ですから。   もちろん、お散歩も喜んで行けると思います。   キュウリはバックヤードに居る子なので、   センター職員さんにキュウリに会いたい旨をお伝えすれば、   中庭まで連れてきてくれると思います。   ただ、興味本位での面会のみはご遠慮下さいm(__)m   遠方の方の場合、出来る限りのサポートはさせて頂きますので、   キュウリの事を、どうか、どうか、よろしくお願い致します。   キュウリのお問合せは、会の携帯までお願いします。   留守電になった場合には、ショートメールにて   履歴を残して下さると助かります。   090-4484-5165(担当・フジイ)   いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。  http://pawstamp.com/hogoya/  メールアドレスも変更となりました。 新しいお問合せ先は、 HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。      皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。   宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601 口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美     郵便貯金 17310-434961 口座名義:イノチノハウスホゴヤ 〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581       山下 由美 090-4484-5165    

      56
      9
      テーマ:
    • イギリスで病気の犬を捨てた男性に「生涯ペット飼育禁止」が言い渡される

      ネタりか(2017/5/23 16:58 IRORIO)より https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170523-15789200-irorio       心無い飼い主に捨てられてしまう動物たちは、残念ながら後を絶たない。そんな中、イギリスのウェールズ地方で、画期的な判決が言い渡された。 カーペットで隠すように捨てられたマックス イギリスの非営利団体、英国動物虐待防止協会(RSPCA)が5月8日に出したプレスリリースによると、ジャーマンシェパードのマックスが、飼い主によって捨てられたのは2016年8月12日のこと。 カーペットに包んだ状態で、山道に放置されていたマックスを通行人が発見。獣医に持ち込んでくれたという。 保護された際には、病気のため衰弱しており、耳の感染症にも苦しんでいた。また、ひどく痩せて背骨が浮き出ていたそうだ。 残念ながら助からなかった 残念ながらマックスに回復の見込みはなく、そのまま安楽死させることとなった。 通行人が見つけてくれなければ、道端でただ死を待っていたのかと思うと、やるせなさを感じてしまう。 RSPCAが飼い主を探し出した 病気の治療を受けさせるのでも、最期を看取るのでもなく、ただ捨てるという選択肢を選んだ飼い主。RSPCAは2016年8月17日、そんな飼い主を見つけるため、Facebook上で情報提供を呼び掛けた。するとその投稿は、1.5万人からリアクションを受け、2万件近くシェアされたのだ。そしてマックスの元飼い主である50代の男性を見つけ出した。 4月24日に裁判が開かれた マックスに不必要な苦しみを与えたこと、治療を受けさせなかったことを認めた元飼い主。 4月24日、Cwmbran Magistrates’裁判所にて、懲役18週間、執行猶予12ヵ月に加えて、515ポンド(約7万5735円)の罰金と、「生涯ペット飼育禁止」が言い渡されたのだ。 この結果を受けてRSPCAのアニー・シモンズさんは、「助けが必要な時に寄り添うのではなく、捨てることを元飼い主が選んだのは悲しい」としたうえで、「今回の件で重要なのは、動物をこのように捨てると、罰を受けるとはっきりしたこと」とコメントしている。    

      32
      4
      テーマ:
    • 厳重警戒) 熊出没ニュースが相次いでいます。

      ★動画) 女性がクマに襲われ軽傷 香美町(朝日放送) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00010006-asahibcv-l28       ★秋田で「ツキノワグマ出没注意報」 ネット地図など使い出没情報の提供も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000046-minkei-l05   "ツキノワグマ出没の注意を呼び掛ける秋田県のリーフレット"   ツキノワグマ情報マップ 秋田で「ツキノワグマ出没注意報」 ネット地図など使い出没情報の提供も(この写真の記事へ)(2017-05-23)       ★「滑り台の下にクマがいる」小4女児が目撃 滋賀・高島(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース  5/22(月) 6:33配信      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000009-asahi-soci 滋賀県高島市内で19日朝から20日夕にかけて、クマの出没情報が4件 クマ目撃23件、前年の3倍 滋賀、市街地に出没も(京都新聞) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000018-kyt-l25       <クマ>山菜採りで襲撃被害相次ぐ 青森県警が注意呼びかけ(毎日新聞) 5/21(日) 10:42配信       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000023-mai-soci   ゴルフ場に「クマ」...コース内歩く 若松でプレー客や従業員目撃(福島民友新聞) 5/21(日) 10:45配信       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00010006-minyu-l07 ------------------------------------------------- もしクマに出会ったら  どうすれば安全安心:クマに遭遇してしまったら 急な動作で刺激をしない - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20161020/dde/012/100/011000c?inb=ys  

      9
      2
      テーマ:
  • 23 May
    • ”イベントお知らせ〜”  

      ボランティア犬 もか吉かふぇからです。   ボランティア犬 もか吉くん(保健所のワンコ達に使われます) http://ameblo.jp/moca-eri0420  

      38
      3
      テーマ:
    • 奈良公園の鹿でけが過去最多、初の捕獲も

      毎日放送 5/22(月) 19:18配信より https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000054-mbsnews-l29                奈良公園でシカに噛まれるなどしてけがをした人の数が昨年度121人にのぼり、過去最多だったことがわかりました。近年シカの数は急増していて、県は禁断の「捕獲」に動き出しています。  隙をついてエサを袋ごと奪い取るシカ。22日も奈良公園はシカ目当ての外国人観光客らで賑わっています。しかし一方で、県の調査によると、奈良公園でのシカによるけが人が昨年度121人と過去最多となったことがわかりました。約7割が外国人です。  「ドバイにも野生のシカがいるんだ。日本のシカはフレンドリーだね。ドバイじゃこんなに手を近づけられないよ」(ドバイ人観光客)  「全然怖くないわよ。シカは人に対してとっても礼儀正しいから」(フィリピン人観光客)  やはり、油断している方が多いようです。けがの多くは軽いものだったということですが、傷口を縫うけがをした人(6人)や、転倒して脚を骨折した人(1人)もいました。最近は、シカと並んで自撮りをしようと近づきすぎて噛まれるケースも。県は外国語で注意を促す看板を増設していく方針です。  一方で、シカとの距離感に苦しんでいるのは外国人観光客だけではありません。  「これ夕べですわ。シカが下りてくる。みんなシカの足跡です」(農家 森嶋薫さん)  実はここ数年、シカが急増していて、農業被害が目立ち始めたのです。農家は、設置に20万円ほどかかるという防鹿柵を設けるなど対策をとってきましたが、効果は少なく、ついに奈良県はこれまで『神の使い』として一度も行わなかった、「シカ」の捕獲に動き出しました。  「人とシカさんが共生してきた歴史がある中で、農作物、林業に被害を及ぼしているという現実があります。そこで、奈良公園のシカさんを保護していくと同時に、捕獲を進めることになりました」(奈良県奈良公園室 北畑雄一郎室長補佐)  天然記念物であるシカの捕獲には文化庁の許可が必要で、奈良県では手続きを経たあと、7月にも捕獲を始める方針です。         ★中国人が多いと聞いています。 マナーを守るよう、外人客には徹底して管理していただきたいです。 鹿には罪はありませんからね。   マナーといえば・・・余談になりますが。 先日、都内の大きな神社内の手水舎で子供を抱き足靴を入れ洗う 中国人に、ついつい、ご忠告させていただきました。 脇で手と口を清めているのを見ているのに・・・気遣いが足りなさすぎ。 自国の寺では真剣にお願いされているのにね。 理解され頭を下げていましたが、あちらの方たちは、悪いことをしているという 感覚はないのでしょう。 敬うべき神社であること、周りの状況を見れば、理解できるはずですが・・・ バスガイドさんも、きちんと作法を教えるべきですね。        

      7
      2
      テーマ:
    • 米・サーカス“150年歴史”に幕

      TBS系(JNN) 5/22(月) 10:28配信より https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170522-00000012-jnn-int       https://www.youtube.com/watch?v=ytNevueGcTM    150年近い歴史を持つアメリカの有名なサーカス団が売り上げの低迷から廃業を決めました。その理由とは・・・。  21日、ニューヨーク郊外で最終公演を行ったのは、毎年数百万人の観客を動員し、世界75か国以上でショーを披露してきたサーカス団「リングリングサーカス」です。146年の歴史を持ち、「地上最大のショー」と称するなど、アメリカの象徴的な娯楽であるサーカスを代表する存在でしたが、近年はチケット売り上げの減少に悩まされていました。その原因となったのが・・・  「見て下さい。トラが出てきました、ライオンもいますね。名物の動物を使ったパフォーマンスが始まりました」(記者)  動物による曲芸が動物愛護団体の批判に晒されたのです。そこで去年、名物である象を使ったパフォーマンスをやめたところ、売り上げが大きく落ち込みました。  「(象の曲芸の廃止は) ファンの一人として打ちのめされましたし、ビジネスマンとしてもうまくいかないだろうなと思いました。実際このとおりです。観客は動物を求めているんです。それこそがサーカスですから」(サーカス団長 ジョナサン・アイバーソンさん)  さらにインターネットの登場で娯楽が多様化したことも、若者を中心としたサーカス離れに拍車をかけました。  「自分が前にサーカスを見たのはこの子より少し年上くらいだったけど、この子は自分の子どもに同じ体験をさせられないんだね、残念だよ」(男性)  「動物たちはとってもかわいかった。けれどまあ動物たちもこれで休めるわね」(女性)  廃業後、サーカス団員は運営会社から仕事を紹介されたり、別のサーカスに移籍するということですが、動物たちの今後については明らかにされていません。(22日08:10)  

      6
      2
      テーマ:
  • 22 May
    • 車中で犬を留守番させると命の危険が! 置きざり注意。

      Animal Rights Center FBより https://m.facebook.com/AnimalRightsCenter/photos/a.213000755454806.54703.155858357835713/1406776856077184/?type=3&refid=52&__tn__=E     暑い季節の悲劇(虐待)。 動物を車内に放置しないでください。 もし見かけたら110番を。   漫画家 星乃美玲(かなつ久美)先生からのお願いです。           転載以上     こんなこともありました。   https://www.youtube.com/watch?v=V0kmCKvqe1E  

      57
      3
      テーマ:
    • <警察犬>高齢者捜しに出動 神奈川県警で昨年過去最多

      毎日新聞 5/22(月) 8:40配信より https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000007-mai-life         「集中力が持ち味」のリン号(右)と「グイグイと頑張る性格」というアリス号=神奈川県伊勢原市の伊勢原署で5月17日、木下翔太郎撮影    犯罪捜査で活躍する警察犬が、高齢者や迷子など行方不明者の捜索活動に出動するケースが増えている。神奈川県警鑑識課によると、昨年の出動件数は610件(前年比121件増)で過去最多を更新、うち行方不明者の捜索が8割弱を占めた。今年1~4月の捜索活動はすでに154件に上り、前年同期を10件上回る。認知症高齢者の徘徊(はいかい)の増加などが背景にあるという。【木下翔太郎、中村紬葵】  今月11日に茅ケ崎市で、80代女性が自宅から出たまま行方不明になった。午後11時ごろ、家族が茅ケ崎署に通報し、署員らが自宅周辺を捜したが見つからず、警察犬の出動を要請した。「レイ号」(ジャーマンシェパード・雄7歳)など2頭が駆けつけ、翌12日午前2時50分ごろ、女性の靴のにおいを手掛かりに捜索を始めた。  すると、レイ号は一目散に数十メートル離れた民家の裏庭に向かった。同課の浜野治彦巡査部長(39)がついて行き、縁側に座っている女性を発見。浜野巡査部長は「人があまり出歩かない時間帯だったのでにおいが紛れず、女性のにおいをすぐに嗅ぎ取れたのではないか」と振り返る。発見時の気温は15度で、女性は「寒い」と身を震わせていたという。  4月下旬には伊勢原市で、小学生の児童が友人宅を夕方に出た後、行方不明に。「リン号」(ラブラドールレトリバー・雌8歳)と「アリス号」(ジャーマンシェパード・雌7歳)が午後11時ごろから捜索したところ、約1時間後にリン号が住宅街の一角で児童の臭気を感知した。自宅から約1キロ離れた路地に、1人でいる児童を発見。家族の届け出から6時間以上が経過していたが、児童にけがはなかったという。リン号とアリス号には今月17日、伊勢原署から感謝状と高級ビーフジャーキーが贈られた。  同課によると、警察犬の出動件数は近年増加傾向が続き、昨年は610件(前年比121件増)、うち行方不明者の捜索活動が465件(同129件増)。今年は4月末時点ですでに239件(前年同期比46件増)、うち捜索活動が154件(同10件増)に上る。  警察犬は人間の数万から1億倍にも達するとされる優れた嗅覚が武器。同課幹部は「人が目で見てもわからないところでも、においでわかる。特性を生かし、人と犬が協力して活動していきたい」と話す。同課は今春、警察犬係を2人増の10人態勢に強化。15頭いる警察犬も、増やすことを検討するという。    

      16
      2
      テーマ:
    • コウノトリの親鳥誤射で死ぬ 残されたヒナ4羽保護(17/05/21)

      ANNnewsCH                       https://www.youtube.com/watch?v=IzjpTw_8tGU   2017/05/21 に公開 島根県雲南市で、コウノトリの雌を猟友会の男性が誤って撃ち落としたため、市の教育委員会はひな4羽を保護しました。人工飼育するということです。 19日午前、雲南市大東町で、サギを駆除していた猟友会の男性が誤ってコウノトリの雌を散弾銃で撃ち落としました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/  

      16
      3
      テーマ:
    • 飼い主さん必読!診療費の目安がわかる犬と猫の傷病ランキング

      @DIMEより   (2017.05.18) https://dime.jp/genre/385818/?first=1       アイペット損害保険は、2016年に契約者に支払った事案を集計。その結果を「ペットの傷病ランキング」として公表した。 ◎調査結果1・総合傷病ランキング(犬猫、年齢不問) 請求件数が最も多い傷病は、「皮膚炎」となり、以下「外耳炎」、「下痢」と続く。これらが上位になった理由としては、飼い主が症状に気づきやすいため、受診につながったことや、どの年齢の犬猫もかかりやすい傷病であることが上げられる。ちなみに、請求件数では第7位の「骨折」の平均診療費が11万9390円と上位10位以内で最高額となった。 なお、骨折の治療にかかる費用が高額になりがちな理由は、治療方法にあるといわれる。というのも骨折の治療は全身麻酔での手術が一般的なことや、完全に回復するまでの期間(1〜4か月程度)は、ギブスの巻き直しや骨の状態を見る為のレントゲン検査などの通院が必要だからだ(同社獣医師談)。 骨折はペットの痛みが大きいだけでなく、完治までの治療期間や費用など飼い主にとっても大きな負担となる。ちなみに、愛犬・愛猫の骨折を経験したことのある飼い主135人に対するアンケート調査では、「対策をしていれば骨折は防げたと思う」という回答が81.5%に達している。 ◎調査結果2・総合傷病ランキング(犬猫別) 犬猫ともに「皮膚炎」、「外耳炎」、「下痢」が上位3位以内にランクインしている。一方、犬猫別による違いが見られた傷病もある。犬に特徴的だった傷病は、小型犬に多く、手術を伴う可能性がある「骨折」や「膝蓋骨脱臼」といった傷病。一方、猫に特徴的だった傷病は、「膀胱炎」や「腎不全」、「尿石症」といった泌尿器系の疾患となった。     ◎調査結果3・手術ランキング(犬猫、年齢不問) 手術を伴った傷病に限って集計をしたところ、高齢の犬猫によくみられる「腫瘍」が第1位となった。第2位は幅広い年齢の犬猫によくみられる「歯周病」、第3位は若齢の犬猫によくみられる「異物誤飲」という結果に。 また、CTやMRIなどの医療機器の発達や、技術の進歩による専門医の増加、手術に伴う入院等によって手術費用は高額になる傾向があることも判明。ちなみに、請求件数では第7位の「椎間板ヘルニア」の平均診療費が32万9451円と上位10以内で最高額となっている。 ◎調査結果4・総合傷病ランキング(犬猫、年齢別) 総合傷病ランキング(犬猫、年齢不問)で上位3位を占めた「皮膚炎」、「外耳炎」、「下痢」が数多く見受けられることから、これらは年齢に関わらずかかりやすい傷病であることがわかる。また、「腫瘍」が7歳以上の犬猫共に第1位となったため、高齢期に特徴的な傷病であることも判明。その他の年齢別の特徴として、犬では子犬(0歳)は「骨折」であるのに対して、高齢犬(7歳以上)は「歯周病」や「僧帽弁閉鎖不全症」(心疾患)がランキング上位になっている。猫では、子猫(0歳)は「外耳炎」、「結膜炎」、「猫風邪」となる一方、成猫(1歳~6歳)は「尿石症」、高齢猫(7歳以上)は「その他心疾患」がランキング上位となった。 ■調査概要 調査対象/保険金の請求が同社に直接なされ、支払いをした事案(同一請求に複数の傷病治療を行なっているケースを除く) 対象期間/2016年1月1日〜12月31日(保険金の支払い日基準) 調査サンプル数/3万6248件(調査結果1,2,4:通院、入院、手術を含む) 調査サンプル数/1941件(調査結果3:手術を伴う通院・入院のみ) 文/編集部  

      8
      2
      テーマ:
  • 21 May

プロフィール

夜空

自己紹介:
世界中の生き物情報をお伝え致します。 動物たちの現実を知っていただければと思います。 ...

続きを見る >

読者になる

AD
弁天さんの宝石 改め 夜空の輝きです。
営利・集客目的の方の読者登録は致しておりません。


リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ名とブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。