1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-04-04 10:46:09

日本テニスの問題

テーマ:サービス
スクールでサービスの練習の時、そこに日本テニスの問題を垣間みるのです。

テニスの技術の基礎理論が日本のテニス指導者に無いことです。

ある中級から上級にかけてのクラス。
「それぞれ2、3球ずつ打ってください」と5分から10分かけて自由に打たせます。
サービスエリアに的を置いておきます。

問題を感じるのはその時の指導方法ではありません。初級者から中級、上級に至るまでに受けた指導過程全体についてなのです。

それは何か。自由に打たせると、傾向がはっきりします。どんどん積極的に打つ人とあまり打たない人。後者が中年の女性に多いのです。もし、中年の女性をそのまま放置しておくと、サービス練習はやめておしゃべりだけになるのです。

さて、中年の女性が悪いとは全く思いません。中年の女性こそが物事の合理性を経験からくる感性で嗅ぎ取ると思うからです。端的にはサービスの練習が面白くないのです。また、サービスについて間違った指導を受けており、その結果、自分なりに修練する道も見えてこないのです。または、間違った指導であるということを直感的に感じており、練習を無意識に拒否しているのかもしれません。

それでもコーチが無理に促せば、中年の女性は仕方なくサービスの練習を始めます。しかし、その様子を見ていると息苦しそうです。気持ちよさそうに打てていませんし、気持ちよくなりそうな兆しもありません。サービスの基礎ができていないので、技術が積み重ならないのです。

「サービスは薄いグリップと腕の内転と」などとサービス専門の技術解説書に腕のことを強調することばかり書かれています。これは恐らく著作者が自身の経験から学んだノウハウをそのまま基本書にしてしまったためかと想像します。

かくいう私にも今のところサービス技術に関する確信はありません。ありませんが、あることについて最近強く思い始めています。以前投稿していますが。それはサービスは体全体を回転させるものであり、反るものではない、ということです。反るイメージはサービスをつまらないものにしますが、回転するイメージはサービスを面白くします。ここでいう体とは足の先からラケットの先すべてのことです。

中年女性が「サービスが楽しい!」と思える。そんなテニススクールは優秀なスクールなんだと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-10-15 21:06:10

指導の仕方に注意

テーマ:サービス
教えられるほうから見た場合のことです。

スライスサービスでもスピンサービスでもともかく「回転」をかける場合に
「このようにします」という見本をコーチが腕を振って見せてくれることがあります。そういう動画も結構あると思います。

しかしここで注意が必要です。
こういう時のコーチは体を回さずに腕先で腕全体を回転させて見せます。

これをそのまま真似すると擦れたサービスにしかならないのです。

実際は体全体が回り、それにより腕全体が準備のために回り、次にミートのために回り、そしてラケットのエッジからボールにぶつかっていって最後の最後にボールに回転をかけていきます。

多くの人は回転をかけるために途中必要な動作をショートカット(飛び越して)しているのです。極端な言い方をすれば、トロフィーポーズは単なる形式だけで、そこから腕を伸ばしたり、そこから腕を無理やり回転させたりしてボールをミートしに行ってしまっているのです。

ショートカットしないで打ったボールはゆっくり打ってもボールの回転と伸びがあるのです。このことを実感した日、サービスは生まれ変わることでしょう。そのためにもコーチの話には注意が必要なのです。


テニスパーフェクトマスター―基本をしっかりマスター! (スポーツ・ステップアップのDVDシリーズ)/新星出版社

¥1,512
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-14 12:28:17

改革のあるヒント

テーマ:サービス
所謂トロフィーポーズがありますが。

問題はそこから先、どのように打っていくか、です。


特にトロフィーポーズの時のラケットを持つ腕。これをトロフィーポーズ後になんとかしようとしない、のです。そのまま脱力したままスイングするにはどうすればいいか、です。


ほとんどの人はこの先に腕を操作してボールを打つにいきます。

腕を操作したら負けなのです。操作しているということは、腕やラケットのスイングが腕によってなされることになり体全身を使ったことにならないのです。

逆に言えば、体を上手に使わなければ、腕はうまく振れず、結果腕自身に力を入れてスイングを作り出すしかなくなってくるわけです。

ということでトロフィーポーズから如何に体だけで腕やラケットのスイングを導きだすか、なのです。

試しにやってみてください。ボールをトスしてトロフィーポーズ状態から、腕に一切力を入れず、体だけで打ってみようと思ってやってみてください。「打てる気がしない」と思ってやってみると「あれっ?打てる」となったりします。ちなみに体全体の回転を意識してみてください。腰の回転に伴い肩も回転しますから。

イグニオ(IGNIO) ユニセックス テニスシューズ 【オールコート用】 (IG-2TS3012)

¥1,999
楽天

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-10 19:37:11

気がつきにくい大きなポイント

テーマ:サービス
サービスは右利きの場合、腕全体を右手の平を外側に回すようにしてボールをミートします。これを一般的には外転というのでしょうか。
(私は内回とか外旋とかそういう表現は極力使いたくありません。何故ならば、そういう言葉自体一般的なものではなく、言葉の理解に一苦労してしまうからです。)


このへんのことはちょこちょこ述べてきたと思います。
さて、外側に回すことを全身を効率よく使って行うとよいのですが、それがしっかりできれば苦労はいりません。ですから、なるべくリラックスしてなるべく全身を使うようにして、ということに少しずつ磨きをかけていけばいいと思います。全身を使う意識はとても良いことなのですが、それにともなってガチガチになったりどうも堅苦しくなったりしては意味がありません。全身&リラックスです。


さて、本題です。
今やテニスのビデオ動画はユーチューブで検索すれば誰でも見れますから、あえて動画を紹介しません。適宜検索してみてください。
それでプロのサービスで1ポイント注意深く見てください。最後の最後にグリップエンドからボールに向かっています。「そんなの知ってるよ」という方がいらっしゃるでしょう。問題はそこのところのさらに詳細な部分なのです。グリップエンドは一瞬ボールよりも内側(自分側)の方向に向き、その後に右腕が外側に回転(グリップエンドも外側に)するのです。つまり、最後の最後に腕全体が内側にひねられ力がたまり、それが次に開放されて鋭いスイングになる、ということなのです。最後の最後に肘がぐんと上にそしてボール方向に向かうことで、グリップエンドは内側に一瞬向かい、次の瞬間に開放されスイングとなるのです。


最初は多少手打ちでも気にせず、これを意識してやってみてください。つまりボールをミートする瞬間、腕全体を(右利きの場合)自分からみて時計の針の進行方向に回転し肘をぶつけ、グリップエンドはより内側に向けてく感じです。すると、最後の最後に反動で外側(時計の針の進行方向と逆)にスイングされてしまうのです。されてしまう、というのは、自分の意に反して上手くいく、という意味を込めて言ってます。意識するため多少手打ちになるかもしれませんが、感覚が掴めれば、その先が体全体を使う修練をすればいいのです。

Calflex(カルフレックス) テニストレーナー・連続ネット CTN-011/サクライ貿易(SAKURAI)

¥10,080
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-05-23 22:32:35

反りでなく回転

テーマ:サービス
2012-11-27 20:01:11

頭の上下位置

テーマ:サービス
2012-10-27 19:30:07

シンプル イズ ベスト だった

テーマ:サービス
2012-09-09 18:52:05

ポイントいくつか

テーマ:サービス
2012-07-11 21:07:22

体は反らないほうがいい

テーマ:サービス
2012-05-12 19:45:21

ファーストのわな

テーマ:サービス
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。