「医師のキャリアを考える」~医師専任キャリアコンサルタント中村正志のブログ

医師の方々への転職支援、求人紹介、キャリア相談などを行っているニューハンプシャー医局の中村正志のブログです。若手医師を中心にキャリアに悩む医師に対して全力で向き合い色々なサポートを考えております!!よろしくお願いします。

ニューハンプシャーMC で医師の転職支援、求人紹介を行っている、中村正志のブログです。先生方のキャリアに何かしら参考になるような記事を書いていきたいと思います。ネタがない時は、営業や日々の業務で感じたことを記していきます。

ニューハンプシャーMC中村正志、名前だけでも覚えて帰ってください。( ̄_ ̄ i)

なお、中村正志への問い合わせ、ご質問などはお気軽に以下のメールアドレスにて問合せ下さい。
mnakamura●e-nhmc.com (●を@に変えて送信して下さい)

◆ 医師の転職支援、キャリア支援、ニューハンプシャー医局HP
  ⇒http://www.e-nhmc.com/
◇ 研修医向けのキャリアサポート、レジデント・キャリア
  ⇒http://www.resicari.com/
◆ 医師キャリ~医師のためのキャリアコミュニティ
  ⇒http://www.ishicari.com/

人気ブログランキングに参加しております。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
ポチっとお願いします(^_^;)

*趣味のマラソンのブログです。マラソン好きな方はぜひ覗いてみてください。走る人
http://ameblo.jp/withrun1104/

テーマ:

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。       

 

今日は昨日とはうって変わっていい天気ですね。晴れ

 

さて、本日のネタですが「直前での面談キャンセル」ということにしました。

これは人材紹介のコンサルタントとして、また自社の採用業務をやっている中で感じることです。

 

採用やマッチングというのは日々状況が変わります。求職者側からして、A社とB社を受けるにしても、その選考というのは同時期に進むことが多いことから、A社の選考を待ってからB社をあらたに受けるといったことがしづらいです。なのでB社の面接が近々決まっていたとしても希望順位の高いA社から先に内定が出ればB社の面接は行く必要がないということも出てきます。

 

求職者の立場からしてB社の面接を受けないといけないか、それともキャンセルするか?

 

一般社会人の面接であれば、キャンセルした方がいいかもしれません。企業にとって無用の手間が省けますし、それをもって次の手を考えたらいい。ターゲットを絞りすぎなければ候補者は他にも出てきます。

 

ただ医師の場合はどうか?医師

 

B社(医師の場合は病院)の面談が1週間以上後だった場合はキャンセルもやむをえないと思いますが、例えば明日や2日後だった場合は、面談をお勧めします。

通常面談をする前には履歴書を提出していることが多いですし、病院は院長先生のスケジュールを押えて、準備を進めておられます。

もちろん断る前提でいくのは失礼という意見もあるかもしれませんが、面談を受けられた後断るのは先生の自由ですし、その方がお互いスッキリすると思うんですね(実際にお伺いして院長先生の話を聞くと印象が変わったりもしますし。。。)。

 

医師というのは探っていくとどこかでつながっていることが多いです。

 

面談までのやり取りや書類などにより求人側も求職者側もその対応で印象が変わります。面談などをする場合は最低限のマナーや相手に与える印象を考慮して、対応をしていただければと思います。

 

*先週末は群馬県の荒船山というところを登っていました。頂上は断崖絶壁でスリル満点でした。

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリア

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。      

 

今日はよく晴れていますね。

年度末および明日から3連休ということで、事務作業に追われております(^o^;)

 

さて、本日のネタですがセミナーのご案内です。

 

今月末(3月31日)、医師・医学生向けに

 

キャリア迷子のための処方箋<医師・医学生編> ~急性期だけがキャリアじゃない~

 

という勉強会があるのですが、それに私も少し登壇いたします。

 

来年度4月からいよいよ新専門医制度が始まりますが、それをどう捉えるか、果たしてそれを活かすキャリアとはどういったものか?

私としては制度があるなしに関わらず“医師のキャリア設計”のポイントをお話ししたいと思います。

 

以下のサイトからお申込み可能です。

https://career-develop.wixsite.com/medical-profession

 

ご興味のある方はぜひアクセスしてください。

 

よろしくお願いします!

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリア

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。         

 

今日は結構寒いですね。

3月も中旬になってきていますが、本格的な春になるにはもう少しかかりそうな気がします。

 

さて、本日のネタですが採用は営業力?ということにしました。

 

昨今人出不足が深刻化しており、採用力がないと企業は成長できず、また生き残れなくなりつつあるようです。

 

昔のように求人票を出しておけば求職者が自然に集まった時代は終わりつつある。。。

 

弊社も自社の採用活動を行っていますが、その担当は私がやっています。

毎日求人サイトを開き、そこに登録になった人を追い、スカウトの連絡を取り面接が決まったらすぐに対応できるようにしています。

 

以前なら数日かけて行った作業を半日くらいで行い、また採用の決裁者がすぐに判断できるような体制を作っておくことが大切です。

 

もちろん誰でもいいのであれば、すぐに採用というのは決まりますが、これは一つの縁でありお互いの希望や働き方、目指すものが一致しないといけません。内定を出しても即採用にならない場合も多々あります。

 

そういった意味では、決裁者は社長、担当者はその会社のトップ営業マンレベルを持ってこないとなかなか話が前に進まないようです(私がすごく優秀ということではないですが。。。)。

 

病院の採用も例外ではなく、やり手で営業もうまいんだろうなぁという方だと早く決まる傾向があるように感じます。

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリア

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。        

 

今日は一日中曇りのようですね。

昨日、一昨日といい天気だったのでこんな日もいいかなと思います。曇り

 

さて、本日のネタですが「スーパースターは要らない?」ということにしました。

 

先日出席した経営セミナーでのネタになります。

 

講演者は私の前職(船井総研)のコンサルタントの方。

現在5期連続増収増益で絶好調のようです。びっくり

 

私がいたころは、まぁなんというかめちゃくちゃ体育会系でしかも熱いコンサルタントが多く徹夜も厭わないとてもハードな勤務環境でした。(・・;)

これはこれで船井総研の文化みたいなもので、嫌いではなかったですが、昨今「働き方改革」が叫ばれる中で、どう生き残っているのかに興味がありました。

 

現役のコンサルタントの方の話を聞くと、

 

今、船井総研はめちゃくちゃ変わっているようです。

 

あんまり話題にするとマズイと思いますが、一番私が驚いたのは、

 

スーパースタースーパーマンに頼る体制を辞め

 

チームコンサルティング型Leadにしたということ。

 

どういうことかというと、昔は一匹オオカミで“出来る”コンサルタントが、一人で仕事を抱え全国を飛び回っていたんです。個人の数字が重視され、新人はそのコンサルタントから仕事を覚え、そして自分で何かを立ち上げないといけなかった。

 

ただこの体制だと社内でノウハウが共有化されず、スーパースターが辞めればそこで顧客を失うことになります。また今後労働生産人口が減っていく中途採用がうまくいくとは限りません。

 

そのため、仕事はチームで受ける体制を組み、一つの仕事を社内で横断的に手分けして複数の人間で進める。今は連絡手段が多様でアクセスも容易なため、離れていても情報は共有できます。

 

結果として社内のコミュニケーションも活発になりましたし、何より新人を育てる意味においても効果的なようです。

 

なるほど。意外にも時代に合わせた変化をしていると驚きました。

 

そういう意味においては病院での情報共有や仕事の分担というのは基本的にはうまくできている気がします。医師や他の医療職の採用についてもほとんどの病院はとびぬけて優秀という訳ではなく普通の方を求めておられます(例外はあります)。

 

弊社の今後の経営についてもとても参考になる講演でした。

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリア

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。       

 

昨日は人材ビジネス関連の飲み会でした。ビール

色々情報共有させていただき有意義な時間でした。

最近こういったものに誘われる機会が増えています。

とてもありがたいことです。ウインク

 

で、ちょっと思ったことがあるんですが、昨日集まった方はほとんどが30代の方でした。

新卒でどこかの会社に入り、そこから2社目、もしくは3社目が人材ビジネスの会社で今5年目くらいの方です。学生

 

人材ビジネスは転職などを扱う訳で、新卒入社よりは中途入社組の方がなんとなくではありますが、仕事が合っているように感じます。

 

で、その集まりの中で私は最年長。(ノ_<)

 

まだまだ若いと思っているんですが、ちょっぴりショックでした。。。

 

一方別の飲み会では、50代の方が中心。そこは独立して1名~数名でやっておられる方が多かったです。私は若い方ピカッ。。。(*^o^*)

 

業界全体としてはフットワークの軽い若手で回しているんですが、+独立したベテラン層も一定数いるという中で、私は今ちょうどいい年齢ではないかと思った次第です。

 

基本的に経験は十分。

フットワークはまだまだ軽いつもりです。

 

若すぎるコンサルは嫌だ。

あるいはベテランすぎるのも。。。

 

という先生はちょうどいい存在がここにおりますので、ぜひお問合せください。(^_^)

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリア

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。