「医師のキャリアを考える」~医師専任キャリアコンサルタント中村正志のブログ

医師の方々への転職支援、求人紹介、キャリア相談などを行っているニューハンプシャー医局の中村正志のブログです。若手医師を中心にキャリアに悩む医師に対して全力で向き合い色々なサポートを考えております!!よろしくお願いします。

医師キャリホームページ

ニューハンプシャーMC で医師の転職支援、求人紹介を行っている、中村正志のブログです。先生方のキャリアに何かしら参考になるような記事を書いていきたいと思います。ネタがない時は、営業や日々の業務で感じたことを記していきます。

ニューハンプシャーMC中村正志、名前だけでも覚えて帰ってください。( ̄_ ̄ i)

なお、中村正志への問い合わせ、ご質問などはお気軽に以下のメールアドレスにて問合せ下さい。
mnakamura●e-nhmc.com(●を@に変えて送信して下さい)

◆ 医師の転職支援、キャリア支援、ニューハンプシャー医局HP
  ⇒http://www.e-nhmc.com/
◇ 研修医向けのキャリアサポート、レジデント・キャリア
  ⇒http://www.resicari.com/
◆ 医師キャリ~医師のためのキャリアコミュニティ
  ⇒http://www.ishicari.com/

人気ブログランキングに参加しております。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
ポチっとお願いします(^_^;)



テーマ:
医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。
医師のキャリアを考えるブログ 」今日もよろしくお願いします。

なんだか今日は暑いですね~。
梅雨も明けたんでしょうか???

さて、本日のネタですがちょっと嫌な話題です。

ダイヤモンドオンラインに掲載されていた「医者と結婚したい病」というタイトルの記事を読んだ感想です。
http://diamond.jp/articles/-/94752

筆者は結婚相談所を経営する代表さんだそうですが、登録者の多くが

お医者さんと結婚したいハート

という希望を持たれて入会するとのこと。
お医者さんと結婚したいということはお金持ちになりたいのか?という風に思いますが、そうではなく、

夫が医者という肩書を持ちたい名刺

ということなんだそうです。

確かに勝ち組と呼ばれるような方(特に芸能人など)はお医者さんと結婚する割合が結構高いですもんね。

私が今の仕事をやっていなかったら、「あっそう」でこの話題はスルーするんですが、この記事を読んでとても嫌な気分になりました。

というのも、こういった結婚相談所で〝医者狙い〟で結婚までいった方というのはパートナーである医師のキャリアに大きく影響するんです。

つまり医師である旦那さんのキャリアよりも自分の価値観を優先する。
だって私は医師と結婚するために投資したんだから

直接的にいうとあまり地方に行きたがらない。

医師というのは、医局に入るといろいろな関連病院(地方を含む)で経験をすることがありますし、医局を離れた場合に先生の技術を欲するのは都会よりも田舎だったりする。

それに対して猛反対されるんですよね。
医師同士や医療関係者同士であればその主張みたいなものはそれほど強くない

結婚のとらえ方にもよりますが、人物本位よりも〝医師という肩書〟を重視しますと、上記のように医師のキャリア形成にも影響を与えますし、よい家庭も築けないように思います。

まぁ私がいろいろ口を挟む問題ではないかもしれませんが、医師と結婚する方はぜひ社会に必要な職業であることを十分認識していただき、パートナーのキャリア形成をぜひ尊重していただきいと思います。

*週末は南足柄にある万葉うどんに行ってきました。カレーうどんがおいしかったカレーうどん



~医師向けキャリア支援、求人紹介で口コミNO.1を目指すニューハンプシャー医局
  http://www.e-nhmc.com/
~研修医のためのキャリア支援サイト『レジデント・キャリア』
  http://www.resicari.com/
~医師のためのキャリアコミ]ュニティ『医師キャリ』
  http://www.ishicari.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。
医師のキャリアを考えるブログ 」今日もよろしくお願いします。

昨日は夕方すごい雨でしたね。天気 雨
ちょうど家に帰る頃で全身びちょびちょになってしまいました。。。

さて、本日のネタは電話での相談は難しい。。。ということにしました。

先日地方在住の医学生のキャリア相談に乗っていました。東京にも来る機会はあるがそれが結構先になるということで、まずは電話で相談を聞こうということでお話ししました。

キャリア相談は原則対面でやっておりますが、出張予定がなかったり、東京で実施が出来ない場合は電話でお話しすることもあります。

何十回と経験があり、特別感はなかったのですが今回改めて電話での相談は(対面より)難しいなぁということを再認識しました。

相談内容としてはオーソドックスなものなんですが、ご相談者の表情や態度が分からないということ。これまでの学歴や育ってきた環境などの前情報がなく、話のポイントが掴みづらかったこと。ご相談者のニーズ(=情報提供)と我々の相談のスタンスがマッチしていなかったこと。

などで自己採点としては50~60点くらいの結果となってしまいました。
私のいつもの悪い癖ですが、相談者の話を傾聴することが十分ではなく提案が先行してしまったのがその原因です。

とはいえ電話での相談については、対面よりは難しいことは明らかなので、何かしらの改善をしていかないといけないなぁと思いました。


~医師向けキャリア支援、求人紹介で口コミNO.1を目指すニューハンプシャー医局
  http://www.e-nhmc.com/
~研修医のためのキャリア支援サイト『レジデント・キャリア』
  http://www.resicari.com/
~医師のためのキャリアコミ]ュニティ『医師キャリ』
  http://www.ishicari.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。
医師のキャリアを考えるブログ 」今日もよろしくお願いします。

今日は地域の中核となる総合病院様に訪問して情報交換してきました。

その病院様は初期研修医、後期研修医ともに募集を出されています。
後期研修医については、新専門医制度の混乱により、現時点ではまだはっきりとしたプログラムが提示できずその募集が不透明なんですが、それが初期研修医の募集にも影響があるかも。。。ということでとても懸念をされていました。ガーン

今回の制度改革においては専門医は大学では確実に取れるが市中病院ではまだ不透明。

となると

初期研修を市中病院で受けたとすると、その後の後期研修は他の大学や市中病院に移らないといけないということになります。

もちろん初期研修を市中病院で、後期研修を大学病院でと初めから決めている方はいいですが、大学への入局は考えずにずっと市中病院でやっていきたいと考えている方は混乱をすることになります。

専門医制度の混乱が初期研修医の募集にも影響をする可能性があるというのはちょっと衝撃でした。

私の個人的な意見としては専門医制度を再構築することは賛成なんですが、ここまで広範囲に影響があるということでいうと、ちょっと考えものだなぁと思った次第です。
(私が受ける医学生や研修医のキャリア相談も専門医制度が曖昧なままなので、なんとも具体的なアドバイスが出来ないでおります。。。)

医師や医学生側がある程度納得できるような制度設計を早急に望みます。



~医師向けキャリア支援、求人紹介で口コミNO.1を目指すニューハンプシャー医局
  http://www.e-nhmc.com/
~研修医のためのキャリア支援サイト『レジデント・キャリア』
  http://www.resicari.com/
~医師のためのキャリアコミ]ュニティ『医師キャリ』
  http://www.ishicari.com


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。
医師のキャリアを考えるブログ 」今日もよろしくお願いします。

今日は暑いですね~~~。
昼休みに外に出ていると歩くだけで汗だくになってしまいました。。。

さて、本日のネタですが「大学を紹介する」ということにしました。
ある女性医師のキャリア相談を受けた際にアドバイス(=情報提供)したことになります。

その先生はある事情で臨床から離れていましたが、また復帰したいと考えられて相談にいらっしゃいました。一定の医師としての経験がおありですが、ブランクが気になり今後どうしていいかが分からないということでした。

一通り話をお伺いした後、私が提案したのはある大学の復職プロジェクト。

大学なので私の会社とはビジネス上の取引はありません。

ただその先生を我々のお付き合い先にいきなり紹介してもなかなかマッチングは難しいと判断し、情報提供をした次第です。

実際、その先生は現在私が紹介したプロジェクトを受けられ、一定の満足をされているご様子。

キャリアコンサルタントとしてなかなか良い仕事が出来たのではないかなぁと思っております。ニコニコ

*建物のデザインが素晴らしいと評判の横須賀美術館に行ってきました♪



~医師向けキャリア支援、求人紹介で口コミNO.1を目指すニューハンプシャー医局
  http://www.e-nhmc.com/
~研修医のためのキャリア支援サイト『レジデント・キャリア』
  http://www.resicari.com/
~医師のためのキャリアコミ]ュニティ『医師キャリ』
  http://www.ishicari.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。
医師のキャリアを考えるブログ 」今日もよろしくお願いします。

今日は朝は涼しかったですが、昼から日差しが出て来ましたね。

さて、本日のネタですが、医学部の留年・休学・退学者数ということにしました。
ある先生がSNSに投稿されていた記事を見てへぇ~と思ったことになります。

その記事というのは

全国医学部長病院長会議 定例記者会見 2015年3月
https://www.ajmc.jp/pdf/150319_01.pdf

のもの。

学力の低下問題にからんで、全国の医学部の留年、休学、退学者数をデータ化しています。

私が書いた本の中でも医学部に入り、卒業するまではとっても大変であることを述べていますが、実際の数を知ったのは初めてです。

1年生と2年生の数が多いのでそれを比較してみると

1年生・・・留年者210名、休学者71名、退学者31名
2年生・・・留年者466名、休学者112名、退学者46名

 
資料によると平成21年度以降の医学部の定員増加から留年者や休学者が増えているようです。
全体の数が増えれば何らかの事情でストレートに進級が出来ない学生も増えるのは当然かもしれませんが、実態はそれ以上の割合で留年や休学が多くなっている模様です。

特に2年生については留年、休学、退学を合わせると624名となり全体(9000名くらい)の7%が相当する数になります。

学年が上がるとそれぞれの対象者は減っているようですが、1年生、2年生でつまづくとその後の医学部生活が大変になると予想します(私立大学の場合1年留年しただけで数百万の出費になりますし。。。)。

資料においても1年、2年の時のキャリア教育が重要ということが書いてありましたが、こういった数字はもっとオープンになっていいものですね。

留年や休学も様々な理由があり、前向きなものも多いとは思いますが、そのようなリスクを認識した上で医学部を目指してほしいなと感じました。


~医師向けキャリア支援、求人紹介で口コミNO.1を目指すニューハンプシャー医局
  http://www.e-nhmc.com/
~研修医のためのキャリア支援サイト『レジデント・キャリア』
  http://www.resicari.com/
~医師のためのキャリアコミ]ュニティ『医師キャリ』
  http://www.ishicari.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。