「医師のキャリアを考える」~医師専任キャリアコンサルタント中村正志のブログ

医師の方々への転職支援、求人紹介、キャリア相談などを行っているニューハンプシャー医局の中村正志のブログです。若手医師を中心にキャリアに悩む医師に対して全力で向き合い色々なサポートを考えております!!よろしくお願いします。

医師キャリホームページ

ニューハンプシャーMC で医師の転職支援、求人紹介を行っている、中村正志のブログです。先生方のキャリアに何かしら参考になるような記事を書いていきたいと思います。ネタがない時は、営業や日々の業務で感じたことを記していきます。

ニューハンプシャーMC中村正志、名前だけでも覚えて帰ってください。( ̄_ ̄ i)

なお、中村正志への問い合わせ、ご質問などはお気軽に以下のメールアドレスにて問合せ下さい。
mnakamura●e-nhmc.com(●を@に変えて送信して下さい)

◆ 医師の転職支援、キャリア支援、ニューハンプシャー医局HP
  ⇒http://www.e-nhmc.com/
◇ 研修医向けのキャリアサポート、レジデント・キャリア
  ⇒http://www.resicari.com/
◆ 医師キャリ~医師のためのキャリアコミュニティ
  ⇒http://www.ishicari.com/

人気ブログランキングに参加しております。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
ポチっとお願いします(^_^;)



テーマ:

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。

セルフブランディングを継続中です。。

 

先週末は日中は雨も降らずまぁまぁの天気でしたね。

 

さて、本日のネタですが「総合診療科は医師の偏在がない?」ということにしました。

出所を忘れてしまったのですが、ある総合診療科の先生がおっしゃっていたことになります。

 

医師は不足しているのか?偏在しているのか?というのはもう長い間議論されています。

私の意見としては医師は絶対的に不足しているし、偏在もしているというと思っています。

その理由としては求人の数です。

基本的に医師の求人は今も全国から来ます。

また診療科によっては求人の数に大幅な差があります。

 

で、総合診療科についてですが、

 

その先生がおっしゃりたいことは何か?

 

おそらく総合診療科医がまだまだニーズに足りておらず、偏在はおろかどこでも不足しているということになるんじゃないかと思います。

 

そもそも総合診療科というのが少し前まで存在しなかった(又はあまり認識されていなかった)ですし。。。

 

ただ現場のニーズと総合診療科医の存在意義やキャリアの方向性についてはまだ合っていないところも多いと思います。

 

確かにこれからの超高齢化社会にとって総合診療医が果たす役割は大きいです。

 

医師の紹介会社として今後の総合診療科の必要性、求人からのニーズ、大学や学会などの専門医の指針などは最低限理解しておきたいと思います。

 

*週末は金沢動物園に行ってきました。カンガルーが可愛かった。カンガルー

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリアへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

セルフブランディングを継続中です。。

 

昨日の雪はすごかったですね。雪だるま

いきなりの寒波でしたが、今日の天気を見るとなんだか夢を見た感じです。

 

さて、本日のネタですが「考えて考えて考えまくる」ということにしました。

 

これは先日キャリア開発のセミナーの中で、企業での転勤者の扱いが話題になった時の話題になります。

 

大きな企業になると当然全国に営業所があります。

 

一つ一つの事業所に適切に人員を配置するには、今いる事業所から別の事業所に転勤してもらわないといけないケースも出てきます。

 

とはいえ、今は正社員でも女性の割合が多いですし、男性においても両親の介護の問題があったりして、簡単に人を配置できないという事情があるようです。

 

その際、調整役となるのが人事の方になるのですが、その時にどう対応するか?

 

その答えが

 

「考えて考えて考えまくる」考える

 

ということのようです。

 

転勤に従うのは従業員の義務でもありますが親の介護はもちろんのこと、子供の教育やご自身のライフスタイルが変わる訳でもあるので、即答という訳にはいかない場合もありますし、最悪退職するという決断につながる場合もあります。

 

人事の方は毎日、どうしようかと頭を悩ませているとのこと。

 

これは医局の派遣でも同じことが言えますね。

 

大学医局の教授の力はまだ健在ではあると思いますが、女性医師の増加や家庭を大切にしたい男性医師の増加により、なかなか強引な派遣依頼は出来づらくなってきていると聞きます。

 

とはいえ、「考えて考えて考えまくる」

 

しか答えはない。とてもいいことを聞きました。

 

*昨日は渋谷でイタリアンをご馳走になりました

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリアへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

セルフブランディングを継続中です。。

 

昨日はつくばマラソンを走ってきました。

ネットで3時間11分59秒、後半大撃沈し西岡純子(芸名はひらがな)さんに1秒負けてしまいました。

「ア゛ーッ!」 あ~

って感じでございます。

 

と書きましたが後日確認したところ私の方が勝ってました。やれやれ・・・

 

ということで少し(かなり?)落ち込んでおりますが、仕事は元気にやっております。ニコニコ

 

さて、本日のネタですが「個々のWLBと始業(終業時間)」ということにしました。

 

WLBというと、何度もこのブログでも話題にしていますが、生活と仕事のバランスを取ること。

 

で、生活を重視する場合、仕事の時間を調整したり量を調整したりしますが、法政大学キャリアデザイン学部の武石恵美子先生が日本とイギリス、ドイツの始業時間、終業時間を調査したところ、

 

イギリスは朝6時台に4.2%、朝7時台に14.1%

ドイツは朝6時台に12.8%、朝7時台に31.3%

 

の人が働き、両国とも17時前にイギリスで4割弱、ドイツは5割弱の人が終業となっている

 

ということでした。

 

それに比べて日本は8時台の始業が中心で、17時が終業というパターンが多いです。

(隠れ残業は含まない。。。)

 

ホワイトカラー職の従業員データですが、終業はともかく始業時間が早いですね。

 

ドイツなどでは朝早く出社した人は15時くらいに帰ってしまうらしいです。

 

そうなると営業時間はどうなるの?という疑問もありますが、これだけ始業時間が早くてもOKなのであれば一日の働き方も個人により色々設定できますね。

WLBの取り方も変わってきます。

 

私も夜型ではないので本当は8時の始業でもいいくらいです。

 

一つの働き方のバリエーションとして始業時間に注目するというのも、面白いと思いました。

 

*先週はキャリアデザイン学会の研究会に行ってきました

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリアへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

セルフブランディングを継続中です。。

 

今週の後半は寒くなるということでしたが、なんだか暖かいですね。

 

さて、本日のネタですが「初期研修先は同期が4人以上のところがよい?」ということにしました。

 

ある後期研修医の先生と情報交換した時のネタになります。

 

その先生は今後医学教育にも積極的に携わっていきたいということで、特に初期研修について色々ご意見があるようでした。

 

その中で、医学生が初期研修先を選ぶ時の一つのポイントとして、

 

初期研修先は同期が4人以上のところ!!

 

ということをおっしゃっていました。

 

???

 

確かにあまり人数が少ないのは良くないのかなと思ったんですが、理由としては人間関係。b-b-Scarab

 

少なすぎると寂しいということもあるようなんですが、3人となるとその中の2人がいがみあった場合、救いがなくなり非常にやりにくいからということでした。

 

ちょっと意外でした。キョロキョロ

 

初期研修先の選び方のポイントというのは、一般的に指導医との相性ややりたいことが出来るか、プログラムの内容などが言われますが、現場の声というのも大切にしないといけないなぁと思いました。

 

さっそくメモった次第です。

 

*マラソン好きの先生、情報交換しませんか?マラソン中

mnakamura@e-nhmc.comまでお気軽にメッセージください。

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリアへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

セルフブランディングを継続中です。。。

 

弊社では開業支援を行っていますが、現在ありがたいことに問い合わせが大変多く、全部受けきれるかわからない状況となっております。びっくり

 

ということで私も相談には少し応じているのですが、ある先生が開業を考えた際、大手企業に相談したところ一瞬のうちに「●●先生は開業する」ということが社内で広まり、気軽に相談するのが怖い、ということををおっしゃっていました。

 

開業を決心し、今の勤務先にも了解を得て、堂々とする状態であればいいんですが、まずはちょっとした興味や関心などから入ることも多いですよね。

 

それで資料請求したり営業マンとお会いしたりされると思うのですが、例えば医療機器メーカーや電子カルテの会社さんなどはとんでもない大企業だったりします。

 

そうなるとその情報は外部には出ないにせよ社内が大きいので関係部署にもその先生の情報が広まってしまい、何かのタイミングで噂が広まってしまうということがあるようです。

 

なかなか怖いですね。

 

特にメーカーさんなどは医師の個人情報の扱いに慣れていないところがあります。

 

弊社のように小さくい規模でコンサルティングや人材紹介をやっていると、そのような個人情報の出し入れには慣れていますし、外部に漏れるようなこともありません。

 

開業支援を本格的に依頼するかどうかわからないがまずは開業に興味のある先生については私も相談を受けますので、お気軽にお問合せください。

 

*マラソン好きの先生、情報交換しませんか?

mnakamura@e-nhmc.comまでお気軽にメッセージください。

 

*転職をお考えの医師の方はニューハンプシャー医局へ

*研修医の方はレジデントキャリアへ

*キャリア相談、コンサルティングをご希望の方は医師キャリへ

*理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職はセラピスト・キャリアへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。