首相官邸報道室で15年余にわたり報道対応に当たった金澤秀明調査官(60)が31日付で定年退職した。4月からは内閣府政策評価広報課に非常勤職員として再雇用されるが、同僚職員からは「余人をもって代え難い」と惜しむ声が上がっている。
 金澤氏は、中曽根康弘首相時代の1984~88年に専門職として官邸に勤務。97年からは橋本、小渕、森、小泉、安倍、福田、麻生、鳩山と8代の内閣の下で、組閣時の記念撮影や首相の記者会見などに携わり、最高権力者と報道機関の接点を支えてきた。 

有事の核持ち込みで質問状=佐世保市長(時事通信)
フィギュア 村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
東方神起が活動休止(時事通信)
新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞)
園田氏が離党届提出 自民前幹事長代理(産経新聞)
AD