アップルインターナショナルは、2月24日付けで埴原明彦取締役が社長に就任したと発表した。

同社はスター・ゲート・インベストメント・ホールディングスによる買収提案を拒否すると発表したが、不適切なリリースだったとこれを訂正、高田祐二社長が引責辞任したためのトップ人事。高田氏は代表権を返上、取締役となる。

また、ガバナンス強化の観点から、津田知明取締役、近藤則明取締役も新たに代表権を持つ。

埴原氏は住友電装を経て2001年にアップルに入社。02年に取締役、05年に常務を経て社長に就任、07年に取締役営業本部長に退いていた。49歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
アップル、高田常務が社長に昇格---業容拡大に対応
アップルインターナショナル 特別編集
中古車 特別編集

酒波寺
悪質な家賃取り立てに罰則 賃借人保護法案を閣議決定(産経新聞)
羽田空港 ロビーに人あふれる…濃霧で欠航相次ぐ(毎日新聞)
ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測(産経新聞)
PERCS
AD