「玻(は)」の漢字を名前に付けた次女の出生届を名古屋市が受理しなかったのを不服とした両親の申し立てについて、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は7日付で、訴えを退ける決定をした。
 同小法廷は「『玻』の字が、社会通念上明らかに常用平易な文字であるとはいえないとした高裁の判断は正当」とした。
 両親は2008年12月、次女に「玻南(はな)」と名付け、名古屋市に出生届を提出したが、戸籍法で定めた文字でないとして受理されなかった。 

【高速道路新料金割引】 首都高速、阪神高速は対距離料金へ(レスポンス)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
厚労省室長、ウソ人事情報で部下から100万(読売新聞)
<弁護士法違反>司法書士ら告発 無資格で法律事務の疑い(毎日新聞)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
AD