タロットと新しいストーリー

テーマ:

どんどんと体が変わってきています。


ブロック(炎症・痛み) が徐々に解放されている感じです。


(呼吸法のお蔭じゃないトコがまたププ(≡^m^≡))



ただ、かなりしつこいので、ひとつ終わっても、また下から出てくるんですよねー


確実にラクにはなっているんですけどねー……



一番変わったのは「意識」です。


呼吸法をきっかけに、色々と進んでいきました。



前回のブログで、呼吸法の施術者に不信感を持っていることを書きました。


私の中では、どーーしても、しっくり来ない人なんですね。


だから、良くなる為とはいえ、彼に会うのも嫌だし、呼吸法を彼から習うのも、憂鬱でたまりませんでした。


でも、でも、もう、あのエネルギーが迫ってきて発狂しそうな症状は、何をおいてもごめんでした。長きにわたる苦痛も極限にきていました。



strength

彼を 選択するのあたって「引いた」タロットカードが、この「力」。逆位置で出ました。


まさに彼は「力」でいうところのパワーなタイプでした。 ただ、このカードの意味するところは、女性が力の象徴であるライオンを手なづけているところです。


力で抑えているのでなく、飼いならすというか、まあ、女性的な力で対応しているのです。


ですので。とても複雑です。逆位置でもありましたし。


 旧来の修行法というのは男性が作ったもので、それを会得しパワーとしている人は、ある意味自信を持っており、他の意見を受け付けません。


そういうのが私はずっとニガテで、私の人生は、こういった男性からことごとく逃げてきたことを思い出されます。(ある意味似てるからなんだよね)


一面では、彼らの、現実化パワーを取り込む必要があるのは分かっていました。が、心が拒否して今は受け付けないんですね。



困りました。


このカードは、そんな簡単にはいかないんです。男性的な威圧を女性的な力で対応するのは、「時間」がかかるからです。


為政者が力で力を押さえつけるのは早いからです。(まあ、怖れているのもある)


ガンジーのように愛を持って対応するのは時間がかかりますし、誰でも出来ない。


それと同じで、私の中の、ニガテな男性パワーをどうやって、愛を持って対応するか? が鍵になってきます。



それを解決するのに、どうしたらいいか、もう一枚、引いてみました。


「女教皇」 でした。 (大アルカナばかりだな)


priestess

もう、この時点で、あーって感じ(笑)


私はやたらと「女性」のカードが出るんです。女帝とかね。 いい加減、女性性が鍵だと分かってきます。


ただ、女帝が陽(物質世界)に対し、女教皇は陰(精神世界)になります。


ですんで、ヒントは、やはり、そっちです。


少し前から、インスピレーションで「レムリア」がまたきていました。


レムリアン・ヒーリング。


女神をいただくヒーリング法。


レムリアン・ヒーリング―人生を癒し、愛と幸福を得る/マリディアナ万美子
¥価格不明
Amazon.co.jp

 

万美子さんのことは、ずっと気になっており、ブログも読んでいます。 

 

もう一度、本も読みなおすと、やっぱり、この世界観が私にとってワクワクすることだ、と分かってきました。

 

夫であるデイビッドさんのブログにもいってみました。

 

 

そしたら。

 

新しいストーリーを話すときかも?

 


というページに辿りつきました。 手首をケガしてなかなか治らないで困っている、ということを、色々な人に話している、ことに気づいたデイビッドさん。


ハッ、私は何をしているのだ?


本当に手首が治ってほしいなら、新しいストーリーを自分に言い聞かせる必要がある!と。


そこで新しいストーリーを作ることにしました。


「わたしの両手首は強くてしなやかです。手首は、どんな運動をしても快適にサポートしてくれます。わたしの身体は完璧でバランスがとれています。身体にいるのは、とてもいい気分です。」


どんな古くてネガティブなストーリーを、頭のなかで自分に言い聞かせていますか?



そこで、私もハッとしました。


私も、辛くて苦しい現実を何とかしようと、ずっとあがいているのですから。



でも、苦痛があまりにも強すぎて、すぐに新しいストーリーから戻ってしまうのです。


しかし、何かここにコツがある気がしました。


ディビッドさんの日本語ブログは、まだ、数が少ないので、全部、読むことが出来ました。ヒントが満載でした。


自分のインスピレーションや想像の世界を信用する力の付け方が書いてあったり


見えない世界の「力」のすごさ、だったり



今まで、信用したくても信用出来なかったことが、彼も同じような悩みを持ちながら歩いてきたんだな、と分かってきました。


レムリアン・ヒーリングでも、呼吸法がかなり大事だ、ということも分かってきました。



修業系の呼吸法は、物質的に、ただ、呼吸をする型だの行程だのを大事にしていますが


ヒーリングの世界の呼吸法は、風の女神が愛を運んでくれる。肺を通して彼女が宇宙の愛やパワーを全身に拡げてくれる、という具合に、中身の質を教えてくれるんですね。



プラーナをとりこむ、と言われている呼吸ですが


見えない女神の世界を感じると、また、全然ちがってきますよね。



そこで、呼吸の型にあまりこだわらず、詰まり(痛み)のある部位をじっと感じてみることにしました。


レムリアの女神たちに、ヒーリングだけをお願いして(意図設定)。


呼吸法では、詰まった部位を、力的に解放しようしますが


それって、詰まった部位がある、というストーリーです。



でも、今回は、ただ、じっと彼女たちの愛を感じているだけ。


呼吸法もやったりやらなかったり。


すると、あんなに深い痛みのあった膵臓部が、ゆるんできたのです!!!





新しいストーリーが無理なら、ニュートラルでいくしかない。


そんでもって、やはり、自力では、無理っぽい。 見えない力にサレンダーしてしまうことが必要なんですよね。




にほんブログ村

よろしければポチっと。励みになります。

AD