不祥事:池井戸 潤

テーマ:

トラブルを抱える支店を訪問し、指導し、解決する部署に移動になった花咲舞は、脅威の事務処理能力を持つ女子行員。特殊な習慣と歪曲したモラルに管理されたメガバンクに対し、歯に衣着せぬ発言力と、相手を張り飛ばす行動力で、彼女は組織に立ち向かう。新ヒロインが大活躍する、痛快銀行ミステリー誕生。


池井戸氏の銀行小説です。新装版が出ていますが、旧版を購入しました。今回の主人公は、事務能力に長けた女子行員。義務処理ミスの発生した各支店を訪れて、臨店(業務改善指導)を行って、煙たがる支店長たちの舌鋒を軽やかに交わしていく、そんなストーリーです。短編集形式になっていて、最終話「不祥事」を含む、全8編の作品です。

主人公・花咲舞は、思ったことをずばっと指摘してしまうタイプ。スジの通った発言で、立場が上の人間にもなんのそので、物言います。尻拭いをするのは上司・相馬。ちょっとかわいそうな感じになります。

女版・半沢直樹といったところで、あまりの振る舞いに「狂咲」と呼ばれています。ですが、TV版半沢直樹ほどすかっとした読後感はありません。女性の若手行員というところで、ある程度はやりこめられてしまう場面もあったからです。


短編一本一本は面白いと思います。例によって結末までしっかり描かないタイプの小説なので、消化不良感を持つ方もいるかもしれません。長編が読みたい人にもオススメしません。

長編があったら読んでみたいと思いますね。

このへんになると既刊とのネタ被りもボチボチ出てきます。やむを得ません。

あらすじ紹介に、「ミステリー」という言葉がありますが、ミステリ的要素はほぼありませんのでご注意。



オススメ度 ☆☆



新装版 不祥事 (講談社文庫)/講談社
¥730
Amazon.co.jp
不祥事 (講談社文庫)/講談社
¥730
Amazon.co.jp