さよなら妖精

テーマ:
さよなら妖精 (創元推理文庫)/米澤 穂信
¥780
Amazon.co.jp


不朽のボーイ・ミーツ・ガールミステリ。

米澤穂信氏の「さよなら妖精」です。

文庫版は創元推理文庫より。



裏表紙引用あらすじ


「1991年4月、雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、

謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの

街にやってきた少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。

そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。

謎を解く鍵は記憶の中に・・・」



というわけで、久しぶりに米澤氏の文庫を手にとって見ました。

いわずとしれた日常の謎ミステリ。

今作でもいくつもの日常の謎が登場します。

古典部のシリーズでは、高校が舞台でした。

今回も登場人物は高校生、しかしあらすじにもあるように

1991年の世界情勢が背景にあります。


ユーゴスラヴィア。


当時紛争地帯であったところからやってきた少女。

マーヤと過ごした日常とマーヤの残した謎は

主人公・守屋の心を揺さぶるものでした。

前半はあまりそのへんが絡んでこないので

ゆるい日常系の小説と思いましたが、後半から

緊迫感が少しずつ生まれ、衝撃のラストへと向かいます。


日常と紛争地帯、ある意味正反対のテーマ。

違和感を覚えながらも読み進めてしまいました。




オススメ度 ☆☆☆