昨日10月31日は名古屋 CREA での神代文字ことはじめ 

開催しました。


今回からは


・神代文字の成り立ち

・古事記以前の古史古伝による神代七代の天津神

・十種の神宝の八握の剣

・トホカミエヒタメ 

・ひふみ祝詞


のお話をより詳しくさせていただき、

話せば話すほどもの足りない気がしてしまい

グタグタになってしまったこと反省いたしております。


そんななか初回から参加してくれているつっちゃんが

素敵な感想をupしてくれましたので紹介いたします。



以下つっちゃんのFBより


今日は、名古屋でOMIさんの

「神代文字事始め」

に、参加してきました。

普段の暮らしとは一転、
電車にのって街に出て、
ほとんど他の参加者の人とも話さず黙々と
神代文字にふれ、書いて、味わいました

またまた、OMIさんパワーアップしてて、
新しい文字や言靈 形靈
伝えてくれました☆

今の教育 歴史では、
日本には文字はなく、
亀甲文字から漢字が生まれ、
それが大陸から渡ってきて、
ひらがな カタカナが作られたと言われていますが、

日本には昔から
縄文時代といわれる
古く豊かな時から文字がありました。

天地創造の、神々さまが創られ、
神の意志を天皇(スメラミコト)に伝えるために使われていました。

形靈であり、それを発することによる音靈として、
人の心の疎通を図り、よりいっそう仲良く平和であれとの願いから
天皇によって人と人との間にも使われるようになりました

この神代文字が、
書いていると、また見てるだけでも
何か心にひびく∞魂にひびく
ものを感じます

アワ唄、ひふみ祝詞、フトマニ、ヤツカのツルギ…

言葉ではうまく伝えられないけど、
みなさんに直にふれて味わってもらえたら、
なんか懐かしく なんか力をもらう なんかてばなす
そんなそれぞれに響くものがあるような氣がします

11月20日には、
我が家で、
麻のお香と妻のお弁当と
OMIさんの神代文字のお話∞神代文字を書く∞神代文字治療

の、スペシャルな会をひらきます。

ピンときたらぜひご参加くださいね(^^)

https://www.facebook.com/events/770546606401441/

失われた日本 大和の素晴らしさ

言靈∞神代文字∞大麻

味わって 身につけて
お伝えしていきたい∞取り戻していきたいものです


AD