沖縄旅行のついでにハンバーガー。2つ目は、うるま市の与勝半島にある「KING TACOS(キングタコス)」です。2つ目はと言っても、今回は2店舗しか寄らなかったので、ひとつ前の記事「GORDIES OLD HOUSE」と今回の記事のみですが。

 
 
キングタコスは沖縄各地に店を構えるローカルチェーンで、タコライス発祥の店としてあまりにも有名です。もちろんハンバーガーの"WA"でご紹介する訳ですから、ハンバーガーもラインナップにあるので、今回はそちらを目的に立寄りました。
 
 
早速、そのハンバーガーをご紹介。「ジャンボチーズバーガー ¥350」です。バーガー袋の替わりという訳でもないんですが、ハンバーガーはこういう風にビニール袋に入った状態で提供されます。
 
 
元々そういうものなのか、こちらの人数を見て気を遣ってくれたのか分かりませんが、ハンバーガーは2つにカットされた状態。ということで、ビニール袋から取り出して撮影することもできず、袋の中をのぞき込むようにして撮影です(苦笑)。分かりづらいかも知れませんが、ホントにビッグサイズ。直径15㎝はあろうかという大きさ。
 
 
具材は何ともシンプル。ビーフパティに千切りレタス、チーズのみ。そこにトマトケチャップ。よくパティはよく焼かれていて、どこかアメリカンな印象を強く受けます。バンズはスカッとした軽めのもの。とにかくこのボリューム感で、シンプルに真っ直ぐな味が続くので、正直なところちょっと飽きがくるのは否めないかも知れません。
 
 
そして看板メニューの「タコライス」も。「タコライスチーズヤサイ ¥600」にしてみました。スーパーでよく見るプラスチック容器に、これでもか!ってな具合に盛り盛りです。ミンチ・チーズ・レタス・トマトに、たっぷりのご飯。これを混ぜ込みながら、途中でピリッと辛いサルサソースも加えつつ頂きます。これは旨い。いわゆるソウルフード的な位置づけなんでしょうけど、サルサが入るとどこかメキシカンな雰囲気が入ってきて、暑い場所で食べるのにピッタリ。結構なボリュームですが、あっという間に平らげてしまいました。
 
 
結構テイクアウトの人も多いようで、外からオーダーできる専用カウンターもありました。ハンバーガーのビニール袋といい、タコライスのプラスチック容器といい、テイクアウトにも対応しやすいような工夫がなされたものなんでしょうね。ちなみに、このメニュー表にはドル価格も併記されていますが、店内のメニュー表には「YEN ONLY」とも書かれていました。どっちだろ。
 
 
両側が海というフォトジェニックな海中道路の入口からすぐの場所にあるので、島遊びをした後に寄り道してみるのはどうでしょう。
 
 
-------- KING TACOS 与勝店 --------
 
■TEL:098-978-1733
■HP:-
■食事日:16.12.20
AD

ちょうど一年ぶりの沖縄への家族旅行。今回も3泊4日にしてみました。この時期は気候がいい割に空いてて快適なんですよね。しかも費用も安い。ということで、嘉手納にオープンしてまだ一年ちょっとの「GORDIES OLD HOUSE(ゴーディーズオールドハウス)」へ寄り道してきましたよ。

 
 
場所は国道58号線沿い、嘉手納飛行場の向かい側です。店名にもあるように北谷の人気店「GORDIES」の2号店で、1920年代のオールドアメリカをイメージしたカッコいい店です。
 
 
運転があるので「ルートビア」を。ハンバーガーをオーダーすると付けられるドリンクセットで、¥200プラスでいただけます。外観だけでなく、木をふんだんに用いた温かみのある内装。ちょうどクリスマスの時期なので、店内もクリスマスの飾りつけがいっぱい。外は26℃なんですけどね(笑)
 
 
こちらは「ベーコンチーズバーガー ¥1,200」。なかなかの重量級で、ハンバーガーも自らの具材を支え切れないようで、ちょっと前のめりに崩れかけてます。何といっても特徴的なのは、ゴツゴツとしたビーフパティ。敢えて筋を残した肉肉しさたっぷりなパティです。そこに濃い目のBBQソースがグイッと荒々しさをさらに引き立ててくれるんです。この組合せは旨いなぁ!
 
 
厚めのベーコンも食欲をそそります。野菜はレタス・トマト、そして甘みのグリルドオニオンが良いアクセントになっています。ホワイトバンズは天然酵母を使っているのかな。ふわっとした仕上がりで、かなり甘みが感じられます。肉が前面に出てくるんですけど、その他の具材も決して脇役で落ち着かない、ボクも食べて!ボクも食べて!と言ってくるようなヤンチャなハンバーガーです。
 
 
ハンバーガーはもう一つ。こちらは「テリヤキバーガー ¥1,050」です。こちらは甘みのある深い味わいのテリヤキソースがとにかく前面に出てきています。このソースは好きなタイプですねぇ。ビーフパティは先ほどのベーコンチーズバーガーとは敢えて変えてあるのか、筋は少な目。
 
 
2つのハンバーガーしか食べられてないので想像の域を出ませんが、敢えてひとつひとつハンバーガーの種類に合わせて微調整をしているのか、手作りだからこそのランダムさを楽しめるということなのか。いずれにしてもここの肉は旨い。それだけは間違いないですよ。
 
 
ちなみにセットで付いてくるポテトに¥200プラスすれば、「マッシュポテト」に変更できます。上にかかっているのはグレイビーソースですかね。ペッパーが効いてて、これは止まりませんよ。
 
 
あぁ、運転がなければオリオンビール飲むのになぁ! こちらは運転しない嫁の呑んでた「オリオンドラフト ¥500」。羨ましい・・・。いやいや、ルートビアだってもちろん旨いんですよ。旨いんですけどね・・・。
 
 
ハンバーガーだけでなくサンドイッチやデザート、そして何故か11時からのモーニングメニューも充実しています。こんな店が近くにあったらなぁ。また沖縄に行く時には寄りたいな。
 
 
夕暮れ時でも半袖でOKなんてたまらないですね~。
 
-------- GORDIES OLD HOUSE --------
 
■TEL:098-956-7570
■HP:-
■食事日:16.12.18
AD
四ツ谷「CRUZ BURGERS(クルズバーガーズ)」。以前からマンスリーハンバーガーTVでも何度かご紹介させてもらっている店ですが、最近ますますハンバーガーが旨くなっていると巷で噂。そりゃあ確かめに行かなきゃいけないでしょう、と遊びにいってきました。
 
 
場所はお馴染み、四ツ谷駅から歩いて5分ほどの三栄通り沿い。ちょうどT字路の突き当りにも当たるので、新宿通りからも視認性がよく、迷うことはないと思います。
 
 
まずはお疲れビール。クルズバーガーズといえば、ハンバーガーはもちろんクラフトビールのラインナップも魅力的。こちらは「フロントサイドフォーリンエクストラスタウト(M) ¥972」。リップカレントブリューイングのドライスタウトで、日本初上陸らしいです。ロースト感が際立っていて、寒い冬にじっくりとゆっくりと呑んでいたい一杯。美味しいですねぇ。
 
 
ちょっとお腹が空いていたので、ハンバーガーの前に前菜的に「チーズドッグ ¥972」をいただきます。ゴーダ・チェダー・ステッペンの3種類で作る熱々のチーズソースがたっぷり。サクッと焼きあがっていながらももちもち感も感じらるバンズにチーズ、そしてソーセージ。これは合わない訳がないでしょう。前菜なんて言ってゴメンナサイ。主食であって、主役の座をしっかりと掴める一品です。
 
 
そしてお目当てはこちら。「FAT WRECK CHORDS(ファットレックコーズ) ¥1,566」です。映画「A FAT WRECK」の公開を記念した期間限定バーガー(2月4日~23日)です。
 
 
FAT(デカい)・WRECK(破壊的な)・CHORDS(和音)のメニュー名の通り、とにかくビッグサイズ! ビーフパティ(120g)に自家製プルドポーク(120g)、自家製ベーコン(60g)と合計300gの肉肉肉の三重奏。まずさらに旨くなったと噂のビーフパティ。荒々しくて肉を食いちぎる感覚。まさにステーキかのような食感。爆発的な力強さです。
 
 
そしてグリドル上で表面をカリッと焼き上げるプルドポーク。わしわしとしたこの味わい、たまりませんね。そこに甘辛いBBQソースが絶妙に絡み合います。相性バッチリ。これだけ肉肉しいハンバーガーなので、レタスでは全く存在感が出せないらしく、合わせるのはコールスロー。プルドポークとコールスローの相性の良さは言わずもがな。程よい酸味とシャキッとした食感が良いアクセントになっています。
 
 
ハンバーガーを見上げるかのような、こんな角度の写真が撮れるのも圧倒的な存在感が成せる業。さすが野本オーナーの自信作。期間限定にしておくには勿体ない。是非是非また定期的に食べさせてもらいたいですよ。
 
 
なんと映画「A FAT WRECK」とのコラボを記念して、先着何名かの方はステッカーがもらえるんです。ありがとうございます! 店内にもポスターが沢山貼ってあって、盛り上がってきちゃいますね~。
 
 
こうして定期的に面白い期間限定バーガーをリリースするクルズバーガーズ。ますます旨くなったことだし、今年もやっぱり目が離せない店のひとつです。
 
 
--------- CRUZ BURGERS ---------
 
■住所:東京都新宿区三栄町6 小椋ビル1F
■TEL:03-6457-7706
■食事日:17.2.10
AD
毎月第一水曜日はマンスリーハンバーガーTV(以下、MHTV)の日。ということで、2月1日の21時半から、第57回MHTVをお届けしました~。
 
MHTV7th②
 
今回は日吉「MADE IN HANDS(メイドインハンズ)」四ツ谷「CRUZ BURGERS(クルズバーガーズ)」の2店舗をご紹介。MHTVで初めてご紹介する店と何度もお世話になっている店ですが、図らずも両店ともにハンバーガーだけでなくビールにも力を入れている店となりました。今回もGoogle+のHangout On Airで世界中に向けてお届けしましたので、よろしければこちらをご覧くださいね~。
 
 
 
 
---------------------------
 
ここからはボクの担当させてもらった日吉「MADE IN HANDS」をご紹介します。
 
 
こちらは「カーニバル ¥1,600」という、この店で一番てんこ盛りなハンバーガー。ビーフパティの上に自家製ベーコン、ジャークチキンが載る、牛・豚・鶏のトリプル肉バーガー。肉だけでその重量は350g以上!という何とも食べ応えのある一品です。
 
 
溶岩石でじっくりとグリルしたビーフパティは、ふっくら感があってジューシーそのもの。自家製ベーコンのスモーク感に、ジャークチキンのスパイシーさもたまりません。それらの個性豊かな肉たちをとりまとめるのは、タマリンドやフルーツを用いた自家製ソース。爽快さすら感じさせてくれて、このボリュームを不思議とパクパクと食べられるんですよ。
 
 
バンズを重ねると、もうこの高さ! ハンバーガーを色々な店で食べていると、よくこんな大きいハンバーガーをひと口でかぶりつけますね、と聞かれることがあるんですが、この高さは流石にひと口では無理。正直言って若干食べにくいんですが、口の周りが汚れることなんて気にせず食べ続けたくなる一品ですよ。
 
 
ビールのラインナップも魅力的でして。レギュラーのラインナップに加えて、アンテナアメリカから特別に仕入れさせてもらっているという限定ものが色々とあるんです。こちらは「シエラネバダのメープルスコッチ ¥950」。スコッチエールにメープルシロップを加えているそうで、ほのかな甘みと味わい深いコクが特徴的でした。
 
 
こちらは試作品ということでいただいたデザート。9月にオープンしたばかりですが、これから様々なメニューを広げていく予定なのだそう。これからの展開が楽しみです。さて、MHTVの方は、次回3月1日から第58回を放送予定です。お楽しみに~。
 
 
--------- MADE IN HANDS ---------
 
■住所:神奈川県横浜市港北区日吉2-2-16 第一マルシンビル2F
■TEL:045-294-9169
■食事日:17.2.1

聖地巡礼。「君の名は」の飛騨、「スラムダンク」の湘南などなど、数を挙げると枚挙にいとまがありません。とか書き出しておいてなんですが、目的はそうではなく。たまたま近所に用事があったので寄り道してみたのが、今回ご紹介する大洗「ガルパン喫茶パンツァーフォー」です。

 
 
大洗は「ガールズ&パンツァ―(以下、ガルパン)」というアニメで舞台になったらしく、町を挙げて推している感が伝わってきます。それに応えるように聖地巡礼で町を訪れるファンも沢山。そんな訳で、町のシンボルである「大洗マリンタワー」の中にあるカフェもガルパンとのコラボ仕様になっています。
 
 
マリンタワーの2Fにあるこちらのお店。2FへのEVを降りるともうすぐ店の中。案内されて席に着くと、そこには戦車が。これアニメに出てくるものらしいんですが、店では呼び鈴になってます。
 
 
まずは「メロンソーダ ¥432」を。う~ん、まさにTHEメロンソーダ。砂糖の塊のような味です。2Fと言っても地上50Fにある店なので、景色は抜群。ひとつ上のフロアに展望室がありますが、高さは5mしか変わりません。展望室には¥330必要ですが、この店を利用する場合はEVが無料で使えるのでお得です。
 
 
こちらが「サンダースバーガー ¥1,080」。バンズの上からずばっと刺さったナイフに目を奪われます。
 
 
ビーフパティの替わりにスパムをぺろんと1枚入れてあるハンバーガー。そこにベーコン・エッグ・レタス・トマト・オニオンを挟んでいます。スパムはもう少し厚切りだと嬉しいんですが、エッグとの相性は言わずもがな。バンズはマクドナルドのモーニングで出てくるマフィンに似たような味と食感です。
 
 
全体的に妙に水気が多いのと、具材がぼろぼろと崩れやすいので、手で食べるのはやや困難。フォークとナイフでいただきました。バランス云々というよりこういう食べ物なのだよ、というハンバーガー。大洗名物の食材でも入っているといいんですけどねぇ。ホットドッグの方は、大洗で獲れたカジキとシラスを使っているから、余計にそう感じてしまったのかも知れませんね。
 
 
それでも、ここからの展望を考えたらお得感あり。ちなみに、水戸から大洗へ向かう電車もガルパン仕様。新しい形で町おこしを持続させようとしている大洗町。これからも盛り上がってほしいですね~。
 
 
------ ガルパン喫茶パンツァーフォー ------
 
■住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央10 大洗マリンタワー2F
■TEL:029-266-2000
■食事日:16.12.2

パンツァーフォーカフェ / 大洗駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2