池袋ルミネの1F、と言ってもメインの施設の中ではなくて外から直接アプローチができる場所にある「Organic Burger Kitchen(オーガニックバーガーキッチン)」。確か、心斎橋OPAにも以前店があったと思うんですが、コスメキッチン等を展開しているマッシュスタイルラボの飲食事業だったかなぁ。

オーガニックバーガーキッチン1

そういうこともあり、お客さんはほぼほぼ女性。池袋店はかなり店内が狭くて、カウンター席を中心に10席ちょっとほど。ある意味、テーブル席に女性ばかりだと入りにくいので、こういう造りで良かったと言えば良かったかも。

オーガニックバーガーキッチン2

店名にもあるように、基本的にオーガニックにこだわった店なのでコーラ的なメニューはありません。ということで、「オレンジ&ホワイトティー ¥378」にしてみました。To Goもしやすいようにとカップで出してくれますが、ブログ的には見た目に違いが出ないのでちょっと寂しい気も…。

オーガニックバーガーキッチン3

そしてハンバーガーは「ベーコンチーズバーガー ¥1,058」にしてみました。ウリはナチュラルビーフを用いたビーフパティ。ナチュラルビーフというのは、良質なオージービーフでナチュラルビーフ認定というのを取得しているものなのだそう。やや小振りながらも肉は旨いし、チェダーチーズを溶かした絡み具合もなかなか良いと思います。

オーガニックバーガーキッチン4

クラウンバンズをずらしてみると、ベーコンがペロリと。これは控えめにいっても改善の余地がありそう。全体的なバランスも悪くはないんですが、どこか小さくまとまっていると言ったら言い過ぎかな。こういう場所だからこれで良いのかもしれないけど。そもそも体に良いバーガーという切り口は個人的には共感できる点もあるんですが、あんまりそれを前面に打ち出しすぎるのはどうかなぁと思うんですよね。というのも、他のバーガー屋だって体に悪いものを作ろうなんて考えるる訳じゃないんですから。あくまでもさりげなく、で良いじゃないかと。

オーガニックバーガーキッチン5

ちなみに、ポテトセットで付けた「スマッシュポテト ¥378」はなかなか旨いですよ。有機栽培の小芋をスラッシュして菜種油で揚げてあります。なかなかボリュームもありますし、芋本来の味わいをしっかりと楽しめます。

オーガニックバーガーキッチン6

ということで、ランチタイムでもドリンクもポテトも別料金ということもあり、¥1,800以上になっちゃうのはちょっとね。接客的なサービスもほぼ皆無といっても間違いないしなぁ。そんな訳で、色々と好みが分かれそうな感じの店なのかもですね。


----------- Organic Burger Kitchen -----------

■住所:東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋店1F
■TEL:03-6912-6682
■HP:http://www.organic-market-kitchen.com/
■食事日:16.4.20


オーガニック バーガー キッチンハンバーガー / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

AD
湘南から伊勢原エリア辺りをキッチンカーで移動しつつハンバーガーを焼いている「YASUDA BURGER(ヤスダバーガー)」。祭りやJリーグの試合などに出張販売をしているのですが、なかなかタイミングが合わずに食べられず…。それが今年の夏、ついに巡り合うことができました。

ヤスダバーガー1

7月8~10日に平塚で開かれた関東三大七夕祭りのひとつ「ひらつか七夕祭り」。そこに店を出すとの情報をInstagramで見つけ、祭りを口実に(笑)、家族を連れて行ってきました。1日当り50万人近くの人出があるらしい七夕祭りの中で、ひと際目立つ渦巻き柄(?)の軽トラック。これがヤスダバーガーのキッチンカーですよ。

ヤスダバーガー2

決して大きいとは言えない軽トラックの中で、一度に焼けるハンバーガーの数は(たぶん)6つ。20分ほど並びましたが、パティを焼きつつ、その横でバンズを熱し、その後ろでは野菜を丁寧に整えていく、目の前でそれも屋外でその様子を眺めているとそんな時間が経つのも忘れてしまいますよ。

ヤスダバーガー3

こちらがボクのオーダーした「アボカドチーズバーガー ¥1,000」「ベーコンチーズバーガー ¥1,000」。いやいやいや、見た目からして旨そうなのはもちろんのこと、何より美しいですよね。

ヤスダバーガー4

一番の特徴は何といってもビーフパティ。カット肉と粗く挽いた肉をつなぎ無しで、ひとつひとつ手ごねで作り上げているそう。肉の塊感がたまりません。まさに肉にかぶりつくと言う表現がピッタリなハンバーガー。溢れる肉汁とはこのバーガーのためにあるんじゃないかな。混ぜ込んであるオリジナルのスパイスも効いているんですが、何よりも肉・肉・肉!酸味の効いたレリッシュに、旨みが凝縮されたカリッカリのベーコン。パティ以外の具材もひとつひとつに一切手抜きなしです。

ヤスダバーガー5

アボカドもたっぷり。1個の半分ほどを使っていて、このクリーミーさがまたパティの旨みを引き立ててくれます。バンズはとあるパン屋にオリジナルのものを溶岩窯で焼いてもらっているそう。歯が当たるとパリッと割れるような、しっかりと焼かれた力強いバンズ。FELLOWSのバンズにも印象が似てるかな。この肉にこのバンズありですよ。これだけしっかり肉が強いのに、全体としてのバランスも取れている。キッチンカーのレベルを完全に超越したハンバーガーが楽しめました。

ヤスダバーガー6

軽トラック1台停車できる場所さえあれば、指定の場所に出張してきてその場でハンバーガーを作ってくれるそう(出張料は別途)。う~ん、こんな嬉しいことはないですよ。何かのイベントにかこつけて、焼きにきてもらいたいな~。ビールでも呑みながら、自分のためのバーガーを焼きに来てくれるなんてサイコーですもんね!

ヤスダバーガー7


------------ YASUDA BURGER ------------

■住所:-
■TEL:080-4136-8916
■HP:https://coubic.com/yasudaburger
■食事日:16.7.10
AD
毎月第一水曜日はマンスリーハンバーガーTV(以下、MHTV)。と言い続けて、もう50回。いやいや、4年と2ヶ月もよく続けてきたもんだと我ながらビックリですが、50回目を記念してのPartyを7月6日(水)に外苑前のE・A・Tで行いましたよ。

MHTV50th1


クリスマス以来のPartyということで、全国各地から30人以上の方々が集まってくれました。ありがとうございます! そんなPartyの中でお届けしたMHTVの様子はこちら↓をどうぞ。今回もHangout On Airを用いて全世界へお届けしましたよ~。



---------------------------

E・A・Tといえばシェフのmichiさんによる西海岸をベースにした料理の数々。今では武蔵小杉・名古屋にも支店がありますが、本店のここ外苑前ではmichiさんが腕を奮った料理が楽しめます。

MHTV50th2

「フライドチキン」。日本風にいうと唐揚げですね(笑) しかしまぁ、奥にぼんやり映ってるタルタルをディップして食べると、シンプルなのにこんなに旨いものかと驚かされちゃいます。

MHTV50th3

「ブリトー」も。実はブリトーが旨いことでも有名なE・A・T。トルティーヤの中にギュギュっとこれでもかというぐらい、沢山の具を詰めてくれるのが嬉しい。メキシコ料理のはずなんだけど、これを食べるとたまには西海岸に行きたいな~って気分になるのは何でだろう。

MHTV50th4

Partyということで、普段は出してないメニューも。「キューバンサンド」です。これがまた旨いんですよ。サンドイッチプレスでぎゅ~っとプレスしながら熱を加えることで、具材の一体感が増していきます。せっかくプレス機もあることだし、これはレギュラーメニューにしてほしいなぁ。

MHTV50th5

そしてもちろんハンバーガーも。「E・A・Tバーガー」。たっぷりのBBQソースがビーフパティにじゅわぁっと混じりあいます。シンプルながらもこのソースが奥深くって、ずっとずっと噛んでいたい気分になるんですよね。敢えて水気を抑えた感のある浅野屋バンズも、このパティやソースにバッチリ合ってます。Simple is Bestなバーガーなんでしょうね!

MHTV50th6


50回目を迎えたMHTVの方は、これから先もゆるりと飽きるまで続けていくのかな。51回目はいつもの感じで場所は未定ですが、8月3日(水)にお届け予定です。うちの店を使って!というオーナーさん、関係者の方々、是非是非ご連絡お待ちしてます^^


---------------------------

※MHTVのMCはこちら。

ハンバーガーログブック:T@ka
ハンバーガーブログ:シンゴ
ハンバーガーワールド:masa
ハンバーガーの"WA":コージ(ボクです)
AD
昨年春に横浜は藤が丘から隣駅の青葉台へ移転した「COCOCHI BURGERS(ココチバーガーズ)」。営業時間は11時~15時(L.O.)とまだまだ短めですが、元気に営業中です。

ココチバーガーズ1

場所は青葉台駅の北口を出て歩くこと10分ほど。バスだと桜台のバス停が近くて、ゆっくりと歩いて2分ほど。緩やかな坂道を上ると見えてくるのは、分かりやすいココチカラーのオレンジの看板です。

ココチバーガーズ2

メゾネットの店内。2Fのテラス席でランチセットで付けた「バドワイザー ¥500」をぐびぐび。目の前は桜並木なので、春先に来たらとってもキレイなんでしょうね~。この時はすっかり葉桜でしたよ。

ココチバーガーズ3

ハンバーガーはこちら。看板メニューのひとつ「ベーコンチーズバーガー ¥1,250」です。べろ~んとはみ出したベーコンが何とも魅力的。

ココチバーガーズ4

そのベーコンはもちろん自家製のスモーク。ハンバーガー全体で食べるのはもちろん、そのまま少しかじっても美味しいので、長く厚切りにしています。ほろほろとしたビーフパティも肉肉しくって、全体的に肉食べてるな~と思わせてくれる一品に仕上がっています。

ココチバーガーズ5

もうひとつご紹介。こちらは「アボチーズバーガー ¥1,200」です。いい具合に熟したアボカドを軽くグリルして乗せたハンバーガー。

ココチバーガーズ6

写真に見える赤いソースはメキシカンチリソース。これが思った以上にピリッと辛くて良いアクセントになっています。チーズとの相性は言わずもがな。これからどんどん暑くなる夏にピッタリなホットなバーガーですね。

ココチバーガーズ7

ホットコーヒーをいただいてご馳走さま。まだまだメニュー数も絞っての展開ですが、また独創的なマンスリーバーガーとかチーズフォンデュバーガーとか食べたいですね~。


----------- COCOCHI BURGERS -----------

■住所:神奈川県横浜市青葉区青葉台1-32-34
■TEL:080-3302-2848
■HP:http://www.cocochi.cc
■食事日:16.4.16
上野にちょっと面白いハンバーガーを出す店があると聞きつけ、早速でもないですが伺ってきたのがこちらの「KEEP&TOUCH(キープ&タッチ)」。場所は上野駅から歩いて3~4分ほど、昭和通り沿い。ちょうど上に首都高1号上野線が走っている辺りです。

キープ&タッチ1

「アメリカン&アジアンフードバー」と書かれたオーニング(と言っていいのかな)。なかなかシュールですねぇ。ちょっと店に入るのに勇気がいりそうですが、周りのサラリーマンたちが続々入っていくので、ちょっとドキドキしつつ入ってみました。

キープ&タッチ2

ランチタイムにはドリンクとサラダ(冬の間はスープ)がセットで付いてくるそう。ということで、「ジンジャーエール」にしてみました。たぶんウィルキンソン辛口。セットで付けてくれるなんて嬉しいじゃないですか。店内はどこかインド風な内装や小物がチラチラ。後で調べてみて分かったんですが、以前ここにあった「ナマステインディア」という店が業態転換したみたいですね。どうりで。

キープ&タッチ3

ハンバーガーはこちら。「ランチバーガー ¥950」です。メニュー名の通り、ランチタイムど真ん中のハンバーガーはこれ一品だけ。お店の方いわく、13時半ぐらいを過ぎれば他のハンバーガーも出せるよ~とのことですが。

キープ&タッチ4

見た目からしてこのビーフパティが主役だってことが伝わってきますよね。網目の焼き色が食欲をそそります。それにしても圧倒的な存在感。サイズは200gとなかなかボリューミー。これは周りの腹ペコサラリーマンにはたまらないでしょ。かなりしっかり目に焼いてあって、まさに肉・肉・肉。少し牧草っぽい風味がするんですけど、どこの肉なんだろうなぁ。もしかして、ランチってLunchじゃなくてRanchなのかな。

キープ&タッチ5

それにしても、ずっとこの味が200g続くのは正直ちょっとだけ飽きもくるってもんです。普段あんまりしませんが、マスタードを少し加えて味を変えつついただきました。野菜はレタスの千切り・厚切りカットトマト・しっかり苦めのレッドオニオンにピクルス。なかなか大胆な組合せです。バンズは香ばしい焼き色で、どこかブリオッシュ風の味わい。パティが大きすぎるのか、バンズが小さすぎるのか。いやいや、そんなバランス感なんて考えてしまう自分の器が小さすぎるんだろう、と。肉が腹いっぱい食べられていいじゃないか。

キープ&タッチ6

スタッフの方はとってもフレンドリーで、食べてる途中に何度も「美味しい~?」と聞いてくれ、とっても楽しそうに働かれていたのが印象的。こういう接客嫌いじゃないですよ。そうそう、店の外のランチメニューを見たら、やっぱりRanchじゃなくてLunchバーガーだって分かりました(笑)


------------ KEEP&TOUCH -------------

■住所:東京都台東区上野7-9-15 マキノビル1F
■TEL:03-5246-4290
■HP:http://www.localplace.jp/t100053691/
■食事日:16.3.24


キープアンドタッチハンバーガー / 上野駅稲荷町駅京成上野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4